1262906 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫と音楽♪ときどきその他★お買い物日記

PR

Calendar

Category

2019.02.06
XML
腸活、が話題になって久しいです。
今日のトピは腎不全だけにとどまらないと思いますが、
我が家の腎不全猫くろちんのQOL維持のために情報収集に奔走しているママにとっては
とりあえず「腎不全」テーマで(^^;

さて 腸内フローラ とか 腸の善玉菌、とかいった話は皆さんもよく耳にすると思います。

プロバイオティクスというキーワードはスーパーのヨーグルト売り場でみかけます。
でも乳酸菌最前線は「バイオジェニックス!!」


通ってるペットクリニックの院長先生は乳酸菌を語らせたら止まらない方です。
先日の血液ドックの日にも、【アゾディル】(←click)の話をしていて、乳酸菌の講義になりました(^^;

前にも少し書いたかな。

乳酸菌サプリって2種類です。

1)生きてる乳酸菌そのものを外部から補充するパターン
2)自分自身の乳酸菌を育成するパターン


生きたまま届く!ってうたってるのは1.
ビオフェルミンみたいな乾いたやつ「死んだ奴」は2.
なんと乳酸菌で、乳酸菌の死骸がいちばんよい餌になるそうです。
ですから2は即効性はなく続けてるうちに腸内環境改善するってやつ。

※こちらのサイトの図解などもご参考に。バイオジェニックスについても書いてあります。
図解:乳酸菌のはたらき

そして1の「生きた乳酸菌」の問題点としては「乳酸菌は酸に弱い」こと。
大半が胃酸でやられちゃいます。肝心な腸に全部は届かない。

なので胃酸で溶けないカプセルに入った状態で 腸に届けるのが【アゾディル】で、こいつは 腸内の窒素老廃物とかが大好物の 厳選した3種類の乳酸菌を送り込むわけです。

※腸内の消化後の老廃物ですが、なんと 腸ってば タンパク質分解の窒素老廃物については 勘違いして「これ、ごちそう」とばかりに 再取り込みほえーしちゃうんだそうです。これが最悪。
そしてアゾディルはこれを再取り込みさせない効果があります。


ところで 生きた乳酸菌(1)作戦の場合に絶対に気を付けなければいけないことがあります。

それは とにかく切れ目なく毎日補充し続ける事

なぜなら外部からの乳酸菌は毎日死んで排出されちゃうからです。
造血作用がない体に輸血し続ける感じです。
どうやら乳酸菌ていうのは「自分自身の体内にもともと生息していた菌」以外は自力で増殖維持できないそうです。
 

そこで脚光を浴びてるのがバイオジェニックス
※バイオジェニックスについての正確な説明はこちらを読んでみてください。
光映科学研究所光映科学研究所



猫様用によさそうなものをリサーチしてみました。「乳酸菌生成エキス」などと表示してある系統のものです。
コストと品質、メーカーの信頼性なども大切。

ただ全般に「大豆」から抽出した乳酸菌をもとにしてる印象なので、万が一でも大豆アレルギーのある子には上げない方がよさそうです。


★コスモスラクト 猫専用★全検索結果



2本ぐらいまとめ買いすれば送料無料なので良心的。
1本だけならAmazon Primeですかね。

★トーラス 乳酸菌生産物質 アミノス 30ml
犬用・猫用サプリメント
全検索結果★


1300円台前半~  送料などを見てショップ選ぶとよいと思います。
快適いぬ生活さんなど 5000円で送料無料のところは ほかのペット用品と合わせて注文できるし。ちなみにここだけの話 Amazonで定期便にするのが最も安いみたい(^^;
Amazonレビューかなり期待できそうでした。まだ新しい分野なのでレビュー数はこれからって感じ。★ちなみに人間も使えますよ。

100mlのほかに30mlのものもあり600円ぐらいです。
100mlで
大型犬:12回PUSH(約30日分)
中型犬:10回PUSH(約40日分)
小型犬・猫:4回PUSH(約100日分)
とのこと。かなりランニングコストは安く抑えられそう。

メーカーサイト

★最後に: これは先行品として人間の世界で有名な商品みたいですが 猫にも使えます。

★乳酸菌生成エキス 智通 (原液タイプ)★




飼い主ともども試す、というパターンもありかと。

アレルギーがすごく軽くなってきた、という試用報告もあります。


以上  とりあえず アミノス試してみようかなと思い始めてます。






Last updated  2019.02.07 12:33:54
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.