1855010 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Choco☆っとクラフト

PR

プロフィール


Choco☆☆☆

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

サイド自由欄

blog_banner.jpg


インスタロゴ2.jpg


『無料ワークシートサイト』
バナーワークシートe.jpg



『洋書絵本のブログ』
バナーらいぶらりe.jpg

コメント新着

Choco☆@ Re[1]:クリスマスWS終了!(11/30) Tamirinさんへ ありがとうございます! T…
Tamirin@ Re:クリスマスWS終了!(11/30) 本当にお疲れさまでした。そしてありがと…
Choco☆@ Re[1]:クリスマスワークショップ東京終了しました!(11/24) Junko G.さんへ この笑顔サイコーですよ…
Junjo G.@ Re:クリスマスワークショップ東京終了しました!(11/24) Chochoさん やっぱり先生方の素敵な笑顔…
Choco☆@ Re[1]:クリスマスワークショップ東京終了しました!(11/24) Sakasayoさんへ こちらこそありがとうご…

バックナンバー

お気に入りブログ

庭の木でリース New! Urara0115さん

ブログ引っ越しました rainbow-saitamaさん

【中高生】ハイクラ… miliahaloaさん

ベビーとサインでお… 平ここね☆サイン育児で広げよう可能性さん
♪こども英会話♪の裏庭 ひのき7293さん

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

北欧とバルト三国の旅

2018年05月25日
XML
旅から戻ってきて一週間。
以前は帰国翌日からレッスンでも全然平気だったのに
今回は色々とやらかしてしまいました。
笑い飛ばしてくれたママたちのお陰で救われたけど
来週からは気を引き締めていかねば!

さて、今回で4度目の北欧。
ヘルシンキは3回目で元々安全な都市なのに
さらに土地勘があるというだけで
異国での安心感は格段に上がります!

フィンランドは言わずと知れたデザインの国。
首都のヘルシンキもデザインがあふれています。





住宅街の窓や市場の八百屋さん。





古くなっても可愛いポストに





外観を損なわないよう工夫したカバーの
修繕中ホテル。





そして今回の旅の最大の目的は
「パッケージデザイン」
ロシアに行く前にヘルシンキでも可愛いデザインを見つけましたよ。





北欧らしい卵パックとチョコレート。





このチョコレートのパッケージは本当にデザイン力が高くて
ショップのおばちゃんにたくさん写真を撮らせてもらいました。






北欧の色使いは洗練されたものばかり。
可愛いものからカッコいいものまで
消費者のハートをくすぐります!

明日はロシアのパッケージデザインをアップします。
北欧デザインと比較してみてくださいね♪


インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2018年05月25日 23時42分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2018年05月20日
フィンランドは世界で読書量ナンバー1って知ってましたか?
今回の旅はロシアがメインだったので
ヘルシンキは短い滞在でしたが
フィンランド教育法の謎を解き明かすべく
地元民に混ざって図書館をウロウロしてきましたよ。

まず訪れたのは中心部から徒歩で30分ほどの
Kallio Library





外観だけでもワクワクしますよね。





中に入ると階段には足跡が。
これを辿ると子供の本コーナーに到着です。
ほんの少しのアイディアで子どもの好奇心を掻き立てるのが伝わってきましたよ。





本棚に並んでいる絵本はどれも優しい色合いに可愛いイラスト。

絵本コーナーの脇にはさらに階段があって、
屋根裏部屋のような読み聞かせルームもありました。






そしてここから歩いてさらに20分。
住宅街にひっそりと建つ
Kirjasto Library





こちらの図書館も子供の本がたくさん。





本棚の横にはこんな素敵な読書コーナーが!





何時間でも読書できそう♪

そしてこの図書館のすごかったところはシチュエーション作り。

ナント衣装コーナーがあります!!





例えば童話を読んでいるときは
絵本の主人公のプリンセスにもなりきることもできますよね。

ちなみに現地レポした博物館にも貸衣装コーナーがあって、
昔の子供になりきって授業を受けている子たちがいました。

読書コーナーのデスクの上には本物の電話にキーボード。
まるでオフィスみたいになってたり





交番ボックスが置いてあったりと
絵本と現実を結びつける工夫がたくさん!

