3655456 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちずらぼのちずらぶ

PR

全283件 (283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

地理

2017.10.04
XML
カテゴリ:地理
2016年「全国社長の輩出率、地元率」調査(東京商工リサーチ)

これはなかなか面白いデータ。
輩出数でなく輩出率なのがひとつのポイントか。

トップの徳島県はブロードバンド環境の整備やドローン特区の取り組みなど、県自体が先進的な事業を推進していることから、ベンチャー企業の集積が進んでいることなどが要因とされている。
その一方で人口の流出が進んでいることも指摘され、人口減少が結果的に「率」を上げた可能性もあり手放しでは喜べない面も。

社長の出身地では東京都がトップで、北海道、大阪府、愛知県、神奈川県、福岡県、広島県など大都市圏が優位に立っている。
ただし埼玉県、千葉県、神奈川県は輩出率の下位3県となっており、こちらは輩出数が多くても人口の多さが「率」を下げていることが読み取れる。

地元出身者が地元企業の社長を務める社長の「地元率」では沖縄県がトップ。
3位の北海道とともに、地理的な要因が大きいと考えられる。
他では愛知県や広島県が上位を占め、両県が自動車産業を基幹産業としていることから、周辺に取引先や関連企業が集中していること、下請けの取引先では代々継がれてきた地元企業が多いことが「地元率」を上げていると記事では推測している。

また、記事は地方創生を考える中で、「輩出率」が少子高齢化に直面する地方の活性化を測るバロメーターになると論じている点がなかなか興味深い。






Last updated  2017.10.04 21:42:15
コメント(0) | コメントを書く


2017.09.19
カテゴリ:地理
がん発症、日本海側で多く(共同通信)

興味深い切り口だけど今一つ因果関係がわからない。
記事中にある表を見ると胃がんでは確かに上位を日本海側が占めているけど、肺がんについては男女とも1位が鳥取という以外は特筆する日本海側への偏りは見られないし、乳がんについては上位3県に日本海側の県は入っていない。

本当に明瞭な地域差があるとすれば、それはきちんと分析されるべきだろう。
食べ物や生活習慣の問題なのか、医療体制の格差が要因なのか、あるいはウイルス感染が影響したという考え方もある。

とはいえこの見出しをつけるのであれば何らかの明確な理由も添えて欲しいところ。






Last updated  2017.09.20 02:03:28
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.10
カテゴリ:地理
傾斜度と自殺率(宮崎日日新聞)

住んでいる場所の傾斜度が高いほど自殺が多い? 面積の約9割を中山間地域が占める本県としては聞き捨てならないデータが昨年の厚生労働省による自殺対策白書にある。


自殺を地理的条件と併せて解析するのはなかなか斬新。
傾斜と自殺の関係のソースとなっている厚生労働省による自殺対策白書の該当項目はこちら

端的にいえば「傾斜度が急になるほど、人口は少なくなり、昭和50年時点と比べて減少幅は大きく、高齢化率も高い」であり、またこうした土地では「世帯が離れていて、隣人との接触が困難」ということになるのだろう。
要は「高齢化・過疎化」の象徴としての「急傾斜」であって、別に斜面を見たから自殺したくなるというわけではない。

人が集落や都市を形成するにはそれなりの意味もある。
誰しも一人で生きていくのは辛いもので、都市や集落の中での助け合いはもちろん、直接形にはなっていなくても、周囲に誰かがいるということが安心感につながることは容易に想像できる。

傾斜は過疎化や高齢化の一つの指標なのかもしれないが、そうした土地であっても住民の精神的なケアができるような環境をつくることも大事だろう。
それにしても地理的条件がこんなところに影響を与えているのは意外だった。






Last updated  2017.09.10 17:49:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.05
カテゴリ:地理
パンフに宗谷地方「日本最北端」 5000部廃棄(琉球新報)

日本最北端は北方領土の択捉島なのに、北海道宗谷振興局は宗谷地方を「日本最北端」と表現するロシア向けの観光パンフレットを作製し、完成した5000部を廃棄して作り直すことになった。


これはなかなか難しい問題。

日本最北端の地は公式には択捉島のカモイワッカ岬だが、ロシアの実効支配下にあるため、実際に訪れることはできない。

一方宗谷地方は「日本最北端」を観光の目玉にしている。
稚内市に位置する「日本最北端の地の碑」は道北随一の観光スポットとなっており、最北端到達の記念撮影の人が順番待ちの列をつくるほど。




