978685 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

地下室で手記

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

日記/記事の投稿

プロフィール


茶留蔵

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:今日の利きジャケ(06/27) offshore cialiscialis holland betrouwba…
 http://buycialisky.com/@ Re:今日の読書 借金取りの王子/垣根涼介(08/04) cialis bathtub symbolismindia pharmacy …
 http://buycialisky.com/@ Re:今日のBS キャブスvsセルティックス(01/10) cialis prices at true pharmaciescialis …
 http://cialisda.com/@ Re:今日の利きジャケ(06/27) which has less side effects viagra or c…
 http://cialisiv.com/@ Re:今日の読書 借金取りの王子/垣根涼介(08/04) cialis bestellen.atgeneric versions of …
 http://viagravipsale.com/@ Re:今日のBS キャブスvsセルティックス(01/10) hoeveel kost viagra apotheek <a hre…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のW杯決勝(07/12) ellit keskustelu viagra ja cialis verta…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のW杯 ドイツ対スペイン(07/08) cialis 5 mg una volta al giornocialis d…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日もネット無し(08/06) generic cialis europewhat is better via…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のDVD鑑賞 アフタースクール(02/11) lamisil cialisrx giant cialiscialis 20 …

サイド自由欄

設定されていません。

楽天カード

2008年02月10日
XML
カテゴリ:ゲキレンジャー
「ズンズン!獣拳は、ずっと…」
今回で本当の最終回という事になったゲキレンですが・・・
やっぱり前回がテンション的に最終回でしたね。

ロンが不死という事であるからには封印という手段に落ち着くのも予測できましたし。
封印の術を理央様から託された臨獣拳の力から学び取るというのも・・・悪くはないんですが、三拳魔を封印した七拳聖からやり方は教われなかったの?という思いもありますし・・・

拳聖の不闘の誓いも、誓いを破るとどうなるんだ?という感じですし・・・
最終回を迎えて、さらに理央様が主役だったと強く印象づける結果になってしまったのではないかと。

最終回の感想としてはそんな感じになってしまいますねぇ、総括は別個やりますけども。






最終更新日  2008年02月10日 10時25分18秒
コメント(2) | コメントを書く
[ゲキレンジャー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 総括は今日中?(笑)   アクア さん
やはり、先週が最終回でしたね(笑)
久々のトライアングルらしいところと、
修行してるっぽいところが見えたのは
良かったです。
マスターたちもキャラ的に大好きなんだけれども、
最後は臨獣拳のマスターたちに教わっていて
味方のマスターたちの教えが薄くなっちゃっというか・・・
封印技も両方のマスターたちの技を合体させるとかでやれば、激獣拳と臨獣拳ふたつのマスターたちの力を受け継いだというのが、より表れたと思うのですが、、、。
臨獣殿がメインなのは最後まで変わりませんでした。
主役が理央さまなのも、変わりませんでした(笑) (2008年02月10日 17時20分58秒)

 総括はやってみましたよん   茶留蔵 さん
テンションが先週高すぎでしたからね(笑)
まぁ最後に修行を織り込んだのは良かったんですけどもね。
ただ、ここに至る過程がもっとあればと、本当にもったいなかったんですよね。 (2008年02月10日 22時09分38秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.