1006738 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

旅する日記*

PR

Freepage List

Category

カテゴリ未分類

(0)

北欧Stockholm,Helsinki,Copenhagen

(121)

Hawaii

(41)

Ha noi,Ha Long Bay

(34)

Morocco

(25)

Nippon

(17)

* Yoron&Yanbaru

(58)

* Hokkaido

(19)

* Yatsugatake

(8)

* Onsen

(12)

Paris,Provence,Monaco

(0)

Italy

(0)

Netherlands

(0)

Delicious life

(20)

Happy life

(44)

徒然

(7)

Recent Posts

Free Space


arigatou.gif

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

素敵なblogが満載です*




free counters

Comments

のりお@ Re:ヨロン島ビレッジ * 映画[めがね「ハマダ」のキッチン(07/26) こんばんわ 現在与論島ビレッジに宿泊し…
TinTin@ Re:福島での~んびり * 猪苗代 磐梯山麓温泉 静楓亭 と TAROcafe(01/05) 早々にお返事ありがとうございました!ま…
chocolat *@ * TinTinさんへ お返事が遅くなり申し訳ございませんっ ベ…
TinTin@ Re:福島での~んびり * 猪苗代 磐梯山麓温泉 静楓亭 と TAROcafe(01/05) 初めてコメントさせていただきます。ベル…
chocolat *@ * ranranran0123さん コメントありがとうございます~* こちら…

Favorite Blog

資生堂【We're】 design_kさん

ポケモンGO253… megumegu001さん

地球をまるごと抱き… echo+さん
日々のひとりごと fairfield_pinkさん
ヨーロッパ写真館 ライベクーヘンさん
March 30, 2007
XML


四つ葉北欧デザインを尋ねた旅四つ葉

◇◆◇ その49 ◇◆◇



Alvar Aalto自邸

Alvar Aalto House






次に向かったのは

今回のフィンランドで一番期待している場所・・・

フィンランドを代表する建築家・デザイナー アアルトの自邸家





入場料は15€さいふ(学生さんは5€です!)2007年現在

専任の方が

アアルト氏の色んな逸話を交えて各部屋を案内して下さいます(English)

ガイドツアーでしか入場できません*

カメラ自由に撮影してもいいですよ、との事。

5年ほど前に新宿パークタワーのozoneカメラ見て以来・・・

よかったー大笑い 

これで帰国しても余韻に浸れます~手書きハート





Alvar Aalto House

かわいらしい玄関*レンガに白い漆喰を塗った白壁





ナチュラルカラーの木とレンガで出来た、とってもシンプルな館。

周りには四つ葉緑も多くて、

外から見ても「正しい邸宅」といった趣きらきら

建てられた当時はまだ周りに建物もなかったので

海が見えたのだそう。




こちらは家族の住宅兼オフィスとして

1935~36年に家建てられました。

ちょうど70年後に訪れる事ができたわけですひらめき



すごいびっくり

日本なら昭和10~11年。

親も生まれていない。

うちのお祖父ちゃんが若い頃のお宅なんだ・・・

・・・と、亡き祖父の若い頃の

写真カメラを思い出しながら中に入ってみます歩く人






Alvar Aalto House : son’s room

son’s room






まず最初に案内されたのは、アアルト氏の息子さんのお部屋。

建設当時は10歳前後だった思われるけど

明るくて、ずーっとつきあっていきたくなる様な家具や照明。



ブルーと黄色がアクセントになっていて、

とってもスッキリした印象。

北欧だけど

冬もなんだか暖かそうなお部屋に見えます四つ葉



広さもとってもコンパクト。

無意味に広くない所がとっても親近感がわきます。

日本人だから?

こんな居心地良さそうなお部屋って素敵ウィンクダブルハート






Alvar Aalto House : Window shade







こちらは書斎だったかなぁ?

なにかの雑誌ノートでも見た事があるお部屋。

アアルト氏は曲げ木を使った家具が多いけど、書棚にも曲げ木発見ひらめき

上手に丸めて作ってありますスマイル

実はすごい技が必要なんだろうけど、フツーにお部屋に馴染んでいて

必要以上に自己主張しない家具っていいなぁ~~



そうそう、我が家のリビングは

この天然木と白壁に+アクセントカラーというのを

参考にしてますウィンク

まだ植物が居ついていないんだけど・・・



ドアの高さが意外に低いですね~

階段も一段がわりと低め(浅め?)で登りやすいの。

英語ガイドさんに聞いてみると

アアルト氏は割りと小柄な方だったんだっのだそう。

小柄な日本人(私)が居心地がいいと思う意味が


今はっきりわかりましたきらきら






Alvar Aalto portrait

若き日のアアルト氏





アアルトさんって、こんな人。

背景にしょってるのは曲げ木かな?



アアルト氏のお父さんは測量技師。

お父さんの影響で

かなり幼い頃から机上のえんぴつ鉛筆とノート紙の哲学に親しんでいて

お母さんもとっても想像力のある、

活発で個性の強い方だったのだそう。



そんなお二人の息子さんであるアアルト氏は

建築だけでなく

家具やガラス器などの日用品のデザイナーであったほか

絵もとっても上手だったとか。



とっても凝り性で器用で、

自分でなんでも作っちゃうアイディアマンだったんだろうなぁ・・・

うちのお祖父ちゃんにちょっと似てるかも。
私はどうもそういう人に弱いです目がハート




それでは、アアルトさんちの他のお部屋へもgo!ウィンク






四つ葉四つ葉






arigatou.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

宜しければ応援ワンクリックお願いします*

他の方々の日記も素敵ですよ~

free counters






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 23, 2009 09:10:08 AM
コメント(11) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.