825393 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

”80'S BIKE” vol.3

PR

Calendar

Profile


Bravo Mori

Category

Freepage List

Comments

チョゲモリ@ Re[1]:TECH21復活(08/08) 2020年もTECH21.走って欲しいっすね~! ”…
K,R,P.@ Re:TECH21復活(08/08) 現地鈴鹿のカメラアングル 同じような感じ…
MORI@チョゲ蔵@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 残念ながら、10スウマンはちと出せません…
K,R,P.@ Re:VR46 Store Tokyo(03/23) 購読?されるのですか? 私は・・・パス…
ブラモリ(チョゲモリ)@ Re[1]:ダニ・ペドロサ 2019年HRC離脱(06/05) SHINさんへ ロレンソは2013年だったかな…

Favorite Blog

不倫食堂 12 で… New! K,R,P.さん

バイクレース好きの… ビート男さん
おもちゃのくるま ネコしゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

2015 MotoGP

Dec 9, 2015
XML
カテゴリ:2015 MotoGP

尾野弘樹選手は転倒後、送ってくれた方にちゃんと「ありがとうございました!」
礼を言ってました。
さすが・・ホンダライダーだなぁ・・と。
こういうのは現地まで脚運ばないと観れない瞬間、得した気分でした。 

mP1400929

 







Last updated  Dec 9, 2015 06:05:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 13, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP




気持ちのいいノーサイド、
期待したのだが・・残念ながら、そうはならなかった。



ロッシはマルクが三味線弾いていた・・という・・
確かにマルクのいつものラストアタックは見られなかった。
02

 

 

 

果たして・・



西村章さんの文章は文字がびっしり詰まり過ぎていて、
(文字離れしたモノにとっては・・)
かなり読みにくい・・

”WEB Mr.BIKE”第95回 第18戦 バレンシアGP Losers and Winners

ここに書かれてあるのだが・・

「 今年のホンダはフロントに強い負荷がかかる傾向があり、それがタイヤの過熱という課題として彼らを悩ませ続けてきた。」

「マルケスはギリギリの状態で追い続けたために、立ち上がりに優るロレンソをオーバーテイクできなかった 」

「レース後に彼らのタイヤをチェックしたブリヂストンのエンジニアは「あれだけフロントが摩耗した状態では、オーバテイクできなかったとしても無理はない」と話している。」






レースには直接関係ないけど・・
パルクフェルメ、ロレンソのビァッジ頭ゴシゴシ攻撃に冷や汗をかいた。。

ロッシがマルク不信をぶちまけFIM表彰式不参加で騒動・・


ロッシはまだ持論を展開していた・・
つくづく残念だと思った。



「チームメイトのチャンピオン獲得に泥を塗りたくない。今日はその質問はナシにして欲しい。」
。。こんなセリフが聞きたかったのに。。




ブリヂストンタイヤさん、そして
ニッキーのmotogpラストレースに。。
ロッシよ。
あの記者会見はなかろう。。


ロッシさかな君ヘルメット
ジョークと思っていた。
結構、真面目な心境だったんだろうなぁ・・と、
改めて思うヨ。。





SRダンディ別館"2015MotoGP最終戦で何が本当に起こっていたのか"






Last updated  Nov 14, 2015 09:13:44 AM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 3, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP


今回の見解を書きます。
正直、書きたくもなくて・・ずっと重かったんだけど。。

2005年セテ・ジベルノーとロッシの接触(0:45付近)
https://www.youtube.com/watch?v=B4-AZuikiqo
どうしてもロッシの行為が納得出来なかったし、許せなかった。
当時、想いを身内の有識者にブツけたが、皆 「 いいんじゃないの。。」
あいまいな対応だった。

ロッシは応援するが、もし同じ事が繰り返されるなら・・ヒトコト言おうと・・ずっと・・思ってました。

今回のマレーシアグランプリに対する見解をおおまかに2点、箇条書きにいてみました。

・どういう理由があろうとも、レーシングスピードで走行している他ライダーをスリッピーなコース脇に追いやる行為は許されないと思う。

マルケスの転倒を観た時、TVリモコンの電源ボタンを切りたくなりました。
そんな衝動はレースを見始めてから、はじめての衝動でした。
命がけで走ってる選手もいるんだ・・と思い直しましたが。。こんな想いは今後、2度と経験したくない。

・このレースを境に他のライダーに対するリスペクトが無くなった。

モーターサイクルスポーツのひとつの魅力が消えてしまった、残念なレースでした。
レプソルの撤退騒動もコレに尽きると思います。
僕は圧力とは感じていません。
むしろ、モーターサイクルスポーツに関わる方々はこの問題に真摯に向き合うべきだと考えます。



