823907 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

”80'S BIKE” vol.3

PR

Calendar

Profile


Bravo Mori

Category

Freepage List

Comments

チョゲモリ@ Re[1]:TECH21復活(08/08) 2020年もTECH21.走って欲しいっすね~! ”…
K,R,P.@ Re:TECH21復活(08/08) 現地鈴鹿のカメラアングル 同じような感じ…
MORI@チョゲ蔵@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 残念ながら、10スウマンはちと出せません…
K,R,P.@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 購読?されるのですか? 私は・・・パス…
ブラモリ(チョゲモリ)@ Re[1]:ダニ・ペドロサ 2019年HRC離脱(06/05) SHINさんへ ロレンソは2013年だったかな…

Favorite Blog

そんなこんなで・・・ New! K,R,P.さん

バイクレース好きの… ビート男さん
おもちゃのくるま ネコしゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

全1653件 (1653件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Oct 13, 2019
XML
カテゴリ:なぜ?なに?
離れていても出来る事があります。

119に電話すると被災地の局番を調べてくれます。
そこに(何度も)電話して情報(孤立した方の住所等)を伝えて下さい。
情報を伝える事が出来れば、救助は必ず来ます。
(放射能等なければ・・)

冠水の中を無理して避難するのは危険、長期戦に備えて体力を温存しましょう。

家の目立つところにオレンジや黄色のハンカチ、タオルをひらひらさせておくと、救助隊が見つけやすくなります。
シーツに大きくSOSと書いておくとヘリからも見つけやすくなります。
シーツのあいたトコロに救助して欲しい人の年齢、性別、人数、食料・水あるのか、どれだけの時間、耐えられるか・・そんな情報も記載して下さい。



全国から消防や自衛隊のヘリが続々、被災地に被災地に続々集まっております。
ヘリが飛んでいたら、カメラのフラッシュをたくか、目立つ色のハンカチやタオルを振って下さい。

救助を待つ時、気を付けなければならないのは”低体温症”です。
濡れた衣服を着替え、暖かい毛布にくるまって、身を寄せ合い救助を待ちましょう。
毛布等がなければ、ゴミ袋やレジャーシートでも身体を温める事が出来ます。
救助された時に持ってゆく貴重品は一カ所にまとめておきましょう。
子供達の腕や服に住所氏名などを書いておくと、
離れ離れに救出された時にきっと役に立ちます。

助かったあとは住所を表記したSNSでのツイート等は、早急に削除して下さい。
そのままにしとくと窃盗団のターゲットになります。


補足です。
ヘリに一番伝わりやすいのはカメラのフラッシュです。
大型台風などの未曾有の災害の場合、他の都府県でも多くの人が屋根の上で孤立している可能性があります。
残念ながら長期戦も覚悟して下さい。
自衛隊や消防のヘリが被災地に大挙して向かっております。
身体を温めて、携帯の電池を温存して・・そして前向きに!






Last updated  Oct 13, 2019 01:43:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 2, 2019
カテゴリ:アニメ好き?
​​​​​
最初に断っておきますがヨッパカキコです。

石ノ森先生はサイボーグ009で未来人編も描いておりますが、これは核戦争後、遺伝子に異変をきたし、未来に希望を持てなくなった絶望的な我らの子孫を描いております。
もし、中東戦争編を描かれていたらどんなストーリーが展開されるのだろう?





きっと人の命よりも兵器やりとりを優先する死の商人、通称”ブラックゴースト”は人間の自由の為に闘う反逆者のサーボーグ戦士に対して、個々の個性を潰す心理戦を挑んでくるだろう。
​​具体的にはどうか?
​​一番、純粋な心を持った9番目のサイボーグ、島村ジョーをターゲットにするだろうと。。​







サイボーグ戦士は中東に介入するか悩んでいた。

004・ハインリヒの強い反対があったが、押し切るカタテで中東へ。
最初は西側諸国と足並みを揃えるように動いていたサイボーグ達だが、それぞれの生まれ・育った環境で意見が分かれ、それぞれの行くべき方向が大きく異なってしまう。


