780708 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

胃痛!イトマサのいわゆるチラシの裏

全116件 (116件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

コンピュータ

2009.06.06
XML
カテゴリ:コンピュータ
IE6のマシンで、
デフォルト検索にしていたGoogleが、
強制的にBing.comに切り替わった。


http://www.google.com/support/forum/p/customsearch/thread?tid=7e907aa8280aa661&hl=en

ツールバーの既定の検索エンジンをGoogleに設定しているにもかかわらず、
Bingに飛ばされてしまう。
しかもGoogleに戻すことができないという仕様。

IE7では大丈夫らしい。


我慢してbingを使うか、IE7にバージョンアップするかしかないらしい。

さすがだなー。MS。






Last updated  2009.06.06 15:56:07
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:コンピュータ
ウノウのサービスで、
はじめてよく出来ているなーと
感心した。







Last updated  2009.06.06 15:00:48
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.13
カテゴリ:コンピュータ
富士通が世界最速となるCPU「Venus」を開発、処理速度はIntelの最速モデルの2.5倍


CPU単体のスピードが速いことへのニーズは、
もうすでにほとんどの分野でなくなってきている。
物理シミュレーションやってる研究機関はほしがるだろうけど。

ニーズが小さければ、数がはけないので、
数倍速いかわりに、結局価格は数百倍、数千倍になるだろう。

戦時中、飛行機の機動性が重要だった時代に、
戦艦大和を作ってしまう巨艦主義のようなものだ。

サービス的に生き残れなければ、
すぐに数の捌ける民生用のCPUに追い抜かれてしまう。






Last updated  2009.05.17 16:04:21
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.05
カテゴリ:コンピュータ
・とにかく大容量メモリ
サービスという点においては、メモリさえ大量に詰めればいい。複数CPUのサーバーを利用する理由だって「メモリスロットが多いため大規模メモリーを詰める」という部分が大きい。CPUパワーに依存するサービスは少ない。

・小規模バッテリーを装備した電源装置
電源ケーブルが抜けてサービスダウンというトラブルは結構多い。バッテリーがあればそういうトラブルも減らせるし、電源落とさずに移動させることもできる。あとUPSでは、電源自体のトラブルに対処できない。

・取り回しのいい電源ケーブル
いまの標準的な電源ケーブルは無駄に長すぎるし、太すぎる。

・無線LAN
そろそろ、高トラフィックではないサーバーについては、無線LANに移行すべきころだとおもう。LANのケーブリングがなければ、データセンターの作業はずっとシンプルになる。

・省電力CPU
電源容量に余裕が出る、電気代が安くなる、廃熱の悩みが減る、と、いいことづくめ。


そう考えていくと、
理想のサーバーは、大規模メモリを積めるようにしただけの「ノートパソコン」であればいい。
そういう意味においては、サーバーベンダーのブレードサーバーは、ユーザー企業にとっては少し誤りだったように思う。
ベンダー側の囲い込みにはいいけども、客にとっては省スペース以外はメリットがほとんどない。

あと、SSDかどうかは、多くのサービスにとっては、あまり重要ではない。
大規模データのシステム以外は、ディスクに頼ったらそもそも駄目なのだ。OS起動にしかディスクを使わないなら、そもそもSSDじゃなくて、コンパクトフラッシュかSDカードで十分だ。壊れてもすぐ交換できるし。

ユーザー企業がサーバーに一番欲しているのは、ディスプレイがなく、メモリスロットの大きいノートパソコンなんだけど、(ノートPCを売っているメーカーでさえ)そういうサーバーを安く販売するようになるまで、あと何年かはかかるとおおう。






Last updated  2009.05.05 14:55:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.07
カテゴリ:コンピュータ
グーグルのサーバーは、
UPSで電気をバックアップするのではなく、
バッテリーを個別サーバーに内蔵している、
という情報が公開された。

グーグル、自社設計のサーバを初公開--データセンターに見る効率化へのこだわり
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20390984,00.htm

http://d.hatena.ne.jp/shibataism/20090406/1239018943

これをコストだけのメリットだと考えてはいけない。
ほかにも理由があるのだ。

UPSの場合、停電の確率だけでなく、サーバー電源ユニットが壊れる可能性も考慮にいれなければならない。
UPSだと、停電対策にはなるけど、各サーバーの電源ユニットが壊れたら、UPSの意味がなく、サーバーが停まってしまう。電源ユニットが壊れても大丈夫なようにするには、電源も冗長化する必要がある。

その点、個別のサーバーにバッテリーをつけた場合、各サーバーの電源ユニットが壊れても、しばらくマザーボード等に直接電気が供給される。


またUPSだと数年おきに交換する必要があるし、UPS自体が故障するリスクもある。
その際に、サーバー電源ユニットが1個だと、
交換時に電源を停止しないといけない。
バッテリーだったら、はずして差し替えるだけ。


設計者はそのあたりまで考えていると思う。








Last updated  2009.04.07 19:03:59
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.05
カテゴリ:コンピュータ
共有付箋てきな、メモツール。

