7536269 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人が好き ちちおにん!

PR

全490件 (490件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

想ひ

2022.07.01
XML
カテゴリ:想ひ
わが家の子供たち(ツバメのヒナ)が昨日巣立ち、今日も2階の巣を確認し、空っぽなことを確認してきました。
街中の気温は36度まで上がっていましたし、ここ山の中でも34度と危険な暑さになっています。
梅雨明け直後の急激な暑さに、誰もが驚きを隠せません。

わが家を巣立っていったヒナたちも大丈夫だろうか??
元気にしているだろうか??

このような暑さでは虫すらもあまり飛ばなくなります。
エサをとる練習、飛ぶ練習に精を出す時期でしょうが、ヒナたちもこの暑さにはげんなりしているかもしれません。

ツバメたちのことを考えていると、いつも私の中には流れているメロディーがあります。
それがこの「ワンダフル・アドベンチャー」という曲です。

昔、テレビっ子だった私が、じっと見入っていたのがNHKのアニメ「ニルスのふしぎな旅」でした。
小学校の頃だったよな・・・確か。

乱暴な少年ニルス。
いつも家畜たちをいじめたりイタズラしたり・・・
そんなニルスが妖精の怒りを受け、魔法をかけられてしまいます。
体が小さくなり、小人になってしまったのでした。
そんなニルスは同時に動物たちの言葉がわかるようになり、ダチョウのモルテンの背中に乗り、相棒のハムスター・キャロットと一緒に、アッカ隊長率いるガンの群れと一緒に鳥たちの王国・ラプランドを目指す・・・・そんなストーリーでした。

そして最終回。
自分の魔法を解くためには、親友であるモルテンの命を生け贄にする必要があることを知ったニルス。
殺されそうになっているモルテンを助けるため、小人の格好のままで両親を止めに入ったその瞬間・・・・魔法は解けて、ニルスは元の人間に戻ることができたのでした。
そして・・・もう動物たちとしゃべることはできなくなってしまったのでした。

翌朝、夜明けとともに飛び立つ予定のガンの群れのところにニルスが走っていくと、人を恐れてガンの群れたちは飛び去りました。
しかし、アッカ隊長はニルスが人間に戻ることができたことを知り、また舞い戻ってきます。
そのアッカ隊長とニルスとの別れのシーンで流れていた曲・・・・それがこの曲だったのでした。
本当に感動的で、泣けてきて、子供ながらにニルスのような旅をしたいと強く思ったのを今も覚えています。

今回のヒナたちの巣立ちに際し、私の中ではいつもこの曲が流れていました。
私が旅をしたいと思うその根底に流れているメロディーです。
みなさんも、ぜひ。





(わが家で生まれたヒナたちのラストショットです。飛び立つ側と送り出す側の立場は違いますが、旅に出る我が子の無事を祈りつつ、その晴れの門出を見送る親の気持ちです。いい旅をしろよ・・・わが家で生まれたツバメたちよ!)






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ワンダフル・アドベンチャー
 アーティスト:加橋かつみ
 作詞:奈良橋陽子・藤公之介
 作曲:タケカワユキヒデ


世界中をまわりながら 冒険しなさい
いつでも 耳をすませながら 旅をしなさい

花が鳥が虫が 今日もささやいているよ
君のまわりは美しくて 素晴らしいよと

空を行く Adventure
Your wonderful adventure
From South to North and East to West
休まないで

友達をいつの時も 思い出しながら
心ひらけばやがてきっと 幸せがくる

空を行く Adventure
Your wonderful adventure
From South to North and East to West
休まないで……………
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2022.07.01 16:21:36
コメント(0) | コメントを書く