サイボーグ009 中東編







最後のお化粧も砂嵐で台無しです。
明日、国境を越えます。




男の人達は落ち着かないようです。
戦争している人達と上手く対峙出来たら良いのですが・・。

時々、家族との暖かい生活を思い出す時があります。
でも、愛する人達を守りたいし、こんな想いをする女の子をひとりでも減らさなければ・・
そんなふうに思うのです。





戦いに負けた日に自らの国がなくなる。
命がけで戦う多くの白人の若者達の眼をみてきた。

その一方でジョーは狭い空間に押し込められて、息を潜めながら毎日を過ごす中東の少年と出会ってしまう。
そんな少年と日々友情を深めてゆくジョー。
​そんな毎日、欧米諸国のやり方に・・反発を感じてゆくジョー。

​ある日、1枚岩と思われた仲間のひとり、ジェットとついにぶつかってしまう。



意見が分かれ、対立するサイボーグ戦士










抑圧に限界を超えた少年はある一定以上の決意をしていた。

少年は自爆テロをこころみるが失敗に終わる。
治安部隊に包囲され、唇を噛み締めるテロリストの少年。
そんな少年を島村ジョーが助けに来る。
「来てくれたのか・・ジョー。。」
「治安部隊のスナイパーは何人か眠らせた。今なら逃げれる。一緒に逃げよう。」

「有難う・・ジョー。君のおかげで罪のない人達を殺さずに済んだ。
でもそれは同時に組織への裏切り・・もう僕には帰れるトコロがないんだよ。」
「そんな事はない! 僕の仲間を紹介するよ。きっと君に力を貸してくれるはずだ!」

「有難う・・ジョー。最後に君の胸を貸してくれるかい?」
「最後・・に?」
少年、ジョーの胸に顔をうずめ口元で笑いながら、こう言った。
「ジョー、君の胸は人間以上に暖かいね。君は本当にサイボーグなのかい?」
言い終えた瞬間、ジョーの胸の中で少年、自爆してしまう。


炎と爆風に包まれ、ジョーの姿を確認する事が出来ない。
群衆に紛れていたフランソワーズ思わず駆けだす。
「ジョー!!」

瞬間、フランソワーズの背中に鈍痛。
スナイパーの撃った弾丸がフランソワーズの背中に複数命中。
フランソワーズの着ていた服が破け、真っ赤な防護服が現れる。
スナイパーの放った複数弾丸は防護服により吸収されていた。
もうもうとあがる炎と煙の中、煤(すす)と真っ赤なかえり血をあびた
ジョーがフランソワーズの前に現れる。


フランソワーズの胸に倒れこむジョー、眼はうつろだ・・。
ジョーがボソボソ・・何か言っている。
「ジョー、大丈夫?」

「身体はサイボーグでも・・」

「えっ??」
「ココロは生身の人間なんだ・・。」
「世界平和どころか・・友人のひとりも救えないんて・・僕は何の為にサイボーグになったんだっー!」

​「ジョー、しっかりして・・ジョーっ!」


ベトナム編があるなら中東編もあってもいいのではないだろうか・・









地域紛争に介入しようとする島村ジョー。
それに反対するハインリヒ、2人は対立し、結果ジョーは単独行動へ。
サポートにフランソワーズもジョーに内緒で同行するが、日に日にジョーはやつれてゆく。。

そして自分ではどうする事も出来ない最悪の結末に・・ついにジョーのメンタルはボロボロに。。

そんなジョーをハインリヒが助けに来る。
強力な破壊力で敵をなぎ倒す。

ボロボロになったジョーに肩をかしながら、

「だから俺は反対したんだ。。」
「現実をみるには・・こいつはあまりにも優し過ぎる。。」


サイボーグ 009の新作アニメが製作されるらしい。




キミハ キズカナカッタカモ シレナイケド・・





​​​​


​カラダハ サイボーグデモ ココロハ ニンゲンノ ママナンダ・・







中東でブラックゴーストの策にはまってしまったジョー。
すべてにおいて、ボロボロだった。
見かねたギルモア博士はジョーの脳内から中東での記憶を消し去る手術を決行する。

