000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

A soft breeze

PR

全439件 (439件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

2008/03/20
XML
カテゴリ:ヨモヤマ話
先程、この界隈に暴風・波浪警報が発令していたんだけど、モノはやって来たのかな???

やけに静かなんだよなぁ。。。

こういう肩透かしは良い前兆だったらありがたいね。








Last updated  2008/03/20 11:10:34 PM
コメント(113) | コメントを書く


2008/02/23
カテゴリ:マルい話
去る2月13日。
当ブログの住人でもあった、フェレットのまるがこの世を去りました。
普段の寝顔と全く変わらない顔で旅立っていきました。

まだまだ言いたい事は溢れ出てはくるんだけど、まだ文章には出来ません。
今はただ、最後までとても頑張ったまるをこの場で讃えさせてもらいます。









Last updated  2008/02/23 11:46:43 PM
コメント(6) | コメントを書く
2008/02/07
カテゴリ:206との話
まるを寝かしつけた後、想うところがあって小一時間程ドライブに出た。
冬場の封印をちょっとだけ破り回転を上げて走ったくらいにして。
スタッドレスが鳴いている~っとか思いながら(笑)

実はここ暫くの間、自然と車に乗る時間が激減していた事もあり
この程度とは言え久々のノンストップでのロングドライブ。

気分転換を目的とした運転ってホント余計な事を考えなくて済むのね(^_^;)
このニヤニヤっとする感覚、忘れ掛けていたなぁ^^

今日は折角だから、このままの気分で風呂に入って寝てしまおう。







Last updated  2008/02/08 01:17:06 AM
コメント(4) | コメントを書く
2008/02/06
カテゴリ:ヨモヤマ話
現場構内の融雪剤散布作業。
本来は朝早くに当番者の元へ路面が凍結、もしくはその恐れがある場合連絡が入り
作業に借り出されるものであった。

が、このトコロの寒さにより夕方から路面凍結の恐れアリとお客様が判断をし、
凍結予防と称して、毎日夕方に融雪剤を散布する運びになってしまった。
朝に積雪があり必要とあれば、それはそれでやっぱり朝早くから呼び出されちゃうらしいけど。

で、平日なら当番に関係なく手が空いている者が行う事となる。
現状で事務所に詰めている確率って自分達が圧倒的に高いんだわ(^_^;)
そう発表を受け、肩の力が抜けるもそれはそれで仕方がない。

が、衝撃の事実もそのあと公表された、更に上を行く強烈な発表によりなんて事は無くなってしまった。

「この夕方に行われる作業なんですが土日も含まれて依頼されています。」

え?!休日も?雪が無くても融雪剤散布の為にワザワザ出勤するんですかい??
片道40分くらい掛かるのに、凍結してたらでイイじゃんかぁ。。。


「まず、今週の土曜日。栄えある当番に当たっている方々なんですが・・・。」

・・・ハイ。ボクガソノウチノヒトリデス


よりによって一発目とは恐れ入ります(^_^;)
これでまた雨男伝説にハクが付いてしまった(笑)

てなわけで、土曜日どんなに天気が良くて暖かろうが100%お昼過ぎから出勤決定!
もし朝から降っていたら、朝の作業後夕方まで事務所で待機してなきゃならんのね。。。

まぁたひとつ、憂鬱になる要因が増えちゃった。。。







Last updated  2008/02/06 08:11:12 PM
コメント(282) | コメントを書く
2008/02/05
カテゴリ:ハマってる話
アレコレ段取りで考えてみても仕方がないし、実際の店頭価格も確かめなきゃならないので早い段階でお店に足を運びたかった。
で、休みの日にじっくりと地元のお店でTVを眺めてみる事にした。

お目当ての32V型は見てみたかったブランド及びグレードの多くが並んでいた。
実際に映像をこの目で見ると、やっぱし印象は変わるねぇ^^
データやスペックだけでは決められないって事を改めて痛感(笑)

で、恐る恐る値段の札に視線を移す。
あちゃあ。やっぱり量販店価格とネット流通価格では大きく差が開いているねぇ。
分かっちゃいたけど、こりゃあ厳しい闘いになりそうだ(^_^;)

