208229 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

育休ママのぼちぼち投資 〜目指せ貯蓄3千万!〜

PR

プロフィール


育休ママ*ねる子

サイド自由欄

2017年12月から300万円を元手に株を始め、
2019年2月3日現在の資産は…
【3,400,477円】です!
※内訳 (よく分からなくなってきた…)
売却損益合計  +600,958円
持ち株損益   -908,488円
配当      + 36,570円、0.79USD
貸株金利    + 16,551円
資金追加    +610,567円?

【持ち株情報】(取得価格×株数)
・1925 大和ハウス (3,976×100)
・2144 やまねメディカル (580×400)
・2818 ピエトロ (1,682×100)
・3550 スタジオアタオ (2,650×400)
・4925 ハーバー研究所(11,846×100)
・6897 ツインバード工業 (555×300)
・7806 MTG (6,935×100)
・8691 オリックス (1,694×100)
・マイクロソフト (107.52USD×1)

Twitterアカウントはこちら↓ 
お気軽にフォローしてください
ねる子@株初心者(@neruko_toushi)

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

ほしいものリスト

全3件 (3件中 1-3件目)

1

家計

2019.02.06
XML
カテゴリ:家計
昨年、張り切って買った家計簿ですが…
(過去記事→


…挫折しています!笑

なんかね、この家計簿、細かいんですよ。
(家計簿のせいにする私)

スーパーで買った食材を、肉とか米とか調味料とかに分けて書かなきゃいけないんです。





食事を大事にしている主婦の友が出している家計簿なので、食の部分が細かいんですよね。

講習会を受けた時は、食生活も見直せるしいいじゃん、と思ったんですが、分類が細かすぎて慣れていないと記入に時間がかかる!

可愛くてシンプルなところは気に入ってるのですが、家計簿初心者にはちょっとハードルが高かった…


今までアプリで簡単に支出を管理するくらいしかしてなかったので、電卓片手に毎日書き込むアナログな感じも慣れなくて、面倒くさくなってしまい、続けられませんでした。

でも、やっぱり、月に自分が何にどのくらい使ったかは把握したい。
全然把握出来てないので。

なので、2月からはとにかく毎日何にお金を使ったかをアプリ(マネーツリー)にしっかり書き込む習慣をつける!というのを念頭にやってます。

今のところ続いてるので、このまま月末まで頑張れば、きっと正確な支出の円グラフが出来るはず。

今度こそ頑張るぞー。



ランキングに参加しています(*´-`)
気が向いたら…下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら↓ お気軽にフォローしてください
ねる子@株初心者(@neruko_toushi)






最終更新日  2019.02.08 16:26:20
コメント(2) | コメントを書く
2018.11.18
カテゴリ:家計
今まで家計簿をつけたことがなかったのですが、2019年から、家計簿をつけるべく、家計簿を購入しました。

買ったのはこれです。


rblog-20181118132039-00.jpg


可愛い!(重要)

先日、友人に誘われて婦人の友の家計簿の講習会?に参加したのですが、それがとても良かったので、早速家計簿を購入してみました。


今まで家計簿アプリでの支出管理はしていましたが、しっかり家計簿をつけたことはありませんでした。

全体的な支出は分かるのですが、用途別の支出はほとんど把握出来ていなくて、先月の光熱費や食費も把握できていないというずぼらぶり。
夫婦別会計なのを言い訳にしてましたが、我が家が何にどれくらい使っているのか、分かってないって結構ひどいですよね…

(話が逸れますが、マネーツリーという家計簿アプリ、使いやすくて超おすすめです。)


一応、給料天引きで貯金はしているし、今のところやっていけてるんですが、いつもお金と、将来への不安がありました。

子どもが生まれてからはさらに不安が強くなりました。


そういったお金に対する不安は、収入が少ないからだとか、将来どうなるか分からないからとか、そういうののせいだろう!と思っていたのですが、

そうじゃなくて、何にどれくらいお金を使っているかを把握しておらず、これから何にどれくらいお金を使いそうといった、将来の見通しを立てることが出来ていないからなのかな?と思うようになり…。

