098552 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

LGBT

August 24, 2016
XML
カテゴリ:my gaylife


R&Bシンガーのシアラ、反LGBT法に抗議



今年3月にNFL選手のラッセル・ウィルソンと婚約したシアラは、
当初、ラッセルが大学時代を過ごしたノースカロライナ州での挙式をセッティング。

 しかし同州がLGBTに差別的なHB2という法律を可決したため、
進んでいた挙式の準備をすべて白紙にして、場所をイギリス北西部のチェシャーに変更した。



レズビアンのカップルに育てられたザック・ウォルスのスピーチ「家族」










Last updated  August 24, 2016 05:47:38 PM
コメント(3) | コメントを書く
[my gaylife] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:Ciara & レズビアンのカップルに育てられたザック・ウォルスのスピーチ「家族」 (08/24)   結女★11 さん
いいスピーチだなあ。老眼には厳しいけど( ̄▽ ̄;)
フル画面にすると、文字を追いやすいね。

性別じゃなくて、「人格」だべさ?っていうのがビシビシ伝わるわ。本当その通りだよね~。
現在の日本の政治家、その一番肝心な人格が、何だかあやしいのばっかでな…(-_-;)

(August 24, 2016 09:00:57 PM)

 Re:Ciara & レズビアンのカップルに育てられたザック・ウォルスのスピーチ「家族」 (08/24)   壽蛇★ さん
Ciaraの反対するH.B.2法とは
米ノースカロライナ州の反LGBT法、何が問題なのか?

手術を受けて出生証明書に記載されたジェンダーを
変更する法的手続きを取っていないトランスジェンダーの人々は、
州の法律のもと、性自認通りの公衆トイレを使う法的権利は一切ないものとされる。市や郡には、もはや州と違う基準を設けることはできない。

ノースカロライナでは、ゲイまたはトランスジェンダーであるという理由で解雇される可能性はあるのか?

ノースカロライナは退職および解雇自由の原則が認められている州で、州による労働者保護には限界があります。州の法律でLGBT労働者の保護が謳われたことは、これまで一度もありません。HB2の記述により、州は性的指向や性自認に基づく保護クラスを創設するつもりはなく、市や郡がそのような保護クラスをつくることも認めないということがより明らかにされました。
H.B.2が学校に及ぼす影響
ノースカロライナ州は現在、公立学校の生徒たちに、出生証明書通りのジェンダーのトイレやロッカーを使うよう要求しています。このことが、あらゆる教育プログラムでの性差別を禁じている連邦法「タイトル・ナイン」とどのように折り合いを付けるのかは、まだはっきりしていません。連邦政府は性自認と性的指向を広い意味での性差別の範疇に含めていると、シャーロット市のジョン・ウェスター弁護士は言っています。つまり、州の教育機関や大学などが連邦から受けている、何億ドルもの教育助成金が支払われなくなる可能性が出てきます。

ザック・ウォルスのスピーチ

人間の生活に権利や保障をあたえるのが法律ですが、法律で保証される前に、
愛や意志の元にカップルや家族が存在すること
偏見、差別なんて問題外、誰が口を挟めることが出来ようだべさ
(August 25, 2016 10:14:00 AM)

 Re[1]:Ciara & レズビアンのカップルに育てられたザック・ウォルスのスピーチ「家族」 (08/24)   結女★11 さん
壽蛇★さん

元記事を読んでみると、その障壁の多さもさることながら、多岐にわたるLGBTの人たちの状況に、
これがそう簡単に法整備しうるのか、法律も人権もよくわかりもしない私には、
気が遠くなるようだわ…。

自分がいかに、生まれた時にすでに持っていた権利の上に、胡坐をかいているかがわかるなあ…。



(August 25, 2016 08:33:33 PM)


© Rakuten Group, Inc.