242989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

chocoolique の世界あちこち日記

■アメリカ映画


     商業的なハリウッド映画も、結構、好きだったりします。頭がこんがらがる作品は苦手です。
     ネタバレ マークのついているものはネタバレありですので、くれぐれもご注意。


     評価の見方

     ★★★★★ ウォー! ★★★★ もっかい観たい! ★★★ とりあえずいいや!
     ★★ ふぅ          ★ これ作った奴前に出ろ!



天使にラブソングを… (1992年) ★★★★★
だから私は楽しい映画が好きなんだってば!

キューティ・ブロンド (2001年) ★★★★★
この典型的なアメリカン・サクセスストーリーが最高! 画面の色も明るくて見ていて楽しい。元気が出る。しいていえば、裁判のシーンの話が出来すぎ? でもいいの。かわいいから。

オーケストラの少女 (1937年) ★★★★★
テンポ良し! ユーモア良し! ハッピー! 元気が出る! 古い白黒映画が好きではない人にもおすすめ。

ビッグ (1988年) ★★★★★
10年以上かけて何回か観た。私も歳とっちゃったな。

北北西に進路を取れ (1959年) ★★★★
ユーモアたっぷりのサスペンス。よく考えたら、タイトル (原題) からしてユーモアたっぷり。ケイリー・グラントの表情もまたユーモアたっぷり。そして大穴なのが、お母さん。

キル・ビル Vol.2 (2004年) ★★★★
いやあ、Vol.1も愉快だったけど、こっちはすごいですよ! なぜか感情移入しまくり!

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002年) ★★★★
飽きさせなかった。映画みたいな話なのに実話ってとこがポイント高い。音楽も衣装も60年代の雰囲気が出てる。プロダクションノートも興味深かったから、原作はもっと面白いのかも。

青い珊瑚礁 (1980年) ★★★★
細かいことは言うなって。ちょっとアレな扱いを受けてる作品だけど、映像なんてすごく綺麗だし。こんなに便利な無人島があったら移住したいくらい。

ズーランダー (2001年 アメリカ、ドイツ、オーストラリア) ★★★★
すっげえ面白い。こんなバカ、面白すぎる。パリスが一瞬だけ演技してるのも笑える。

地獄の黙示録 (1979年) ★★★★
突撃シーンにワルキューレ! さすがコッポラ! キッチュの天才! と、思ったら、後半ドヨヨーーーン。なんと、実はホラー映画だったのか……。

タイタニック (1997年) ★★★★
売れるよそりゃあ。よくできてるもの。しかし数年ぶりに観て初めてラブストーリーとわかった。結構突っ込めるところがあるのもわかった。

TAXI NY (2004年 アメリカ、フランス) ★★★★
クィーン・ラティファの魅力満載! リュック・ベッソンのオリジナル 『TAXi』 のことは考えないで観るのがこの映画を楽しむコツ。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ (2001年) ★★★★
こんなに愉快で切ない映画はないよ!

キャスト・アウェイ (2000年) ★★★★
かわいそうなお人だァ……。けど、この人 (=トム・ハンクス) がやると、悲壮感もカラッとしたものになるのがイイ。救出後、駆け足で話をまとめたのだけが残念。

2001年宇宙の旅 (1968年 アメリカ、イギリス) ★★★★ ネタバレ
まず、冒頭のツァラトゥストラにドカーンとやられ、次に、『猿の惑星』 でありゃりゃ、と思いきや、道具の使用にグワーンとやられた。途中、早送りしたい念にも駆られたが、ハルのシーンでは手に汗握った。終盤は壮大。

ファストフード・ファストウーマン (2000年) ★★★★
登場人物はブサイクだわ、話はつまらないわ、ろくな映画じゃないな……と思っていたら、あらら、なんだかいい感じになってきたぞ。 I'll miss your tongue は名言。

マイ・フェア・レディ (1964年) ★★★
『プリティ・ウーマン』 よりずっと素敵。オードリーってなんであんなに清楚な雰囲気なんだろう~。

デッドマン・ウォーキング (1995年) ★★★
死刑制度の反対うんぬんというだけではなく、いろいろなメッセージの込められた映画。ショーン・ペンじゃなかったらこうはいかなかっただろうね。