こういう工夫が子供たちの思考力を育てるんでしょうね。
ただ本を読むだけだはなく、
絵本の世界をどうやって広げていくか
色々な妄想をしながら想像力を膨らませる子供たちの姿が目に浮かびます。

今では主流となっている電子絵本ももちろんいいと思います。
でもやっぱり私は紙媒体の絵本が好きです。
ページをめくるときの音や絵本の奥に広がる世界観に
好奇心が止まらなくなります。

今回は最初に行った二つの図書館が素敵すぎてここでタイムアップ。
本当はあと2つ回りたかったんだけど次回に取っておこうと思います。

さて明日からレッスン。
子ども達の考える力を育てなきゃ!


インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2018年05月21日 10時07分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年05月13日
今日は午後からヘルシンキ博物館へ。







中で待っててくれたのは…





なんともラブリーな双子ちゃん!

以前ブログにも登場したフィンランド人の友達、
ニーナが双子のママになって2年。
8年前初めて彼女に会った時はまだ独身のバリバリキャリアウーマンだったからここ数年で随分と環境が変わりました。

ちなみにフィンランドでは最長3年間産休を取れるとか。
何とも羨ましい制度です。

双子ちゃんはちょうど人見知りが始まった頃で
なかなか慣れてくれなかったのでモノで釣りました笑






博物館内にあるChildren’s Townでひとしきり遊んだ後は大聖堂前でアイスを食べ、






エスプラナーディにある公園で遊びながら駅に向かいました。






フィンランドではベビーカーを押してると交通機関が無料になるとか。
東京では電車にベビーカー乗せると迷惑みたいなニュースが流れてたことがあったけど、
そんなことここで言ったら袋叩きでは済まない気がします。
産休もそうだけど北欧は本当に子育てママに優しい。

短い再会だったけど、こうやってずっと繋がっていられるのも普段SNSでお互いの近況を見れてるからだと文明の利器に感謝!

さて、明日はいよいよ未知の国、ロシアへ移動です!






最終更新日  2018年05月20日 12時35分05秒
コメント(4) | コメントを書く
2018年05月12日
成田から10時間、ヘルシンキに到着しました!
飛行機はほぼ満席だったのにほとんどの人が乗り継ぎだったみたいで
パスポートコントロールまでの通路を一人ぽつんと歩きながら
フィンランドの知名度がもっと上がるといいのになぁ。
なんて考えていました。

そして以前は市内までバスだったのが
電車も使えるようになっていたので早速チャレンジ!
所要時間はほぼ同じですが電車の方が少し安いみたい。
ただバスはターミナル出たら目の前なのに対して
電車駅は少し歩きます。
少しでも早く着きたい人はバスの方がいい気がします。

4年ぶりのヘルシンキは相変わらず緑が美しい街で
一人でも安心して歩けます。
そして何と暑い!
覚悟して来たのにコートいらずです笑

今日は友達と会うまで思いっきり北欧デザインを満喫したいと思います✨






ちなみにこれ昨日の夜7時。
9時ごろまでこの明るさでした!






最終更新日  2018年05月20日 12時33分24秒
コメント(6) | コメントを書く
2016年08月09日
毎度おなじみ旅ブログの番外編。
今回スウェーデンで見つけたものを一挙ご紹介します!

おもちゃみたいなトラム。




スウェーデンの救急車!ベンツ笑




ストックホルムのSUICA「アクセスカード」




スウェーデンのビー玉。
北欧デザイン風かと思いきや意外と派手。




スウェーデンでは日本のデザインも人気のようで
色々なところで和のテイストを見つけました。




南スウェーデンのスモーランド地方のビール。
大好物のピルスナー。




ビールのお供にもぴったりのオープンサンド「スモーブロー」




ガテン系のキリン。




まるで絵はがきになりそうな素敵な木。




夏のスウェーデンは予想通り爽やかで
青空と森のコントラストがとても綺麗でキラキラと輝いていました。
街を歩く人々も笑顔でとても幸せそう。
でも実際には一年の半分以上が身も心も凍り付くような極寒の国。
そんな長い冬の季節にスウェーデンの人たちはどんな暮らしをしてるのか、
一年を通してこの国を見てみたくなりました。
帰りの飛行機で隣に座ったスウェーデン人の空手家が
冬のスウェーデンはとても寒いけれど、
クリスマスシーズンはイルミネーションがきれいで
とても素敵だよと言っていたので次回は完全防備でクリスマスに行ってみようかな。
でも手工芸が盛んな北スウェーデンのダーラナ地方にも行ってみたいな。
なんて早くも妄想を膨らませています。
To the next trip!



インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2016年08月09日 20時37分10秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年08月07日
次に向かったのはスウェーデンガラス最大手のKosta


glass13.jpg


広い敷地内に工房、ショップ、博物館、ホテルにアウトレットがあり
まるでテーマパークのよう。


glass14.jpg

専属のガラスアーティストが多いのでスタイルも様々。


glass15.jpg


ガラスの洗面台がなんとも涼しげです。


glass16.jpg


ガラス工房も自由に見学することができました。
さすがKostaとあって職人さんもたくさんいて
次から次へと作品が仕上がってましたよ。


敷地内にある博物館も見ごたえ十分で
これまでのKostaの歴史と共に様々な作品を見ることができます。


glass18.jpg

その名も「Snake Flowers」
可愛い~っと思ってよく見たら
ヘビが口を開けてる。う~ん。ちょっとコワイ。。。


glass19.jpg

アーティスト別に分けられた展示室。

glass20.jpg


ガラスの気球。
まさにアートです!

glass21.jpg


4つ目は【Nybro】

glass22.jpg


こちらは事前情報よりもこじんまりとしたショップでした。


glass23.jpg


最後に向かったのは【Pukebergs】
一階にレストランと博物館、
二階にショップと工房があって見学可能です。

glass25.jpg


窓からこぼれる光がガラスに反射してなんとも素敵でした!
北欧ガラスは色使いが淡いので光りの通り方も優しい。


glass24.jpg


glass26.jpg


恋い焦がれた北欧ガラス工房巡り。
奥が深い分いつもより長く準備にも時間をかけました。
ここまでの道のりは長かったけど、事前にガラス工芸を学ぶことで
より旅を楽しむことができました。
北欧ガラスを少しでも多くの方に知っていただけると嬉しいです!



++++++++++++
ガラスの王国への行き方
++++++++++++

ガラスの王国へはバスでも行くことができますが
いくつか工房を周りたいときはやはりレンタカーのほうがいいと思います。
工房の多くが森の中にあって、点在しているのでバスだと移動時間がかなりかかるのと
バス停からも離れていたりバスの本数もかなり少ないようです。

私は当初エーランド島にも行く予定だったのでKalmarを拠点にしましたが
レンタカーがうまく見つかるようだったらVäxjöもいいかもしれません。
マルメからもストックホルムからもVäxjöのほうがアクセスがいいし
街自体も大きいです。

ガラスの王国の情報サイト
Glasriket
インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2016年08月07日 20時18分55秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年08月06日
今回の旅のメインは「ガラスの王国」
2010年に北欧ガラスを初めて見て、
その美しさと優しい色合いにほれ込みました。
その後都内でガラススクールに3年半通って
ガラスのことを学んでから行ったので思いもひとしおです。

写真がたくさんあるので2回に分けて書きますね。

まずはKalmar(カルマル)でレンタカーをして出発!
レンタカーについては記事の最後に記しておきますが、
運転自体は思ったほど難しくなかったです。

ただ今回私が通ったところはラウンドアバウト(円形の交差点)が多かったので
それに慣れていないとちょっと混乱するかもしれません。
私も初めてラスベガスで経験した時は入りたい道に入りきれずに
「あ~れぇ~」となりました!
なんのこっちゃと思うかもしれないけれどラウンドアバウトを
運転したことがある人だったらこの感覚をわかってくれると思います。


最初の工房は【Skruf Glasbruk】


glass1.jpg


左にショップ、右に工房があります。


glass4.jpg


Skrufのガラスの特徴は透明でシンプル。

glass3.jpg


でも装飾がないからこそフォルムが美しくて
大好きなガラス工房の一つです。

glass2.jpg


工房へはこの足跡を辿っていけます。


glass5.jpg


中では職人さんが一生懸命ガラスづくりに精を出して言いました。

glass6.jpg


次に向かったのは【Transjö Hytta】


glass7.jpg


実は実際に訪れるまでこのお店のことをよく知らなかったのですが
今は一番好きなメーカーになりました!

glass9.jpg


中には独特なものもありますが、


glass8.jpg


とにかく色使いが素晴らしい!