手術後、ジョーに平穏な日々が訪れる。
しかし、中東での混乱がテレビ画面から流れるとジョーの思考回路は止まり、その眼からとめどめなく涙が流れてくる。
「何故・・涙止まらない・・」
ジョーは自ら置かれた状況に困惑している。
見かねたフランソワーズがジョーを強く抱きしめる。

テレビの画面をジョーから遠ざけるように。。















​​​​​






Last updated  Oct 2, 2019 10:00:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 1, 2019
カテゴリ:


くしゃみ シオン






Last updated  Oct 1, 2019 09:45:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 6, 2019
カテゴリ:80's

9月21日、22日 埼玉・秩父カフェ・ロマン訪問(襲撃?)計画を立てております。


コトの発端は何年前??

​​浜名湖でFZ400R初の全国集会をやろう・・というコトになり全国から静岡にFZ400Rが集まりました。​


FZ400R・OCは”好きならいいじゃん、一緒にヤロうぜ。。”の 
いい意味で車種・不問いの混合部隊だった。




そこで偶然にも同じく集会をやっていたFZ250フェザーの軍団と遭遇しました。。







ハナシは変わって・・
那須で行われたBG絶版車でFZ400R軍団で見学にイコカ・・というハナシになり、FZ400R軍団で参上。







そこで偶然にもケニーやマモラのレプリカで走っている軍団に遭遇、これがいわゆる・・その世界グランプリ、ロックンロールライダースとの出会いでした。
(はじめて”バイクの流し撮り”にチャレンジしたのも・・この時かも。。)





こで偶然にも走行直前にエンジンがかからなくて・・困ってるTZR250に遭遇。
声をかけ、TZR250のエンジン発動に手を貸すコトに。。
TZR250は無事エンジン始動、この時の黒づくめのツナギのレーサーさんがspinspotあさみさんでした。

後でわかったコトなんですが、実はspinspotあさみさんは偶然にも静岡での”FZ400R& FZ250フェザーの軍団と遭遇”の現場にもいらっしゃったそうです。



その後、spinspotあさみさんとは伊豆で再会。






別の年に仲間達と秩父カフェ・ロマン襲撃をもくろみましたが・・残念ながら休業中で・・近くのファミレスでお茶飲んで帰りました。





















長年の悲願(?)、達成出来たらいいなぁ。。

​​​






Last updated  Sep 6, 2019 04:20:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 4, 2019
​​

・・珍しく長文であります。





​これからの展示会はただ絵などの作品

を展示するだけじゃなくて・・

過去の漫画のヒーローのグランプリマシン(で現役レーサーが漫画のヒーローのマシンと同じメット、同じツナギ、カウルはレプリカだけど・・同じ中身(エンジン他)のマシンでサーキットランするんだ。


時にはウィリーしながら。。観客に手を振りながらね。



 


複合的なモノでより参加者に印象を残せるモノに出来たらいいかと思うんだ。
まぁ、ヨッパカキコだ。
(キニスルナ。。 オオキナ ココロデ ユケ。)







そして、さっきまでサーキットを走っていたその原作レプリカなマシン、メット、ツナギが室内の展示室に展示されるんだ。

ただ、マシンやツナギが展示されるだけではなくて・・
その原作漫画の原画も同時にその室内に展示されているんだ。
これが大事!



カラー原稿から白黒原画まで。。



そして、その漫画のトリビュートな作品も多数展示されいて。。
イラストからプラモデルから、製作途中のレプリカヘルメットまで。






更に会場内には最新MotoGPから過去のWGP(2ストローク時代のワールドグランプリ)関連の作品が多数展示されている。

(参考資料に自分の作品貼っとくけど・・ホントはもっと素晴らしい作家さんの作品貼りたいね。)


会場には透明のプラッチックボックスで仕切られた作家ブースがある。

そこでは生でパソコンを使って絵を描く作家さんのイラスト製作風景が背中越しに見る事が出来るんだ!