テストしてみた







Last updated  2009.03.05 14:46:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.16
カテゴリ:コンピュータ
PC売り場に行くと、EeePCなど、ネットブック(およびイーモバイル)が猛烈に売り場が大きくなっててびっくりする。

Vista搭載ノートがダメダメなところに、そこそこのハードでXPモデルを安く出した、という理由もあるのだけど、そういった技術上の説明ができないぐらい売れていると思う。

とくにPCマニアな層に。
彼らはネットブックを持ち歩く、という意味でのモバイル機として使っているわけではないと思う。


今あれだけ流行っているのは、彼らに「選ぶ楽しみ」を与えているからだと思う。

Vista搭載の10万以上のPCは何を買ってももう同じ、というレベルまで来ている。どれを買ってもはずれはないが、面白みもない。

一方、ネットブックは、初期の携帯や昔のノートPCのように、得意な分野(デザイン、SSD、メモリ、搭載OS)に差があったり、デザインも全然違ったりと、まだこなれていない感じがする。

そういった点で悩める、そして、手に入れた人が色々カスタマイズできる、という点が、ひさしぶりにPC市場にワクワク感をもたらしたのだと思う。






Last updated  2008.11.17 00:12:41
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.06
カテゴリ:コンピュータ
地元の家電量販店のPCソフトコーナーが
一気に縮小されていた。
(もちろん都心のお店にはまだまだ置かれている)

ホームページ作成ソフト系の棚などは全廃され、

・ウイルス対策ソフト
・年賀状印刷ソフト
・MS製品
・ソースネクストなど一部の企業のソフト

しかもう置かれなくなっていた。

一方、カメラ系のコーナーや
iPod、テレビなどの売り場は一気に拡大していた。






Last updated  2008.10.06 09:41:47
コメント(0) | コメントを書く
2008.09.22
カテゴリ:コンピュータ
(以下は単なる推測であり、不確定な記述を含む)

Googleがストリートビュー・カーを
ただ写真を撮るためだけに走らせているとは考えがたい。

また撮った写真を、「単にユーザーが閲覧するため」だけ
のために利用しているとも考えがたい。
それだとコストをかけるメリットがなさすぎる。

道路を移動することで得られる情報はもっと大量にあるはずだ。
入念に考えた上で、それ以外の調査も相当実施しているだろう。

将来的な携帯電話ビジネスに役立てるための情報や、リアルな広告ビジネス、既存のサービスの強化に役立つような情報を集めているだろうと思う。

ぱっと思いつくのはこんなかんじか。

・Place Engine的な、Wi-Fiスポットの調査
・暗号化されてないWi-Fiのトラフィック解析、IP調査など(さすがにこれは可能性は低い)
・携帯キャリアの電波状況
・携帯電話以外の電波帯域の調査
・通りを歩く人の量や街の属性調査
・周囲の看板広告の量や質、文字内容の調査
・道路状況の調査(ルート計算とか)
 騒音、信号待ち、道路の整備状況、傾き

ほかにもたくさんの情報を調査しているのだろう。

Googleのことだから、普通のPCをベースにしたシステムに
いろんなセンサーや受信機を接続しまくって、
可能な限りの情報を大量に保存しているのだと思う。


もちろん、安全なデータセンター内と違って、調査システムが警察などに物理的に押収されてしまう可能性もあるので、リスクがあるデータは集めていない、という可能性もあるけども。
(あ、耐タンパーにしておけば問題ないか)



ここからは、
グーグルや彼らの技術がどのぐらい危険か、
についての個人的な意見。

まず理解しておくべきことは、
どんな企業であれ、技術的には、
調査費用とシステムさえあれば、
このぐらいの調査は必ず実施できてしまう、ということだ。

その前提に立つと、
他の企業が同じ調査をするのに比べて、
まだグーグルという会社はずっと安全な気がする。

もちろん、拙速だった点で
責められるべき点はたくさんあるだろうけども。
一番懸念されている、写真のプライバシー関係の問題は、
時間が経って、数回同じ場所が撮影されるようになれば、
高さを変えたり、安全な写真に切り替えたりすることで
次第に解決されていくとは個人的には思っているし、
グーグルがそういう改善をしてくれる会社であることを、
願っている。






Last updated  2008.09.22 12:41:48
コメント(0) | コメントを書く
2008.09.05
カテゴリ:コンピュータ
アジアメーカーによるミニノートPC市場が
活性化してきた。

これに対し、
これまで小型ノートPCに弱かったHPやデルが、
まさに出る杭を打ちにいった。


いっぽう、
日本メーカーは、自社の高額製品のラインナップ
が崩壊するのを恐れ、ミニノートPCを返り討ちに
行くことはしない。

しかしながら、

・Atom登場
・ユーザーがスペックをもう求めない
・Vista普及の失敗
・Webアプリが主流化
・SSDの低価格化

と、高額PCを取り巻く状況は最悪だ。


2年後には、PCの売れ筋はすべて
5万円以下のモデルになっていそうだ。






Last updated  2008.09.06 00:07:48
コメント(1) | コメントを書く

全116件 (116件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.