000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちびっ娘。商品先物取引がんばります♪

PR

X

全225件 (225件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

カテゴリ未分類

2006.06.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
この度、一身上の都合により外務員を辞めることになりました。

こう書くとなんだか変な感じがしますが・・・雫

このブログの更新もしばらくお休みします。
いままで見にきてくださった方々、有難うございました。






Last updated  2006.06.15 16:54:13
コメント(51) | コメントを書く


2006.06.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日は夕方の更新をさぼってしまいました。雫

最近ぼーっとしてしまって
何もする気が起きないんですよねぇ・・・

夜中にはサッカーをみて日中は仕事
ほぼ寝不足の毎日です。わからん

<トウモロコシ>
4・50~4・25セント安


大豆と同様に、米中西部産地のホット&ドライ予報の後退やドル高による全面的な商品安の動きに圧迫される展開となった。

<コーヒー>
0・50~0・35セント安


ブラジル産地に天候不安はなく、チャート面の弱さや他の商品相場安に追随。昨年9月27日の安値で下げ渋ったが、受渡通知開始日を22日に控えていることや、W杯でブラジルチームが登場することなどもあり、商いの大半がポジション調整絡みのものとなった。ただ引け間際にはこの水準を維持できず、昨年9月26日以来となる97・90セントへ軟化した。






Last updated  2006.06.14 08:43:27
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日は本当に残念でした。
前半1点いれて勢いに乗れるかと思っていたのですが
後半スローインから流れが変わって

あっ!と思う暇もなく逆転ショック

先制してからの後半、逆転負け
いつかの悪夢がよみがえるような気がしました。

それでも私の場合
サッカーばかりに気をとられてても村上さんの話題には注目したいです。
有罪が確定すれば、証取法の規定から裁判所の判断で
最大約130億円が没収や追徴の対象となる可能性があるそうです。

すごいですね。そんなお金が動いていたのかと思うと・・・・

<トウモロコシ>
5・50~5・75セント高


大豆同様に米中西部産地のホット&ドライ見通しから1ヶ月ぶりの水準へと値を沈めた前週末の流れから転じ、急速に買い戻された。ただ、輸入需要の鈍化やチャート面の弱さ、終盤に大豆相場が軟化したことなどから、引けにかけては上げ幅を縮小した。

<コーヒー>
0・25セント安


9月限は99セントをはさんで軟調に推移、終盤に入ると98・35セントまで下押された。売られ過ぎ感が広がる一方で、依然としてブラジル産地に降霜リスクが高まるような兆しはなく、チャート上では100セントの節目を上回る水準までの戻りが精一杯となる中、他の商品相場安なども嫌気されることとなった。






Last updated  2006.06.13 08:52:17
コメント(4) | コメントを書く
2006.06.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週も1週間が始まりました。
でも今日はW杯でそれどころじゃないかも雫

日本vsオーストラリア

日本頑張れ旗

<トウモロコシ>
3・75~3・50セント安


需給報告で期末在庫が引き下げられたことや小麦の上昇、原油や金の上昇がインフレ懸念をあおり、立会い前半に上伸したが、小麦は急反落に転じたことや産地の降雨予報が嫌気され、テクニカル売りを誘った。

<コーヒー>
0・55セント安


2週間後に受渡通知開始日を控えていることや、9月限への限月以降などポジション調整がらみが主体となる中、引けにかけて97セントを割り込むと、一気にこの日の安値となる95・70セントへ急落した。

米農務省は2006-07年度の需給報告を発表。ブラジルの生産高が4480万袋と全エンドを24%上回る見通しから、世界コーヒー生産高は1億2360万袋と前年度を10%上回る見込み。またベトナムの生産高は1385万袋と前年度の1230万対を上回る見通し。






Last updated  2006.06.12 08:43:04
コメント(1) | コメントを書く
2006.06.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
世間は梅雨入りですねぇ。
目の前にはカラフルな傘の花畑。
信号が変わるたびに流れていきます。

ジメジメはキライですがこの光景はちょっぴり好きです。ハート(手書き)