まずは自分の考えをまとめる事と自分の中で基準とする商品を絞る事に。
ある程度仕入れていた情報を確かめて自分なりの答えを出してから店員の話しを聞いたり質問するのが自分の買い物術。

一番ヨシと思っていたシャープのAQUOS。
フルハイビジョンの倍速機能付であるLC-32DS3を見る。
ラベンダーみたいな紫の花を咲かせた植物の草原のシーンを見たんだけど、
確かにこりゃあ綺麗だわ。

でもきめ細かくて滑らかなのは確かなんだけど、シャープの映像はなんだか自分には合わないと感じた。
色合いがなんか淡すぎる感じがし、全体的にも薄い印象。
東芝のREGZAは良かった。
ただ、なんとなく画像は暗め。
濃く見えちゃうって事なのかもしれないが、自分としては好みじゃない。

それに比べてズシンと来たのが優先順位的に実はランク外だった(無理矢理5位)
ソニーのBRAVIA!!

明暗はハッキリとしていてクリア感が伝わってくる。
原色っていうのだろうか。赤や緑が鮮やかに見える。
フルハイビジョンじゃないのがやや残念なトコロではあるんだけどね。

で、ここで最大のミスを犯す事になる。
それは・・・ちょっと体を動かして37、40v型のTVを眺めてしまった事デス。

正直驚いたのが、値段の違い。
大きさで言ったら32v型と37v型でいったらかなり違ってみえるのだけれど、価格的にはそんな大きな開きがない。
この頃からなんか金銭感覚が麻痺してきちゃったんだとは思うけど(笑)
何せスタートが10万オーバーなもんだから、3万くらい上乗せすれば37v型に手が届くマジックともトラップとも言える販売のチカラに負けちゃったとも言えるねぇ(^_^;)

そして!驚いた事にこのお店では37v型のラインナップはちょっと少なく陳列されていて40v型以上が更に目を引く様になっていたのでした。
まだこの辺では少し理性が残っていたらしく、そんな事を考えていた余裕があったんだけど、37v型と40v型の価格を見てみると逆転現象が起こっているものがあるので遂には残っていた理性もぶっ飛んでしまった(笑)

おんなじグレードのTVだったら良かったんだけど、37v型はアクオスのフルハイビジョンで倍速表示機能が付いているモデル。
対して40v型はブラビアのフルハイビジョンのみのモデルで差額が3万以上!
普通のハイビジョンに倍速表示機能が付いたモデルとの差額で言えば約5万円!

自分の中ではダントツでブラビアに惚れだしている。
ここで画像の好みだけで結論を出しておけば32v型で簡単に終わっていたんだろうけど、バカだよねぇ(^_^;)

そしていよいよ店員さんを捕まえて話しを聞く段階に移行したんだけれど、そこで衝撃の事実を目の当たりにする事となってしまった。

安い買い物じゃないだけにじっくりといくつもりが、急激に購買意欲を掻き立てられちゃう現実に追い詰めれちゃったのでした。

つづく・・・(笑)







Last updated  2008/02/06 01:28:34 AM
コメント(4) | コメントを書く
2008/02/04
カテゴリ:ハマってる話
去年からどうもTVの調子が悪く、いよいよ買い替えを迫られる状況に追い込まれた。
なんとかまるの治療費も週に一回の注射一本分に落ち着いてきたのにまた出費だよ(・_・;)

とは言え、繋ぎで一台ってワケにもいかないので真剣に自分に合った条件で納得のいく買い物をする事を決心する運びとなりました(笑)

ネットで見る限りは最近の液晶も機能や性能が落ち着いてきた感じはしますねぇ。
ただ、求める性能が組み込まれているモデルは最低でも32V型。
リビングなら兎も角、寝室を兼ねた自室である。
大型のTVはかえって邪魔になりかねないんだよなぁ(^_^;)

しかも、電気製品はトラブルや修理の問題を考慮して全て地元で買うのが自分の方針。
以前、安いからってネットで購入して痛い目にあったせいもあるんだけど。
パソコンのパーツくらいだったら買ったりもしてるけどさ^^

で、ネットである程度目星を付けて直接お店で画像を見比べる事にした。

因みに、ネットで見た限りは・・・

 第一候補:シャープ(AQUOS)
 第二候補:東芝(REGZA)
 第三候補:パナソニック(VIERA)
 第四候補:日立(Wooo)
 第五候補:ソニー(BRAVIA)