マルクの走り、妨害行為ではないか言われておりますが・・

MOTO2時代のマルクの方がクレバーだったし、もっとしたたかでしたよね。
レース終盤にあのバトルを展開していたら、こんなにも叩かれるコトはなかったと思います。
今回、究極の負けず嫌いのマルクを発奮させたのはロッシのあの発言、
マルクはあの瞬間、トラック上でロッシとの決着つけたかったのではないかと思います。

僕が思うのは・・狙ったラインをハズしていまうマシン、
でも、あの瞬間、負けたくなかったんじゃないでしょうか・・ヴァレに。
長年憧れたヒーロー、予想外の発言、マルクの性格から思うにトラックでケリをつけたかったんじゃないでしょうか。
先は長いレースでの全力走行、クレバーなマルクの計算を狂わせたのはロッシの発言であり、彼自身の若さ・・
あの走りはマルクなりの全力走行だったと捉えております。


ロレンソのサポートをしたといわれておりますが・・
僕が思うのは・・マルケスなりに意地とプライド、
世界中が敵になったとしても最後まで味方になろうとする家族、
寝る間を惜しんでマシンを仕上げてくれたチームの仲間達、
どんなに立場の悪い時でも声援を贈ってしてくれるファンの為に闘ったんだと思いています。








危険走行に対する線引きとペナルティー、
今までは興業優先で甘くて、不公平感がぬぐえませんでした。

来シーズンが始まる前にもう一度、イチから検討し直すべき時期が来たんだと思います。





2013年MotoGP 第3戦 スペインGP
ヨーロッパラウンドの初戦、独走するペドロサ。
マルケスは前年度チャンピオン・ロレンソとのバトルに展開。
最終ラップの最終コーナーでロレンソと接触、2位を獲得。
チェッカー後、納得いかぬロレンソはマルケスからの握手を拒み、このアクシデントは物議を醸し出した。
https://www.youtube.com/watch?v=zdEXst3cxZc
(2:52付近)

当時の見解です。
http://plaza.rakuten.co.jp/choge17/diary/201305080000/

上の動画で誤解されも嫌なので、一筆書いときます。
レーシングライダーはチーム、家族、スポンサー、ファンの為に
どんなレースでも全力を尽くす。
それが使命だと自分は考えます。

100人いたら、100の見解があります。
その100の中のひとつです。
僕が今回、このように思ったのは紛れもない事実なのです。






Last updated  Nov 3, 2015 08:39:08 PM
コメント(4) | コメントを書く
Oct 26, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP


腕を蹴ってハンドルが切れて転倒・・とブレーキレバーを蹴って、ブレーキロックで転倒・・と2種類の報道があるようです。


DSC_0647

ロッシの言い分はヤマハ公式サイト
へ。

 







Last updated  Oct 26, 2015 09:54:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 25, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP
ぼく の すきな せかいさいこうほう の
レース は ちに おちました。






Last updated  Oct 25, 2015 08:42:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 8, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP
今晩
もてぎ出発します。
4日休みとるのに地獄のスケジュール前半はなんとか・・終わりました。

motogp_IMG_0109
motogp_IMG_0109 posted by (C)MORI

地獄のスケジュール後半が怖いのぉ。。

2014 MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリ・もてぎ 画像集  "MotoGP編"






Last updated  Oct 8, 2015 01:18:48 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 30, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP



予選より決勝を予想
1、ロレンソ
2、マルケス
3、ロッシ


皆が予想したとうり・・ロレンソがつき抜けてゆく。
追うマルケス。

ロッシはスタートで埋もれてしまった。


ロレンソについてゆこうと無理をしたのか・・マルケス転倒。
マルケス今季は転倒多いけど、彼の現在の目標が1勝でも多く勝つ事だから、仕方ないのか。。
究極の負けず嫌いが彼にそうさせるのか。。
来季は時には2位に甘んずるチャンピオンを目指したクレバーな走りが戻ってくる事を望みます。


ロレンソは突き抜けてゆく。
こうなると誰も手がつけられない。


2位 ダニとロッシのバトルに注目が集まる。
チョイ悪ロッシに正当派ダニがどう立ち向かうのか?!

