007963 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

パパは子育てコミュニケーションアドバイザー

2019.10.16
XML
カテゴリ:育休日記
どうも子育てコミュニケーションアドバイザーの波多野翼です!

私が育休をホントに取って良かったと思えた出来事を前回(次女偏)前々回(三女偏)と書かせてもらいましたので、今回は長女とのエピソードを紹介したいと思います。


 小学校一年生で何かとしっかりしている長女。そして、ませているのか私の心をもてあそびたいのか「パパには内緒!」や「運動会は、恥ずかしいから来ないで」というパパちょっとキライ的な発言も。

さらに寝るときは左から「三女」、「ママ」、「長女OR次女」、「パパ」という並びになるので、毎夜「ママの隣がいい」と長女と次女がケンカをするような感じでちょっとパパとしてはさみしい思いをすることも…。

 そんな中、育休の時期が6月中旬から8月中旬の2ヶ月ということもあり、ちょうど7月中旬から長女の夏休みと重なりました。長女からは「お父さんが家にいるんかぁ…」とちょっと嫌なのか照れ隠しなのかはわかりませんがそんな言葉が…。

 そんなこんなで長女の人生初の夏休みが始まりました。

そんな長女に「宿題はしたんぁ~」と聞くと「パパ、47日もあるんやで、夏休み」とよゆーの返答!

幾度となく夏休みの経験した私としては心の中で「そのよゆーが命取りなんだよ~」と思い、夏休みの洗礼を受けなさいとほくそ笑んでいました。
 
 まぁ~私と違い、見事なスケジューリングで夏休みの宿題を早めにこなした長女!さすが( ´∀`)!!

 ただ長女にとっては、宿題よりも時間を持て余してしまって「お父さん、夏休みって暇やな」を連呼…。でも三女もいるし、次女の保育園のお迎えもあるし、おでかけしたり、遠くに行ったりはできない。なので、三女が寝たときに掃除を簡単にして、長女との一緒にリビングにあるテーブルに氷を滑らせてエアーホッケーをしてみたり、水を口に含んでお互いに笑わせあったり(ママがいると怒られるやつ)、家のプールをしたりと遊んでいました。

 そのプールも台所の蛇口からホースをつないで外のプールにお湯を少し入れて冷たすぎないようにするのですが、一回、その蛇口のホースが少しだけズレて、ピューと水が噴き出しており、台所が水浸しになった事件がありました…。
 長女と一緒に「危うく、台所をプールにするところだった」と言いながら床を拭いたことも…。

 そんな別にどこに行くわけでもない夏休み、私の育休も残すところあと1週間となった8月の初旬。
 夕方になると長女が「お腹が痛い」という日が続きました。夕食もあまり食べず…夏バテかなと思っていたのですが、心配で病院に連れていくと…。

 先生から「う~ん、ちょっと精神的なところからくるものかもしれませんね」と言われ、ママと「もしかしたら公文の宿題がちょっと難しくなったから悩んでいるのかな」と話、公文の先生にも宿題を少し減らしてもらいました。なぜか次女もそれに便乗して、宿題を減らしてもらうというちゃっかりぶり!!

 しかし、それでも夕方になるとお腹が痛いのは治らず…。朝起きたときはケロッとしていて元気いっぱいで昼間も相変わらず私と一緒に遊んだりするのですが、夕方になるとお腹が痛くなるようで…。
 ママとも「なんだろうねぇ…」と色々と原因をか考えては、長女に話をするけど「別にぃ、そんなこと悩んでない」と返事があるだけ。

 そして、育休中、最後の土曜日の夕方、やっぱりお腹が痛いと夕食を食べない長女。
 ご飯を食べながら「育休ももう終わるななぁ」と話しながら軽い気持ちで私が長女にあることを聞きました。

「ねぇ、パパがお仕事行くの嫌か~?」

 すると長女は目いっぱいに涙を貯め、口をへの字に曲げて、泣くのを我慢しながら「うん」と頷きました。

そして、目からポロポロと涙を流しながら声を震わせて「だって、パパと遊びたいもん」と言うのです…。

 これには、私も目いっぱいに涙を貯めながら「そうかぁ、そうかぁ」としか言えませんでした。

 だって長女はパパよりママ派だし、ママが育休明けの時はそんなことなかったし、パパには教えてくれないこともたくさんあるし、まさか長女からそんな言葉が出てくるとは思ってもいなかったわけで!!!

 長女とは、仕事が始まっても残業せず早く家に帰ってくることや休日はいっぱい遊ぶことを約束し、納得してもらいました。

 その次の日からは、お腹が痛いということもなく、夕食をモリモリ食べるようになった長女。

 長女は、この小さな出来事を成長する過程の中で忘れてしまうかもしれません。
しかし、私は、この大きな出来事を一生忘れることはないです。まさに一生の宝物です。

 そんな宝物を手にできたのは、育休という子どもと向き合う時間があったからこそだと思っています。仕事も大事ですが、育休も人生を豊かにするのにいいんじゃないかなぁ。






最終更新日  2019.10.16 07:13:18
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.