<「日本最北端の地の碑」筆者撮影>

つまり地域の観光パンフレットの内容としてはごく自然なものだったということだ。
問題は、このパンフレットがロシア向けのものであったことにある。
この書きぶりではあたかも北方領土の領有権を放棄しているかのように捉えられてしまうおそれがあるということだ。

しかしこの記載を削除することは事実上この地域のアイデンティティそのものにも影響を与えることになる。
何よりも、記載を削除したところで実際にロシア人観光客がこの地を訪れればわかってしまう可能性は大きいわけで何とも難しい(記事によると宗谷岬の日本最北端の地の碑そのものがパンフから削除されたとのこと)。

ロシア人観光客に限らず、国際社会に日本の領有権を正しく主張することを考慮すれば、この地に「日本最北端の地の碑」があること自体が都合が悪いということになってしまう。
とはいえ、「現時点で実際に到達できる」日本最北端の地が宗谷岬であることには変わりはないし、それを観光の目玉にするのは地域にとっては当然のことともいえる。

ロシアの実効支配が長引けば長引くほど、北方四島が日本の領土であるという国民の(とりわけ地元道民の)「実感」は薄れていきがち。
領土問題の難しさ、根深さをあらためて感じた。






Last updated  2017.09.06 00:26:05
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.26
カテゴリ:地理
<蔵王山>「ざん」か「さん」か…呼び名変更、自治体の合意困難に 宮城2町長が慎重姿勢(河北新報)

国土地理院に登録された蔵王山の呼び名を、「ざおうざん」から「ざおうさん」に変えるための関係自治体の合意は困難な見通しとなった。変更を目指す山形市の佐藤孝弘市長が25日、宮城県蔵王、川崎両町を訪ね、趣旨を説明したが、両町長は約90年前に当時の自治体が決めた経緯などを挙げ、慎重な姿勢を示した。


以前等ブログでも取り上げた<「蔵王山」は「ざおうさん」か「ざおうざん」か 山岳名称の難しさを考える>のその後の展開だが、やはり本文中で懸念したとおりの展開になってしまったようだ。

県レベルはもちろん、市町村レベルでも見解の違い(あるいは温度差)があるのは少し意外だった。
なかでも宮城県蔵王町の「60年以上校歌でうたわれている」というのはちょっと決定的。
加えて90年前に「ざおうざん」の記載の根拠となった陸軍陸地測量部(現国土地理院)の地名調書には両県の複数の自治体の首長の名前が記されており、両県である程度の合意を基に採用された経緯が読みとれる。

前回の記事にも書いたが、山や川は複数の県や市町村にまたがるケースが多いことから、両側で異なる呼び方をすることはたまさかある。
よく知られているのは信濃川が長野県内では千曲川と呼ばれているケースだろうか。
ちなみに河川法での正式名称は「信濃川(千曲川を含む。)」となっているため、日本一長い川は「信濃川」と認識されている。
川が県で名前を変えるのは相模川が山梨県では桂川と呼ばれている例など、珍しいことではない。

山名では北アルプスの白馬岳を富山県側で「大蓮華」と呼んでいるケースがわりと知られているが、現在地図上では白馬岳となっている。
今回の蔵王山のようにひとつの山名に別々の読み方があるというのは珍しいかも知れない。

自分の知っているところでは、四国の剣山(つるぎさん)を徳島県では「けんざん」と呼ぶ人が一定数いた(現在はわからない)。
自分の母は徳島県出身なのだが、子どもの頃親戚のおじさんが「けんざん」と呼んでいたせいもあり、自分の中ではずっと「けんざん」で刷り込まれていて、正式名称が「つるぎさん」と知った時はある週のカルチャーショックだった。
調べてみると「つるぎさん」が統一名称として定められたのは1963年のことらしい(奇しくも自分の生年でもある)。

それぞれの地域や人にそれぞれの思いがあるのは当然で、正式名称はそれとして、それぞれが慣れている呼び方を使用すればいいのではないかとは思う。






Last updated  2017.08.27 01:27:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.25
カテゴリ:地理
セブン-イレブン過疎地域巡る 川辺・七宗町に移動店舗(岐阜新聞)

コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京都)は24日、岐阜県加茂郡川辺町と同郡七宗町で、弁当や日用品などを軽トラックで移動販売する「セブンあんしんお届け便」を始めた。過疎地や小売店が少ない地域で営業する。


高齢化が進む過疎地域の買い物難民問題は深刻だ。
もともとこうした地域では車が貴重な足となるわけだが、高齢者の事故が問題となっている昨今、独居や高齢の夫婦のみの世帯などでは買い物もままならない。
ドローンで商品を配達するといった実証実験などもされてはいるものの、実用にはまだ時間がかかりそう。

