935358 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

徳山秀樹の日経225先物・オプション

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

徳山秀樹@ Re[1]:日経225先物システムトレード実験(07/29) ウエルカブさん、私はタイコム、楽天、E…
ウエルカブ@ Re:日経225先物システムトレード実験(07/29) 先物初心者です。 大引け決済の注文はど…
みんなのプロフィール@ みんなのプロフィール ブログ開設おめでとうございます! アクセ…
chieru@ ご注文ありがとうございます! セブンイレブンで送料無料で手に入るとは…
なつこ@ 本の注文しました chieruさん凄いですね~。本もお書きにな…
2006/02/02
XML
カテゴリ:テクニカル分析

始 値:16650
高 値:16740
安 値:16620
終 値:16700(前日比+220)
出来高:80074


昨日コメントした前者の動きとなった。すなわちNY高から反発して、昨日の安値がほぼ16500のサポートとして機能したことになる。しかしザラ場では比較的狭い範囲の動きに終始した。

東証の影に隠れがちだが、225先物が上場する大証のシステム不安はより深刻と改めて実感した。225先物の引けは15:10であるが、数分して引け値を確認しようと見てみたらまだ価格・気配が動いているではないか。

最初は事態が飲み込めなかったが、どうも5分程度データが遅延しているようである。出来高も比較的落ち着いた水準なのにどうしたことだろう?大証で通常問題になっているのは特定銘柄への注文集中と理解しているが、その影響が先物にも及ぶのだろうか。昨年からずっとゴタゴタしていて一向に解決しないのがどうして許されているのか非常に疑問に感じる。






Last updated  2006/02/02 06:13:14 PM
[テクニカル分析] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.