801976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

”80'S BIKE” vol.3

PR

Calendar

Profile


Bravo Mori

Category

Freepage List

Comments

K,R,P.@ Re:TECH21復活(08/08) 現地鈴鹿のカメラアングル 同じような感じ…
MORI@チョゲ蔵@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 残念ながら、10スウマンはちと出せません…
K,R,P.@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 購読?されるのですか? 私は・・・パス…
ブラモリ(チョゲモリ)@ Re[1]:ダニ・ペドロサ 2019年HRC離脱(06/05) SHINさんへ ロレンソは2013年だったかな…
ブラモリ(チョゲモリ)@ Re[1]:ダニ・ペドロサ 2019年HRC離脱(06/05) SHINさんへ ペドロサにとって、非情かもし…

Favorite Blog

8月19日は・・・バ… K,R,P.さん

バイクレース好きの… ビート男さん
おもちゃのくるま ネコしゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

全1648件 (1648件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Aug 8, 2019
XML
カテゴリ:2019 近況
1990年
7月最後の日曜日。
お茶の水駅前にかつてあった電機屋のテレビの前で、祈るような想いで立っていた。
転倒したOKI HONDAのドゥーハンが怒涛の追い上げ、とんでもないペースでトップを走るTECH21ヤマハに迫っていた。
​​​​​​​​​​​​​​​​「今年だけは・・ 今年だけは・・タイラさんを勝たせて欲しい。。」







1991年
はじめて鈴鹿8耐にやってきた。
TECH21のライトパープルは走っていなくて・・
後継者ともいえるキリンメッツの藤原&永井組は雨にすくわれ転倒、
OKI HONDAが前年の雪辱を果たした。

ゴール後、OKI HONDAのメカの方は記念写真を撮りたいファンの為にわざわざマシンを止めてくれた。
​ライバルメーカーのライトパープルな帽子を被っていたのにもかかわらず・・にだ​。





時は流れたが・・相変わらずTECH21の絵を好きで描いていた。
​​(この2枚の絵はお絵かき掲示板で描いたモノ)​




2002年
​​FZ400Rオーナーズクラブの初の全国集会がヤマハコミニケーションプラザで行われた。。​


偶然にもコミニケーションプラザでは”WGP500 最高峰への挑戦”という企画展が開催されており、初めてみるレーシングマシンに興奮が隠せなかった。


​企画展以外にも1990年YZF750最終型のTECH21カラーのマシンが展示されており、他のマシンよりも一層、光輝いていた。
(あまりにも嬉して・・寝転んで写真をとった。)



2009年
その後何度か、​コミプラに足を運び​、やっとのコトで1985年FZR750/TECH21を見る事が出来た。
1985 FZR750(OW74) TECH21 ケニー・ロバーツ&平忠彦​のブログ記事を書く。
これを作ったのは鈴鹿8耐とTECH21の歴史をより多くの人に知って欲しいと思ったから。

ちなみにここに書かれたケニーの”ヤマハが俺を必要とするなら喜んで出るよ。”という言葉は間違いである。
​​後に書くブログ記事ではココは訂正してある。



1987 YZF750 (OW89) ケビン・マギー&マーチン・ウイマー​のブログ記事を書く。
この年、タイラさんは確かフランスグランプリの怪我の為、走る事はなかった。
TECH21、勝つ時も劇的だった。



2010年
1990YZF750(OWB7) #21 平忠彦&エディー・ローソン​のブログ記事を書く。
僕の絵はタイラさん、エディー、若井選手が多い。
タイラさんのペアライダーに怪我明けのエディーが選ばれた記事を読んだときは・・嬉しかったなぁ。。



2011年
フジミ模型さんより1985 FZR750・TECH21の発売​が決定される。
この時は嬉しかったなぁ。。


これを記念して・・​1985 FZR750(OW74) #21 ケニー・ロバーツ&平忠彦の記事を新たに画像を足し、ブログ記事を更新作成。
​2013年鈴鹿8耐でケニーが来日、雑誌”RACERS”のイベント風景も後に書き足してある。



2014年 
”鈴鹿8耐、もっと盛り上げるにはどうしたらいいかな。。”
素人なりに・・ふと考えていたら、”伝統あるイベントなのだから、伝説のチームを復活させればいい。”
同年にヨシムラがレジェンドチームを結成して、話題を呼んだ。
​​この思いつき・・アリだろうと思った。​