そんな中で、コンビニ事業者による移動販売というのは新たな解決策になり得るアイディアだ。
もともと交通の便の悪い山村では移動販売というスタイルは行われていた。
自分が学生時代によく山村を訪れていた際にも、移動販売の車をたまに見かけた。
こうした販売は主として生協や農協などが手がけていたのだが、コンビニ大手のセブンイレブンが移動販売するというのはなかなかインパクトが大きい。

移動販売は少ないスペースに売れる商品をいかに選別して乗せるのかがカギを握るわけだが、もともとコンビニという店舗スタイル自体がそうした面積効率をつきつめながらより多くの商品を売るというものだから、実は役割としてはうってつけでもある。
もちろんそれがビジネスとして採算が合うかどうかはまた別問題で、状況によっては市町村などからの補助が必要になるのかも知れないが、限界集落といわれる山村を持続可能なコミュニティとするにはそれくらいの方向転換はあっていいのではないか。

もしこれである程度の目処がつけば、各地への展開もできるはずで、買い物難民には心強い。
「開いてて良かった」が「走ってて良かった」になることで高齢化が進む過疎地域は救われることになる。






Last updated  2017.08.26 00:54:23
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.14
カテゴリ:地理
国際地理オリンピック参加生徒の成績について(文部科学省)

文部科学省では、国立研究開発法人科学技術振興機構を通じて、国際的な科学技術コンテストに参加する若者を支援する事業を実施しております。この度、セルビア(ベオグラード)で開催された「第14回国際地理オリンピック」に参加した生徒が、銀メダル等を獲得したとの連絡を受けましたので、報告いたします。


第14回国際地理オリンピックに参加した日本代表は、銀メダル1名、銅メダル1名(いずれも個人競技)、そしてポスターセッション第1位(チーム競技)という素晴らしい結果だった。

例年国際地理オリンピックで好成績を残す日本代表ながら、担当の先生に伺うと作図の部分では世界標準に比べて弱かったのだという。
ここでいう作図とは、地図の仕様やデザイン設計も含めてのもので、日本の地理教育ではどうしてもこのあたり(カートグラフィーの部分)が不足していることが否めない。

しかし今回のチームは、与えられた課題について地図や図表で表現したプレゼンテーションが求められるポスターセッションで1位を獲得した点で非常に画期的だったといえる。
これを機に日本の地理教育の中でカートグラフィーがきちんとした位置づけに置かれることを願いたい。






Last updated  2017.08.15 03:01:47
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.12
カテゴリ:地理
11日は地図学会の巡検「水際から見る東京の川と地形」に参加。
巡検、といってピンとくるのは地理や地学をやっていた方々だけかもしれない。
他の分野ではフィールドワークとか、最近はやりの街あるきなどもこれに該当するといっていいかもしれない。

とはいえ今回の巡検は基本的には船に乗って運河や川から「水目線」で東京を再発見しようというもの。
歩かない巡検というのは珍しいかも。

10時半過ぎにスカイツリー前に集ったころには空模様が怪しくて、ぱらぱらと雨のようなものが落ちたりもしたが、結果的に本降りになることはなかった。
チャーターした船は屋根がないので雨は困るし、かといって真夏の太陽の下というのも熱中症との戦いになるので、この日の曇り空というのはある意味理想的だったといえる。



船はおしなり公園の船着場を出るとしばらくは後進(北十間川はこのあたり川幅が狭く船が転回できない)し、横十間川とのT字交差で転回してここから南下する。
満潮は過ぎたものの、水位はやや高めで橋が低く感じるのが面白い。



総武線のガードをくぐる。
ガードを下から見上げる機会もなかなかない。



さらに南下、小名木川クローバー橋で西へ曲がって小名木川に入る。
ほどなくこの日のメインイベントともいえる扇橋閘門の通過。
この閘門より東側(つまり我々が進んできた側)は周辺がゼロメートル地帯ということもあり、水位は低く調整されている。
一方西側は隅田川に直結するため、水位が高い(というかこちらが標準の水位)

信号が青になるのをしばし待つ。
閘門の中からの排水が見える。
水門が開き信号が青になるのを待って閘門に侵入する。
上がった水門からは水が降り注ぐのでみんな一斉に傘をさす。

閘門内に入ると船は一旦停止。
後方の水門が閉まると、注水が始まり見る見る水位が上がっていく。
この日は1.5~2mくらい上昇した。
そして前方の水門が開き、船は閘門を出ていく。
例によってみんなが傘を開く。
まるでパナマ運河のようで(笑)なかなかできない体験だ。
東京ではここと荒川ロックゲートだけだという。







