118308 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

A soft breeze

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

COFFEEたいむ

2008/01/30
XML
カテゴリ:COFFEEたいむ
珈琲豆を求めるに当たって、条件になってくるコトは人様々でしょうね。

自分の場合、産地や農場も大切にしているんだけど、その目を引いたブランドの焙煎日がいつなのか。と言う事に、一番重きを置いています。

焙煎した直後はガスが多めに出ている為、本来の美味さは出ないにしても家で保管していれば嫌でも飲み頃に持っていけます。
そこで、新しければ新しいほど量を多めに買ってしまう傾向になりますね^^
勿論!ここで保管法が非常に重要になってはくるんですが。
保管法に関してはコチラ(笑)

焙煎日の確認は至って簡単で、喫茶店などの専門店では店頭で聞いてみれば一発で分かります。
ネットで求める場合に関しても焙煎直後で発送しますとうたっているトコも少なくないので利用しやすくなっています。

有名珈琲専門店ではドトール(エクセルシオール含む)がパッケージに焙煎日が賞味期限の他にキチンと書き込まれているのでお気に入りになっています^^

掲載は避けますが、聞いた焙煎日とは思えないほど元気のない豆だった専門店もあるにはあります。。。
封を開けっ放しにして保管しているのかもしれませんし、焙煎日と入荷日を勘違いしているかもしれません。
いずれにせよ、何度も買ってみては蒸らしてから「あり?」って首を傾げる結果に終わっているのは残念な限りです。

で、自分の場合は
近場の専門店で短期間で飲みきれる豆の量を小刻みで買いに行く。
というパターンを繰り返しています。
たまに新しさ欲しさにネットを利用したりもしますけどね。

ネットより近場の店を多く利用するのは、気に入った豆や焙煎日がはっきりしているだけじゃなくもうひとつ大きな理由があるんですがね。
その話しはまた別の機会にでも(笑)


コーヒーバナー コーヒー・ピープル








Last updated  2008/01/30 11:00:46 PM
コメント(4) | コメントを書く


2008/01/28
カテゴリ:COFFEEたいむ
原油高騰で、各種燃料やらの値上がりにより生活に打撃を受けるようになっております。
加えて小麦なども高騰してパスタやカップラーメンまで値上がりして目が回る今日この頃。

そして人知れず、地味ぃ~に値上がりを感じるのが2リットルのミネラルウォーター。
俺の身の回りだけで起こっている現象かもしれないけれど。

これまでずっと、珈琲を淹れるのに低ペーハー・低硬度のお水をチョイスしてきました。
ココだけ喋ると水槽の話しみたいだけど(笑)
その中でも、店頭価格が98円の商品を買いだめしていたんですが、去年の暮れ近くから
120円台に突入しちゃいまして、銘柄の鞍替えを余儀なくされています。
失礼ながら同じ銘柄で140円台で販売しているお店もあったくらい。。。
有名メーカーのなんてことないお水なんですがねぇ(^_^;)

色々眺めていると、薬局やらホームセンターやらスーパーやら。
安く売り出していたトコロ全て申し合わせた様に値上がりを見せているので消費者とすれば大変困っちゃいます。

輸入されてくる有名ブランドに関しては価格据え置きの様なのですが、毎日欠かさず消費していくのでそれらを買い求め続けていくのは予算的にちと苦しくて(^_^;)

で、悩んでいた時にふと立ち寄った100円ショップで驚きの出会いをしてしまいました。
105円で買える事に安堵した事は勿論なのですが、その銘柄というのがまた最高♪
ペーハー7.5、硬度約10mgと条件は申し分なし^^

その出会ったミネラルウォーターというのが・・・



四万十の水

ぢゃぢゃんっ♪
ズバリ!四万十の水^^
これはある意味、運命だね(笑)
気分的に最高の珈琲をこれで頂いております。



コーヒーバナー コーヒー・ピープル






Last updated  2008/01/28 10:02:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/11/11
カテゴリ:COFFEEたいむ
前回、ペーパーの折り方に主観を置いたGF流ペーパードリップで珈琲を美味しく淹れる方法。
第二回目の今回は豆を挽く道具コーヒーミルについて掲載させて頂きます。