グッドモーニング・ベトナム (1987年) ★★★
ロビン・ウィリアムズの独壇場。それだけ。だけど、それだけでもいいよね。

25年目のキス (1999年) ★★★
ドリューのイケてないっぷりがウケる。彼女のはまり役。っつうかそのまんまなのでは……。

鳥 (1963年) ★★★
撮り方、フレームの仕方、音の使い方、静寂の使い方。どれをとってもお手本のような作品。けれども、ね、怖くなかったんだよ……。

アバウト・シュミット (2002年) ★★★
『ミザリー』 の人、サイコー! 息子もオトボケでいい味出してる。全体的に笑える映画。だから、ラストはちょっともったいなかったかな。コメディをいきなりドラマにしようったって。

アダムス・ファミリー (1991年) ★★★
怪物くんが好きなのでこういう設定はたまらんのだが、映画なんだからひとひねり欲しかった。キャラクターは良し。

ブルー・ラグーン (1991年) ★★★
無人島の素敵なおうちが前作よりパワーアップ。食器も衣装も素敵。こんな無人島、見たことない。

セルラー (2004年) ★★★
ヘタな前置きなしでいきなり事件を勃発させたところが良い。都合よく話が進む構成も良い。ハラハラドキドキ、そして、ちょっとクスクス。一度観る分には充分楽しめる。

ミート・ザ・ペアレンツ (2000年) ★★★
全編を通して一応笑っておいた。それだけ。

パンチドランク・ラブ (2002年) ★★★
んー……。母性本能が弱いのでなんとも……。

ヒューマンネイチュア (2001年 アメリカ、フランス) ★★★
サーカスティックというか。リス・エヴァンスは面白かったのだが、パトリシア・アークェットはおっぱいが垂れてる。

アダプテーション (2002年) ★★★
いやあ、脚本の話なだけに脚本は面白いけど。へんなのー。

エターナル・サンシャイン (2004年) ★★★
なぁんか消化不良。チャーリー・カウフマンとミシェル・ゴンドリーのコンビはやっぱ私向きじゃないな。うますぎるのかもな。

ゾルタン★星人 (2000年) ★★★
バカもここまでくると楽しい。ビースティ・ボーイズのミュージックビデオにもこういうのあった気が。

ディナーラッシュ (2000年) ★★★
おいしそう~! 厨房のシーン、最高~! だけど、それを抜かしたら、主題がないっていうか。最初と最後はドラマティックだけど、それをお料理のシーンでつないだだけって感じ。

21グラム (2003年) ★★★
良いんだけど……。時間の経過を交錯させた思わせぶりな構成に、気が短い人はイライラさせられる (←私)。シャルロット・ゲンズブールの地味な扱いに、おフランス映画好きはイライラさせられる (←私)。

コヨーテ・アグリー (2000年) ★★★
ノリが良くて楽しいんだけど、いかんせん、ストーリーがない。

クレイマー、クレイマー (1979年) ★★★
へんな妻ーーー。あんなんじゃ離婚も当然。

僕たちのアナ・バナナ (2000年) ★★★ ネタバレ?
なんでこいつばっかりもてるのかがわからん。音痴のほうがよっぽどインパクトあるのに。

天使にラブソングを2 (1993年) ★★★
がっかり。一作目みたいにさらっとしてるほうが良かったな。なんつーか、ローリン・ヒルのプロモって感じね。

シザー・ハンズ (1990年) ★★★
かわいいラブストーリー。子供の時に観ていればなぁ~~~。

ヒューマン・キャッチャー (2003年) ★★★
『ジーパーズ・クリーパーズ』 の続編。こっちのほうがエンターテイメント性があるというか、わかりやすくて笑える。B級ホラーってこれだから。

ジーパーズ・クリーパーズ (2001年 アメリカ、ドイツ) ★★★ ネタバレ?
パンツに名前って、アンタ、何歳よ? しかもリアクションはマンガ的だし。B級ホラーってやっぱり素敵。

マン・オン・ザ・ムーン (1999年) ★★★
この芸人が本当に面白ければ評価もまた違ったのだが。それとも、ジム・キャリーがやるからあくどく見えてしまうのか?