こんな感じ。

色んな所でプレビューも拝見したけど、自分の条件にピッタリとフィットする感想が見つからなかった為、インチサイズに関係なく選出(笑)

基本的に自分がTVで何を観るのか考えると・・・
まずどうせなら綺麗な風景を優雅に楽しみたい(笑)
ただし、一番多く目にするのはWRCなどのモータースポーツを含めたスポーツ関係。

希望では綺麗に越した事はないだろうと1920×1080画素であるフルハイビジョン
通常1秒間に60コマ表示のトコロを120コマで表示する倍速表示機能が付随したモデル。
兼ね備えたモデルは32v型ありきで考えると、シャープしかないんだけどねぇ。







Last updated  2008/02/04 09:29:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
2008/01/30
カテゴリ:COFFEEたいむ
珈琲豆を求めるに当たって、条件になってくるコトは人様々でしょうね。

自分の場合、産地や農場も大切にしているんだけど、その目を引いたブランドの焙煎日がいつなのか。と言う事に、一番重きを置いています。

焙煎した直後はガスが多めに出ている為、本来の美味さは出ないにしても家で保管していれば嫌でも飲み頃に持っていけます。
そこで、新しければ新しいほど量を多めに買ってしまう傾向になりますね^^
勿論!ここで保管法が非常に重要になってはくるんですが。
保管法に関してはコチラ(笑)

焙煎日の確認は至って簡単で、喫茶店などの専門店では店頭で聞いてみれば一発で分かります。
ネットで求める場合に関しても焙煎直後で発送しますとうたっているトコも少なくないので利用しやすくなっています。

有名珈琲専門店ではドトール(エクセルシオール含む)がパッケージに焙煎日が賞味期限の他にキチンと書き込まれているのでお気に入りになっています^^

掲載は避けますが、聞いた焙煎日とは思えないほど元気のない豆だった専門店もあるにはあります。。。
封を開けっ放しにして保管しているのかもしれませんし、焙煎日と入荷日を勘違いしているかもしれません。
いずれにせよ、何度も買ってみては蒸らしてから「あり?」って首を傾げる結果に終わっているのは残念な限りです。

で、自分の場合は
近場の専門店で短期間で飲みきれる豆の量を小刻みで買いに行く。
というパターンを繰り返しています。
たまに新しさ欲しさにネットを利用したりもしますけどね。

ネットより近場の店を多く利用するのは、気に入った豆や焙煎日がはっきりしているだけじゃなくもうひとつ大きな理由があるんですがね。
その話しはまた別の機会にでも(笑)


コーヒーバナー コーヒー・ピープル








Last updated  2008/01/30 11:00:46 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/01/28
カテゴリ:COFFEEたいむ
原油高騰で、各種燃料やらの値上がりにより生活に打撃を受けるようになっております。
加えて小麦なども高騰してパスタやカップラーメンまで値上がりして目が回る今日この頃。

そして人知れず、地味ぃ~に値上がりを感じるのが2リットルのミネラルウォーター。
俺の身の回りだけで起こっている現象かもしれないけれど。

これまでずっと、珈琲を淹れるのに低ペーハー・低硬度のお水をチョイスしてきました。
ココだけ喋ると水槽の話しみたいだけど(笑)
その中でも、店頭価格が98円の商品を買いだめしていたんですが、去年の暮れ近くから
120円台に突入しちゃいまして、銘柄の鞍替えを余儀なくされています。
失礼ながら同じ銘柄で140円台で販売しているお店もあったくらい。。。
有名メーカーのなんてことないお水なんですがねぇ(^_^;)

色々眺めていると、薬局やらホームセンターやらスーパーやら。
安く売り出していたトコロ全て申し合わせた様に値上がりを見せているので消費者とすれば大変困っちゃいます。

輸入されてくる有名ブランドに関しては価格据え置きの様なのですが、毎日欠かさず消費していくのでそれらを買い求め続けていくのは予算的にちと苦しくて(^_^;)

で、悩んでいた時にふと立ち寄った100円ショップで驚きの出会いをしてしまいました。
105円で買える事に安堵した事は勿論なのですが、その銘柄というのがまた最高♪
ペーハー7.5、硬度約10mgと条件は申し分なし^^