夏の太陽にライトパープル、そして黄色、白、黒・・映えるだろうと映像がくっきり頭の中に浮かんだ。
そしてなによりもレースクィーンの鮮やかな姿が浮かんだ。
きっと当時サーキットに通っていた人達がサーキットに戻ってくるだろう!
そしてこれからの鈴鹿8耐を支える若い人たちにとって、過去の伝説を学ぶ良い機会になるだろう!
​そう思った。​


その時描いたイラスト。
このイラストの下にはこう書かれてある。
​(​TECH21 参戦30周年 鈴鹿8耐、歴史あるレースだから、異業種巻き込んでレジェンドチーム復活!・・ってのも観てみたいですネ。​)​



​​



2017年
残念ながら伝説のチームの復活はなかった。
2017鈴鹿8耐にケニーがTECH21のマシンでデモランを行った。
​​身近で当時のマシンの咆哮を聴けたのは良い思い出として残った。​












2018年
描く途中からずっと上手く描けなくて悩み続けた​OW74・平さん​が完成した。
​2017年、TECH21走らせる前に完成したかったなぁ。。​
​この絵はライディングスポーツさんの読者投稿コーナー・グラスタに掲載して頂いた。​







2019年5月18日
5月だが夏の太陽が照り付けたこの日、​2019・BG絶版者運動会​を観に筑波に出かけた。
​​目的はロックロールライダース、つまり世界グランプリを観に来たのだ。​


想像通り、TECH21のライトパープルは夏の太陽に溶け込んでいた。
”あのライトパープルがサーキットに帰ってきた。
まるで春のその風のように
​​​​鮮やかにそして、しなやかに筑波の空を駆け抜けた。​”​







​まさか・・この数日後、TECH21復活がアナウンスされるとは・・​



2019年
5月22日
仕事仲間と仲間内だけの房総勝浦プチ旅行の帰りのハイエースの中、暇をもてあまし・・スマホをいじっていると・・
ヤマハ発動機レース情報様より以下の書き込みが・・
”あの熱狂を、再びー
#鈴鹿8耐 ヤマハ体制発表会を本日、メディア向けに開催。
体制発表&マシンアンベールを行います。
サプライズが待っている… ”
あの熱狂を、再び? サプライズが待っている??

もしや・・

こうつぶやいた7分後・・
ヤマハ発動機レース情報様
”2019 あの熱狂を再びー
アンベールです!
ファクトリーチームのYZF-R1は今年、発売から21周年を迎えたことに合わせ、当社のエースゼッケン「21」のオリジンであり、1985年の鈴鹿8耐に参戦した「ヤマハTECH21チーム」の復刻カラーで出場します。”

​車内、寝ている仲間たちの中でひとりガッツポーズ!​






2019 鈴鹿8耐

#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
YAMAHA YZF-R1
​中須賀克行 / Alex Lowes / Michael van der Mark​


中須賀選手 名のあるレジェンドチームというプレッシャーの中よくチームをまとめてくれました。


ファンデルマーク選手 
​​​​怪我で完全ではなかったけど、与えられた状況の中で最善を尽くせされたと思います。​​​​


ロウズ選手 闇の中の意地の走り、記憶から消える事のない見事な走りでした。


鮮やかなTECH21のレースクィーンの皆さまを拝見した時は眩しかったですね。
​炎天下の中、お疲れ様でした。​








素晴らしい夏の思い出となりました。
TECH21復活の為に尽力を尽くして頂いた皆様に心から感謝致します。
​有難うございました。​







​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  Aug 9, 2019 05:58:07 AM
コメント(1) | コメントを書く
May 24, 2019
筑波サーキット TC1000にて絶版車運動会2019春が開催されました。
そこではぬ・・ぬぁんと世界グランプリが開催されたのです!




​​ケニーが、タイラが、バリントンがぁっ。
​なんとアキオまでっ!​


​​​

これが噂の押がけスタートだ!









World Grand Prix 2019 (?)
Rd.1 Japan
Tukuba Circuit



#2 Kenny Roberts ケニー・ロバーツ (?)
ヤングライダーよ。
しっかりとその眼に焼き付けるがいい。
​これが「王者の背中」だ。​













ワイン・ガードナー Wayne Gardner  
思うように走らぬマシン・・
彼にとってはそれは・・”ジャンク”そのものだった。
しかし、シーズン開幕、このマシンを選択したのは、誰でもない自分だ。
ルーキー・ミックに抜き去られるとも、彼の眼は燃えていた。
​「次のラウンド、ホンダのエースが誰なのか・・教えてやる!」












#21 Tadahiko Taira 平忠彦
あのライトパープルがサーキットに帰ってきた。
まるで春のその風のように
​鮮やかにそして、しなやかに筑波の空を駆け抜けた。​













