957036 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Izumisano未来日誌 千代松大耕の独り言

PR

Profile


chiyogiin

Calendar

Freepage List

Favorite Blog

えんやじゃ! terugiinさん

udeyanの好き放題:… udeyanさん

Comments

terugiin@ 伊丹空港早期廃港、御意! 伊丹空港早期廃港、御意!

全3004件 (3004件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

2019/06/08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨晩、泉佐野商業会連合会さんの通常総会後の懇親会がスターゲイトホテル関西エアポートでおこなわれました。昨年2回実施しました「さのぽカード」を使ったプレミアム商品券事業では長蛇の列ができ、南海泉佐野駅周辺の商店街の方々、特に「泉佐野まち処」近隣の店舗さんには大変なご迷惑をおかけしました。

「さのぽ事業」では、これまでカードの普及と加盟店舗の拡大に努めてまいりましたが、今年4月末時点で発行枚数が約2万1千枚、加盟店につきましては180店舗となりました。令和元年度でも引き続き、発行枚数のさらなる増加と加盟店の拡大に取り組んでまいります。

また今年度からは、商店街をはじめとした中心市街地の活性化に向けた「エリアマネジメント活動推進事業」を実施してまいります。行政や商店街だけではなく、様々な分野の方々に参画していただき、国の地方創生関連の予算を活用して、中心市街地の活性化に取り組みます。

官民連携しての中心市街地活性化に向けた橋渡し役として「まちづくり企業 バリュー・リノベーション・さの」を立ち上げました。それにも泉佐野商業会連合会の方々にご協力をいただいてます。南海泉佐野駅周辺はインバウンド効果で活気が出てきましたが、持続可能な活性化に向けての取り組みを進めてまいります。







Last updated  2019/06/08 05:41:14 PM
2019/06/07
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日、エブノ泉の森小ホールにおきまして、公益社団法人泉佐野市シルバー人材センターさんの令和元年度定時総会が開催されました。午前中は警報が出るような雨でしたが、昼から落ち着き、大勢の会員の方々がご参加されていました。シルバー人材センターの理事長は、元大阪府議会議員の松浪啓一先生です。

シルバー人材センターさんは、長年に渡って、基本理念である「自主・自立・協働・共助」に沿って、高齢者の方々の就業と生きがいの場として、地域社会にご貢献いただいてます。またセンターの普及啓発によって、減少傾向にある会員数の確保にも努めていただいてます。

泉佐野市の今年4月末の65歳以上の人口は、2万5789人で、全体の25.6%となっています。全人口の4分の1以上である65歳以上の方々に住み慣れた地域で、生きがいをもちながら元気に生活していただくことが、まちの活力につながることは間違いありません。

泉佐野市シルバー人材センターは、65歳以上の方々の雇用の確保だけでなく、各クラブ活動を活発に展開されています。クラブ活動で福祉施設を慰問されたり、子育て支援の場を提供されたりと、地域社会に根差された団体であります。これからも地域になくてはならない団体としてご活躍いただくことを期待いたします。







Last updated  2019/06/07 05:03:12 PM
2019/06/06
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回の6月議会には「泉佐野市奨学金貸付基金条例の一部を改正する条例制定について」を上程しています。泉佐野市では昨年から奨学金の貸付だけでなく、給付型奨学金制度も実施しています。今回の条例改正では「泉佐野市奨学金貸付基金」を「泉佐野市奨学金基金」にあらためる改正等をおこないます。

給付対象は、泉佐野市立中学校3年生の保護者で、給付申請をおこない、その審査の結果、給付選定がなされた方です。給付額は、対象生徒1人に10万円となっています。給付人数は、1年度につき50人以内です。成績評定平均値が3.0以上が申請資格となっています。

これは1学期の国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術・家庭、英語の9科目の成績評定合計を9で割った値が3.0以上ということです。7月中に各中学校へ案内を配布し、広報8月号に掲載をする予定です。申請期間は9月2日~30日を予定しています。

平成30年度は基金繰越額が「4億4,331万1,794円」から「4億4,675万1,794円」となりました。令和元年度へ繰り越す債権額が9,995万4千円ですので、基金現在高が3億4,679万7,794円となっていて、創設した給付型奨学金が、高校入学時の経済的負担の軽減に役立てばと考えます。







Last updated  2019/06/06 04:01:02 PM
2019/06/05
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、令和元年6月議会のための議会運営委員会を開催していただきました。6月議会の会期は6月12日(火)から6月28日(金)までの17日間です。今回上程しました案件は、工事請負契約締結が5件、条例案で5件、補正予算が2件となっています。後半に経営状況報告等9件を追加する予定です。