やはりコーヒーは鮮度の問題から豆のまま持ち帰りたいトコロ。
豆のままの方が、圧倒的に保存が効きます。

豆を挽くのにコーヒーミル(グラインダー)なる器具を使うのですが、
コチラも各メーカーさんから多種に渡り販売されています。

駆け出しとしたら安い物でも構わないというのが私の持論。
何かに気がついたら、しっかりした物にスイッチすればイイですし。
意外にホームセンターに足を運べば1000円台の物も陳列されているので
直に見てみると良いかもしれません。

少し拘ってくると選定するポイントは豆の収納数より挽き具合となります。
コーヒー器具メーカーの物だとしても3000円クラスで手に入ります。

私が愛用しているコーヒーミルは、もちろん?
プジョー製ノスタルジー ブラウン^^
当然、復刻版ですが刃の材質も変更され、より強度が増しているのだそうです。
オリジナルは1920年頃に生産が開始されたのだとか。。。

以前は違うのを使ってたんですが、本格的に珈琲を楽しむにあたり
意を決して購入しました^^

プジョー コーヒーミル ノスタルジー 外観
 使い続けて約8ヶ月。
 もう手放せません^^

 一度に挽ける豆の量は少ないですが
 早く挽けるのでストレスなし!

 一般的な見方で言えば
 長所と短所はありますけど。


性能的には関係なく、単にプジョーのミルが欲しかった。
と、言うのが正直なところだったんですが、ハンドルを回している時の感触は最高♪
ク~っと一定でソフトな感触を伝えてくれます。
力も殆どいりません。
私の場合、豆を挽く行為こそ楽しみのひとつになっています。

一度に挽ける量は10g軽量スプーンで豆3杯分。
GF流で言うと、マグカップ7分目で2杯分に当たります。

プジョー コーヒーミル ノスタルジー 二重螺旋臼方式
 心臓部の刃の形状が独特で
 これが最大の特徴だとか。

 単なる臼で挽くのではなく
 上部の大刃で豆を掴んで大まかに砕き
 下部の小刃で細分化する二重螺旋臼方式
 を採用。

 職人魂が伝わってきます^^



でで、これまで使ってきて見えた正直な長所と短所を紹介します。

長所
・やはりプジョーを持ったという自己満足感(笑)
・ストレスなく挽ける操作性
・挽き具合の調節がピンで確実にロックされるので一度好みの粗さが見つかれば
 調整がほぼ不要。
・調整がダイヤル式なので微調整が効く。
・パウダー状の粗さが挽ける。しかも粗さは一定。

短所
・鉄製なので錆び易い(かなり重要)
・粗さ調節がダイヤル式で微調整が効く分、思い切った細かい・粗いの移動、調節が
 苦労する。
・荒目にセットしてもパウダー状の粉が結構発生する。
 結果、荒目の一定化には意外に不向き。
・粉が溜まる引き出しと本体に隙間がある為、粉が引き出しから外れて落ちてくる。
 結果、少量とはいえ本体をひっくり返して粉を落とす羽目になる。
・値段が高価。
・アタリ・ハズレがはっきりとしている。
 ・・・それがぷじょーらしさと言えばらしさですが(^_^;)

純粋なコーヒー器具メーカーと使い比べたコトが無いので大きな事は言えませんが
自分が設定した以上に粗い粉には仕上がりにくいが予想以上に細かい粉が多く
仕上がってくる為、好みの設定に調整するまでコツがいる。


以上が率直な感想になります。

深煎りの豆なんかは結構挽き加減で味が変わってくるし、好みを見つけ出す楽しみも
充分味わえるコトからミルの入手はお勧めします。
モチロン。自分で豆を挽くのが面倒だったり、何らかの理由からミルが無くても
コーヒーは充分楽しめるモノだとお断りしておきます^^


