2253277 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

野末陳平通信

2011/12/29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

各テレビ局が、今年の回顧やってますが、原発事故の初期対応をめぐる様々な情報は、来年も尾を引きそうですが、政府の不手際と発表のウソが福島の人を未だに混乱させていることは、報道だけで済ませられない問題ですね。
鳩山、菅がダメだっただけではなく、やっぱり民主党そのものが実力不足でお粗末なシロウト集団だった、という結果なんでしょうか。
今朝も、消費税増税でもめて、年内に素案の結論が出ない、ってニュースをやってましたが、野田ドジョウを持ち上げて期待させたのはマスコミだったのに、もう足を引っ張る段階にきたんですかねぇ。なんかもう、政治・政局に、あまり興味なくなりましたよ、疲れて。
昨夜談志さんの追悼番組見ながら、この数年の師匠との交流を思い出し、外に向けて発信する気はないけど、自分の心の整理だけは早くつけたいものの、なかなか無理な部分があって、山藤章二さんや吉川潮クン、高田文夫クンも、そんな心境みたいでしたね。
先日の忘年会の席で、みんなでとしみじみ話しあいましたが、まだまだ話したりない、次回仕切り直しだ、ってことにしました。
かく申すあたくし自身も、今年どうだったかよりも、一生の総括を早くしておかないと悔いが残りそうで、何の業績も残してないけど、どこが失敗だったのか、どこで間違えたのか、そこらを考えてみたいのですが、この作業は何か重くて面倒で、気楽にチャラチャラ遊んで暮らす方がラクなので、いずれ琵琶湖に隠棲(来年の春メド)してから、あれやこれや昔を思いだしてみることに。
まだ今日の雑用残ってるけど、昼過ぎに、若手三人の落語家、真打ちになった立川こしら、もうじきなれる、志ららとらく次、彼らが現れます。

それまでに、年賀状出さない代わりに、暮れの挨拶状など、書いておかないとね、なにしろ携帯なし、ネットでメールもできない時代遅れの、80歳の老人だから。(あと一週間で80なんです)







Last updated  2011/12/29 11:29:43 AM

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.