3月議会でご承認をいただきました平成31年度当初予算は、4月に市長選挙が控えていたために、投資的予算では継続事業や国・府の補助事業、緊急性の高い事業にとどめた骨格予算でした。今回上程した令和元年度一般会計補正予算では、政策的な肉付けをしています。

ふるさと寄附金を活用して、市内小中学校6校の屋内運動場と武道場に空調設備を設置する予算を計上しています。今年度は、北中・日新・上之郷・大木小学校の4校、第三・長南中学校の2校に設置し、令和3年度末までの3年間で全小中学校に整備していく予定です。

また子育て支援として、10月からの幼児教育・保育の無償化にあわせ、対象外となる給食費を市独自に無償化するための予算や15歳以下のこどもを対象としたインフルエンザ予防接種の助成(1回1,500円)などの予算を計上しています。今回の6月議会で令和の良いスタートを切れるように頑張ってまいります。







Last updated  2019/06/05 11:06:24 AM
2019/06/04
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年度、泉佐野市へ出された外国人の転入等の住民移動届出件数は、1,195件で約月100件の届出がありました。また外国人のマイナンバーカード交付等個人番号に関する件数は月平均46件で、外国人の住民票等証明書の発行件数が月平均120件で、市民課を訪れる外国人の方々は月266人ぐらいです。

市役所の窓口に訪れる外国人の方々は、大多数が日本語を話せたり、日本語が話せる人と一緒に来られており、ほぼ問題なく手続きができています。しかしながら、月2〜3人の割合で日本語の話せない方の来庁があり、そのときは、外国語ができる職員が対応しています。

市民課職員1名が英語、委託業者で4名が英語、2名が中国語、1名が韓国語を話せます。状況に応じて国保年金課等の他課へも同行し、手続きをおこなっています。また窓口業務委託の受託者は、日本語が話せない外国人に対応するために、アイパッドを導入する予定です。

市内の外国人人口は、平成26年度で1086人でしたが、平成30年度末では1985人とほぼ2倍になりました。興味深いのが、5年前は7人だったベトナム人が、昨年は152人と急増しています。外国人技能実習生として、来日するベトナム人が日本全体で増えているので、泉佐野市でもさらに増えると思います。







Last updated  2019/06/04 08:00:10 AM
2019/06/03
カテゴリ:カテゴリ未分類
一昨日、レイクアルスタープラザ・カワサキ星の広場におきまして「第8回ボランティア・フェスティバル」が開催されました。主催は、泉佐野市社会福祉協議会さんです。多くのボランティアの方々がご参加されていました。持続可能なまちづくりには、市民の方々にも主体的に関わっていただく必要があります。

泉佐野市社会福祉協議会さんは、日頃から誰もが気軽に立ち寄れる活動の拠点として「ボランティアセンター」を設置し、ボランティア講座の開催、ボランティアの活動先、ボランティアグループの紹介、活動に関する情報の提供など、先進的な取り組みを展開されています。

また昨日は、食品コンビナートにおきまして「FESTA2019」が開催されました。2年に1度の開催です。このフェスタでは、食品コンビナート内の各企業をスタンプラリーで回り、様々な体験ができます。普段では、なかなか見れない場所を見学することができます。

昨日は泉佐野市内の小学校(13校中6校)で運動会がおこなわれていましたが、大勢の家族連れの方々が参加されていました。他の公務が控えていたために、あまり滞在することはできませんでしたが、お楽しみ抽選会や食に関するブースもあり、多くの方々が食品コンビナートで楽しい1日を過ごされたことと思います。







Last updated  2019/06/03 12:30:06 PM
2019/06/02
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日は、泉佐野市体育協会さんの創立70周年記念式典がスターゲイトホテル関西エアポートでおこなわれました。泉佐野市体育協会さんは、泉佐野市が市制施行した翌年に創立され、泉佐野市を代表するスポーツ団体として発展されてこられました。清水会長さんをはじめ歴代の役員の方々に心から感謝します。

泉佐野市体育協会さんには、それぞれの競技種目での熱心なご指導はもとより、それぞれの連盟において、各市民競技大会の企画運営を受託していただいています。またKIX泉州国際マラソン、市民健康マラソン、スポーツフェスタ泉佐野など多大なご協力をいただいています。

