208286 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まったくもぅ

洋食編

Faustinaさんから頂いたレシピ


kitchen-bar



オーブン焼き「健康ハンバーグ」

レシピなんて大げさなもんなし。いつも通りのハンバーグの種を作ったら、いつも作る小判型の量を半分にして、小さめの円盤にして、いきなりパン粉をつけます。しっかり握ったら、オーブンの天板に並べて200度で焼き目を見ながら焼き上げます。同じ方法でツナでもよし。アツアツの焼き立てを食卓にどうそ。


kitchen-bar


Faustina風ホワイトシチュー

(メイクイン系)じゃが芋のゴロン切り、ズッキーニとニンジンとキャベツのブツ切り、小玉ネギを丸々入れて、水+牛乳+ブイヨンで炊きます。これが煮えたら、平茸、マッシュルーム、それに黄緑色のブロッコリを生でやっぱし、入れてこれに火が通ったら、バター、サルビア、ローズマリー、フェンネル、マージョラムの粉にしたものとコショウ、塩を適量、そして食べます。

kitchen-bar


すっきりさわやかサラダ

スウィートコーン(ホールタイプ)小缶、玉ネギのみじん切りをちょっと、レモン汁とレモンの皮の超みじん切りかすりおろし、とローズマリーがあればベスト。ツナ、ハム、オリーブ実を足してもよし。これらをいつものレタスなど葉サラダとドレッシングで和えるだけで絶妙の風味になります。



kitchen-bar



Risotto messicano alla giapponese

コンソメでスープを用意して置きます。深いフライパンか両手深鍋にサラダオイル(オリーブオイルでも)とバターを半々の量にニンニクと玉ネギのみじん切りを適量入れて、香りを出してから、人数分のお米を入れて、焦げないように中火で炒めます。そこに熟した赤ピーマン・黄色ピーマンの適当な細切れとホイールトマト缶か良く熟したトマトのザク切りを入れ、塩・コショウをして、スープを少しずつ入れて、焦げないように煮立てながら木べらで混ぜます(ここまで10分間)。さらにスープを、普段ご飯を炊く時より固めになる量を一気に入れて、良くかき混ぜてから、きっちり弱火にしてしっかり蓋をして10分間で火を切って5分間。25分間で作るのがポイントですので、食べ始める時間に合わせてください。お焦げが出来ても、これも美味しいです。


dish



© Rakuten Group, Inc.