なので、お金に対する不安をなくして、将来の見通しを立てるために、家計簿をつけてみることにしました。


ちなみに我が家は結婚当初から別会計で、私が家計管理を任されているわけでもないのですが、家計簿ってやっぱり別会計だとつけづらそうですね。

まぁ、実際使ってみないと分からないので、とりあえず家計簿講習会でもらった、一ヶ月分の練習用の家計簿をつけています!(昨日から←)

今まで、夫の支払い担当の支出には無頓着だったので(光熱費とか)、家計簿をつけることが、お互いが何にどれくらい払っているかを把握する良いきっかけになるかもしれません。

三日坊主にならないように、ここで宣言してみました。
頑張りまーす。


ランキングに参加しています(*´-`)
気が向いたら…下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村


フリマアプリの招待コード、使って貰えると嬉しいです!
メルカリ招待コード:CRNXUS

ラクマ招待コード:dg2WX
​​






最終更新日  2019.01.04 20:47:41
コメント(1) | コメントを書く
2018.05.09
カテゴリ:家計
私は現在育休中ですが、我が家は、結婚してから今までずっと、夫婦別会計です。

今まで、効率的にお金を貯めるために、財布を一緒にしよう!と旦那さんに何度か提案してきましたが、お小遣い制は絶対に嫌だ、財布を握られて管理されるのは絶対に嫌だ、と頑なに反対され、もう自分が家計全体を管理するのは諦めました。
まぁ、確かに、私が逆の立場だったら嫌ですし。


ですが、貯金を相手任せにして、実はどちらも貯金が出来ていなかった、となると怖いので、夫婦の共同の貯金として、毎月お金を積み立てています。
この貯金は、子どもの教育費やマイホームの頭金にするため、手をつけないと決めています。


そして、家賃と光熱費は旦那さん、
食費と日用品、子どもにかかるお金は私、
という何となくの分担でこれまでやってきました。

携帯代など、自分のものはそれぞれに自分で払うスタイルです。

家電や家具など、どっちも使うものに関しては、その場その場でより使う人が買ったり、
私が本棚を買ったら旦那さんがソファーを買うことにしたり、
外食するときは、旦那さんが多めに払ってくれたり、
という感じで大きな不満も喧嘩もなくここまできましたが、ついにこの制度に限界が来ました。


もうすぐ育児休業給付金がなくなるからです。
育休中、有難いことに、今までの給料の約半分が、育児休業給付金として支払われていたのですが、あと数ヶ月のうちにゼロになってしまいます。

というか育休に入ってガクッと収入が減ったので、働いている時と同じ分担だと赤字になるかなと思ってたのですが、仕事を休んでストレスが減ったおかげで無駄遣いも減ったのと、メルカリで要らないものを売ったりしてどうにかなってました。

でももう売るものもないし…いよいよ限界です。


そんな訳で旦那さんと相談し、今まで私が主に払っていた食費と日用品、子どもにかかるお金は共通で貯めていたお金から出すことにしました。
助かりますが、貯金のスピードが落ちるのが残念です。

共働き夫婦って、私の周りでは結構別会計が多い印象なのですが、どんな感じで家計を管理してるんだろう。友達でもお金の話は突っ込んで聞きづらいんですよねー。

なお、自分のものは変わらず自分の貯金から出すので、投資用の資金を切り崩さなければならなくなる時が来るかも…。
嫌だー!!

早く復帰して働かないと。
しかし結構ブラックな会社で終電帰りも多かったんで、復帰するのが怖いです。両立出来るのか?!

ちなみに旦那さんは家事や育児に協力的なので、そこら辺はあまり心配はしていませんが、私は余裕がなくなるとイライラが全面に出てくるタイプなので(笑)、仕事に復帰したら衝突(というか私が一方的にいら立っている状態)は増えると思われます。

育児や仕事をにこやかに両立させている人を心から尊敬します…。

働きだしてお金に余裕が出来たら、なるべく投資資金を捻出して、運用できる額を増やしていきたいと思ってるので、それはちょっと楽しみです。

まずは保育園探しから、頑張りまーす!



コストコで買ったプルコギビーフ、美味しい!


ランキングに参加しています(*´-`)
気が向いたら…下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

人気ブログランキング






最終更新日  2018.05.09 13:43:08
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.