121157 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

A soft breeze

PR

Profile


GF-T1S16L4

Freepage List

Calendar

Category

Recent Posts

2007/02/15
XML
カテゴリ:WRCweek!
スウェディッシュラリーとペアリングされているWRC2007もうひとつのスノーイベント。
ラリー・ノルウェーがやって来ました(笑)

イベント公式サイトを覗き込むと、シェイクダウンの結果表も出てたりして、
もうカウントダウン開始ですね^^

ラリー・ノルウェーはWRC格式では初開催ですが、去年にプレイベントとして開催されていました。
その時は、H.ソルベルグが優勝を果たし、最後の方までD.カールソンと絡んだ走りをしていたと思います。
残念ながら、D.カールソンの方はリタイアしてしまったハズですが。。。

有力ドライバーの中で彼らは、ちょっとアドバンテージがあるかもしれませんね。

でで。
シェイクダウンの結果に目を移すと、トップタイムはS.ロウブ(5走目)が叩出していました。
2番時計もS.ロウブ(4走目)が得ていますから、セッティングは固まりつつあるのかもしれませんね。

3番手タイムはJ.M.ラトバラが出していて、次いでM.グロンホルム
以下は、トニジジミッコペターと続いておりました。
因みにロウブとペターのタイム差は約2秒となっています。

ま。シェイクダウンは朝の8時から15時までの長い時間帯で走る事が出来ますし、
最終的なセッティング出しや観客へのパフォーマンスな面も大きいから
あまり参考にはなりませんけどね(笑)

ノルウェイと言ったら、やっぱりソルベルグ兄弟に頑張ってもらわないと盛り上がりません^^
特にペター。
個人的には、ウサを晴らすかのようなパフォーマンスを期待しますよ♪


1位:ペター・ソルベルグ
   祭りだ祭り!!

2位:マーカス・グロンホルム
   今年の流れを掴む為には、ここでロウブを抑えたい!

3位:セバスチャン・ロウブ
   最低限、高ポイントは奪っておいてグラベルに望みたい!

4位:ミッコ・ヒルボネン
   車の信頼性は申し分なし!そろそろ腕の方も認めてもらいたい!

5位:ヘニング・ソルベルグ
   地元でこそ優勝を奪いたい!可能性は、ある!

6位:ダニエル・カールソン
   去年の雪辱を晴らしたい!

7位:マンフレッド・ストール
   堅く、堅く!(笑)

8位:クリス・アトキンソン
   オージーだって、雪には負けない!

あらら。
勢いって怖いですねぇ(笑)

当然、T.ガルデマイスターやジジ・ガリ。J.M.ラトバラにJ.コペッキー
有力ドライバーはひしめいてます!

やっぱり俺としたら、ロウブ、グロンホルム、P.ソルベルグの熱い競り合いも楽しみなんですが、
5位周辺を掻き回す中堅層の闘いにも目を凝らして楽しみたいと思います^^


WRC 2007 Rally Norway
2月16日(金)~18日(日)
SS1スタートは日本時間で午後3時43分(現地7時43分)スタート!

今戦はCSで生中継がないのが残念です(笑)


TBP Love WRC People!







Last updated  2007/02/15 10:27:53 PM
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.