2022.05.24
カテゴリ:想ひ
今朝の通勤時、クラウンの中でたまたま流れていた曲です。
この曲は30年前、私が学生時代に流れていた曲です。

ちょうど緑が青々としていてきれいな時期でした。
当時、おやじからもらった車のカーステレオから、この曲が流れていたのを今も懐かしく思い出します。

あれからこの曲も30年経つんだなぁ・・・
2012年の金環食・・・
曲の中で歌われているこのフレーズも、これももう10年前の過去のことになってしまったんだなぁ〜・・・
当時はすごく先のことのように思えていたのですが・・・・(笑)

そしていま、末娘が新しく学生生活をスタートしました。
かみさん経由で聞くところによると、いろいろ悩みを抱えているようです。

そうだな・・・しっかり悩み、苦しみ、また喜びも見いだして行くのが学生時代だよな・・・

未来を歌った「時間旅行」。
彼女の歩んでいくこれからに思いをはせながら、懐かしくこの曲を聴いたちちおにんです。

みなさんも、ぜひ。




(みんな、若かったよなぁ〜・・・)


*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2022.05.24 08:30:24
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.12
カテゴリ:想ひ
今朝も冷え込んだ大阪。
寒波が襲来して、金曜日くらいにはふたたび雪が降ると言われています。
そんな寒い朝には、荒船海岸で会った2匹の野良猫たちのことが心をよぎります。
彼らは身を寄せ合って、きっとこの寒さをしのいでいることでしょう。

だれか他にエサをやってくれている人がいるようですが、お腹をすかせてはいないでしょうか・・・
野生のサルたちにいじめられてはいないでしょうか・・・
冷たい雨の日には、誰も通らず、寂しくはないでしょうか・・・・・

私にできることは、荒船海岸ツーリングに行った際に、キャットフードの差し入れをしてやることくらいです。
それも出来ても週末や隔週が精一杯です。
それ以外は他の人頼み。

肩寄せ合ってエサを頬ばる2匹の姿を思い浮かべながら、遠い荒船の海に思いをはせるちちおにんなのでした。



(野良のシャム猫とキジトラ。エサを奪い合うのではなく、分かち合って食べているその姿に心を打たれました。お願いだから、頑張ってこの冬を乗り切っておくれ・・・2匹一緒にな・・・)


*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2022.01.12 08:18:00
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.27
カテゴリ:想ひ
たまたまユーチューブで見つけたこの曲。
Uru (うる)という人も、去年の3月にドラマの主題歌となっていたという「あなたがいることで」という曲も、全く知りませんでした。
でも、この方の歌声に聴き入ってしまう・・・・引き込まれてしまう・・・・そんな力を感じます。
想いが込められた歌詞に、またまた引き込まれてしまう・・・

うんうん・・・・
ん〜・・・・いい曲だなぁ。




みなさんも、ぜひ。



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2021.12.27 22:44:38
コメント(0) | コメントを書く
2021.08.07
カテゴリ:想ひ
ただ今、バイトから帰ってきました。
行きの車の中でかけていたFMから流れてきたこの曲。
ダニエル・パウターの歌う「Bad Day」です。

あっ、懐かしいなぁ〜・・・!!!

この曲は寒い季節に聴いていた記憶があります。
調べてみると2005年リリース。
以前勤務していた職場で大きな事件が発生し、大きく揺れ動いた年。
チームが崩壊し、不安を抱え、真剣に将来を悩んだ・・・。
そして新天地を探す決意をした・・・
そんな私の傍らで、この曲が流れていたのを覚えています。

車のフロントガラス越しに見上げる夏空。
今日は雲が多く、青空の部分よりも、黒みを帯びた怪しげな雲のほうが多いくらいでした。
真っ青な雲一つない青空もあれば、こうして不安を少し秘めたような夏空だってある・・・

あの当時の気持ちを思い起こしながら、ラジオから流れる「Bad Day」に耳をかたむけるちちおにんなのでした。

みなさんも、ぜひ。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(中略)
Sometimes the system goes on the blink
   たまに世の中がおかしくなっちゃって
And the whole thing turns out wrong
   何もかもうまくいかなったりすることもある
You might not make it back and you know
   取り返しがつかなくなることだってあるけど
That you could be well, oh, that strong
   きっと良くなるさ 強くなれるさ
And I'm not wrong
   僕は間違っちゃいないよ
 
