5900806 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人が好き ちちおにん!

PR

全6217件 (6217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

池作り・庭作り

2020.09.09
XML
カテゴリ:池作り・庭作り
わが家の池は3つありますが、メイン池は第1池、そしてサブ池は第2池、そして別格の金魚の池が第3池という位置付けになっています。

何かにつけて、管理に気をつけているのは第1池ですが、第2池も時折ズッコケます。
第3池になるとほぼ放置の池ですから、3つの池を等しく管理することはなかなか難しいです。(笑)

でも、私は毎日記録を付けています。
たいした記録ではないものの、気温と水温、そして管理内容、エサの量など、日々、3つの池についての記録を付けています。
ですから、忘れてしまうことや細かなイベントを覚えていなくても、その記録を見直せば、だいたい思い出すことが出来ます。
今日は帰宅してから、第2池の歴代の管理記録を見直しています。

ポイントとなるのは、バイオスポンジを導入してからの水質悪化の時期、回数、対処法、そして改善するまでの時間です。
今回、バイオスポンジコンテナを2機にしましたので、今後はその2機をどれくらいの頻度で洗浄していくかを決定しなければいけません。
先日はいっぺんに2機を洗浄して、真夏なのに濾過槽をダウンさせてしまったからです。

いままでは1機と0.5機くらいで去年は管理していました。
ですからそれが一番有力な資料になります。
水質悪化は「透明度低下」で表現されることが多く、これも記載していますから状況がわかるはずです。

さあ、今から記録を見直して、これから秋、冬に向けての第2池の管理方法を決めましょう〜



(もうこれ以上は強化できないくらい、第2池の濾過槽をバイオスポンジで満たしました。コンパクトかつパワフルなエンジンを搭載したようなものです(笑)。でも、何事も「使い方」が大切。きちんと使いこなすためには、何事も「作戦」が大切です。これも「池作り」のうちですね。)








(銀鱗プラチナ4匹と銀鱗昭和1匹が生息している第2池。意外に彼らは辛抱強く、私のしくじった管理の中でもたくましく生き残ってくれています。それでも生き物は生き物。生育環境を整えてやって、安全に、健やかに、これからも育ててやるのが私の役目ですね)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.09.09 18:22:23
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:池作り・庭作り
9月に入り、朝夕が涼しくなってきたのは感じていましたが、今朝の涼しさは際だったものがありました。
ひんやりしている上に、空気が乾いてさらっとしています。

心地よい涼しさ・・・

温度計は19度を指しており、20度をいきなり下回ってきています。
池の周りも、虫たちの鳴き声でにぎやか・・・
もう、セミの声は聞こえてきません。

ん〜〜〜・・・秋だなぁ〜・・・

コイさんたちの食べっぷりにも拍車がかかってきました。
「食欲の秋」ですね〜

いつもの量に少しだけ「おまけ」をつけて、エサやりをしてきたちちおにんなのでした。



(コイの稚魚たちも、それぞれにすくすく育っている第1池。エサの量は決まっているものの、子供たちが育っている分、それを加味してやらないといけないので、少し割り増しで今年はエサをあげています。食べ盛りの子供たち。食欲の秋にはさらに割り増しが必要そうです(笑))



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.09.09 07:49:30
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.07
カテゴリ:池作り・庭作り
職員食堂で晩ごはんのお弁当を食べながら、ぼんやり、第2池のことを考えていました。
バイオスポンジコンテナを強洗浄してから、コイさんたちがダウンしてしまい、鼻上げ動作を開始したのが2週間前。
そこから1週間のエサ切りを経て、徐々にエサの量を元の状態に回復させて、ようやく昨日で通常運用に戻ることが出来ました。
この2週間の間、気が気ではなかったですね・・・(苦笑)

ナイアガラ洗浄と名付けた、強洗浄。
池の水をバケツに汲んで、それを濾材の上にザザザザーと注ぐことで、スポンジ内部に入り込んだ汚泥を綺麗に洗い流し、スポンジの通水性を復活させて濾過機能の維持を図る・・・・それがこの洗浄の特徴です。
しかし、2個のコンテナをいっぺんに強洗浄すると、第2池の場合にはダウンすることも今回初めてわかりました。