#69 Ronald Haslam ロン・ハスラム​​
マシントラブル・・
ロンが世界を再び走る事はなかった。
ロケットスタートを楽しみに筑波に駆け付けたファンは肩を落とした。
​​衛星中継、遠い英国では息子レオンが唇を噛んでいた。​








#19 John Kocinski ジョン・コシンスキー
「レースが終わった後、このマシンをもぶっ壊すのでしょうか!?」
レースアナウンサーまで完全にヒール扱いだったジョン。
​​しかし、彼は人間的に成長していた。
時にケニーの背中で学びながら、走らないマシンを必死にゴールに導いた。












#31 Tetsuya Harada 原田哲也
原田は燃えていた。
幾多の苦難を乗り越えて、想い描いた舞台まで這い上がってきた。
トビウオのように自らの前を走り回るグランプリライダーをどう料理するか・・
隙を伺いながら・・
​頭の中はフル回転、世界の舞台を心の底から楽しでいた。​













#63 水谷勝 Masaru Mizutan 
​”強きをくじき弱きを助ける”
男気あふれる東海の暴れん坊が愛機ガンマで参戦。
​​ライバル平とのバトルを心から楽しんでいた。













​ミック・ドゥーハン Mick Doohan
ミックはついに念願のマシンを手に入れた。
ナンバー2として、苦汁を嘗めてきた。
「エースの座を奪うのは今日、このツクバでしかない。」
冷ややかに・・そして、鮮やかに
​​ミックは自らの想い描いた絵をサーキットというキャンバスに描き殴った。​













マルコ・ルッキネリ    Marco Lucchinelli

タバコをプカプカ・・、ご機嫌な表情で彼は現れた。
次の瞬間
サーキットスタッフが血相を変えながら彼を呼び止めた。

次の瞬間
タバコはまだまだ彼を癒してくれるだろうに・・
彼の右手が、その先端をアスファルトに押し付けた。
一瞬、煙で彼の眉間が曇ったように見えた。

次の瞬間
彼は満面の笑みだった。
なぜなら・・彼の右手はすでに側にいたレースクィーンの肩に伸びていたから・・
​しかし、誰も彼をとがめるモノはいなかった。

なぜなら・・キッチリ結果を出せば、細かいハナシは一切ナシ・・
それが彼等のルールだったから。














Jean-Philippe Ruggia ジャン-フィリップ・ルジア

フランス人ライダーは苦しんでいた。
シーズン前のテストで致命的な怪我を負っていたからだ。
出場も危ぶまれたが、彼は筑波に姿を見せた。

残念ながら・・
いつものような肘を擦るような元気な走りは見る事は出来なかったが、
「出来る事はすべてやったヨ。後悔はない。
 次も全力を尽くすヨ。」

ニコリと白い歯を見せ、
​身体を引きずりながら、タラップを上がっていった。
















​​​
この続きはまた。


​​


​​​​​​​​​​






Last updated  Jul 8, 2019 06:29:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 9, 2019
カテゴリ:TDR250
令和最初のTDR!
銀行までやってきたが・・ぬぁんと!

OILが結構なイキオイで漏れている。
「なんじゃこりゃ~~っ!」



なんと・・OILキャップがハズれてました。
おかげでエンジンまわりベタベタ。。
(画像は拭き取った後、エアクリ後ろに自作ETC・BOXが見える。)



タイヤもベタベタ。。





本日の予定を大幅変更、大洗車大会となりましたとさ。。
とりえず、キャップはずれないよう、ウエス挟んで応急処置!



おまけに右チャンバーがスティーで固定してないコトに気づく。
自作ステー、作らないと。。






Last updated  May 9, 2019 10:00:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 7, 2019
カテゴリ:2019 近況


2019年5月1日、西麻布ミンゴにて若井伸之選手ファンミーティング、無事開催されました。





若井選手の御家族も参加され、お店がいっぱいになるくらいの方々に集まって頂き、若井伸之さんのお人柄でしょうか・・なんともアットホームな気持ちの良い会となりました。













1992年GP3(125)クラスに参戦時のタンクやフレームは現在もファンの手によって大切に保管されているそうです。



若井、坂田、上田の3選手をモチーフに当時ヤングサンデーに連載された貴重な漫画がファンの手によって保存されており、手に取って読む事が出来ました。



特別ゲストに上田昇さん。





現サプライライダー今野由寛選手。



元グランプリライダー、シミオさんコト、清水隆男さん。



若井選手が集めていたサイン帳は、上田昇さんによって引き継がれ、彼亡き後もグランプリライダーのサインが集められた。



YF DESIGN 深澤さん
「今の”YF DESIGN”があるのは、(ペイントした)ヘルメットをかぶってくれたの皆さんのおかげ!」







ん? なんかフラミンゴデザインが変だぞ!?