So where is the passion when you need it the most

   一番必要な時に、君の情熱はどこに行ってしまったんだい
Oh, you and I
   ああ、君と僕
You kick up the leaves and the magic is lost
   落ち葉を蹴り上げたら魔法が解けてしまったよ
 
'Cause you had a bad day
   なぜなら今日はついてない日だから
You're taking one down
   また落ち込んで
You sing a sad song just to turn in around
   気分を変えるために悲しい歌を歌うんだ
You say you don't know 
   あなたにはわからないとか
You tell me don't lie
   嘘をつかないでって言ったり
You work at a smile and you go for a ride
   無理にでも笑ってどこかに出かけるけど
You had a bad day
   今日はついてなかっただけさ
You've seen what you like
   今は君の好きなものを見て
And how does it feel for one more time
   どんな気分になるか もう一度感じてみて
You had a bad day
   今日はついてなかっただけ
You had a bad day
   ついてなかっただけなんだよ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2021.08.08 18:24:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.09
カテゴリ:想ひ
わが家のサクランボの桜が、世間のソメイヨシノよりも一足先に満開となりました。
週末に雨が降るようですが、そこから散り始めるだろう・・・そう予想しています。
この時期、ちょっとセンチメンタルな時期に入ってきますが、ケツメイシの「さくら」・・・・私が好きなナンバーです。

2005年、平成17年にタイムスリップします・・・
みなさんも、ぜひ。







(以前の職場での絶頂期でした。しかし、そんな中、大きな事件が発生し、そこから事態は大きく変化してきました。そんな春・・・・でした。この曲が流れていたっけなぁ〜・・・。夜の桜をぼんやり眺めていた頃を思い出します)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2021.03.09 18:15:17
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.31
カテゴリ:想ひ
1週間の間に月をまたぐことがあるとき、私はいつも不思議な感覚があります。
暦の上でのことですから、今日と明日で別段大きく違うことは何一つありませんし、むしろほとんど同じ日であることが確率的には高いはずです。(笑)
しかし、やっぱり私の中では何かが違うんですよね〜。

特に8月31日と9月1日との間には、くっきりとした「境界線」が引かれているような気がします。
今年なんかはコロナの影響で、子供たちはお盆の近辺しか夏休みはありませんでした。
でもそれまではずっと、8月31日は子供にとっては夏休み最終日でした。
私の場合、大学も確か8月31日で夏休みが終わり、9月1日から2学期スタートでしたから、小学校から大学まで、生活スタイルが大きく変化する境目がここにあった気がします。

すると、8月31日の思い出がいっぱいあるんですよね〜
夏休みの終わり、夏の終わり・・・として。(笑)

そしてそれを振り払いながら、9月1日から新たな新生活に飛び込んでいく・・・
夏の名残を胸に抱いたまま・・・

ですから、今日は特別な月末。
まあ、ふだん通り夜遅くまで仕事ですが、それでも今日は特別な夏の最終日なのです。

そんな私の、この時期の定番は、これ。
チューブの「夏の終わりに」。
この曲が、頭の中に静かに流れてきます。

よろしければ、みなさんも、ぜひ。




(思い出深い、チューブのアルバム「オンリーグッドサマー」。私の大切なアルバムの1枚です)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.31 17:50:42
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.07
カテゴリ:想ひ
この時期、毎年やって来る、山の中のお寺。
暑さが厳しくなるこの時期に、ヒグラシの合唱の声を懐かしく聞きながら、谷間の道を走ります。
今日は途中のスーパーで、お弁当とコーヒーとを買い込んでおきました。