コーヒーバナー コーヒー・ピープル









Last updated  2007/11/11 11:56:00 PM
コメント(8) | コメントを書く
2007/10/27
カテゴリ:COFFEEたいむ
珈琲の淹れ方はその人により千変万化するもの。
それを充分踏まえたうえでGF流ペーパードリップで珈琲を美味しく淹れる方法を各行程ごとに紹介させて頂きます。

さて、第一回目として、、、
ドリッパーの選定とペーパーのセットの仕方
を始めさせてもらいます。

1.ドリッパーの選定
ズバリ。淹れたい量よりも一回り大きなドリッパーを準備します。
GFの場合は一度にマグカップ2杯分淹れるので2~4人用の物を使ってます。

これはどういう事かと言うと理由はふたつ。
一つ目はマグカップ1杯分で豆を約15g使用するので、容量的に余裕を持ちたいからです。
二つ目は一つ目と密接していて、抽出中のお湯の量によっても珈琲の味が変わってくる為です。
このお湯の量で味が変わる事については後日にでも(笑)

極端な話し、マグカップより小振りなコーヒーカップ一杯分を淹れるのにも大き目のドリッパーを用いています。

銘柄はKalita(カリタ)、Melitta(メリタ)、HARIO(ハリオ)、KONO(コーノ)等様々あります。
ホームセンターでも気軽に手に入る事もあり、GFはKalitaを愛用しています。
実はKONO入手を虎視眈々と狙っていたりもするのですが^^

まとめとして、現在の主力はKalitaの102になります。


2.ペーパーのセットの仕方
これは珈琲を美味しく淹れるうえで思っていたよりずっと重要でした。
このあまり意識しそうも無いペーパー折りがちゃんと出来てるか否かで、
抽出時の全ての気遣いが台無しになり兼ねないんですから。
あくまで、GF流の話しですけどね(^_^;)

先に結論から言えば、
ペーパーの側面の折り方に神経を最大限集中しています。
ここが中途半端だと、抽出中に折り目が開いてきて豆が流れて行き、隙間が更に広がって
お湯がペーパーに直に触れてしまうんです。
つまり、出来上がる珈琲が薄くなってしまうんですね。。。
その為、台無しにし兼ねないんです(^_^;)
微々たる違いかもしれませんが、ココは気合を入れています(笑)

折・底
 なるべく平行に爪を立ててキッチリ折ります。
 あまり折り目をペーパーの繋ぎ目ギリギリに持って
 いく事は避けてます。
 
 抽出は底面からだけされる訳でもないので気にし過ぎ
 なくても大丈夫だとは思いますが。


折・脇
 次に側面を折ります。
 ここが何度も言いますが運命の分かれ道^^
 余計な心配を無くす為に、キチンと折ります。

 当然、ドリッパーに大きさを合わせて折ります。
 ドリッパーの内側より小さいとツッパリ易いので
 心持ち、大きめを狙っています。


底面
 ドリッパーにセットする前に、ちょっとだけ
 形を整えてます。

 写真はちょっとばかし大袈裟ですがね(笑)

 
ペーパー・セット
 やっとセット完了(笑)

 そっと軽く指で上面を触って平行にします。
 ここで必要以上にペーパーをドリッパーに
 押し付けない様に注意します。

 ふわっとペーパーを置く感じでしょうか。

 
外見
 あとは挽いた豆を投入して準備完了!

 GFの場合、せっかちなのでこの段階で
 すでにケトルはコンロに掛かっています^^

 


折り方の他に気を付けている事は、少し上記でも触れましたがあまりぴっちりと
ペーパーをドリッパーにセットしない。事ぐらいでしょうか。
ネルまでとはいかないのは分かってますが、蒸らす時に豆を圧迫させたくない~とイメージしています。

次回は豆の挽き方とミルについて掲載したいですね。


コーヒーバナー コーヒー・ピープル







Last updated  2007/10/27 10:08:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/10/26
カテゴリ:COFFEEたいむ
色々と頭を抱え込んじゃう時間が多かったけど、
美味しい珈琲を淹れて味わっている時間だけは特別な癒しの時間でした。