1990年全日本ロードレース、仙台ハイランド大会125CCクラス
フォトグラファー赤松孝さん、「優勝したら、何かやってよ!」
若井選手はスタンディングガッツポーズで赤松さんに応えたのでした。













参加された皆様、遠方から声援を贈って頂いた皆様、有難うございました!

西麻布 Italian Dining Bar Mingo
〒106-0031 東京都港区西麻布1-10-16 西麻布ロイヤルビル1F







Last updated  May 9, 2019 10:19:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 29, 2019
カテゴリ:2019 近況
 
フラミンゴメットといえば"​YF Design​"の深澤さん、当日参加者様の為、ステッカーを提供して頂きました。
限定先着順で配らせて頂きます。
いつもいつもいつも・・・有難うございます(ペコリ)。
ミンゴの店長様、当日の参加される方の正確な人数がはっきりしないので、頭を抱えておられます(??)。
参加される方は​コチラ​で参加表明して頂けるとMingo小野店長様の笑顔が炸裂致します。


















Last updated  Apr 29, 2019 09:15:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 19, 2019
カテゴリ:イラスト描くよ
ROAD RACING
WORLD CHAMPIOMSHIP GRAND PRIX
1992 ROUND.7 GERMANY / HOCKENHEIMRING
GP2 CLASS


TEAM LUCKY STRIKE SUZUKI
#41 SUZUKI RGV-Γ250
NOBUYUKI WAKAI








0









Last updated  Apr 19, 2019 02:48:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 3, 2019
カテゴリ:TDR250
忙しいけど、バイクにゃちょっとだけだけど、乗っている。















Last updated  Apr 3, 2019 08:35:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 1, 2019
カテゴリ:TDR250


バイクパーツを某オクで落札、出品者は亀有の​P's ファクトリー​さんでした。
工場の画像は掲載出来ませんが、RZとかTZRをイジっているようで、美味そうな絵が満載なファクトリーさん。
近所にこんなお店があるのは心強いですね。





帰りに亀有のプラモ屋でプラバンGET!
ETC本体ステーをプラバンで自作予定。







Last updated  Apr 1, 2019 08:26:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 30, 2019
末端のファンを大切にしてくれる選手のひとりでした。
なんともやりきれない。。
ご冥福をお祈り致します。

2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦
SUPERBIKE RACE in もてぎ JSB1000クラス
#35 近藤湧也
YAMAHA YZF-R1
JOYNET GBSレーシングYAMAHA












































2017年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦
JSB1000クラス
#18 近藤湧也 
YAMAHA YZF-R1  
JOYNETレーシングGBS YAMAHA






























2017 "コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回大会
#75 ITO・RACING・GMD&REDGRIFFIN 
YAMAHA YZF-R1 
前田恵助 大崎誠之 近藤湧也









2016 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦
JSB1000 クラス
GBSレーシング・YAMAHA
#34 近藤湧也

























2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 もてぎ
ST600クラス
#9 近藤湧也
GBSレーシング・YAMAHA


























2014年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦 もてぎ 
ST600クラス
#14 近藤湧也
YAMAHA YZF-R6 
GBSレーシング・YAMAHA
























2013 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 
スーパーバイクレース in 筑波
ST600クラス
#23 近藤湧也
GBSレーシング






















2012年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 
SUPERBIKE RACE in 筑波
ST600クラス
#37 近藤湧也
GBSレーシング























SUPERBIKE.JP 「近藤湧也選手がテスト中の転倒で死去」2019.03.29






Last updated  Apr 1, 2019 08:20:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 27, 2019




2019東京モーターサイクルショー
画像アップしときますよ。
やってないと何か落ち着かんのでね。























今回の目的はクロスカブ。






























NTSさんのMOTO2マシン、間近で観れるなんて有難いね。































楽天は画像アップに時間かかり過ぎて非効率。
以降はフォト蔵です。(表示されないのはフォト蔵のエラーです。)

DSCN2882

DSCN2883

DSCN3306

DSCN3023

DSCN3039

DSCN3598

DSCN3033

DSCN3231

P1490188

P1480952

DSCN3161

DSCN3006

DSCN2952

P1490110

P1480960

DSCN3366

DSCN3519

DSCN2943

DSCN3093

DSCN3464

P1490161

P1490065

DSCN3560

DSCN3562

DSCN3369

P1490025

P1490160

DSCN3246






Last updated  Mar 28, 2019 07:55:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1648件 (1648件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.