<トウモロコシ>
5・50~5・25セント安


時間外取引で昨日の高値がていこうとなったあとは、ドル高や原油・金の急落、生育にてきした天気を嫌気した売りが優勢になり、じり安となった。ただ、昨日の安値を維持し、需給報告を控えた買戻しで戻した。

<コーヒー>
0・40~0・45セント高


昨日の流れを引き継いで始まったものの、昨年9月26日以来の安値(95・10セント)を割り込むには至らず、その後は底堅い動きとなった。依然、降霜リスクが高まるような兆しはないものの、受渡通知開始日を2週間後に控えていることや、ショートポジションが急速に積みあがったとみられることなどから、ポジション調整がらみの動きが中心となり、引けにかけては97セントちょうどまで値を回復した。






Last updated  2006.06.09 08:51:56
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日も日経平均は下げ下向き矢印
しばらくはこのまま下げていくのかな??

村上さんの一件でさらに株価が下がり、
ブームが去ったカンジがします。

<トウモロコシ>
寄付き18990円
大引け19100円
前日比+230円

7日のシカゴ高と円安で強材料が重なる中、買い優勢の展開となり期近7月限を除いて大幅高となりました。米農務省から9日に需給報告が発表されるのを前にして新規には買いにくいようで「今日の買い物は売り方の利食いが中心」(投資顧問)と指摘されています。

シカゴは今週に入ってからファンドの推定手口は売りこしが続いていて、5-7日までの3営業日を合計するとファンドの売り物は3万枚以上になっているようです。それでもファンドはまだ大量の買い越しのポジションを抱えていて、需給報告の発表を前に、さらに買い越しのポジションを整理することも否定は出来ませんね。

<コーヒー>
寄付き18670円
大引け18720円
前日比-40円

期近7月限を除いて続落して寄付いたが、その後為替がさらに円安気味になったいたこともあって、前引け以降揃って値位置を上げて小幅高に。ただ、大引けでは再び下落して、7月限を除き小幅安です。

このところ下値を追う展開ですが、下げ一服といった状態。ニューヨークでは降霜懸念が見られない中「目先売られ過ぎ感が強いものの、ファンドはまだ売り方針にあるため、もう一段安となる懸念は拭えない」(トレーダー)との見方はまだ強い。
今は、ファンドや玄人筋が利食いを先行させていますが、「一般投資家の高値因果玉が出尽くしたわけではなく、順ザヤ傾向からさらに投げが出てきてもおかしくないだけに、少なくとも買い拾っていくわけにはいかない」(取引員ディーリング部)との声も






Last updated  2006.06.08 17:11:32
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
世間はW杯 サッカーですね~

といいつつも、そんなに盛り上がっていないような気もします。
他の事件の方が大きく取り上げられてる感が、、、

<トウモロコシ>
3・25セント高


原油や金の下落を嫌気して立会い前半5月11日以来の安値に転落したが、100日異動返金の243・25セントを維持したことからテクニカル買いが入り、時間外取引の高値を抜いて250セントの大台を回復した。

<コーヒー>
0・10~0・05セント安


週明け以降の下落率が6%を超え、短期間での売られ過ぎ感が広がること隣、終盤に入ると96・90セントまで下値を切り上げた。降霜リスクが高まるような兆しはなく、相場下落の中取組高が増えていることなどが嫌気され、チャート上での戻りの弱さなどもみられたことから、引け際には再びマイナスサイドへと値を沈めた。






Last updated  2006.06.08 08:56:17
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日の日経平均、1万5240円19銭で年初来安値を割り込んで終了

これも村上ショックの影響??
NY株価も3ヶ月ぶりの安値ということでこの2つが重なったということで今回は下げているんだと思うんですが・・・

今回の「村上ファンド事件」に関して金融商品取引法が成立。投資ファンドに登録・届出制を導入するなど、ファンドの規制強化策が盛り込まれているとのこと。
今後1年以内に全ての条文が施行されるということです。
 
今までは、登記や届出、情報開示の義務がないため、実態が把握しにくかったのに対し、これからは金融当局が立ち入り検査できるようになるんだそうです。
    ↓↓
大量保有報告制度(5%以上取得した場合)は財務局への報告期限を「3カ月ごと15日以内」から「2週間ごと5営業日以内」に短縮、インサイダー取引の罰則を引き上げなどなど