Mr.デスティニー (1990年) ★★
こういうファンタジーもいいけど、あんま意外性はない。

ゴーストワールド (2001年) ★★
へんな映画ぶってるへんな映画なのか。ブシェミは素敵。小物もちょっと素敵なんだけど。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (2001年) ★★
すごくいろんな人がでています。

セレンディピティ (2001年) ★★
ありえねえ! と、わかっていても、こんなロマンティックな話があれば素敵だな、とは思う。

ティアーズ・オブ・ザ・サン (2003年) ★★
軍がいくらか出してんのか?

ボーリング・フォー・コロンバイン (2002年) ★★
う~ん。この人は個人的にどうしても好きになれない。確かに正論、言い分も分かるけど、自分の考えを皆に押し付けているだけのような気がする。他にも見なければいけないことがあるような気がする。

タイムライン (2003年) ★★ ネタバレ
冒頭から登場人物が内輪でいやに盛り上がってんな、と思ったらSFに、と思ったら歴史ロマン兼殺戮モノになり、ロマンスはハッピーエンド、という支離滅裂なスペクタクル。古い。しかし私なりに余韻に浸ってもみた。

シリアル・ママ (1994年) ★★
どうせありえない設定なのだから、もっと羽目を外してやったら面白いコメディになったのに。 え? これでもコメディだって?

ブルークラッシュ (2002年 アメリカ、ドイツ) ★★
サーフビデオ? 私は陸サーですから……。

フォーゲット・ミー・ネヴァー 愛の絆 (1999年) ★★
感動モノにするにしても、お涙頂戴モノにするにしても、テーマが重いんだからもっと掘り下げて欲しかった。

ヒマラヤ杉に降る雪 (1999年) ★★
キャンスティングは成功。子役、顔そっくりなので。つか子役のほうが。

キューティー・ブロンド ハッピーMAX (2003年) ★★
ここまでこじつける必要ないのにー!

ビッグムービー (1999年) ★★
面白かったのはバカ兄貴の表情だけ。ホント、これだけは笑えた。

赤ちゃんのおでかけ (1994年) ★★
かわいいだけじゃダメだろう。

スウィート・ノベンバー (2001年) ★★
泣けるラブストーリーかと思ったらこんなに陳腐とは。しかもなんだありゃ、音楽が浮いてる。お洋服は結構カワイイんだけど。

ポリー my love (2004年) ★★
ジェニファー・アニストンに期待はしていなかったが。それにしても。邦題もわけわからん。プロモーターもあきらめきってるって感じ。

グッド・ガール (2002年) ★★
言いたいことはわかるが、とにかく安っぽい。ジェニファーじゃなかったら良かったのかな……。

ひみつの番人 (2002年) ★★
これまた子供向けの子供騙し。だけど、騙されてみるとなかなか良かったりして。子供の頃に観ていれば気に入っていたと思われる。

フレンチ・キス (1995年) ★★
ストーリーが安易で強引。先が読めすぎ。

It (1990年) ★★
CMをはさみやすいように撮ってあった。ところでこのピエロ、シンプソンズに出てくるやつと同じ声?

独身Sa・Yo・Na・Ra! バチェラー・パーティー (1984年) ★★
古典的なコントが満載で別の意味でツッコみたくなった。この邦題にもな。

メリーに首ったけ (1998年) ★★
下品で節操がない。しかし笑っちゃったのがくやしい。

ミステリー・トレイン (1989年)
日本人を馬鹿にしている感じがしてほとほと嫌になった。

ロスト・ハイウェイ (1997年)
わからん。このわからなさが面白いというのもわからん。解答求ム。

マルホランド・ドライブ (2001年)
わざと入り組んだストーリーにしているのが嫌。

キル・ビル (2003年 アメリカ、日本)
ワハハハハ! オモシロイ! サイコー! アメリカ人同士でへんな日本語しゃべってるし! つか日本人じゃなきゃ爆笑できないし! だけど、暴力大反対っつうことで★マイナス5つ。 

デンティスト (1996年)
ホラーか? スプラッターか? と期待して観たらコメディだと! 怖くない。笑えない。けど痛い。

ロードレージ (2000年 アメリカ、カナダ)
こんな駄作、作ろうと思って作れるものではない。ヒロインはブス。










home
HOME



© Rakuten Group, Inc.
X