その出会ったミネラルウォーターというのが・・・



四万十の水

ぢゃぢゃんっ♪
ズバリ!四万十の水^^
これはある意味、運命だね(笑)
気分的に最高の珈琲をこれで頂いております。



コーヒーバナー コーヒー・ピープル






Last updated  2008/01/28 10:02:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
2008/01/27
カテゴリ:WRCweek!
実は今戦のモンテ(WRC 2008 Automobile MonteCarlo)では、当初我らが
フランソワ・デルクールがプジョー307(A8)でエントリーの予定だった。
しかしいざ蓋が開いてみると、彼の名前はリストの中から消えていたという現実が待っていたのだった。。。
あのNo.17を背負った俺様デルクールの姿が見れなかったのは残念無念ナリ(^_^;)

で、現在SS18が終わった段階でトップはダントツでロウブの模様。
ちょっとは流し気味の様だけど、それでも力を抜くのが苦手な彼のこと。
このままの結果でラリーを終える確立は高い感じがする。
とすれば5度目のモンテウィナーとなるワケだ。
最後まで何があるのか分からないから結論付けるのはまだまだ早いのは百も承知だけれどね。

それにしても速い。
去年は2位ソルドとのタイム差が38.2。
今年はこの段階で2位ヒルボネンとの差がすでに2:35.4。
そして残すは最終のSS19のみ。MonacoCircuitで2.7kmってことはSSSだろうし。

面白いのは1.1秒差でしのぎを削るソルドとデュバルの3位ポディウム争い。
二人並んでの用意ドン!だろうから、勝ったほうが3位になりそうなのが美味しいトコロか。

トニ・ガルデマイスターを擁するスズキのSX4のカラーリングはなかなかのもんですね。
やっぱりイエローが綺麗に主張するデザインなんだなとニヤリとしちゃいました^^
ラリーの方はトニはSS14でエンジントラブルによりリタイアという残念な結果に終わっていますが、相棒のアンダーソンが健闘を見せています。
次戦以降も是非スズキには頑張ってもらいましょう。

で、意外と言ったら失礼ですがスバルの頑張りも明るい材料のひとつ。
実際ロウブのC4が圧倒的強さを誇るとは思うけれど、P.ソルベルグとアトキンソンコンビのドライバーとしての総合力で言ったら、どのチームも侮れないと思う。
言ってしまえば、マニュチャンプに返り咲くのも無理な話では決してない。

楽しみは膨らむ限り^^
語り出したらキリがないので、今宵はココまでにしようかな(笑)


TBP Love WRC People!








Last updated  2008/01/27 10:48:53 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/01/26
カテゴリ:WRCweek!
かなり久々のWRCネタになります。
このところ、様々な状況からWRCネタを発信するモチベーションが全く沸かなくなっちゃっていた事が原因でございます。

WRCから離れていた一番のウェイトを占めている事柄というのが、2007年9月15日に起こった悲劇。あのコリン・マクレーの事故死になります。
ええ。そりゃあもう、頭が真っ白になっちゃいました。

大勢の方々同様、私はコリン”マクラッシュ”マクレーの大ファンです。
ショックが尾を引き応援していたロウブがドライバーズチャンピオンに輝いても素直には喜べず、ストーブリーグでそれなりの動きがあっても食指を動かされる事がありませんでした。

しかしここに来て、このまま独りで殻にこもってしまうのは何か違う様な気がし始めまして。
やはりブログで自分を表現していくにあたり、WRCというカテゴリーは決して切り離せないんですよね。
もちろん、人生を楽しむ要因としてもWRCは外せません。

そこで年も変わりこの2008年。モンテも開幕し、熾烈なシーズンが幕開けしました。
これからも自分なりの方法でWRCの世界を楽しみ、自分だから出来る取り上げ方でWRCネタをブログに表現していきたいと思います。

先ずはいちWRCファンとして、この場をお借りしてけじめを付けさせてもらいます。

コリン・マクレー。
これからも私の中でその存在が色褪せる事は決してありません。
リチャード・バーンズと共にね。

改めて心よりご冥福をお祈り致します。


TBP Love WRC People!






Last updated  2008/01/26 10:31:39 PM
コメント(0) | コメントを書く

全439件 (439件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >


© Rakuten Group, Inc.