<トウモロコシ>
寄付き18910円
大引け18870円
前日比-270円

5月先限がストップ安に一歩の水準まで下落するなど、期先中心に崩れた後、金など商品市場が全般的に安値から切り返すと、下げ幅を縮小。5月先限では買い方の投げと見られるまとまった売り物が出ていた一方、この数日に売り越のポジションを大きく積みましていた一部ファンド機関店から買戻しと見られるまとまった買い物が入っていた。

このところ最も上ザヤにある5月先限が他限月と比較して軟調で、5月先限がサヤ滑りを起こす格好になっています。先限つなぎ足で3月9日の1万8300円まで特に支持線となりそうな水準はなさそうです。

<コーヒー>
寄付き18620円
大引け18760円
前日比-330円

円相場が1ドル=113円台前半に下落したが、海外安から売り先行。

週明けの時点では急反発となって、先限は一時2万円近くになる動きとなったものの、昨日と今日の続落で1000円を超える大幅な下げということで、期中から期先にかけた限月は一代の安値を更新です。

「そろそろ目先の安値を出し切った尾ではないかと見ていたが、もうはまだなりで、一段の安値を模索する状況下にあるのだろう。ブラジル産地では霜害懸念の時期ではあるものの、天候が落ち着いているため、大きく相場が上がる期待に薄く、マーケット心理の悪化によって相場の浮き場は先送りとなりそうだ」(輸入商社)との指摘が。






Last updated  2006.06.07 17:17:22
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
もう村上さんの話題で持ちきりです。

こういう事件があると規制が厳しくなるのは確実?
日本の規制がゆるかったところに海外の投資家が注目していたのに
ほかに逃げて行ってしまうかもしれませんね。

村上さんもシンガポールに移行しようとしてましたし・・・
次の注目先は??

<トウモロコシ>
2・25セント安


作柄改善や産地の降雨予報、ドル高や原油安による貴金属安などが圧迫要因となり、ファンド筋のテクニカル売りを誘って下値を切り下げ、先週の安値に急接近!小麦や大豆の急落も。

<コーヒー>
2・35セント安


ファンド勢やローカルズの売り、テクニカル主導の売り圧力なども強まり、昨年9月26日以来となる95・50セントへと大幅に下押された。
依然としてブラジル産地に降霜リスクがでる兆しがないことや、他の商品相場の下落などが要因となる中、7月限の受渡通知開始日を2週間半後に控えた限月移行なども進んだ。






Last updated  2006.06.07 08:55:18
コメント(1) | コメントを書く
2006.06.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
今朝は更新が間に合わず、結局書けなかったんですが・・・

「村上ファンド事件」

村上さん、逮捕だそうですね。
ライブドア事件と同じ頃から目をつけられていたようです。

ないものをあるように見せて株式操作をしたライブドアと、
ニッポン放送株という実際の株を違法に扱い株価操作した村上ファンド
どちらが悪質か??

なんていわれてましたけど、悪いことをしたらどちらも悪いですよね?


<トウモロコシ>
寄付き19140円
大引け19140円
前日比-270円

15日に納会を控えている期近7月限が、
「ここ最近一部商社絡みとみられる買い物が入っている」(取引員)と指摘される中、堅調に推移。その他の限月は期近7月限の上昇についていけず、期先は金の下落の影響もあって計算以上の下げ幅になりました。
7月先限では買い方の手じまいとみられるまとまった売り物やファンド絡みの新規中心と見られるまとまった売り物が出ていたようです。


<コーヒー>
寄付き19260円
大引け19090円
前日比-610円

円相場は1ドル=112円台前半に下落したが、海外安の背景に売り先行となりマイナス
内外のコーヒー市況はまた下げ歩調になってますね。
ニューヨークでは先週後半に反発商状となり、期近7月限が100セント台を回復したものの、「週明けでは大台を維持できず再び下げたことから、もう一段安を探りに行かないと底入れできないとの見方が強まっている」(トレーダー)とのこと。

まだ下げが続きそうな感じ!?






Last updated  2006.06.06 17:12:36
コメント(0) | コメントを書く

全225件 (225件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


© Rakuten Group, Inc.