3655449 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちずらぼのちずらぶ

PR

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

空中写真・衛星画像

2017.09.21
XML
宇宙から森林調査 信州大や森林組合が衛星利用(日本経済新聞)

信州大学などは21日、宇宙から森林を調査する実証研究を開始すると発表した。人工衛星の画像から松枯れの被害状況などを精密な地図にまとめる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の委託を受けて2020年度にJAXAが打ち上げる衛星で実用化を目指す。これまで難しかった松枯れ被害の全容を初めて解明できるようになり、森林資源の保全対策に役立つ。


JAXAと信州大学、長野県や松本市、伊那市、北信州森林組合の連携という大掛かりな取り組み。
確かに森林のような広域を網羅的に観測するのは衛星のセンサーがもっとも得意とするところだ。

まずは海外の衛星の観測用センサーで撮影した画像データを解析することで、長野県内を対象に樹木の種類ごとの区分や、松枯れ被害の状況を調査できたりすることを実証するところから始める。
樹木は1本単位で解析され、樹種ごとに精密な分布図が作成可能。
さらに赤外線から近赤外線の波長帯(レッドエッジ)の画像を解析することで、松食い虫によって感染した木や、葉が茶色または葉が落ちた枯れ木に細かく分類することも可能になるという。

JAXAが打ち上げる「先進光学衛星」も同様の波長で観測できるセンサーを搭載する予定で、今回の検証を基に実際の森林調査に活用する予定。
また、伊那市と信州大はJAXAに搭載するセンサーと同様の機能を持つ装置を小型化してドローンに搭載し、松食い虫の被害状況を調べる実証試験を行う。
ドローンの場合は衛星と異なり観測範囲は狭くなるが、高精細な松枯れ被害状況の地図を作成できる可能性がある。

森林は広域なうえ、地形等の影響もあり網羅的に調査することは簡単ではない。
センサーを使うことで網羅的、かつ効率的な観測が可能になる。
さらに衛星とドローンということなるプラットフォームを使い分けることで、より幅のある観測体制を築くことができれば、林業従事者の高齢化や人材確保の難しさを考えても、今後のスタンダートになっていく可能性が高いのではないか。






Last updated  2017.09.22 08:37:18
コメント(0) | コメントを書く


2017.07.25
平成29年7月22日からの梅雨前線に伴う大雨に関する情報(国土地理院)

国土地理院は7月22日からの梅雨前線に伴う大雨に関する雄物川周辺の被害状況を把握するため、7月24日に空中写真(斜め写真)の撮影を実施した。
地理院地図にて閲覧可能
また、雄物川周辺の詳細な地形を把握することができるデジタル標高地形図を公開している。


平成29年7月 秋田県豪雨災害(国際航業)

国際航業も7月24日に一時的に雨が止んだ時間を利用して航空写真の撮影を行い、速報版の斜め写真を公開している(雄物川河口部周辺及び大仙市周辺)。


【風水害】平成29年7月22日降雨に伴う防災情報(国土交通省東北地方整備局)






Last updated  2017.07.26 00:40:45
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.22
【海外発!Breaking News】隣人へGoogleマップを利用して空から見える嫌がらせ(米)(Techinsight)

このほどアメリカでSNSに投稿されたGoogleマップの航空写真が話題になっている。広い庭の芝生上に「ろくでなし」とあり、隣人宅に向けて矢印が描かれているのだ。ご近所同士のいざこざは世界共通の問題のようだが、ここまで大々的に嫌がらせをするとはよほど腹に据えかねたことがあったに違いない。『CBS Detroit』などが伝えている。


近隣の諍いはどこの国でもあるものですな。
記事の場所はこちら

我々日本人からするといたずらというか、嫌がらせそのもののスケールの大きさに驚かされるわけだが、こういう仕掛けができるのもGoogleの航空写真がインフラとして認知されているからこそ。
それはそれですごいことかもしれない。

ちなみにストリートビューで周辺を見ようとすると、家々の敷地の広さに圧倒される。
どんな家か見てやろうと思っても距離があってよく見えない。
さすがアメリカ…
(というか引いてみるとシアトル郊外のカナダとの国境近くで海のそばであることに気づく)






Last updated  2017.07.23 01:34:23
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.10
6月30日からの梅雨前線に伴う大雨及び平成29年台風第3号に関する情報(国土地理院)

九州北部の豪雨災害について、国土地理院は既に公開していたUAV(ドローン)による動画に加えて、撮影したUAV動画から土砂崩壊地及び道路損壊を判読して整理した判読図と、国交省災害対策用ヘリコプターで7月7~8日に撮影したオルソ画像、さらにその画像から土砂崩壊地・道路損壊・洪水流到達範囲を判読したオルソ画像判読図、被災前後の比較、撮影した画像からSfM/MVSで自動処理した3Dモデルの動画をウェブサイトで公開した。