もともとエサの量を増量するために、バイオスポンジコンテナを1機から2機に増やしたことが発端です。
なんとか2機になり、そしてようやく安定化しました。
ですから、いよいよ「エサ増量」に踏み切りたい・・・・そう思ってはいたのですが・・・・

すでに季節は9月。
ここからは「食欲の秋」で、コイさんたちもエサをしっかり食べる時期です。
でも、そこで冒険をしてズッコケると、もう今年は取り返しが付かなくなります。
水温は下がる一方ですから、バクテリアの活動や酵素活性も落ちる一方です。
この時期に冒険して失敗すると致命傷になることは、今までの経験からもすでに実証済みです。

さあ、どうする???
来期にこのまま繋いで、来期にエサ増量を図るというのでも遅くはありません。
ん〜〜〜、そうするか・・・
それとも少しでも増量するか???

増やしたい気持ちと、しくじったときの後悔を思うと、決断しにくい私・・・
これから先、しばらく悩みは続きます〜〜〜・・・





(ようやくエサを欲しがるようになり、活発に泳ぐようになった第2池のコイさんたち。今の健康な状態で、現行量のエサを食べ続けるだけでも、増体効果はあるはずです。一旦病気にすると、エサ切りも含めてその期間にやせてきますから、結局は「急がば回れ」・・・ということになるんですよね〜〜・・・。う〜ん、迷うなぁ〜・・・)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.09.07 17:53:00
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.25
カテゴリ:池作り・庭作り
濾材の洗いすぎでダウンしてしまった第2池の濾過槽。
ノックダウンというほどまでには至っていませんが、コイさんたちは元気がなく、水面にボーッと浮いている状態が続いていました。
今朝は少し体調が戻ってきた様子で、何匹かがエサをねだる仕草をしていました。
ちょっと安心・・・・
この1週間は「エサ切り」をすると誓いましたので、心を鬼にして今はじっと辛抱です。

水温は今が1年で一番高い、マックスの26度キープ中。
バクテリアの繁殖は今が最高潮です。
1週間もエサ切りをしておけば、濾過槽の働きとしては復活してくれるはず・・・
その間はお腹ぺこぺこですが、コイさんたちには辛抱してもらいましょう。

ふんばれ、第2池!






*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.25 08:29:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.23
カテゴリ:池作り・庭作り
昨日の午後からの大雨のあと、第2池はとんでもない状態になっています。
まずは水中ポンプが停止しているのを夜中に発見。
コイさんたちは鼻上げをしていました。
30%水換えをしたのは昨日の午前中。
その時に、徹底的にバイオスポンジコンテナをナイアガラ洗浄していました。

鼻上げ行為がポンプ停止によるものとしては、やや時間が短すぎる・・・そう感じていました。
ならばその前の濾材の洗いすぎ・・・・か?
夜でしたので結果は今日に持ち越し。
しかし、朝からやっぱり鼻上げ行為が続いていました。
そこで30%水換え実施し、それでどうなるか反応を見ました。
しかし、残念ながら変化なし。
夕方になってもコイさんたちは元気がなく、ぷかんと水面近くに浮いています。

間違いありません。
やらかしてしまったようです・・・・濾材の洗いすぎ。
バイオスポンジならば洗いすぎてもダメージはない・・・そう考えていましたが、そうではなかった・・・・ということを初めて知りました。

バイオスポンジでもなるんだな・・・・
以前、ロールブラシの洗いすぎで経験した第1池の壊滅的被害・・・そのことが脳裏によぎります。
なんとか今の第2池を持ちこたえさせなくちゃ・・・

まずはエサ切り。
そしてバイオスポンジにバクトパワーというバクテリアの粉をふりかけて・・・・あとは祈るのみ。
今年は第2池がいろいろとトラブルが発生する年だなぁ・・・・とほほほ。



