916799 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

地下室で手記

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月

日記/記事の投稿

プロフィール


茶留蔵

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:今日の利きジャケ(06/27) offshore cialiscialis holland betrouwba…
 http://buycialisky.com/@ Re:今日の読書 借金取りの王子/垣根涼介(08/04) cialis bathtub symbolismindia pharmacy …
 http://buycialisky.com/@ Re:今日のBS キャブスvsセルティックス(01/10) cialis prices at true pharmaciescialis …
 http://cialisda.com/@ Re:今日の利きジャケ(06/27) which has less side effects viagra or c…
 http://cialisiv.com/@ Re:今日の読書 借金取りの王子/垣根涼介(08/04) cialis bestellen.atgeneric versions of …
 http://viagravipsale.com/@ Re:今日のBS キャブスvsセルティックス(01/10) hoeveel kost viagra apotheek <a hre…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のW杯決勝(07/12) ellit keskustelu viagra ja cialis verta…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のW杯 ドイツ対スペイン(07/08) cialis 5 mg una volta al giornocialis d…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日もネット無し(08/06) generic cialis europewhat is better via…
 http://buycialisonla.com/@ Re:今日のDVD鑑賞 アフタースクール(02/11) lamisil cialisrx giant cialiscialis 20 …

サイド自由欄

設定されていません。

ランキング市場

楽天カード

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

電王

2010年07月01日
XML
カテゴリ:電王
電王映画3連発の最後ディエンド編やっと見てきました。

ディエンド編と、いくら電王が自由度が高いにしろ自由すぎるだろという思いがあるまま見たわけですが、その思いを払拭する事は出来なかったですね。

ディエンドに対して思いれが全く無いというのもあるかもしれないですが、どうしてもディエンドでスピンオフを作りたいんだけども、全くそれだけだと自信がないから電王の人気を利用しましたというように映った映画になったなと。

ディエンド好きならば、そういった穿った見方はしなかったかもしれないですが、それは好みの問題と言う事で。

脚本も違うし、主役もディエンドだしで、電王映画としては非常に異質な作品になったと思いますが、その異質さを作品の幅として楽しめる人には楽しめたのかもしれないですが、これは電王でやるべき事なのか?と思ってしまうと、そう思ったままというか。

これでお行儀のよろしくない形での映画公開はひとまずおしまいになりましたが、話題性のための話題性狙いはできればやめていただきたいという残念な気持ちはどうしても残ってしまいますね。

3本共通したものは結局オーナーがらみのものだけでしたし、それぞれ話としては独立していた方がいいというのはあるにはありますけども、この形態で公開しようとした事に対してはやっぱりねぇ・・・






最終更新日  2010年07月01日 21時41分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年06月10日
カテゴリ:電王
電王のお行儀のよろしくない形の映画3連発2発目は幸太郎とテディがメイン。

乗車チケットの盗難から始まる今回はイマジンの契約者と幸太郎、テディと失って初めて気付かされる大事な事という形ですね。

当たり前の事として当たり前のように感じている事も決していつまでも当たり前の事ではないというテーマというか、今回の映画のためのゲストのイマジン契約者の少女の願いというのが、現在の私にはあまりにもストレートにきてしまうもので・・・

切なすぎるというか、感情移入をし過ぎてしまうというか・・・話としては非常にいい話ですが、この手のいい話を直視する事が実はつらかったですね。

必要以上に感情移入をしないで観ても十分によくできた話だと思います。

まぁ、1本目を見ても思いましたが、多少削って3本同時上映でも良かったんじゃないかと思えなくはないですけどもね。

削るとなると、今回はデンライナーでの愉快なやりとりを削らざるを得なくなるので、それはそれでもったいないとは思いますが、ストーリーそのものを考えると3本同時上映狙いで作った方がすっきりとした形になったとは思います。

まぁそうしない事による大人の事情というか、話題性狙いなんでしょうが、それだけにこの形態でやる事によって、出来以外の部分に目がいってしまう事がもったいないなぁと。






最終更新日  2010年06月10日 21時52分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月29日
カテゴリ:電王
2週間交代で3作連続公開という、非常にお行儀のよろしくない映画公開には思う所がありまくりますが、それでも観に行ってきました。

