992820 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

地下室で手記

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

日記/記事の投稿

プロフィール


茶留蔵

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:今日の利きジャケ(06/27) offshore cialiscialis holland betrouwba…
 http://buycialisky.com/@ Re:今日の読書 借金取りの王子/垣根涼介(08/04) cialis bathtub symbolismindia pharmacy …
 http://buycialisky.com/@ Re:今日のBS キャブスvsセルティックス(01/10) cialis prices at true pharmaciescialis …
 http://cialisda.com/@ Re:今日の利きジャケ(06/27) which has less side effects viagra or c…
 http://cialisiv.com/@ Re:今日の読書 借金取りの王子/垣根涼介(08/04) cialis bestellen.atgeneric versions of …
 http://viagravipsale.com/@ Re:今日のBS キャブスvsセルティックス(01/10) hoeveel kost viagra apotheek <a hre…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のW杯決勝(07/12) ellit keskustelu viagra ja cialis verta…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のW杯 ドイツ対スペイン(07/08) cialis 5 mg una volta al giornocialis d…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日もネット無し(08/06) generic cialis europewhat is better via…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のDVD鑑賞 アフタースクール(02/11) lamisil cialisrx giant cialiscialis 20 …

サイド自由欄

設定されていません。

楽天カード

2010年01月17日
XML
カテゴリ:シンケンジャー
「激突大勝負」

今回は、殿は十臓と対決、殿を探す源ちゃんはやりきれない気持ちでいっぱい、侍としての使命を果たさなければならない4人は複雑な気持ちを抱えながらも姫と共に闘うという事でしたね。

まずは、殿。

何も無くなったと思っていた所に十臓との決闘。

これで、今まで大嘘つきであったが、戦う事は嘘ではなく真。

自分の存在価値というものを改めて感じる事ができているようですが、その戦いぶりは外道に近いものとなってしまったようで。

殿を案じるじいが乱入してきた事により、じいをかばい十臓を打ち破ったかにみえて、十臓はまだ倒れてはいなかった。

重症のじいから、立場は偽りの家臣であったとはいえ、決してそれだけではなく、通じ合うものは嘘ではなかったという言葉も聞き入れずに、十臓との一騎打ち再び、馬に乗っての大立ち回りで決着は次回に持ち越し。


源ちゃんは、殿が殿でなくなって抜け殻のようになったのを目の当たりにしたが故に、心配で仕方が無い様子。

ダイゴヨウのめちゃくちゃな捜索でボロボロになったとこころで、出会えたのはアヤカシのオボロジメ。

シタリの命を半分託された強敵に1人ではなす術もなくやられたところで、シンケンジャー5人が参上。

姫のレッドの下で戦う4人の姿にショックを覚え、戦いの後に殿の現状を伝え何とかして欲しいと頼む事に。


姫の下で戦う事になった4人。

侍としての使命を捨てるわけにもいかず、丹波のいけすかない態度にいらつきを感じるものの、丹波を黙らせ、影武者としての使命をきちんと評価し感謝もしていて、まともな姫に対し反発するわけにもいかないという、ひたすらもどかしい状況。

オボロジメとの戦いの最中に千明が源ちゃんに漏らした言葉ははっきりと物語っていますね。

姫が丹波と同じような小物であったならば、簡単に反発しておしまいにできたんでしょうが。

外道衆を倒さないといけないのは使命というだけのものではなく、わだかまりは持ちつつも、三の目まであったオボロジメを撃破。

屋敷で源ちゃんから話を聞き、じいから殿が十臓と決闘をしている事を聞き、千明、茉子、ことはの3人は殿の元へ駆けつけようとします。

そんな中流ノ介は侍としての使命のために、自分の感情を押し殺し屋敷で待機する事を選びます。

しかし、相当に無理をしているために叫んでしまっていますが。


今回は、前回姫が来た事によって起きた変化をもう一歩踏み込んだ形でやってきました。

流ノ介の最後の選択は、非常に流ノ介らしいというか、家臣の4人の中でも流ノ介だけ、自分を押し殺す所があるんじゃないかと考えていたものだったので、今回それが描写されていたので、嬉しかったり。

しかも、次回はあの黒子さんが出てくるという事で、伏線好きにはたまらない展開になっています。






最終更新日  2010年01月17日 10時08分01秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.