すでにさまざまな機関の現地調査が行われているが、空からの情報は被災地全体の状況を把握できる貴重な資料になる。
特に災害前後の差分を面的に捉える意味では有効。
今後は現地調査の結果と併せて災害状況が整理されていくことになる。






Last updated  2017.07.10 22:09:01
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.08
前日紹介した国土地理院によるドローン撮影動画に続いて、地理空間情報系の会社や国土交通省から新たに画像等の情報が公開されているので以下に一部を紹介する。


パスコ:斜め写真画像および「TerraSAR-X」による合成開口レーダ画像公開

パスコでは独自開発の「携帯型斜め写真撮影システム」(撮影と同時にカメラ位置と被写体の中心位置、撮影方向などが記録され迅速にGISに展開可能)により撮影された斜め写真を公開。
同時に、天候の影響を受けにくい合成開口レーダ衛星「TerraSAR-X」による撮影を行い、過去のデータとの比較により地形の変化を解析して公開している。


中日本航空:斜め写真画像公開

公開されているのは7月7日 14:30~15:30に撮影された速報画像。


国土交通省九州地方整備局:筑後川水系小野川 大分県日田市小野地区で発生した土砂災害のドローンによる調査映像

国土交通省九州地方整備局:朝倉市・東峰村周辺通れるマップの公開

国土交通省九州地方整備局:梅雨前線の活発な活動による豪雨への対応


アジア航測:7月8日に撮影した斜め空中写真の一部を公開


国際航業:7月7日に一時的に雨が止んだ時間を利用して撮影した航空写真を速報版として公開






Last updated  2017.07.09 12:00:24
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.06
夏だ、地図Tだ! 好きな場所の衛星画像をTシャツにできるサービス「WEAR YOU ARE」登場(INTERNET Watch)

日本国内の衛星画像の中から好きなエリアを指定し、そのエリアの衛星画像をプリントしたTシャツやスマートフォンケース(iPhoneケース)を作成できるファッションブランド「WEAR YOU ARE」を、GMOペパボ株式会社、dot by dot inc.、一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)、株式会社フューチュレックの4社が提供開始した。


RESTECも手広くやっているなあ、という印象なのだけど、2011年に運用を終了した「だいち」の画像は、陸域観測衛星としてはいわば賞味期限切れ(もちろんアーカイブデータとしては重要な意味を持っている)でもあり、こうしたデザイン的な利用はアリだと思う。
自分で気に入った場所を選んで、色合いの調節やテキストの入力ができるのもこの手の企画ではあまりなかっただけにインパクトがある。

何よりもデザインとして目立つのはいい。
どこの場所を選ぶかで自己主張することもできるし、色合いでTシャツとしてのセンスを演出することもできる。
スマホケースにするのも手軽でいいかもしれない。

値段はTシャツとしては微妙だけど、たとえばどこかの市町村が自分たちの町をアピールするのにまとめて発注するというような使い方もあるのでは。

作るとすればどこがいいだろう。
結構迷うな。






Last updated  2017.07.06 19:13:21
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.28
戦前の東京23区が見渡せる空中写真を地理院地図上で初公開(国土地理院)

国土地理院は「地理空間情報ライブラリー」のサイトで1枚単位で公開していた東京23区内の空中写真519枚を、現在の地図と重なる形でつなぎあわせて地理院地図から公開した。
これらは国土地理院が保有し、撮影時期が判明している空中写真ではもっとも古い年代のものとなる。

閲覧はこちらから

なお、一部の場所が空中写真が面的に白や黒で塗りつぶされて、状況がわからないようになっているが、元の空中写真に由来するもので、どうも皇室の施設に加工が施されているようだ。

見始めるとなかなか止まらない。
個人的には第1回日本ダービーの開催された目黒競馬場の名残に萌える。



現在の駒沢オリンピック公園がゴルフ場らしき姿であるのも興味深い。



かつての東京ゴルフ倶楽部(1932年に朝霞に移転)の名残で、ここは摂政宮時代の昭和天皇が英国の皇太子、プリンス・オブ・ウェールズ殿下との親善ゴルフを楽しまれたコースとして知られる。

色々と発見があって面白い。
大型連休のお供に是非。






Last updated  2017.04.29 00:42:55
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.18
新しくなった Google Earth へようこそ(Google Japan Blog)

2017年4月18日、Google Earthが生まれ変わった。
開発に2年の歳月を費やしたという新バージョン、個人的には登場時に近い衝撃を受けた。

ひとつはブラウザ(Chrome)で動くこと(スマホではAndoid版がリリースされており、iOS版や他のブラウザは今後順次追加予定とのこと)。
これだけでも使い勝手はずいぶんいい。