3作品の中では一番真っ当な題材である、侑斗と愛理さんが中心の物語ですからね、他はともかくこれだけは抑えておこうと。

今回、侑斗と愛理さんの想いが中心ですので、ややしっとりとし過ぎている感がありますが、それでも一定水準以上は楽しめるのはさすがですね。

大人桜井と未来の自分が相手となる侑斗、そしてその状況を理解している愛理さんというわけですが、とにかく、愛理さんがテレビ本編からすると、随分と変わっていますね。

浮世離れしたフワフワした感じが薄まってというかほとんどなく、本編で無くしたはずの記憶を語る時のような感じで結構面喰いましたね。

ちょこちょこと気になる部分はあるにはあるのですが、これで最後の電王祭だと思えば楽しめますかね。

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダーTHE MOVIE超・電王トリロジー公式(ゼロノス編)






最終更新日  2010年05月29日 14時12分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月23日
カテゴリ:電王
どこまで、電王に貢げば気が済むんでしょう(苦笑)

ディレクターズカット版のさらば電王を見ました。

一通り見て、見覚えが無いなというシーンが、やっぱり足されたシーンなんですね、当たり前と言えば当たり前ですけども、さすがに直前に見返して見比べているわけではないのでね。

コメンタリーで足されたところを教えてくれますし、チャプターにも足されたところを見る事ができるような親切設計もされていますし、切るのもったいなかったなぁという小ネタがちらほら(笑)

まぁ小ネタですから、あってもなくてもストーリー的に問題は全くないんですけどもね(笑)

そして、ラジタロスCDは絶望イマジン神谷浩史さんがゲストでリュウタロス鈴村さんとの同級生の得オタトーク。

絶望した!フィギュア欲しさに自分でDVDを購入したという神谷さんに絶望した!

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン ディレクターズカット版






最終更新日  2009年09月23日 20時48分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月01日
カテゴリ:電王
今日から公開の電ディケを見てきました。

電王は好きですが、正直引っ張りすぎだろうという思いはあるにはあるのですが、それでも釣られてみるのは仕方がないということで。

今回は良太郎は佐藤健ではなく、小太郎がやることになりまして、果たしてそれがどういうことになるのかなというので期待と不安と両面あったわけですが、見終わりましての感想は、電王はこういった変化に対応したものを作るのに慣れているなということですね。

ハナがコハナになってしまった経験が生かされていましたね。

姿が変わってしまったらばその姿でこそやりやすいものにするというか。

今回は、小太郎、コハナ、今回のめいんゲストのユウ君と子供がメインになる事によっての物語作りは成功しているのではないでしょうか。

いつもの悪乗りもたくさんありますが、善悪はっきりしている中で少年の成長を描く心温まるものを狙っていると、そしてラストにはというところまで全てこういう狙いだったのかと思えるようにしているのが、さすがですかね。

今回個人的にうれしいのはデネブが非常に目立って重要な役回りをしているということと、映画になってからのコハナちゃんの強さは健在というところかもしれない(笑)

全体的に電王の世界っていうのはきちんと出来上がっていて、お祭り的なことには向いている作品なんだというのは再確認できました。

キバの時よりもディケイドともなじんでいましたけどもね(メインはあくまでも電王でしたが)

不満と言えば、今まで当たり前のようにあった、本編前のイマジンアニメが無かったということでしょうかね。

あと、今年のディケイド映画はテレビ本編での平成ライダーの世界を全部扱うというのを超えて、全てのライダー出しちゃうんですね。

本編終了後の予告を見て驚きました!
   






最終更新日  2009年05月01日 20時59分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年04月25日
カテゴリ:電王
さらば電王のコレクターズパックを見ました。

あらためて本編始まる前のイマジンアニメの終わりよければすべてよしネタは、突っ込んで欲しかったんですね。

いつまでも続きがあるのは良くないというような事をしておいて、このDVDが出ると即座に新しい映画ですからね(笑)

本編はおいておいて、特典映像は面白いですね。

メイキングは少しさらば電王イベントのDVDでも目にしましたが、今回は長く尺をとってくれていますから、その分楽しめました。

一番笑ったのは、舞台挨拶で、関さん、遊佐さん、鈴村さん、三木さん、神谷さんとでやったもので、それぞれの役で一言というもの。

最初の4人はお約束のセリフをいくらでも使ってやれますが、まだ映画を見ていない人には幽鬼なんてわからないという状態での無茶ブリっぷりに「絶望した!」とでも叫んでほしいと思った事は内緒です。

