121239 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

A soft breeze

PR

Profile


GF-T1S16L4

Freepage List

Calendar

Category

Recent Posts

2007/02/07
XML
カテゴリ:WRCweek!
WRC開幕戦モンテの興奮が冷め切らぬウチに、WRC2007第2戦スウェーデン
明日の2月8日(木)より開催されます♪

今年からの新レギュレーションである、タイヤワンパターン使用制が適用される
初のイベントでもあるので、見逃す事が出来ません^^
(モンテとアクロは適用外)

一発勝負であるタイヤチョイスに大きく関わるのが天候でしょうね。
モンテではドライターマックと化していただけに、スウェーデンのコンディションが気になります。
そこで、ちょっと天気予報を覗いてみました。

正直言って地名や位置関係がよく分んないんで、
パルクフェルメが設けられるカールスタッドをチェック!

思ったより暖かいですねぇ。。。
と言っても、ラリー開催期間中の予想最高気温の平均が-4℃。
予想最低気温の平均は-10℃でした(日本時間2/7 22:15現在)。
我々からしたら、充分寒いんですけどね(笑)

そんで、今日はどうやら雪が降ってる模様。
明日も高確率で雪。
但し、金・土・日は比較的天気がイイみたい。。。

これは難しそうですねぇ(笑)

そうなって来ると、どうしても注目は去年06年のスウェディッシュ覇者である
M.グロンホルムに集まってしまいます。
コースも去年と殆ど変わっていないみたいですしね。

しかし、スカンジナビアン以外で勝っちゃってるロウブも侮れません。
去年もスーパーラリーに助けられたとはいえ、2位に着けているし。。。
雪上でのC4のパフォーマンスと相成って、期待はしちゃいます(笑)

そしてやっぱり、忘れてならんのがアノ人の存在(笑)
路面のコンディションが一定じゃない事が予想されるので、面白いことになりそうです^^

やっぱり核となるのは、M.グロンホルム、S.ロウブ、アノ人ことP.ソルベルグの3強が絡み合うのか!?
そこに若きフライングフィンM.ヒルボネンが割って入る展開か?

忘れてならないのは地元ダニエル・カールソンの存在。
去年は大奮闘の堂々3位ポディウムゲット。
今年はM.ストールのチームメイトとして、新生クロノスからのエントリーです。
安定感抜群のクサラを駆り、今年も暴れてくれるのでしょうか?
期待は高まります^^

そして、帰って来たジジ・ガリに、トニ・ガルデマイスター
06フォーカスを駆るH.ソルベルグに頑張りを見えて結果を出しているJ.コペッキー
全く持って、目が離せませんね♪

では、予想の方へ移りたいと思います^^

1位:セバスチャン・ロウブ
   真のギャンブラーと化しちゃいました(笑)
   一体何人の方が、ロウブを予想している事でしょうか^^

2位:マーカス・グロンホルム
   タイヤが合わない時のハチキレ加減は、ロウブに一歩及ばないかも。
   ってだけが、俺の根拠デス(笑)

3位:ペター・ソルベルグ
   確かにまだ06スペックのマシンですが、なんかやってくれそうな予感が^^
   地の利を活かせ!

4位:ダニエル・カールソン
   最初のタイヤチョイスさえ当たれば、イケる!

5位:マンフレッド・ストール
   プライベーターでクサラでスウェーデンと言えば(笑)

6位:ミッコ・ヒルボネン
   確かにスカンジナビアンだけど、タイヤチョイスに漏れた場合、
   ちょっと適応力に難アリかも。

7位:ヘニング・ソルベルグ
   今年はフロントウインドウに気をつけるべし(笑)

8位:トニ・ガルデマイスター
   安定感のあるドライビングで、ランサーを牽引せよ!


あれ?ガリが入るスペースが無くなっちゃった雫

今戦は(も)、全く見通しが利きません!(笑)

タイヤワンパターン制が面白くさせてくれるか?
それとも逆転の可能性を徹底的に奪い去る脱力の展開にされてしまうのか?

素人目で考えても、頭から湯気が立ち上りそうです(笑)

WRC 2007 Rd.2 Uddeholm Swedish Rally
2月8日(木)~2月11日(日)
SS1のスーパーSSは日本時間で午前4時(現地20時)スタート!



TBP Love WRC People!








Last updated  2007/02/07 11:18:29 PM
コメント(8) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.