6464974 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人が好き ちちおにん!

PR

X

全485件 (485件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

想ひ

2021.03.09
XML
カテゴリ:想ひ
わが家のサクランボの桜が、世間のソメイヨシノよりも一足先に満開となりました。
週末に雨が降るようですが、そこから散り始めるだろう・・・そう予想しています。
この時期、ちょっとセンチメンタルな時期に入ってきますが、ケツメイシの「さくら」・・・・私が好きなナンバーです。

2005年、平成17年にタイムスリップします・・・
みなさんも、ぜひ。







(以前の職場での絶頂期でした。しかし、そんな中、大きな事件が発生し、そこから事態は大きく変化してきました。そんな春・・・・でした。この曲が流れていたっけなぁ〜・・・。夜の桜をぼんやり眺めていた頃を思い出します)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2021.03.09 18:15:17
コメント(0) | コメントを書く


2020.08.31
カテゴリ:想ひ
1週間の間に月をまたぐことがあるとき、私はいつも不思議な感覚があります。
暦の上でのことですから、今日と明日で別段大きく違うことは何一つありませんし、むしろほとんど同じ日であることが確率的には高いはずです。(笑)
しかし、やっぱり私の中では何かが違うんですよね〜。

特に8月31日と9月1日との間には、くっきりとした「境界線」が引かれているような気がします。
今年なんかはコロナの影響で、子供たちはお盆の近辺しか夏休みはありませんでした。
でもそれまではずっと、8月31日は子供にとっては夏休み最終日でした。
私の場合、大学も確か8月31日で夏休みが終わり、9月1日から2学期スタートでしたから、小学校から大学まで、生活スタイルが大きく変化する境目がここにあった気がします。

すると、8月31日の思い出がいっぱいあるんですよね〜
夏休みの終わり、夏の終わり・・・として。(笑)

そしてそれを振り払いながら、9月1日から新たな新生活に飛び込んでいく・・・
夏の名残を胸に抱いたまま・・・

ですから、今日は特別な月末。
まあ、ふだん通り夜遅くまで仕事ですが、それでも今日は特別な夏の最終日なのです。

そんな私の、この時期の定番は、これ。
チューブの「夏の終わりに」。
この曲が、頭の中に静かに流れてきます。

よろしければ、みなさんも、ぜひ。




(思い出深い、チューブのアルバム「オンリーグッドサマー」。私の大切なアルバムの1枚です)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.31 17:50:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.07
カテゴリ:想ひ
この時期、毎年やって来る、山の中のお寺。
暑さが厳しくなるこの時期に、ヒグラシの合唱の声を懐かしく聞きながら、谷間の道を走ります。
今日は途中のスーパーで、お弁当とコーヒーとを買い込んでおきました。

一人ぼんやりしたいときに訪れる「ほっとスポット」。
そのうちの一つがこの山の中です。
白かぶでもよく訪れますが、今日は特別。
急ぐこともなく、車の中でゆっくりお弁当を食べて、コーヒーを飲んで、お寺に参って帰ってきました。

わが家の周囲もヒグラシの声はよく聞こえますが、この山の中で聞くヒグラシの合唱は特別です。
それは、幾年もの歳月を重ねた、セミたちの重唱のようにも聞こえます。










*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.07 17:36:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.23
カテゴリ:想ひ
今日、合計400kmのツーリングの最中、ずっと頭の中に流れていたのはこの曲でした。
この曲が発表されたのは1987年の暮れ。
そしてヒットしたのは1988年2月。
この時期、私は大きな転機を迎えていて、季節はまさに春を迎えていました。

人々が出会いと別れを迎える時期・・・その春の季節に、この曲はラジオからよく流れていました。

この曲を知りその意味を考えながら、サビの部分の「季節は流れ、人々も変わってゆく・・・」という部分に、当時子供ながらにも、もの悲しさやわびしさを感じたことを今も覚えています。

今、私は一つの決断を迫られています。
そのことをずっと考えながら、今日はバイクで走っていました。
そして30年ぶりに、当時の記憶とともに、この曲が浮かんできたのでした。
iTunesでダウンロードして、しばらく聴きいってみようと思います。
きっとその中に、「答え」が見つかるような気がするからです。

よろしければ、みなさんも、ぜひ。







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Some dreams are in the night time
And some seem like yesterday
But least and probably
Ships sail away
You long to say a thousand words
But seasons change

It feels like a trever
No reason for emptiness
Time just runs away
No more day by day
You dream again it seems a day
When seasons change

I want you
I want you feel you by my side
I need you
Don't you know I need you baby

Seasons change feelings change
It's been so long since I found you
Yet it seems like yesterday