夏は水出し珈琲に四苦八苦し、秋からコーヒーポットにハマり出しています。
それでもペーパードリップ式に磨きを掛ける事からは離れられません^^

ネルで淹れるのもひとつの方法なのですが、やっぱり誰でも簡単に持続する事が出来る
ペーパードリップ式にこれからもこだわっていきたいと思います。

正直、コーヒーが美味しいと感じる要素で重要なのは豆が第一かと。
自分に合った産地、ロースト方法、ブレンドのモノに出会う事が一番。
豆の鮮度を保つ事が二番。

あくまで素人がコーヒーを楽しむ範囲での話しですが、余程の事がない限り
淹れ方の違いによって目から鱗がこぼれ落ちる事は少ないと思ってます。

ただ、ちょっとコツを掴んでより美味しく感じちゃうと、元に戻せない事も事実です。
しかも、そのコツっていうのが至極簡単なのが怖いところ^^

そのちょっとしたコツから飛び出してがっつり突き詰めていく事も可能ですし、
そのちょっとしたコツで満足する事もまた可能
当管理人の場合はがっつり逝っちゃってマスガ(笑)


でで、本題のペーパードリップ式。
以前に当ブログでも自分流の淹れ方を紹介させて頂きましたが、自分なりにもっと見えてきた事が多々発生しております。
それにしても振り返ってみると昔とおんなじ事を繰り返し掲載しちゃってるんだなぁ(^_^;)

少しずつではあるでしょうが、その辺を重点的に取り上げていきたいな。と、
恥ずかしながら考えています。
モチロン、豆の保存方法についても自分流を持ってますので、その辺もボチボチと(笑)


コーヒーバナー コーヒー・ピープル






Last updated  2007/10/27 01:41:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
2007/02/02
カテゴリ:COFFEEたいむ
現在愛用しているミルは、それなりに気に入っている。
以前にも触れたが、挽いた豆を溜めておく容器がガラス製の為、気軽に洗う事が出来るからだ。
かれこれ5、6年は使っている事になるか。
・・・多少お蔵入りしていた時期もあったけど(笑)
AEONブランドの為、お手軽な価格だった事も見逃せなかったし^^
この前近所の同系列のスーパーに行ったら、同じモノが店頭に並んでてビックリしたけどね。

しかし!!

先週、友人宅へ遊びに行った時、毎度お馴染みよく見かけるタイプ(笑)のコーヒーミルに
触れる機会があった。
挽き応え、挽き具合、共にヨシ^^
更に俺のより大きいからゆっくりとハンドルを回しても、豆を挽く時間が短縮されてる!

この友人こそ、俺のコーヒー道?に誘った張本人と言っても過言ではない人物。
その友人が言うには、挽いた豆が溜まる引き出し部を一度も洗った事がないらしい。
10年近く付き合っているワケだから、少なくてもその期間は洗わずに済んでいるという事か。
知り合った時には、もう使ってたからねぇ。

友人が使っているミルは3千円くらいだという話しを聞いて、かなり揺れ始めた。
思い切って、買い換えちゃおうか。

俺がイメージしてた以上に洗う必要はない。
何より使用感が違う。
値段も何とかなりそう(笑)

もう、かなりグラグラと気持ちが揺れてます。
一度専門店にでも足を運んでみようかなぁ。
少なくてもネットショップを巡ってリサーチでもしてみるか^^

なぁんて、お気軽な気持ちからネット上を徘徊したのが運の尽き
確かにありましたとも。
メリタのお手軽に買えそうなコーヒーミルが。

そして、やっぱり、目にしちゃいましたとも!
プジョー製のコーヒーミルを・・・!!!!(笑)

さて・・・^^


TBP コーヒー・ピープル







Last updated  2007/02/03 05:37:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/01/14
カテゴリ:COFFEEたいむ
とうとう見つけちゃいました(笑)

以前、地元のちょっとした雑貨屋さんで一目惚れした雨マグ普段は愛用しているのですが、
先日立ち寄った全国チェーンの雑貨屋さんで、なんと!

晴れマグ!

晴れマグカップを発見!!


