023441 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

パパは子育てコミュニケーションアドバイザー

2020.10.06
XML
カテゴリ:子育ての日常
どうも子育てコミュニケーションアドバイザーの波多野翼です。

9月28日付けの毎日新聞に私の様々な活動について書かれた記事が掲載されました。
子育て講座の講師のことや絵本のことも紹介されています。
https://mainichi.jp/articles/20200927/k00/00m/040/031000c

さて、この前まであんなに暑かったのにグンと気温が下がり秋めいてきましたね!

秋は、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋と何をしてもちょうどいい季節!!

私と次女(6歳)は、めっきり「食欲の秋」です!次女は、旬な味に敏感で、その季節の食べ物を好んで食べます。私もそうなので、食卓に並ぶ旬な食べ物は、私と次女、最近は三女(2歳)も加わり、取り合いです!

そんな次女と先日、畑に栗の木があるので栗拾いに行きました。


栗のイガをキャッキャ言いながら、足で踏んで、中から丸々とした栗を取ります。

栗は、茹でてスプーンですくってホクホクしながら食べたり、栗ご飯で食べたり。

ちなみに私と次女は、その場で皮を剥いてカリカリと生で食べるのが好きです。
少し渋味と甘味があってナッツのような感じです。

あっ!ちなみに、生は消化に悪いので食べるときは1~2個にしてくださいね!
あと栗アレルギーもあるので食べるときは注意してください。

そんなこんなで20個ほどの栗を拾って帰ったのですが…涼しくなってきたこともあって蚊がスゴい…。

次女は、特によく蚊に刺される体質で、私は次女に、蚊にとっての「稀血(まれち)」だと言っています。
※稀血については、「鬼滅の刃」をご一読ください。

私は、脚と手2ヶ所刺されたのですが、次女は脚を中心に10ヶ所を刺されており、見てるこっちが痒くなるほど!!

なので、20個の栗をゲットした喜びよりも10ヶ所も蚊に刺された不快感の方が大きく、何だか不満そうな顔をしていました。

とりあえず、得られる成果よりかけた労力の方が大きい、こういう状態を「コスパが悪い」て言うんだよと教えてあげました。

次女は、理解したのかしないのか脚を掻きながらうなずいていました。

ということで今日は栗と蚊とコスパの話でした。






最終更新日  2020.10.06 07:08:41
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.