Seasons change people change
I'll sacrifice tomorrow
Just to have you here today
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.07.23 22:10:38
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.19
カテゴリ:想ひ
28時間寝ずに働いて、当直明けの極限状態。
15時過ぎから寝て、先ほど目を覚ましました。
6時間こんこんと眠って、少し体の疲れが取れました。
すると、今度は空腹だったことにも気が付きます。
かみさんの用意してくれた晩ごはんをお腹に詰め込んで、ようやく体が温まってきました。

はぁ〜・・・本当にきわどい2日間だったなぁ〜・・・

そう思ったとき、ふと浮かんできたのが、このフレーズです。

中島みゆき 「あした」より
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
何もかも 愛を追い越してく
どしゃ降りの 一車線の人生
凍えながら 2人共が
2人分 傷ついている 教えてよ

もしも明日 私たちが何もかも失くして
ただの心しか持たない やせた猫になっても
もしも明日 あなたのため何の得もなくても
言えるならその時 愛を聞かせて
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

逃れられない苦労の日々・・・それを彼女は「土砂降りの一車線の人生」と表現し、歌います。
愛する2人がいいことばかりではなく、つらい日々が続くときも、その根底の部分で変わらない愛を確かめたい・・・
やせた猫になっても、何の得もなくても、それでも、愛を聞きたい。

そんな深い愛の歌の一節ではありますが、この2日間の避けられない、逃げることの出来ない仕事の数々はまさに、「どしゃ降りの一車線の人生」だな・・・そう感じたちちおにんです。
まあ、それが私の生き方でもあるんですけどね。
避けて通るほど器用でもないし、真っ向勝負を挑むタチなもので。(笑)






そんなこんなで思い出した、中島みゆきの「あした」。
ユーチューブで探してみましたが、オリジナルは見つかりませんでした。
カバーもいろいろな方がされていますが、その中でも試聴しやすかったものを。
みなさんも、ぜひ。





*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.06.19 22:06:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.23
カテゴリ:想ひ
初めて聞きましたが、1998年にCoccoという女性ボーカリストが歌った曲のようです。
歌詞にかなりびっくりさせられますが、その奥の心境と、それでも生きようとする前向きさを歌った曲だと理解します。
それを教室での日常のシーン、陽の光の中で歌われています。

その対比が余計に苦しみの大きさと、前向きな気持ちを表現しているように感じます。
題名は「Raining」。

雨の日の出来事を思い出しながら、今を生きる・・・・前向きに生きる。
きっとこの曲に救われた人も多かったのではないでしょうか。

みなさんも、ぜひ。全部ではありませんが・・・





こちらが本家のようです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ママ譲りの赤毛を2つに束ねて
みつあみ 揺れてた
なぜだったのだろうと

今も思うけれど
まだわからないよ

静かに席を立って
ハサミを握り締めて
おさげを切り落とした

それは とても晴れた日で
未来なんて いらないと思ってた
私は無力で
言葉を選べずに
帰り道のにおいだけ
優しかった
生きていける
そんな気がしていた

教室で誰かが笑ってた
それはとても晴れた日で

髪がなくて今度は
腕を切ってみた
切れるだけ切った
温かさを感じた
血にまみれた腕で
踊っていたんだ

あなたが もういなくて
そこには何もなくて
太陽 眩しかった

それは とても晴れた日で
泣くことさえできなくて あまりにも
大地は果てしなく
全ては美しく
白い服で遠くから
行列に並べずに少し歌ってた

今日みたく雨なら きっと泣けてた

それはとても晴れた日で
未来なんて いらないと思ってた
私は無力で
言葉を選べずに
帰り道のにおいだけ
優しかった
生きていける
そんな気がしていた

教室で誰かが笑ってた
それは とても晴れた日で
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2019.06.23 23:36:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.10
カテゴリ:想ひ
2000年、女性シンガー「Fayray」が発表した曲「Tears」。
実は当時はあまりよく知りませんでした。
というか、仕事も家庭も極限まで忙しく、誰が何を歌っているかなんてチェックすることもなく、日々をあわただしく過ごしていました。

今、少し落ち着いて、当時の曲をカバーして歌っている「Ms.OOJA」のアルバムを聴くきっかけがあり、先日、購入に至りました。
その中に入っていた曲が「Tears」だったのです。

今、初めてじっくり聞いて、すごくその奥深い想いの強さと、独特の曲調にザワザワと胸が騒いでいます。
「愛している」とも「好きだ」とも、ひと言も歌っていません。
最後のひと言は何も言わず、淡々と間合いを詰めて想いを歌っています。

