305851 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国留学の費用

中国語(中国語検定 HSK) チャイニーズ奮闘記 > 中国留学の費用

中国留学の費用

中国へ留学する際の費用をおおまかに紹介します。

留学といえば気になるのが費用(予算)だと思います。中国ですから欧米諸国への留学費用と比べると安価で済むのは事実ですが、おおまかにどのくらいの費用が掛かるのかを前もって把握しておく必要があります。費用を把握しておけば、留学中に要らぬ心配も生まれませんので、安心して留学生活に専念できますよ。

1.学費は地域・大学により大きく異なる

中国留学と一口に言っても、語学留学なのか、正規留学なのか、インターンシップ留学なのか様々です。インターンシップ留学は良く分かりませんので他サイトで調べてください。語学留学の場合は、半期(半年)でおおよそ10万円ほどです。1年留学した場合は20万円前後を見ておきましょう。しかしこの金額は中国のどの地域に留学するかによって大きく異なります。日本の大学と比べても大学差・地域差が激しいので事前にしっかりチェックしておきましょう。参考になるサイト⇒中国・長期 留学(半年あるいは1年の留学)

正規留学の場合も費用に関してはそれほど違いはありません。同じく地域・大学によって開きがありますので事前によく確認しておきましょう。ちなみに私が通った、北京と大連の大学は半年あたり9万円ほどでした。※大連のほうが1万円ほど安かったかも。。。

2.住居・生活費で留学費用が大きく異なる

これは中国に限ったことではないですね。どこに住むかによって大きく留学費用が異なってきます。大学が用意している外国人向け寮というのが大抵あるのですが、私の通った大学では、そういった寮は2人部屋で1人1ヶ月あたり6000円ほど。激安です。寮ではなく1人暮らしするなら8畳一間くらいの部屋で1ヶ月あたり14000円ほど、12畳一間くらいの部屋で1ヶ月あたり2万円ほどであります。あくまで私が留学していた頃の相場ですが、田舎で探せばもっと安いでしょうし、上海・北京となると、このような費用では厳しいかもしれません。

ポイントは、せっかく大学に通うわけですから、大学生(外国人留学生も含む)に用意されたいろいろな寮やアパートをあたってみることでしょう。これらは、立地は大学のすぐ近くですし、生活する分にも便利で費用も安く抑えられていることがほとんどです。要するに、大学生の「特権」を生かすべきだということですね。一般の人は大学寮や大学アパートに住めませんから 笑

私は2人部屋の1室(外国人留学生向けの大学構内アパート)を1人で住んでいました。シャワー室も比較的広く、冷蔵庫やテレビも大きなものでした。今思えばちょっと贅沢でしたね。

あと、大学構外のアパートを友人とシェアして住むのもおすすめです。たとえばクラスメートで気の合う韓国人と住むのも、互いの文化交流になったり、刺激にもなるし、もちろん語学練習のきっかけにもなります。私も何度もそういった部屋に遊びに行きましたが、1ヶ月あたり2万円ほど出せば、20畳くらいの大きなリビングに寝室が3つほどある部屋などいくらでもあります。(そういった部屋を5人でシェアするツワモノ留学生もいました・・・私は無理ですが、それができるたくましい彼らが何だか羨ましかったです)

3.おすすめは学生食堂

中国と言えど1回の食費こそ安いもののチリも積もれば山となります。私の友人の韓国人は市場で食材を買って、昼食や夕食をせっせと作っていました。やはり自炊が一番安く抑えられるでしょう。ですが、食材の安全面では「?」な市場もありますので、私がオススメしたいのは学生食堂の利用です。

学生食堂は1食あたり3元~5元(50円~100円)でしっかりしたものが食べれます。バイキング形式で豊富なメニューから選べるので飽きないし栄養面でも問題なく、早いのも魅力的です。食の安全面でも大勢を相手にやっている学生食堂は中国では比較的安全といえるのではないでしょうか。大きな大学では大学構内でいくつもの学生食堂がありますから、大きめの学生食堂へ行くとメニューも豊富で良いですよ。

朝食はパンで、昼食と夕食は外食(ファーストフード、韓国料理店など)がほとんどという留学生もいますが、ファーストフードや韓国料理を食べる場合は、1食あたり15元~30元(300円~500円)くらいは掛かります。中国は食費が安いからと甘く見てこういった生活を続けていると、思いのほか費用がかさみますし、健康面でも良くありません。たまに他の留学生と交流する分にはもちろん良いのですが、毎日のように外食することはおすすめできません。

ちなみに食事が学生食堂が中心だった私の場合は、1ヶ月の食費が400元(6000円)程度でした。参考にしていただければ幸いです。ちなみにクラスメートの(外食ばかりの)イギリス人は1ヶ月の食費が1500元と言っていました。

4.その他、こんなのにもお金がかかる

100元(1500円)単位でお金が出ていくものといえば、HSKなどの検定試験の受験料です。中国語の教材もテープの付いたもの何冊か買うと100元くらいはすぐに出ていきます。

あとせっかくの中国留学ですから、休暇などを利用して積極的に外に飛び出すことをおすすめします。毎週の休みであれば、自分の住んでいる地域の有名な観光地だけでなく、ちょっとマニアックなところも見聞を広めたり、クラスメートとの話題づくりにももってこいです。デパートだけでなく、繁華街の屋台などもいろいろ経験すると良いでしょう。夏休みや冬休みなどは、中国は広いですから旅行する場所ならいくらでもあります。積極的にいけるところはすべて行く!くらいの気持ちでどんどんと見聞を広めることをおすすめします。

で、このようなことをするとやっぱり費用が掛かってくるわけですが、こればかりはあなたの行動次第で随分と変動します。ですがこういった費用は中国留学している時だからこそ経験できるものですから、ケチることだけはしないでください。中国留学は一生で数少ない機会だと思いますので、存分に楽しんでもらえたらと思います。



© Rakuten Group, Inc.
X