120077 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Salon de Ciel

デートの誘い

遠くから彼の姿を確認すると

私は、急ぎ足をやめて

ゆっくり彼らに近づいた。

探していたなんて、悟られないようにね。


あの彼は遠くからすぐに私に気づいて

Heeeey!と声をかけてきた。



あら、また会ったわね、

ってな偶然のフリをして

私は笑顔を返した。

本当は心臓が飛び出しそうな程ドキドキしていたけどね。



「探してたバス停みつかったんだ。良かったね」

そう言って、彼と話し始めて、私は

2ヶ月前に、来たばかりだから、まだこの辺よく分からないんだよね。

と言った。


彼はアメリカから仕事で来ていて、

今日は休みで観光して回ってるんだ、

そう言って一緒にいた彼の友達を紹介してくれた。


その友達と少し話して握手していると

彼が横から小さい声で

I think you are pretty.

と恥ずかしそうに言った。


もし君に時間があったら、今度ランチでもどう?

もしよければ、電話番号教えてくれないかな?


私は心の中でガッツポーズ!!

当時私はまだ携帯を持っていなかったので

相手の滞在しているホテルの電話番号と部屋番号を貰って

私から電話するわ、

と言って別れた。


別れ際にGive me a hug!

と言われ、しっかりハグもして頂きました 笑


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.