4144623 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちずらぼのちずらぶ

PR

X

Profile


ちずらぼ

Calendar

Category

Archives

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

Comments

前野潔@ Re:日航ジャンボ機墜落から29年(08/13) 古い話ですが、興味深い記憶ですね。 ス…
YUNO(ゆの)@ Re:【災害記録帳】1974年多摩川水害~目の前で濁流に飲まれたマイホーム~(09/25) テレビドラマ「岸辺のアルバム」について…
背番号のないエース0829@ Re:日本一 「成人式が、無事終了 !!」に、上記の内容…
狛江のトム@ Re:【災害記録帳】1974年多摩川水害~目の前で濁流に飲まれたマイホーム~(09/25) 記述の「中和泉」「元和泉」「東和泉」は…
背番号のないエース0829@ Re:ふるさとの復興とともに 新成人 「八重山毎日新聞新年号」に、上記の内容に…

Freepage List

2017.04.14
XML
カテゴリ:地図
全国の傾斜量区分図(雪崩関連)を公開しました(国土地理院)

登山講習中だった高校生らが巻き込まれ8人が死亡した3月の栃木県那須町のスキー場付近で起きた雪崩事故を受けて、国土地理院が全国の傾斜量区分図(雪崩関連)を緊急に整備し、地理院地図で公開した。

専門家によれば、雪崩は傾斜30度以上で発生しやすく、35度~45度がもっとも危険だという。
全国傾斜量区分図(雪崩関連)は、地形を傾斜角で区分し、雪崩の発生しやすい斜度の場所ほど濃く着色した図となっている。
ただし、この図はあくまでも(いくつかある雪崩の発生要因のうちの一つである)傾斜量を表したものであり、雪崩の危険度そのものを評価したものではない。
着色されている場所で発生した雪崩がその下側の範囲まで到達する可能性があることや、着色されていない傾斜で発生することもある。
とりわけカヤ地、草地、笹地においては緩斜面で発生する可能性があり、着色されていないから安全という意味ではないので注意が必要。

それでも一目で危険な斜度がわかるのは大いに参考になる。
この手の図の公開はさすがに国土地理院ならではの仕事。
雪崩が増えるのはむしろこれからの春山シーズンともいえるだけに、登山の際の雪崩災害防止には十分に活用したい。


地理院地図より>






Last updated  2017.04.15 01:06:53
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.