いやぁ、雨があるんだから晴れも存在するとは思ってましたが、
まさかアチコチで流通しているモノだったとは嬉しい誤算です(笑)
卒業したら切り替えるぞと思ってたんですが、卒業なんて有り得ないから呑気に構えてたのに(笑)

実はこの天気シリーズ(?)。湯呑からマグカップの通常サイズ、ビックサイズと
3種類ある事も分りました。

因みに、俺が買ったのはビックサイズ^^
雨マグが通常サイズだったので、違ったモノをチョイスしました。

現在。このマグで美味しいコーヒーをたっぷり飲みながら、四万十川へGO! その9
執筆している最中です。
遅くても今週中には、アップ出来るかな?(笑)

そして、今週末からいよいよWRCの2007シーズンが幕を明けます!!
こちらについても後程たっぷりとお話ししたいですね♪


晴れだ!(笑)

" It is fine today! "
なんて素晴らしい言葉でしょう^^

心身共に、こういう日が訪れる事を望むばかりデス(笑)

サブタイトルのヒントもこちらから頂きました♪



TBP コーヒー・ピープル






Last updated  2007/01/14 09:33:42 PM
コメント(4) | コメントを書く
2006/11/28
カテゴリ:COFFEEたいむ
2週間程前の話ですが、なんと休日に晴天に恵まれたお陰で
家でじっとしては居られなくなり相棒に乗って飛び出しておりました^^
ホントは休養してようと思ってたんですが・・・(笑)

色々と疲れてたせいもあってか、遠くへドライブへ!っていう気持ちは湧かずに
近場でのんびりと美味い空気を吸いたくなっちゃったんですよね。
・・・はい。発作みたいなもんですな(笑)

しかし、この時は手ぶらじゃございません。
どうせのんびりしに出掛けるなら、飲み物なんざ持参して馳せ参じようかと思いつきまして(笑)
え?飲み物って、何を持って行ったかですって???
あはは。そりゃあもう。ねぇ^^

淹れたて珈琲に決まってるじゃあ、ありませんか(笑)

で。もう何度と無く訪れた近くの山へ。

良い景色に乾杯!
 コノ日は暖かかったにも関わらず、空気が澄んでいて
 眺めは最高♪

 本来。樹脂製や紙製の容器で珈琲を飲んでも、
 違う香りに邪魔されて美味さが半減以下に
 落ちちゃうんですが。。。

 この雰囲気の中で珈琲を飲んでいる事自体が
 美味しくてたまりませんでした^^

 外で楽しむ珈琲もまた贅沢ナリ(笑)



青空に乾杯!
 調子に乗って、空にも乾杯!(笑)

 水筒に熱い珈琲を入れて持ち出すなんて
 四万十川へ行った以来デス^^

 考えてみれば、何で今までそうしなかったんだろ?
 いやぁ勿体無かったなぁ(笑)

 これからのお気楽ドライブの必須アイテムに
 見事昇格ですね!^^



因みにこの日の珈琲はグロリアス・コロンビア!!
後味が柔らかいマイルドな美味しい珈琲デス^^
酸味は感じず苦味より珈琲の旨味が広がる感じかな。
豆の詳細は、また別の機会に(笑)

のんびりと景色に溶け込むのには良いチョイスでした(笑)

もう言う事ナシ!

かなりの時間をこの場で費やす事に^^
説明なんか不要ですわな(笑)

気が向いたら、その他の写真も近々アップしてみます~(笑)



TBP コーヒー・ピープル








Last updated  2006/11/28 10:47:44 PM
コメント(8) | コメントを書く
2006/11/26
カテゴリ:COFFEEたいむ
以前より、どうしても気になっていたコーヒーがあります。
それが今回、意を決して?購入したドトールコーヒーのラインナップのひとつ。

コナコーヒー マウカメドウズ100%ピュア

値段がいつも購入している珈琲豆の価格の約倍!(笑)
そして一袋200gもあるという事で、なかなか手が出せないでいたんです。
それと焙煎時期のタイミングとかその他諸々の都合によって。