glass10.jpg


現地からもアップしたこのグリーンのボウル。
戻って来てから早速サラダを盛り付けました。
食材の色を大切にしてくれる器です!


glass11.jpg


ここの店主さんのお母さんが日本で暮らしていたことがあるそうで日本びいき!
富山のガラススクールとも交流があるそうです。

ただちょっとわかりづらい場所にあって、ナビに頼って向かってる途中で
案内が終わってしまったので動物的カンでたどり着きました笑


glass12.jpg


この道を右に入ればすぐ右側に赤いショップが見えます。

後半につづく。。。



+++++++++
レンタカーの仕方
+++++++++

ヨーロッパのレンタカーはマニュアルが圧倒的に多いのですが
私はオートマチックしか運転できないので
今回はKalmarにあるSIXT(ドイツのレンタカー)で借りることにしました。
HPにはカルマル駅にブランチがあるように書いてありますが
実際には駅にはレンタカー会社はなく(他の会社もない)
予約を入れると指定した時間に駅まで持ってきてくれます。

待ち合わせ場所はPressbyrånというブルーのコンビニの前です。
駅前にコンビニはここしかないのですぐにわかります。

帰りはこのPressbyrånのお店の人に鍵を預けると
レンタカー会社が後で取りに来てくれるそうです。

ナビはあったほうがいいと思います。
ちなみに私が借りたものは電話番号では検索できず、
郵便番号から入力するタイプだったので
目的地が決まっている場合はきちんと住所を控えて行った方が無難だと思います。
Drive safely!


インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2016年08月06日 21時55分57秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年07月29日
2010年に初めてスウェーデンに行ったときは
船で16~17時間かけてヘルシンキからストックホルムに渡りました。
その時にストックホルムに近づくにつれて見えてきた
可愛いお家が立ち並ぶアーキペラーゴ(群島)に魅了されて
次の旅では必ず行こうと決めていました。

今回行ってきたのはストックホルムから一番近い群島の
Fjäderholmarna(フィヤーデルホルマナ島)

アーティストの島とも言われていて
可愛いお店やお洒落なカフェが立ち並びます。


fj4.jpg


fj5.jpg


ここのお店は5人のアーティストさんの作品が並ぶセレクトショップで
それぞれの作家によってレシート書かなきゃいけないのよ~と
店主さんが笑ってました。

fj8.jpg


特に子供服が可愛くて、私も先日出産した友人のために
とっても可愛いドレスをゲットしましたよ。


船にはマット持参で乗船している人がたくさんいて
海辺や芝生の上で寝そべったり
オープンカフェに座って日光浴を楽しんでいました。


fj7.jpg


fj9.jpg


ここのポストも可愛い💛


fj3.jpg

そしてこの島でも一番の目的はガラス工房!!


fj13.jpg


事前情報が少なかったので小さなお店かと思ったら
意外と広くて好みのガラス製品がたくさん並んでいました。


fj12.jpg


デンデン虫💛

fj11.jpg


スウェーデンガラスの中でもこういう優しい色合いのものが大好きなんです。


fj10.jpg


ショップの隣には工房もあって見学することもできましたよ。


フィヤーデルホルマナ島、
ストックホルムからも30分と近いし
観光するにはもってこいでとても素敵なところでした。

でも、あの船の中から見えた島々とはちょっと違って洗練されています。
多分もう少し足を延ばさないと行けないんだろうな。
まだまだ見たいものがたくさんあります。


fj6.jpg



++++++++++++++
Fjäderholmarnaへの行き方
++++++++++++++

ストックホルムにはいくつか船着き場があるので
滞在先で一番近い乗り場を聞いていくといいと思います。
私は王立公園のそばから乗りました。

fj1.jpg


チケットは乗り場にあるインフォメーションや
船の係員の人からも買うことができます。

fj2.jpg


ちなみに今回は往復で140SEKでした。
便数も夏は1時間に2便あるのでとても便利です。

小さな島なので一時間あれば歩いて一周することができますよ。

Fjäderholmarna島のサイト


インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2016年07月29日 21時14分19秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年07月26日
街歩きしていると目につくのがとても可愛いお家の数々。
今回は特に田舎に滞在していたので
一戸建てをたくさん見ることができました。


house1.jpg


house2.jpg


ここのところヨーロッパの街並みは
建物の間に隙間がないところばかり見てきたので
緑の中にポツンポツンと建てられているのがとても新鮮でした。


house7.jpg


それぞれのお家の形がとても可愛い!