(先日、バイオスポンジコンテナを2つにして、ちょっと安心していました。あかんかったなぁ〜・・・油断しちまった・・・)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.23 22:24:48
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.19
カテゴリ:池作り・庭作り
先週の水曜日にバイオスポンジコンテナを一機新設し、濾過槽に沈めて1週間が経過しました。
エサの量は前回の「鼻上げ事件」から、「1/3杯−0−1/3杯−1/3杯」という量に減らしています。
これをこの夏の間に、「2/3杯−0−2/3杯ー2/3杯」まで増やすかどうか・・・・それを考えています。

バイオスポンジの量としては、3袋が4袋に増えた計算になります。
ただし当初の3袋のうち1袋は十分な設置が出来ていませんでしたから、おそらくは2袋だったのが4袋になったと見るのが正しいでしょう。
とすれば、単純計算で2倍の濾材となったと考えることが出来ます。
とすれば、理論上、「1/3杯−0−1/3杯−1/3杯」→「2/3杯−0−2/3杯ー2/3杯」は可能ということになります。

しかも、「2/3杯−0−2/3杯ー0」でまずまず安定していたという実績もあります。
とすれば、増える2/3杯分を、増量した濾材が対応してくれればまるく収まるはず・・・。

経験上、濾材が安定して機能し始めるのには2週間かかります。
今は水温が27度と高くなっていますから、バクテリアの繁殖も活発で酵素活性も高く、2週間あれば確実に立ち上がっているはずです。

すると、エサの増量開始日は自ずと設定されますね・・・・
8月26日水曜日・・・・この日から勝負に出ることにしましょう。



(写真の中の黒いメッシュ部分が、新規投入したバイオスポンジコンテナです。バイオスポンジの2袋分が封入されています)





(「2/3杯−0−2/3杯ー2/3杯」に増量して、わずか数日でアンモニア濃度が3.0mg/dlまで上昇してしまった第2池。今度こそ安定化して、「夏量」のマックスを更新して欲しいところです)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.19 22:59:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.13
カテゴリ:池作り・庭作り
昨日購入した「バイオスポンジ」の追加分。
夜ではありましたが、だいたい目分量で、コンテナのすき間を埋めるようにスポンジを詰めておきました。

今朝は早起きして、スポンジのすき間具合を確認しながら、さらにすき間を埋めました。
そして最後の封印の儀式。
蓋を取り付け、結束バンドで固定して、一つのパッケージが完成です。
今後は「ナイアガラ洗浄」と称して、バケツに汲んだ池の水をザバザバと上から注いで、汚泥を一気に洗い流す洗浄方法を行いますから、しっかりとフタをしておかないとスポンジが流出してしまいます。
これでもう洗浄にも気を使う必要はありません。

さあ、あとは濾過槽が立ち上がるのを待つだけです!





(2機のバイオスポンジコンテナが整備された第2池。もうこれ以上の拡張は無理です(笑)。これでどこまで濾過槽性能が上がるのか??それはこれからゆっくりと検証していこうと思います。


*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.13 08:09:23
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.12
カテゴリ:池作り・庭作り
やや敷居が高かったというか、2年前に行ったきりだった鯉屋さんに久しぶりに行ってきました。

さかのぼること、3年前のゴールデンウィークの時。
セールだった「白写り」のいいのを安く分けていただき、それがすくすくと美しく育っていました。
ところが、2年前の台風19号でこの山あいの地域が大停電となり、濾過槽のポンプが止まり、水質悪化で鯉が死んでしまった・・・・その死んだ鯉がその白写りでした。
以来、どうもその件が心に引っかかり、鯉屋さんから足が遠のいていたのでした。

少し規模を縮小したとのことで、空いた水槽もありましたが、ご主人は変わりなく、年中無休ですからと、屈託のない笑顔でバイオスポンジ1袋を持ってきてくれました。
2年前の痛手から少しずつ立ち直って、また池作りに取り組み始めたことを伝えると、またよろしくお願いしますと丁寧に挨拶をして下さいました。

さっそく家に持ち帰り、第2池の濾過槽の2機目のコンテナボックスに充填してやりました。
バクトパワーというバクテリア製剤も残りがあったので、それも振りかけてやりました。
これでやれることはすべて完了。
第2池の濾過槽が立ち上がるのを待つだけです!