普通にサーキットにレース観戦に来たお客さんが最前線クリエイター、作家さんのイラストの製作風景を見る事が出来る!
もし、ホントに出来たらスゲェだろっ!?
(おそらく背中越しに作品を見つめられ続ける作家さんは・・筆が止まると思うけど・・滝汗・・)

片方では丸ペンを使った昔ながらの漫画の製作風景を風景を見る事が出来る。
昔の鈴鹿のグランドスタンドを墨汁と丸ペンで描いている。
これはまるであの懐かしい”バリバ●伝説”の背景じゃないかっ!?

こんな展示会が出来たらいいと思うのは俺だけかな?



目的はモーターサイクルスポーツの発展、そして・・本当の目的は貧困にあえぐモーターサイクルスポーツ・クリエイターの皆様をを救う為、
世界最高峰のプロモーターの下で彼らの作品を販売する事が出来たら、どれだけ多くの有能なクリエイターを救う事が出来るだろうか。。
このまま彼らを棺桶に送るなんてもったいないとは思わないかぃ?!

思うだろっ!
俺は思うから、こんなイベントが頭の中に浮かぶんだ。


なぬ?
メーカーはどうするんだっ??
出版社はどうするんだ??
著作権はぁっ~~~っっ??


(なぬ・・ペテン師のたわごと??)

散々言われたよ!
夢なんだよっ!
好きなように言ってもいいだろっ!













Last updated  Sep 4, 2019 05:09:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 8, 2019
カテゴリ:2019 近況
1990年
7月最後の日曜日。
お茶の水駅前にかつてあった電機屋のテレビの前で、祈るような想いで立っていた。
転倒したOKI HONDAのドゥーハンが怒涛の追い上げ、とんでもないペースでトップを走るTECH21ヤマハに迫っていた。
​​​​​​​​​​​​​​​​「今年だけは・・ 今年だけは・・タイラさんを勝たせて欲しい。。」







1991年
はじめて鈴鹿8耐にやってきた。
TECH21のライトパープルは走っていなくて・・
後継者ともいえるキリンメッツの藤原&永井組は雨にすくわれ転倒、
OKI HONDAが前年の雪辱を果たした。

ゴール後、OKI HONDAのメカの方は記念写真を撮りたいファンの為にわざわざマシンを止めてくれた。
​ライバルメーカーのライトパープルな帽子を被っていたのにもかかわらず・・にだ​。





時は流れたが・・相変わらずTECH21の絵を好きで描いていた。
​​(この2枚の絵はお絵かき掲示板で描いたモノ)​




2002年
​​FZ400Rオーナーズクラブの初の全国集会がヤマハコミニケーションプラザで行われた。。​


偶然にもコミニケーションプラザでは”WGP500 最高峰への挑戦”という企画展が開催されており、初めてみるレーシングマシンに興奮が隠せなかった。


​企画展以外にも1990年YZF750最終型のTECH21カラーのマシンが展示されており、他のマシンよりも一層、光輝いていた。
(あまりにも嬉して・・寝転んで写真をとった。)



2009年
その後何度か、​コミプラに足を運び​、やっとのコトで1985年FZR750/TECH21を見る事が出来た。
1985 FZR750(OW74) TECH21 ケニー・ロバーツ&平忠彦​のブログ記事を書く。
これを作ったのは鈴鹿8耐とTECH21の歴史をより多くの人に知って欲しいと思ったから。

