3367425 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

チビと私の心地よい毎日

猫の語源

『猫の語源について』

猫は古くは「ねこま」と呼ばれていました。
江戸時代の学者達は、この語源について次のようなさまざまな考証をしています。

(1)鼠子待ち(ねこまち)=鼠を待ちかまえて捕る子の略。

(2)睡獣(ねむりけもの)=よく寝る動物の意から。

(3)ねうねうと鳴くけもの=鳴き声に由来する節で、「ねけもの」→転じて「ねこま」に。

(4)寝小魔(ねこま)=魔は神でも人でもない有情生物を意味する原語で動物の総称にも使われた。つまりよく寝る小さな動物の意。

猫という漢字は「猫は苗を荒らす鼠を捕まえて、苗の害をなくす獣(けものへん)」という意味に由来しています。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.