045965 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

タフルの日記(^_^)

ファントム

今回は、第1回目!「ファントム」のストーリーをご紹介します!
では、早速ご紹介しましょう!!

19世紀後半のパリ、オペラ座通り。無邪気で天使のように美しい娘、クリスティーヌが、歌いながら新曲の楽譜を売っていると、彼女の歌声に興味を抱いた群集が集まって来る。
そこへオペラ座のパトロンの一人であるフィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵が、オペラ座の団員ソレリを伴って現れる。
クリスティーヌの歌声とその美しさに強く惹かれたフィリップは、彼女がオペラ座で歌のレッスンを受けられるよう、取り計らうのだった。
 一方、オペラ座では、支配人のキャリエールが解任され、文化大臣を買収したと噂されるショレが、新しい支配人となっていた。
ショレが彼の妻でプリマドンナのカルロッタと共に団員達を集め就任の挨拶を行っていると、そこに一通の手紙が落ちてくる。狼狽する団員達の姿に驚いたショレは、キャリエールに説明を求める。
キャリエールは、このオペラ座の地下にある小さな沼のほとりには、怪人-ファントムが住んでおり、我々に”下に降りてはいけない”という規則を定めていると語る。実際、地下へ行ったものは、誰も戻ってこなかったというキャリエールの言葉を聞いたショレは、そのような話は信じられない、クビにされた腹いせに、お前が仕組んだ策略だと全く取り合おうとはしなかった。
オペラ座の楽屋口を訪れたクリスティーヌは、キャリエールが解任されたことを知り愕然とするが、楽屋番のジャン・クロードの計らいで新しい支配人に紹介してもらえることとなる。彼女がオペラ座一のパトロンであるシャンドン伯爵の紹介でやって来たことを知ったショレは、早速彼女にレッスンを受けさせようとするが、クリスティーヌの若さと美貌に嫉妬したカルロッタは、彼女を自分の衣装係にしてしまう。しかし、クリスティーヌは、憧れのオペラ座に居られるだけでも幸せだと心から喜ぶのであった。
 ある時、まるで天使のように清らかなクリスティーヌの歌声を聞いたファントムは、ただ一人彼に愛情を注いだ亡き母親を思い起こす。
そして、仮面で顔を隠しながら彼女に近付き、君がオペラ座で歌えるようになるよう、私に指導させて欲しいと申し出るのだった。
 ファントムの指導を受けたクリスティーヌは、瞬く間に上達する。最早君に教える必要は無くなったと語るファントムの勧めで、クリスティーヌは団員達が集うビストロで開催されるコンテストに参加することとなる。クリスティーヌが歌い始めると、ビストロの奥にファントムの姿が浮かび上がり、彼の声に導かれた彼女の歌声は次第に輝きを増していく。ついには天使が舞い降りたかの如く歌い上げた彼女は、場内の大喝采を浴びるのだった。それを聞いたカルロッタは、「フェアリー。クィーン」の主役タイターニア役をクリスティーヌにやらせてはどうかと進言する。フィリップは、クリスティーヌの成功を祝福し、彼女を伴って夜のパリの街へ向かう。そして、一目君の姿を見た時から強く惹かれていたと、クリスティーヌへ寄せる熱い想いを語るのだった。恋人同士のような二人の姿を、ファントムは、寂しげに見つめる・・・・・・。

続きは、次のページを読んで下さい!


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.