(2cm角のスポンジの詰め合わせ、それがバイオスポンジのパッケージです。バクテリアの付着する表面積が大きく、洗浄しやすく、軽いという、管理する側にとっては言うことなしの濾材です。400リットルに対して4袋入れている計算となり、理論上は十分な濾過能力を発揮してくれるはずです。さあ、どうなるか???これからが見ものです!)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.12 20:49:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.11
カテゴリ:池作り・庭作り
帰ってきてたのが19時前。
辺りはもう薄暗くなってきていました。
しかし、私にはどうしてもやらなければならないミッションが・・・・

それは、昨日完成させたバイオスポンジコンテナを第2池の濾過槽に設置して、大きさが適切なことを確認することと、必要なバイオスポンジの量を割り出すこと。

すでに一機は投入されており、もう1つは簡易のものです。
それを取りだして、新規のコンテナをまず投入しました。
大きさはバッチリ!
ピッタリフィットするのを確認。
まずはほっと安心です。

お次は、今まで入れていた簡易の入れ物から、バイオスポンジを2機目のコンテナに移し替えました。
すると、およそ半分くらいが埋まりました。
だいたい1袋分を入れて半分くらいですから、あとの必要な量はもう1袋分で良さそうです。

1袋当たり2000円しますから、2袋購入するにはかなり度胸が要ります。
でもまあ1袋なら許容範囲。(笑)
よし、これで必要量もわかりました。

本日の作業はここまで。
明日は職場の帰りに鯉屋さんを訪ねて、バイオスポンジを1袋分けてもらうことにしましょう。

入手さえすればあとは簡単。
2機目のコンテナの空いたスペースに入れて、コンテナを埋めてしまえば、2週間程度で水質は安定化します。
さあ、あともう一息ですよ〜〜〜!!



(これが昨日完成させた、バイオスポンジコンテナです。セリアのA4ファイルボックスと、ホームセンターで買ってきたトリカルネット、そして結束バンドで組み上げました)





(こちらが第2池の濾過槽です。すでに1機目が入っていますが、もう1機を投入するスペースがあります。そこに入れてしまえば、バイオスポンジ4袋分の力を持つ濾過槽が誕生します。)



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.11 20:16:20
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.10
カテゴリ:池作り・庭作り
今日の午後はとにかく猛暑中の猛暑。
午前中の池の掃除で熱中症になり、夕方までダウンしていました。
それからもまだまだ暑く、トワイライトツーリングをする気力も出ず・・・・

そんな日にはクーラーの利いた部屋で「池作り」です。(笑)
第2池の濾過槽を強化するため、朝一番、開店と同時にホームセンターに買いに行ったトリカルネット。
それと、前回百均で購入し加工しておいたA4ファイルボックスとで、バイオスポンジを入れるコンテナを作りました。
2機目となるコンテナですので、作り方は1機目に習って作ります。
でもA4ファイルボックスもトリカルネットも、1機目とは微妙に違っているので、その分も加味しながら微調整して作り上げました。
それがこちら!



(今回のトリカルネットは固い材質だったので、ファイルボックスが逆に柔らかく、ちょうど釣り合いが取れて、立方体を形作るのには好都合でした。)





(白かぶで朝早く買いに行ったトリカルネット。持って帰るのには大変でした・・・(苦笑))





(作成途中の写真ですが、何度もやり直して完成まで持ち込みました。夕方から先ほどまで、4時間くらいかかりました・・・たははは)



あとはバイオスポンジを調達しなければいけません。
これが一番の難関ですね。
決して安くはありませんから。
2袋くらい必要かな〜・・・・まいったなぁ〜・・・



*へぇ~とか、うんうんと思われたら、こちら↓をポチッとおねがいします!*
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村






Last updated  2020.08.10 21:18:04
コメント(0) | コメントを書く

全6217件 (6217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.