house3.jpg


house6.jpg


パステル系もありましたが、赤いお家が圧倒的に多かったです。


house5.jpg


house4.jpg


どうしてスウェーデンは赤いお家が多いのかというと
昔は塗装していない木造のお家に住んでいた労働者たちが一生懸命働いて
少し余裕が出てくるとお家を赤く塗装するというのが
一つのステイタスになっていたとのこと。

森のB&BのMiaがその様子が一目で見れるところに連れて行ってくれました。


こちらが昔の労働者が住んでいたお家。

house8.jpg


そしてこちらが少しリッチになって赤く塗ったお家。

house9.jpg


昔の人々はお家を塗装したり、窓を大きくしたり、
屋根を瓦にしたりと
経済状況に応じて少しずつお家に手を加えて行ったそうです。


今はこの赤いお家はサマーハウスとして人気だとか。
緑が多いスウェーデンの風景によく合いますよね。


こんなに可愛いお家が日本にあったら観光名所になりそう。




インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2016年08月10日 20時28分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年07月25日
一昨日無事にスウェーデンから戻ってまいりました!
今日から仕事に復帰していますが、
忘れないうちにちょこちょこスウェーデンで見たもの感じたことを
ブログにアップしていきますのでもう少しおつきあいくださいね。

さて、私が旅で一番大切にしているのは衣食住でいえば、「住」
寝床は安全で安らげる場所を選びたい。
そして暮らすように旅をしたいといつも思っています。

今回の宿はほぼ全て◎でしたが
その中でも特に素晴らしかった2つのB&Bをご紹介します!


南スウェーデンのカルマルにある海に面した家族経営のB&B。
対岸にはエーランド島が見えます。


Kattrumpans B&B

BB5.jpg


4部屋しかない小さなB&Bで2階にはオーナーさん一家が住んでいます。
今回私が泊まった部屋。小さいけれどシャワー室もついています。


BB1.jpg


こちらが共有スペースのダイニングでライブラリーはもちろんのこと
みんなで楽しめるようにボードゲームなども置いてあります。


BB3.jpg


キッチンには冷蔵庫やちょっとした調理器具があって、
自由に使うことができます。
窓からはオーナー自慢のパティオが見えて
お料理するのが楽しくなる空間です。


BB2.jpg


こちらがそのパティオ。
ここでのんびり過ごしたり食事をするのが最高のひと時でした!


BB4.jpg


とにかくオーナーのこだわりが細部にいきわたっていて
小物も可愛いものばかり。

BB6.jpg


そしてなんといっても朝食が素晴らしかった!
現地からもリポートしましたが、こんな朝食毎日食べたら
最高のスタートを切れるだろうなと思いました。
Typical Swedish breakfastだそうです。


BB7.jpg

+++

もう一つのB&Bはガラス王国の森の中。


Grimsnäs Herrgård

BB8.jpg


360度どこを見回しても可愛くて


BB10.jpg


窓からは森の絶景が見えます。


BB9.jpg


こちらのB&Bはトイレバスが共用だけど
自分の部屋には洗面台があるし、
私が泊まった本館の2階には5つほどの部屋に対して
トイレ3つ、シャワールームが2つあったので全く困ることはありませんでした。


BB11.jpg



そしてここも食事がとても美味しかった!


BB12.jpg


朝食も夕食(リクエスト)もビュッフェ形式なので
自分が好きなものを好きなだけ食べることができます!
ここで食べたニシンの酢漬けが一番おいしかった!!


海のB&BはKalmar駅から徒歩10分で行けますが
森のB&Bは車以外だと、事前にリクエストしておくと
最寄り駅のLesseboまでオーナーが迎えに来てくれます。
バスも一応ありますがわかりにくいしバス停からも距離があるので
交通機関を使う場合はお願いしたほうが無難かと思います。

BB13.jpg


森の中はとても静かで風の音や鳥の鳴き声がとても心地よかった。
都会の喧騒に疲れたときには特におすすめのお宿です!






インスタグラムやってます!
レッスンアイディアも盛りだくさん!!
ぜひフォローお願いします♪

インスタロゴ.jpg

手づくり英語教材はこちら下向き矢印
Kiz Craft






最終更新日  2016年07月26日 07時37分13秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.