その後新小名木川水門の手前の桟橋に停泊しての昼食休憩。
みんな思い思いに深川の街に出て好みの食事をして1時間後に再集合して出発。
水門を越えて隅田川に入って北上する。
それまでが狭い運河だったのでやたら広く感じる。
すれ違う船も大型の水上バスになった。



両国ジャンクションの下をくぐり、柳橋から神田川に入る。
小松屋さんの桟橋に立ち寄って、主による謡の披露と名物の佃煮の販売が入る。
このあたりは江戸情緒たっぷり。



その後は西へ向かい、秋葉原で昭和通りや新幹線をくぐり抜けて、万世橋や総武線・中央線のクロス、聖橋(残念ながら工事中)の下で丸ノ内線をくぐり、本郷台地を開削したあたりを通る。
このあたりは音が上から降り注いでくる感覚が面白かった。











水道橋を抜けて東京ドームの横を通り、中央線をくぐって日本橋川に入る。
ここからは首都高速の下を進むことになる。
俎橋までは橋が連続する区間。
普段よく通る場所だが川面から見上げると違った景色になる。

再びJRをくぐり、工事中の常磐橋を抜け、一石橋で左へ大きくカーブを切って進むとほどなく日本橋。
日本橋は上の首都高速を取り払う話が進んでいる。
賛否両論あるが、首都高速がある日本橋の姿もまた一つの東京の景観だとあらためて思った。



クルーズはここまで。
これまで隅田川の水上バスこそ乗ったことはあったが、運河や神田川、日本橋川などは初めてだったので、普段見ることができない東京の一面を見れたことに大満足。
ひとつ新鮮だったのは、川辺や橋の上で見ている人たちが、ほぼ例外なく手を振ってくれたこと。
震災後の三陸鉄道で沿線の人たちが列車に向かって手を振ってくれることが話題になったが、大都会東京でもそうした光景が普通に見られたことはちょっと嬉しかった。






Last updated  2017.08.13 02:17:08
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.10
カテゴリ:地理
我が国の人口重心 -平成27年国勢調査結果から-(総務省)

総務省が平成27年国勢調査結果に基づく基本単位区別の人口を用いて、全国、都道府県及び市区町村の人口重心についての取りまとめを公開している。

それによると日本の人口重心は南南東へ1.6km移動している。
今回算出された人口重心は東経137度02分15.84秒、北緯35度34分51.44秒で、岐阜県関市立武儀東小学校から東南東へ約2.5kmの位置にあたる。
と言われてもピンとこないが、地理院地図ではここになる。

平成22年国勢調査時の人口重心が東経137度01分45.46秒、北緯35度35分35.31秒だったので、南南東へ約1.6km移動したことになる。
ちなみに日本の人口重心は平成12年以降はずっと関市となっている。

また、首都圏及び近畿圏の各県の人口重心はおおむね東京都,大阪府の方向へ移動しているという。
これもなかなか面白い傾向。

なお、人口重心の算出方法のPDFや、各都道府県及び市区町村の人口重心のエクセルファイルは統計局のウェブサイトからダウンロードが可能。






Last updated  2017.08.13 01:52:25
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.07
カテゴリ:地理
奈良大生「過疎」を体感 匹見で合宿 奉仕活動や研究調査(山陰中央新報)

奈良大学文学部地理学科で過疎を研究する藤本悠講師と研究室の学生が島根県益田市匹見町紙祖の小原地区で合宿研修を行っているという記事。
場所は地理院地図ではこのあたりか。

学生たちは地区内の集会所に寝泊まりしながら、支障木の伐採や鳥獣対策用の電気柵の設置などのボランティア活動を行いながら、町内に残る写真のデジタル化や住民への聞き取り調査などを通じて過疎集落の研究を進めている。
ちなみにGoogleストリートビューで見ると集会所はこれ

小原地区は益田市の内陸部へ入り込んだ中国山地の山村。
多くの山村がそうであるように、ここもまた高齢化が進む過疎の村である。
村に滞在してボランティアをしながらの研究というのはアイディアとしてはなかなかいい。

自分も学生時代に山村研究をかじったのだが、実際にやってみて学んだのは社会の縮図がそこにあったこと。
特に経済において当時それを強く感じた。
地方の村を持続可能な形でまわしていくためには多くの矛盾と向き合うことになる。
それもまた社会を学ぶことにつながっていく。

本分はもちろん過疎集落の研究なのだろうが、学生たちにとっては社会そのものを学ぶ貴重な場でもあると思う。






Last updated  2017.08.08 00:41:40
コメント(0) | コメントを書く

全283件 (283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.