そしてこれまで以上に3D機能が凄い。
鳥瞰表示はこれまでも可能だったが、新バージョンは地形はもちろん、都市部のビルや家々も3Dモデルになっている。
我が家のように都心を外れた場所でも鳥の目で街並みを楽しむことができる。
驚いたのは我が家の部屋のベランダに干してあった洗濯物が3Dモデルにちゃっかり反映されていたこと。恥ずかしいじゃないか(笑)
もちろんストリートビューとの受け渡しもできる。

2Dモードでも、これまでと異なるのは投影の中心が移動していくこと。
つまりドラッグで異動している中心に位置する建物は正射影となり、側面は見えないが、中心から外れると側面が見えるようになる。
これはちょっと感動ものだった(ただその分マシンの負荷も大きく、我が家の貧弱なデスクトップPCは唸り声を上げ続けていたが)。

また、「Voyager」と呼ばれるガイドツアー機能も追加されている。
さまざまな専門家によって選ばれたツアーで、インタラクティブにバーチャルな冒険旅行ができ、さらにいえば学びが得られるのも特徴。
すでに 50 以上のストーリーが用意されており、今後も新しいストーリーが追加されていくという。

さすがGoogleというべきか。
これだけやられると正直なかなかかなわない。













Last updated  2017.04.19 00:48:29
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.29
ドローン社会実現のための安全飛行インフラ構築に向けた業務提携について~「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けて~(ゼンリンプレスリリース)

東京電力とゼンリンが保有する設備・地図情報などのインフラデータを組み合わせて、ドローンの安全飛行をインフラ側から支援する「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けた業務提携に基本合意した。

高機能化や法制度の整備に伴い、今後ドローンは長距離飛行や都市部での自律飛行が可能となり、物流や警備など、これまで以上に多様な分野への普及拡大が期待される。
その一方で、自律飛行のためには飛行空域に存在する構造物の位置や高さを認知して衝突回避を行うことや、中長距離飛行に対応するためのバッテリーの確保、さらに複数のドローンが飛行する場合に衝突を回避するための運行管理などが課題として挙げられている。

そこで、東京電力グループが保有する変電所や送電鉄塔、電柱、送電線などのインフラデータと、ゼンリンが開発を進めている「空の3次元地図」を組み合わせる「ドローンハイウェイ構想」実現に向けて取り組むこととなった。

ドローンの自律飛行の最大の障害は鉄塔と送電線と言われているだけに、こうした構造物の位置情報が3次元でデータ化され、ドローン専用の飛行空域・空路が設定されることは大きな一歩になることは間違いない。
また、障害物となる構造物、つまり「張り巡らされた電力ネットワーク」を逆に「空から見える
道しるべ」として活用することで、目的地まで安全に自律飛行が可能な空域をつくりだすことができるというのがこの構想のユニークな点。
さらに、ドローンハイウェイに付帯する形で、機体の充電や点検・整備・修理サービスを提供するための「ドローンポート」(自動車でいえばサービスエリアのようなものだろうか)を整備する予定があるという。

ドローンビジネスが拡大しつつありながらも、安全の観点からこれまで運行には規制が先行してきた経緯があるだけに、こうした飛行を前提にしたインフラ整備の構想が動き出したことは大きな一歩といえる。






Last updated  2017.03.30 00:05:13
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.21
驚きの実話映画に、25年間迷子の男がグーグルアースで再会(AFP)

5歳の男の子がインドが長距離列車で眠り込んでしまったことで迷子になり、タスマニアで養父母に育てられるが、25年後にかすかな記憶を頼りに、グーグルアースを使って故郷を探すという映画「ライオン~25年目のただいま〜(LION)」。
これが実話に基づいているというから驚きだ。

インドからどういう経緯でタスマニアなのかは本編を見てみないと何ともいえないが、いい養父母に巡り合えたのだとすれば、それは幸運だったということでもある。

それにしても記憶を頼りにGoogleEarthで探すというのは相当な空間認識力がないと難しいはず。
というのも、5歳の記憶であれば当然子どもの目線での風景であり、それを空からの景観に頭の中で変換することは決して容易ではない。

自分に置き換えて考えてみても、5歳の時に見た景色で記憶に残っているものはかなり断片的で、それを空から見て探せるのかと言われれば多分無理だ。
ストリートビューのようなサービスを組み合わせればあるいは、とは思わなくもないが、そもそもストリートビューに至るまでその場所を空から推測しなければならないわけで、まして25年間の経年変化もあるし、記憶も徐々に薄くなる。
それをGoogleEarthだけで見つけるのはやはり奇跡と言うほかない。
まあだからこそ映画になったともいえるわけだが…






Last updated  2017.03.22 00:59:15
コメント(0) | コメントを書く

全97件 (97件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.