ちなみにここに書かれたケニーの”ヤマハが俺を必要とするなら喜んで出るよ。”という言葉は間違いである。
​​後に書くブログ記事ではココは訂正してある。



1987 YZF750 (OW89) ケビン・マギー&マーチン・ウイマー​のブログ記事を書く。
この年、タイラさんは確かフランスグランプリの怪我の為、走る事はなかった。
TECH21、勝つ時も劇的だった。



2010年
1990YZF750(OWB7) #21 平忠彦&エディー・ローソン​のブログ記事を書く。
僕の絵はタイラさん、エディー、若井選手が多い。
タイラさんのペアライダーに怪我明けのエディーが選ばれた記事を読んだときは・・嬉しかったなぁ。。



2011年
フジミ模型さんより1985 FZR750・TECH21の発売​が決定される。
この時は嬉しかったなぁ。。


これを記念して・・​1985 FZR750(OW74) #21 ケニー・ロバーツ&平忠彦の記事を新たに画像を足し、ブログ記事を更新作成。
​2013年鈴鹿8耐でケニーが来日、雑誌”RACERS”のイベント風景も後に書き足してある。



2014年 
”鈴鹿8耐、もっと盛り上げるにはどうしたらいいかな。。”
素人なりに・・ふと考えていたら、”伝統あるイベントなのだから、伝説のチームを復活させればいい。”
同年にヨシムラがレジェンドチームを結成して、話題を呼んだ。
​​この思いつき・・アリだろうと思った。​




夏の太陽にライトパープル、そして黄色、白、黒・・映えるだろうと映像がくっきり頭の中に浮かんだ。
そしてなによりもレースクィーンの鮮やかな姿が浮かんだ。
きっと当時サーキットに通っていた人達がサーキットに戻ってくるだろう!
そしてこれからの鈴鹿8耐を支える若い人たちにとって、過去の伝説を学ぶ良い機会になるだろう!
​そう思った。​


その時描いたイラスト。
このイラストの下にはこう書かれてある。
​(​TECH21 参戦30周年 鈴鹿8耐、歴史あるレースだから、異業種巻き込んでレジェンドチーム復活!・・ってのも観てみたいですネ。​)​



​​



2017年
残念ながら伝説のチームの復活はなかった。
2017鈴鹿8耐にケニーがTECH21のマシンでデモランを行った。
​​身近で当時のマシンの咆哮を聴けたのは良い思い出として残った。​












2018年
描く途中からずっと上手く描けなくて悩み続けた​OW74・平さん​が完成した。
​2017年、TECH21走らせる前に完成したかったなぁ。。​
​この絵はライディングスポーツさんの読者投稿コーナー・グラスタに掲載して頂いた。​







2019年5月18日
5月だが夏の太陽が照り付けたこの日、​2019・BG絶版者運動会​を観に筑波に出かけた。
​​目的はロックロールライダース、つまり世界グランプリを観に来たのだ。​


想像通り、TECH21のライトパープルは夏の太陽に溶け込んでいた。
”あのライトパープルがサーキットに帰ってきた。
まるで春のその風のように
​​​​鮮やかにそして、しなやかに筑波の空を駆け抜けた。​”​







​まさか・・この数日後、TECH21復活がアナウンスされるとは・・​



2019年
5月22日
仕事仲間と仲間内だけの房総勝浦プチ旅行の帰りのハイエースの中、暇をもてあまし・・スマホをいじっていると・・
ヤマハ発動機レース情報様より以下の書き込みが・・
”あの熱狂を、再びー
#鈴鹿8耐 ヤマハ体制発表会を本日、メディア向けに開催。
体制発表&マシンアンベールを行います。
サプライズが待っている… ”
あの熱狂を、再び? サプライズが待っている??