それにしても、電王にはずいぶん予算を吸い上げられているなぁ(遠い目)

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン コレクターズパック






最終更新日  2009年04月25日 21時05分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月22日
カテゴリ:電王
電王のイベントDVD、また釣られてしまいました。

電王のDVDもどれだけ出すんだよ(苦笑)

そのたびに釣られる方も問題だと思いますけども、イベント関係面白いんですよね。

今回もてんこもりですね、最後の映画化なのかというイベント当時と違って、まだ電王やるんじゃんというのが分かっているので、そういう意味では少しだけなんだかなぁというのはありますけども。

それにしても、スーツアクターのみなさんが、普通の格好で自分でセリフを言いながらの寸劇は貴重なんですがシュールな感じがして仕方がない(笑)

あと、コハナちゃんは可愛い!

さらば仮面ライダー電王 スペシャルイベント -さらばイマジン!日本全国クライマックスだぜ~!!-






最終更新日  2009年02月22日 15時21分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月16日
カテゴリ:電王
遅ればせながら、やっと見てまいりました、劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナルカウントダウン。

同時上映のイマジンあにめ「モモタロスよ永遠に イマジン終着駅」からの始まりですけども、これは話を無理やり引き伸ばして話が変わっちゃうと感動もなくなっちゃうという事をネタとしてやっていますが、それでいてオチがオチですので、まだまだ希望が残っているかなとか深読みしたくなりましたね。


本編ですが、電王の世界観というのは強いなというのを再確認する事になりましたね。

前情報として、良太郎と侑斗は客演レベルの出演シーンしかなく、メインとなるのは良太郎の孫になる幸太郎であることがわかっていたわけで、それがどういう結果をもたらすのかと、かすかな不安というものはあったのですが、かすかな程度の不安でしかありませんでしたね。

愉快なタロス達が主軸として動いている限り、ある意味ぶれませんし、侑斗に関してはスケジュールの都合で扱い的には、こうせざるを得なかったんだろうなというところに落とし込まれてしまいましたが、良太郎はみんなと一緒に行動できないというか、囚われてしまったという事で、逆にモモ達とのつながりがはっきりと描かれたと思えて良かったですね。

それにしても、ここにきて新たな憑依状態である絶望良太郎(違)までやるんですからどれだけ憑依されやすいんだよ良太郎はと(笑)

ストーリーとしては基本的にシンプルですが、小ネタに笑って、映画という大画面向きのアクション祭りに燃えて、それぞれの絆に泣けるで!となってと、時間が経つのが早く感じてしまうほど楽しませてもらえるエンターテインメントでしたね。

理屈抜きで楽しめました。この期に及んでジーク馬鹿王子まで出てくるんですからね(笑)

願わくは、これでさらばという事にならない事だけでしょうか。

引っ張りすぎて残念な結果を招くこともあり得ますけども、電王ならばそれでも大丈夫なんじゃないかと期待してしまうだけのものがありましたので。

あと、入場者プレゼントはリュウタロスでした。






最終更新日  2008年10月16日 21時22分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月03日
カテゴリ:電王
さらば電王のミニアルバムを手に入れました。

Climax Jump the Finalは映画用にAAAが録り直したもので、アレンジやら歌詞やらも変わっていますが、それは置いておいて(オイ)

このミニアルバムはClimax Jumpまでフォームチェンジしたという事が全てと言っても過言ではないですね!

いやぁ、モモ、ウラ、キン、リュウタの歌が入っているのもいいですが、DVDの方に全員分のPVが!

まさか4人分作っているとは力が入っていますねぇ。

とりあえず、ウラのPVは無駄にエロいと思わずにはいられない(笑)

仮面ライダー電王 いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん!?






最終更新日  2008年10月03日 21時26分38秒
コメント(283) | コメントを書く
2008年08月21日
カテゴリ:電王
驚きましたというのは、まさかキバの後、最後に流れるとは思っていなかったからなんですね。

また間のつなぎに使うものだとばかり思っていたので。

結果的に電王映画第3弾の告知も込みだったらば、最後に流れて当たり前ですし、テレビでもトリだったんですよね。

後になって冷静になって考えると当たり前の事でした。

個人的にはまた2頭身が見れたのに大満足なのと、早くも電王映画が見たくて仕方がなくなったということですかね。






最終更新日  2008年08月21日 23時54分37秒
コメント(0) | コメントを書く

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.