ですが、今回はストレス発散の意味も大きく含めて思い切っちゃいました^^

このハワイが産地のコナコーヒー。
歌い文句は酸味を抑えたスッキリとした苦味。

マウカメドゥズって言うのは、ドトールが直営している農場の事で・・・
っていうウンチクは程々にさせて頂きます^^

さてさて、如何なモノかと言いますと、ハッキリ言って美味い!(笑)

口に含んだ瞬間はスッキリとしていて飲みやすい感じ。
多少酸味は帯びているものの、プラスに受け止められるレベル。
喉を通る頃にはしっかりとした苦味が伝わり、コクをちゃんと感じます。
後味も苦味が残るんですが、スグにふたくち目が欲しくなります。
まさしくスッキリとした苦味を満喫出来ました^^
評判より、後味は酸味を感じますけどね(笑)

苦味の強いしっかりとしたコーヒーより良い意味で軽い印象を受けました。
俺的には、じっくりと味わいたいと言うより、沢山飲みたいコーヒーの分類デス(笑)

深煎りの豆なのに独特の強い苦味が第一というワケではなく、
キレでアピールしてくれているとも、言えると思います。

ただ、俺にとって深煎りの豆は強敵とも言えるんだよなぁ。
豆の挽き方や淹れ方でガラッと変わっちゃう事に気が付いたからなぁ雫

現在。豆は細かく挽いて、ゆっくりと淹れる俺流受け売りの深煎り攻略法で検討中(笑)
パッケージにはカリタは中挽きだって記載されてたんですけどね^^


TBP コーヒー・ピープル






Last updated  2006/11/27 10:55:49 PM
コメント(4) | コメントを書く
2006/11/23
カテゴリ:COFFEEたいむ
今日はゆっくりと過ごす休養日に当てていたので、のんびりと起きた後に
ぶらっと出掛けながら、いつもの喫茶店へ。

先週に買えなかったセラード・ピーベリーを今日こそ100g購入し、
前から気になっていた珈琲を一杯頂いていく事に。

その名はモカ・マタリ
詳しくはモカ・マタリ・アールマッカと言うんだそうな^^

俺の中でのモカって言うと、苦味系かと思っていた。
どうもそれは違うみたい雫
昔いつも手軽に飲んでいた量販タイプのブレンドがそうなっていたダケって事みたい。
実際、ここのキリマンの方が酸味が感じられなかったから驚きデス(笑)

正直、俺は酸味系は苦手の部類
その事は以前から予めマスターには伝えてある。

が。やっぱり一度は試してみたくなり、お願いした。

香り。ヨシ!
どの珈琲もだけど、俺は香りの違いはよく分らない^^
良い香りがするなぁ。程度(笑)

で。ひと口含む。。。

!!!!!

これは今までの珈琲と明らかに違う。

確実に明らかな酸味が感じられる
ただし。
勿論の事、顔をしかめる酸味では決してない。

で、後味。
案の定スッキリとした酸味が残る。
苦味はあんまり感じられない。

そしてふた口目。
今度は香りの違いも感じられた。
ガッチリとした珈琲の香りではなく、爽やかって言うのかな?
よくフルーティって表現を使うみたいだけど、例えばそんな感じかな(笑)

マスター曰く、好みが完全に分かれるんだそうだ。
この酸味にどっぷりとハマる者。
そしてそれ以外の者。

うん。ハマる理由も何となく理解出来る。
イワユルすっぱさとは全く違うんだからね。

ただ単にすっぱい珈琲って、冷めると飲めないですよね。
モカ・マタリは冷めても嫌なすっぱさは感じられませんでした。

結論から言えば、俺にはちょっと酸味が強く感じられた事は否めません。
モカ・マタリにはどっぷりとハマる事は無いでしょう。

ただ、こういうのもアリだなっては感じました。
そんな自分に驚いてもいます(笑)

美味しい珈琲ってのは、エグイすっぱさは無くて、スッキリした酸味がある。

俺なんかはそのエグイすっぱさを敬遠していたワケなんだな。
またまた珈琲の世界が広く感じられました(笑)


TBP コーヒー・ピープル







Last updated  2006/11/23 10:51:05 PM
コメント(4) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.