もしや・・

こうつぶやいた7分後・・
ヤマハ発動機レース情報様
”2019 あの熱狂を再びー
アンベールです!
ファクトリーチームのYZF-R1は今年、発売から21周年を迎えたことに合わせ、当社のエースゼッケン「21」のオリジンであり、1985年の鈴鹿8耐に参戦した「ヤマハTECH21チーム」の復刻カラーで出場します。”

​車内、寝ている仲間たちの中でひとりガッツポーズ!​






2019 鈴鹿8耐

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
YAMAHA YZF-R1
​中須賀克行 / Alex Lowes / Michael van der Mark​


中須賀選手 名のあるレジェンドチームというプレッシャーの中よくチームをまとめてくれました。


ファンデルマーク選手 
​​​​怪我で完全ではなかったけど、与えられた状況の中で最善を尽くせされたと思います。​​​​


ロウズ選手 闇の中の意地の走り、記憶から消える事のない見事な走りでした。


鮮やかなTECH21のレースクィーンの皆さまを拝見した時は眩しかったですね。
​炎天下の中、お疲れ様でした。​








素晴らしい夏の思い出となりました。
TECH21復活の為に尽力を尽くして頂いた皆様に心から感謝致します。
​有難うございました。​







​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  Aug 9, 2019 05:58:07 AM
コメント(2) | コメントを書く
May 24, 2019
筑波サーキット TC1000にて絶版車運動会2019春が開催されました。
そこではぬ・・ぬぁんと世界グランプリが開催されたのです!




​​ケニーが、タイラが、バリントンがぁっ。
​なんとアキオまでっ!​


​​​

これが噂の押がけスタートだ!









World Grand Prix 2019 (?)
Rd.1 Japan
Tukuba Circuit



#2 Kenny Roberts ケニー・ロバーツ (?)
ヤングライダーよ。
しっかりとその眼に焼き付けるがいい。
​これが「王者の背中」だ。​













ワイン・ガードナー Wayne Gardner  
思うように走らぬマシン・・
彼にとってはそれは・・”ジャンク”そのものだった。
しかし、シーズン開幕、このマシンを選択したのは、誰でもない自分だ。
ルーキー・ミックに抜き去られるとも、彼の眼は燃えていた。
​「次のラウンド、ホンダのエースが誰なのか・・教えてやる!」












#21 Tadahiko Taira 平忠彦
あのライトパープルがサーキットに帰ってきた。
まるで春のその風のように
​鮮やかにそして、しなやかに筑波の空を駆け抜けた。​













#69 Ronald Haslam ロン・ハスラム​​
マシントラブル・・
ロンが世界を再び走る事はなかった。
ロケットスタートを楽しみに筑波に駆け付けたファンは肩を落とした。
​​衛星中継、遠い英国では息子レオンが唇を噛んでいた。​








#19 John Kocinski ジョン・コシンスキー
「レースが終わった後、このマシンをもぶっ壊すのでしょうか!?」
レースアナウンサーまで完全にヒール扱いだったジョン。
​​しかし、彼は人間的に成長していた。
時にケニーの背中で学びながら、走らないマシンを必死にゴールに導いた。












#31 Tetsuya Harada 原田哲也
原田は燃えていた。
幾多の苦難を乗り越えて、想い描いた舞台まで這い上がってきた。
トビウオのように自らの前を走り回るグランプリライダーをどう料理するか・・
隙を伺いながら・・
​頭の中はフル回転、世界の舞台を心の底から楽しでいた。​













#63 水谷勝 Masaru Mizutan 
​”強きをくじき弱きを助ける”
男気あふれる東海の暴れん坊が愛機ガンマで参戦。
​​ライバル平とのバトルを心から楽しんでいた。













​ミック・ドゥーハン Mick Doohan
ミックはついに念願のマシンを手に入れた。
ナンバー2として、苦汁を嘗めてきた。
「エースの座を奪うのは今日、このツクバでしかない。」
冷ややかに・・そして、鮮やかに
​​ミックは自らの想い描いた絵をサーキットというキャンバスに描き殴った。​













