304596 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HSK教材・テキスト・参考書

中国語(中国語検定 HSK) チャイニーズ奮闘記 > HSK教材・テキスト・参考書

HSK教材・テキスト・参考書

HSK対策に役立つ教材・テキスト・参考書を紹介します

良い教材・テキスト・参考書を選ぶことによって、自分の目標とするHSKのレベルに確実に到達できます。HSK試験を重ねて経験してきた筆者が、これは!とおすすめするHSK教材・テキスト・参考書を紹介します。

1.HSKは「まず試験形式に慣れる!」

どの資格試験にも言えるかもしれませんがまずは「試験形式・出題パターンに慣れる」ことが大切です。中国語を広く学んできた人でも、いざHSKの試験を受けてみると自分の中国語力を十分に発揮できずに終わってしまうことがよくあります。

おすすめはこちら → HSK改進版初級模擬試題集【MP3付】

2.試験形式に慣れたら自分に足りない部分を集中的に補え!

HSKの試験形式・出題パターンに慣れたら、当然じぶんの弱いところが分かってきます。日本人であればリスニングが弱い人が比較的多いようです。どの分野にせよ、自分の弱点が分かったらそこを集中的にトレーニングします。この時はHSK対策用の教材でなくても構いません。学校のテキストでも何でも構わないので、自分の弱点を補うにふさわしい教材を徹底してこなしてください。

語彙力:おすすめはこちら → HSK単詞速記速練(初級編)上.中.下の3冊セット
リスニング力:おすすめはこちら → HSKリスニング対策問題集(1) または HSK聴力題型分析与訓練(初、中等)

3.HSK本番近くは集中的に過去問題・予想問題をこなす!

私の場合はHSK本番の2週間前くらいが良いと思っていますが、試験が近くなったらHSKの過去問題・予想問題を集中的にこなしてください。この追い込み期間はこれだけをやってください。空いた時間があったらとにかくHSKの問題をやる。他の事は一切しません。ご飯を食べたらHSKの問題をやる。ネットサーフィンに飽きたらHSKの問題をやる。風呂から上がったらHSKの問題をやる。寝る前にHSKの問題をやる・・・。短期間にこれだけやり込むことで一気にレベルアップします。(おそらく中国力のレベルアップを一番「実感」できるのもこのタイミングです。やればやるほど「面白く」なってくるのでそうなったら占めたものです。)

おすすめはこちら → HSK漢語水平考試応試指南(初、中級)(修訂本)(8CD付) または 漢語水平考試(HSK)模擬試題集(初中等)【カセット3本付】



© Rakuten Group, Inc.