ん〜〜〜〜〜・・・・ちょっと恐いくらいですね。
でもそれだけ「あなたを想っている」ということなのでしょう。

みなさんも、ぜひ。



カバーしているMs.OOJAのほうが情感がありますね。
私はこっちの方が好きですね〜








*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2019.06.10 17:56:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.26
カテゴリ:想ひ
それは、先日の次男坊の引っ越しの時でした。
朝早く起きて、かみさんの実家から、通称「しまなみ海道」(西瀬戸自動車道)に乗り入れた時のことです。

iPodをシャッフル状態にして、適当に選局してくれるようにしていたのですが、橋を渡り初め、左右に海と島々が点在する風景が拡がったときに、その曲が選曲されました。

スターダストレビューの「約束」。

イントロのピアノのソロ演奏に始まり、根本要さんの歌声が静かに流れて始まるこの曲。
一直線に伸びた橋と、空、海、島・・・・
そこに家族4人が乗る1つの空間が、ある1つの方向をめざして走り続けている・・・・
この曲は今までラブソングとしかとらえていませんでしたが、家族愛でも十分に通用する曲だと初めて気が付きました。







ピッタリの選曲だなぁ〜・・・iPod。
憎いヤツだな・・・

それ以来、私のリピート演奏はこの曲にずっとなっているのでした。(笑)

みなさんも、ぜひ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スターダストレビュー
『約束』    作詞・作曲:根本 要

眠れない夜は そっと眼を閉じて 僕の肩にもたれて
静かに 朝を待てばいいよ
涙が出るほど 頑張っていても 見失ってしまうような
夢だって 時にはあるんだ

大切な君 僕が守ろう
泣いたり笑ったり
どんな時だって そばにいるから

振り向けば いつでも ずっとずっと探していた
君だけが 僕の夢
約束しよう この愛で
そういつまでも 

風の強い日は 飛ばされぬように
冷たい雨の日には 傘になる 僕がいるから
心が空を 飛び越えてゆく
どうしてこんなに 君を好きだって思えるんだろう

どこまでも 真っ直ぐに ずっとずっと続いてゆく
僕たちは レールのように 
寄り添いあって 生きていこう

振り向けば いつでも ずっとずっと探していた
君だけが 僕の夢
約束しよう この愛で
そういつまでも 
大切な君を 僕が守るよ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2019.03.26 19:07:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.24
カテゴリ:想ひ
この曲を口ずさみながら、今日は銀ちゃんで海沿いを走っていました。(笑)
1994年3月24日発売。
当時、ダイドーのコーヒーのCMで流れながら、巷でも流れていました。
古い歌ですが、この曲は私が駆け出しの頃の曲でした。

春・・・いろいろな別れと出逢いを交えながら始まった新しい生活。
激動の時代に流れていた、思い出の曲です。
今日、海沿いを走りながら、ふとこの曲が思い出されたのが、なんだか懐かしくて、嬉しくて・・・

長男坊主も、春から北九州で新生活が始まります。
次男坊も、春から新たな学生生活が始まります。
いろいろな出会いと別れを、彼らもこれから経験していくことでしょう。

何にでも一生懸命。
真剣に人との付き合い方も学んでいって欲しい・・・
そして一人前の男として、成長していって欲しい・・・

そんなことを思いながら、今日は潮風に吹かれながら銀ちゃんで走っていたのでした。

みなさんも、ぜひ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
福山雅治 - IT'S ONLY LOVE

恋人にはもどらない
僕は僕のものになって
好きな夢を見てる

週末は特別じゃなく
気ままな時間(とき) 感じてる
きっと自由なんだ

なぜだろう 胸の痛み
風に誘われ海へ来たのか

愛だけは 忘れたはずさ
君のこと 忘れたいよ
どうしてさ またひとつ
風が想い出 運んで
あふれる涙は IT'S ONLY LOVE

(中略)

止まらない 震える心
君を探して 僕はひとり
今はひとりで……

愛だけは 忘れたはずさ
君のこと 忘れたいよ
愛だけは 忘れたはずさ
あの頃を 忘れたいよ
どうしてさ またひとつ
波が想い出さらって
あふれる涙は IT'S ONLY LOVE
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2019.02.24 22:45:58
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.01
カテゴリ:想ひ
春になれば、新たな展開が開けてくるのかな?
そんなこと期待させる言葉に一喜一憂してしまう。

そんなことはないだろうと思う半面、少し希望の光が見えたことに喜ぶ自分がいる。
どん詰まればどん詰まるだけ、かすかな光すらもまぶしく見えるもの。
たくさんの「IF」が立ちはだかっているけれど、でも、今日の雰囲気は同じ方向を向いていた様な気がする・・・

もし、・・・・
もし、・・・・
もし、・・・・
そしたら、・・・・・。

春になれば・・・・・。

きっとこの無限のループをこの先も続けていく・・・
それが私なのかも知れない。

https://www.youtube.com/watch?v=LYFJRomR12k







*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2019.02.01 17:23:48
コメント(0) | コメントを書く

全485件 (485件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


© Rakuten Group, Inc.