マルコ・ルッキネリ    Marco Lucchinelli

タバコをプカプカ・・、ご機嫌な表情で彼は現れた。
次の瞬間
サーキットスタッフが血相を変えながら彼を呼び止めた。

次の瞬間
タバコはまだまだ彼を癒してくれるだろうに・・
彼の右手が、その先端をアスファルトに押し付けた。
一瞬、煙で彼の眉間が曇ったように見えた。

次の瞬間
彼は満面の笑みだった。
なぜなら・・彼の右手はすでに側にいたレースクィーンの肩に伸びていたから・・
​しかし、誰も彼をとがめるモノはいなかった。

なぜなら・・キッチリ結果を出せば、細かいハナシは一切ナシ・・
それが彼等のルールだったから。














Jean-Philippe Ruggia ジャン-フィリップ・ルジア

フランス人ライダーは苦しんでいた。
シーズン前のテストで致命的な怪我を負っていたからだ。
出場も危ぶまれたが、彼は筑波に姿を見せた。

残念ながら・・
いつものような肘を擦るような元気な走りは見る事は出来なかったが、
「出来る事はすべてやったヨ。後悔はない。
 次も全力を尽くすヨ。」

ニコリと白い歯を見せ、
​身体を引きずりながら、タラップを上がっていった。
















​​​
この続きはまた。


​​


​​​​​​​​​​






Last updated  Jul 8, 2019 06:29:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 9, 2019
カテゴリ:TDR250
令和最初のTDR!
銀行までやってきたが・・ぬぁんと!

OILが結構なイキオイで漏れている。
「なんじゃこりゃ~~っ!」



なんと・・OILキャップがハズれてました。
おかげでエンジンまわりベタベタ。。
(画像は拭き取った後、エアクリ後ろに自作ETC・BOXが見える。)



タイヤもベタベタ。。





本日の予定を大幅変更、大洗車大会となりましたとさ。。
とりえず、キャップはずれないよう、ウエス挟んで応急処置!



おまけに右チャンバーがスティーで固定してないコトに気づく。
自作ステー、作らないと。。






Last updated  May 9, 2019 10:00:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 7, 2019
カテゴリ:2019 近況


2019年5月1日、西麻布ミンゴにて若井伸之選手ファンミーティング、無事開催されました。





若井選手の御家族も参加され、お店がいっぱいになるくらいの方々に集まって頂き、若井伸之さんのお人柄でしょうか・・なんともアットホームな気持ちの良い会となりました。













1992年GP3(125)クラスに参戦時のタンクやフレームは現在もファンの手によって大切に保管されているそうです。



若井、坂田、上田の3選手をモチーフに当時ヤングサンデーに連載された貴重な漫画がファンの手によって保存されており、手に取って読む事が出来ました。



特別ゲストに上田昇さん。





現サプライライダー今野由寛選手。



元グランプリライダー、シミオさんコト、清水隆男さん。



若井選手が集めていたサイン帳は、上田昇さんによって引き継がれ、彼亡き後もグランプリライダーのサインが集められた。



YF DESIGN 深澤さん
「今の”YF DESIGN”があるのは、(ペイントした)ヘルメットをかぶってくれたの皆さんのおかげ!」







ん? なんかフラミンゴデザインが変だぞ!?





1990年全日本ロードレース、仙台ハイランド大会125CCクラス
フォトグラファー赤松孝さん、「優勝したら、何かやってよ!」
若井選手はスタンディングガッツポーズで赤松さんに応えたのでした。













参加された皆様、遠方から声援を贈って頂いた皆様、有難うございました!

西麻布 Italian Dining Bar Mingo
〒106-0031 東京都港区西麻布1-10-16 西麻布ロイヤルビル1F







Last updated  May 9, 2019 10:19:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 29, 2019
カテゴリ:2019 近況
 
フラミンゴメットといえば"​YF Design​"の深澤さん、当日参加者様の為、ステッカーを提供して頂きました。
限定先着順で配らせて頂きます。
いつもいつもいつも・・・有難うございます(ペコリ)。
ミンゴの店長様、当日の参加される方の正確な人数がはっきりしないので、頭を抱えておられます(??)。
参加される方は​コチラ​で参加表明して頂けるとMingo小野店長様の笑顔が炸裂致します。


















Last updated  Apr 29, 2019 09:15:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1653件 (1653件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.