一人ぼんやりしたいときに訪れる「ほっとスポット」。
そのうちの一つがこの山の中です。
白かぶでもよく訪れますが、今日は特別。
急ぐこともなく、車の中でゆっくりお弁当を食べて、コーヒーを飲んで、お寺に参って帰ってきました。

わが家の周囲もヒグラシの声はよく聞こえますが、この山の中で聞くヒグラシの合唱は特別です。
それは、幾年もの歳月を重ねた、セミたちの重唱のようにも聞こえます。










*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.07 17:36:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.23
カテゴリ:想ひ
今日、合計400kmのツーリングの最中、ずっと頭の中に流れていたのはこの曲でした。
この曲が発表されたのは1987年の暮れ。
そしてヒットしたのは1988年2月。
この時期、私は大きな転機を迎えていて、季節はまさに春を迎えていました。

人々が出会いと別れを迎える時期・・・その春の季節に、この曲はラジオからよく流れていました。

この曲を知りその意味を考えながら、サビの部分の「季節は流れ、人々も変わってゆく・・・」という部分に、当時子供ながらにも、もの悲しさやわびしさを感じたことを今も覚えています。

今、私は一つの決断を迫られています。
そのことをずっと考えながら、今日はバイクで走っていました。
そして30年ぶりに、当時の記憶とともに、この曲が浮かんできたのでした。
iTunesでダウンロードして、しばらく聴きいってみようと思います。
きっとその中に、「答え」が見つかるような気がするからです。

よろしければ、みなさんも、ぜひ。







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Some dreams are in the night time
And some seem like yesterday
But least and probably
Ships sail away
You long to say a thousand words
But seasons change

It feels like a trever
No reason for emptiness
Time just runs away
No more day by day
You dream again it seems a day
When seasons change

I want you
I want you feel you by my side
I need you
Don't you know I need you baby

Seasons change feelings change
It's been so long since I found you
Yet it seems like yesterday

Seasons change people change
I'll sacrifice tomorrow
Just to have you here today
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.07.23 22:10:38
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.19
カテゴリ:想ひ
28時間寝ずに働いて、当直明けの極限状態。
15時過ぎから寝て、先ほど目を覚ましました。
6時間こんこんと眠って、少し体の疲れが取れました。
すると、今度は空腹だったことにも気が付きます。
かみさんの用意してくれた晩ごはんをお腹に詰め込んで、ようやく体が温まってきました。

はぁ〜・・・本当にきわどい2日間だったなぁ〜・・・

そう思ったとき、ふと浮かんできたのが、このフレーズです。

中島みゆき 「あした」より
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
何もかも 愛を追い越してく
どしゃ降りの 一車線の人生
凍えながら 2人共が
2人分 傷ついている 教えてよ

もしも明日 私たちが何もかも失くして
ただの心しか持たない やせた猫になっても
もしも明日 あなたのため何の得もなくても
言えるならその時 愛を聞かせて
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

逃れられない苦労の日々・・・それを彼女は「土砂降りの一車線の人生」と表現し、歌います。
愛する2人がいいことばかりではなく、つらい日々が続くときも、その根底の部分で変わらない愛を確かめたい・・・
やせた猫になっても、何の得もなくても、それでも、愛を聞きたい。

そんな深い愛の歌の一節ではありますが、この2日間の避けられない、逃げることの出来ない仕事の数々はまさに、「どしゃ降りの一車線の人生」だな・・・そう感じたちちおにんです。
まあ、それが私の生き方でもあるんですけどね。
避けて通るほど器用でもないし、真っ向勝負を挑むタチなもので。(笑)






そんなこんなで思い出した、中島みゆきの「あした」。
ユーチューブで探してみましたが、オリジナルは見つかりませんでした。
カバーもいろいろな方がされていますが、その中でも試聴しやすかったものを。
みなさんも、ぜひ。





*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.06.19 22:06:03
コメント(0) | コメントを書く

全490件 (490件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


© Rakuten Group, Inc.