207568 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

chocoolique の世界あちこち日記

■旅の極意


うちの親のスネはなんでこうもガリガリなんだ……! と嘆いているアナタ
スネは自分で作りましょう


~お金がなくても旅行できる術、アナタにだけこっそり教えます~



★キャリア派のアナタに贈る旅の極意★ 男女共通

欧米では、一般的に、面接時の交通費が支給されます。旅行好きのアナタがこれを利用しない手はありません。常日頃からインターネットのサイトで求人をチェックしておき、良さそうな求人が見つかり次第、オンラインで履歴書を送ります。

書類審査に通った場合、電話かメールでその旨連絡があります。しかしここで浮かれるのはまだ早すぎます。面接はぜひ受けさせていただきたいのですが交通費 (および滞在費) は支給していただけるのでしょうか、と確認して、OKサインをもらえて初めて小躍りできるのです。

さて、運良く旅費経費で航空券を買ってもらえることになりました。しかしここでもまだ焦ってはいけません。面接のついでに私用も済ませちゃえ~! と本来なら日帰りも可能な距離なのにスーツケースをガラガラいわせて面接会場に到着するのではスマートさにかけます。私用と掛け持つ場合でも、それを極力隠すのが大人というものです。

さてさて、面接当日です。実は別件 (=私用目的) で来たんで~す (ニヤリ)、などという本心を悟られてはいけません。ここは出来る限りのビジネスマナーを発揮して、失礼のないように振る舞いましょう。一期一会というやつですね。また、航空券の領収書を提出することも忘れずに。領収書を現金化して初めて目的達成なのです。

幸運を祈ります。

ある面接の際、控えめなスーツケースで出かけたものの、運悪くロストバゲージに遭ってしまい冷や汗をかいたのは何を隠そうこの私です。

面接は、企業が採用者を選ぶというだけでなく応募者が勤務先を選ぶ場でもあるわけですから、応募者もちょっとくらい強気に出ても良い (と私は思う) のですが、あからさまに面接旅行だけが目的というのではガツガツしすぎです。就職してもいいかな……というくらい興味のある企業にのみ応募するようにしましょう。ひょっこり内定などもらえて、別の人生が歩めるかもしれません。




★社交的なアナタに贈る旅の極意★ 女性のほうが有利

仕事柄旅をすることの多い人に一緒に連れていってもらう方法です。海外出張の多いビジネスマンでも、コンサートで世界中を駆け回るミュージシャンでも、トーナメントに次ぐトーナメントのテニスプレイヤーでも、はたまた旅役者でもかまいません。

狙いを定めた獲物の行動範囲で自分も行動するようにします。人目を惹く素敵な格好でスタンバっておきます (注: ケバくては台無しです)。獲物が現れたら、こちらから声を掛けるも良し、声を掛けさせるように持っていくも良し。あとはアナタの腕の見せ所です。

運良く筋書き通りに持っていくと、程なく、航空券やホテルのオファーがもらえます (その他貢物の場合も有り)。最初は自分で払うようなそぶりも多少見せておいて、結局は払ってもらう、というのが先方にも失礼にあたらないやり方でしょうか。

こうしてアナタは機上の人となります。しかしここで浮かれて頭の中空っぽというのでは困ります。相手に応じての作戦を立てていく必要があるのです。総じて金払いの良い人というのは (よっぽどの馬鹿でない限り) 何らかの企みがあります。見返りを期待するというやつです。ここで、実は私もそれが狙いなんですけど、という人は全く問題がないのですが、そうでなく私は純粋に旅行だけしたいのよ! という人は次のいずれかの方法をとりましょう。

    私がこの土地でやりたいことは他にも一杯あるのよッ! と鼻息荒くする
     =友人に会う、観光する、病気になる、などひとり忙しそうにして、口をはさむ余地を与えない

    こいつとはもう関わりになりたくねーや! と思わせる
     =不思議ちゃんを通り越してヤバい女を演ずる (注: 永遠にさよならです)

こちらの引き際が肝心です。要は欲を出しすぎないことですね。

健闘を祈ります。

パイロットはダメです。機長さんクラスならちょいと工面してくれることもありましたが、9・11以降厳しくなりました。





home
HOME



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.