とりわけ、昨年は市制施行70周年ということで、11月におこないました「市民大運動会」で体育協会の方々に多数ご参加をいただきました。また市民の方々と、スポーツを推進し、スポーツを通じて様々な交流をしていこうと昨年に「スポーツ都市宣言」をおこないました。

来年は、東京2020年オリンピック・パラリンピックが開催されます。本市は、モンゴル国、ウガンダ共和国のホストタウンとして登録しています。ホストタウンや昨日発表された聖火リレーを通じて、オリンピックを市民の方々に直に実感していただきながら、よりスポーツへの関心を高めていただきたいと期待します。







Last updated  2019/06/02 05:06:11 PM
2019/06/01
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日からふるさと納税の新制度がスタートしました。残念ながら本市は、新制度では制度の対象外となっています。「泉佐野がんばれ!」と応援していただいた全国の寄付者の方々、また色々なアイディアを出していただいた事業者の方々には、ご迷惑とご負担をおかけすることになり心からお詫びを申し上げます。

協力事業者の方々が新制度後も大きな影響が出ないように、また雇用を維持していただけるようにと取り組んだ「最後の大キャンペーン」も全国からたくさんのご好評をいただきました。引き続き、本市としましては、何らかの取り組みを実施してまいりたいと考えています。

ふるさと納税では対象外となりましたが、本日、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会からの発表があり、本市も五輪聖火リレーのルートとなることが決まりました。来年4月15日(水)のスタートが、泉佐野市からとなります。とても光栄に思います。

来月7月1日から各都道府県の実行委員会は、ランナーを募集するとの発表もありました。前回の東京オリンピックのときも、泉佐野市では聖火リレーがおこなわれました。56年ぶりの聖火リレーで、前回を知る方々は、そのときのことを懐かしんで喜んでいただけると存じます。今回の決定を本当にうれしく思います。







Last updated  2019/06/01 09:05:09 PM
2019/05/31
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年度、泉佐野市の上下水道局では3t加圧式給水車を配備いたしました。それまでは、車載用給水タンクをトラックに乗せ、給水活動をおこなっていましたが、加圧式になったことで、7階ぐらいの高さまでホースで水を送れるようになりました。避難所に設置される緊急貯水槽などへの給水活動に使用します。

今年度は、さらに2t加圧式給水車を配備する予定です。3tの給水車より小型なため、道幅のせまい地域での給水活動に使用できるようになります。今後は、加圧式給水車2台体制で給水活動をおこなってまいります。またこれまでは、5リットル用の給水袋を使用していました。

昨年度に発生した自然災害によって約1万袋を使用したために、新たに「6リットル用給水袋」を1万袋購入する予定です。今回導入する袋は、置いたときにも自立するタイプで、手提げだけでなくリュックのように背負って運搬することができるため、持ち運びが容易になります。

また上下水道局では、水道料金、メーター使用料、下水道使用料を今年4月から「LINE Pay」による支払が可能になりました。スマートフォンから支払いが可能になったため、コンビニ等の支払い窓口に出向く必要もありません。定住促進減免制度も延長しましたので、対象の方はご活用いただければと存じます。







Last updated  2019/05/31 01:37:53 PM
2019/05/30
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、河内長野市におきまして「全国青年市長会近畿ブロック意見交換会」を開催いたしました。河内長野市さんに会場をご提供いただき、島田市長さんにご講演いただきました。有田市の望月市長さん、門真市の宮本市長さん、柏原市の冨宅市長さん、大阪狭山市の古川市長さんにご出席いただきました。

島田市長さんには「楠公さんを生かしたまちづくり」というテーマでご講演いただきました。河内長野市さんの現状やまちづくり、大河ドラマ誘致などとても興味深いお話でした。島田市長さんが会長を務める「楠公さん大河ドラマ誘致協議会」に泉佐野市は加盟しています。

現在、協議会には大阪府下をはじめ、近畿、鳥取など41市町村が加盟しています。泉佐野市で、江戸時代に栄えた豪商「食野家」は、大楠公こと楠木正成公の子孫というつながりで、島田市長さんからお声をかけていただき、協議会に加盟させていただくことになりました。

意見交換会では、昨年の大阪北部地震、台風21号で「全国青年市長会災害相互応援に関する要綱」によって、全国の会員市さんからご支援いただいた内容を報告いたしました。今回の意見交換会の開催に際して、とてもお世話になりました島田市長さんをはじめ、河内長野市の職員さん方に心からの御礼を申し上げます。







Last updated  2019/05/30 12:44:01 PM
このブログでよく読まれている記事

全3004件 (3004件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.