ロッシの執拗な攻撃にもダニ負けてない。
いや、それ以上の走りを魅せ、ダニがバトルを制する。
今年のグランプリは面白いね。
皆の記憶に残るような名バトルを何度も観る事が出来るから。。

久々に全開のダニ・スマイル魅せて頂きました。
ライダーは速いだけでは駄目、ヒトを惹きつける魅力を十二分に持ってないと。。
ダニのスマイル観てるとつくづくそう思う。

次はダニにとって過去に勝利経験のあるもてぎ、腕上がりも気にならないような・・今回の走りで勝利を目指して欲しいよね。



ロッシはストレートで苦労していたが、持てる力を振り絞り、全開でバトルしていた。
ヤマハの開発陣も今回のバトルに感化され、て更に良いマシンを創り上げる事でしょう。


ロレンソが勝ち、首位のロッシとの差が縮まった。
ワントラブルで逆転の可能性も十分ある。
もてぎは誰が勝つのか・・

今年も現地で声援贈ります。
いろんな意味で楽しみだね。







HONDA " HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.141 ペドロサが激しいバトルを制して2位、マルケスは転倒"






Last updated  Sep 30, 2015 10:30:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 18, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP




予選を観た感じでは決勝予想
1、マルケス
2、ロレンソ
3、ロッシ

ロレンソ、2位としたが、勢いあるので、ホントは1位にしてもいいくらい。
ただ、マルケスはホンダの看板背負ってるんで、2位じゃ納得出来ないだろうなと・・感じたので1位。

天候不順、ミサノの天候はロッシに味方するのか・・。
ロレンソは昨年の雨のクラッシュのトラウマが払拭出来ていない。
雨になるとチャンピオン争いはロッシ有利となる。
ドライレースならロッシは上位ふたりのタイヤの様子を伺いながら、最後に絡んでくる・・って、そんな展開を予想。

そう・・ミサノの雲はロッシに微笑みかけるように動いた。。
ドライタイヤで始まったレース、ポツポツと・・雨が降り始め、“フラッグ・トゥ・フラッグ”つまりピットインし、異なるタイヤを履いたマシンへの乗り替えが始まる。
マシン乗り替えは若くて身体能力の高いマルケスが天狗ばりジャンプを魅せ、他のライダーよりダントツに速い。


レインタイヤでのバトル、雨は落ちなくなり、今度は路面が乾いてきた。
1位ロッシ
2位ロレンソ
3位のマルケス

ホンダのホームページによるとマルケスには”ドライのタイヤを履いたマシンの方がタイムがいい”とピットサインが出ていたらしい。
マルケス、タイヤの消耗も感じ、いち早くピットイン。

この後、チャンピオン争いしているヤマハの2台がピットに入らない。
レインタイヤで乾いた路面を走り続けるが、タイムがどんどん悪くなる。
自殺行為だ。。

この時、昨年のアラゴングランプリの光景が浮んだ。
スリックで雨のウェット路面を走るホンダの2台。。
ハラハラ・・ドキドキ・・
あぁ、ペドロサが転倒・・そして、マルケスもスリップダウン。
頭を抱えるマルケス。。
とても見ていられる光景ではなかった。

また、そんなレースが改めて再現されるのか。。


ロレンソ、”ピットイン”とボードに示される。
ロレンソ、ピットイン。

ロッシは?? ロッシは入らない。。
何故、ピットはロッシに”ピットイン”とボード出さないのか。。
ロッシのレインタイヤが乾いた路面に無残に引き千切られてゆく。


ロレンソ、タイヤの温まりが我慢で出来なかったのか・・無念の転倒を喫する。

ロレンソを追いこんだのは先を走るマルケスか・・
後ろから追いすがるロッシか・・
それとも自らの存在を否定するかのように・・地元のヒーロー、ロッシに微笑もうとするサンマリノの雲か・・


ロッシもようやっとピットイン。
伝説を今も更新し続けるレジェンドライダー。
それでも・・ピットから遠慮なくサインを送れるような環境を手に入れてもらいたいよね。
(きっとロッシだから、次はこんなミスはしないだろうけど。。)


日テレG+解説者の宮城さんの言葉、チーム力で引き寄せた勝利、マルケス、ウィリーでチェッカーをくぐり抜けます。


2位はスリックでイチカバチカ・・我慢の走りで魅せたスミスが2位。
3位はレース序盤で転倒したが、失うモノが何もない・・レディングが獲得しました。


気になったのは勝ったマルケスの表彰台でロッシコールが起こったコト。
そりゃ反則でしょう・・と思ったのだが、ブリヂストンの山田さんのフェイスブックによると、マルケス・パパがロッシコールを遮るように必死にマルケスコールを贈っていたとのコト。
さすが・・マルケス・パパ。
素晴らしい。

2011_07_P1220530



ロッシに微笑んだようにも感じるミサノの雲、次はロレンソ地元、頑張って欲しいと思う。
でもね・・、
眠れる獅子が目覚めたようにも感じる今回のサンマリノGP、
次、誰が勝つのか全く予想つかず・・楽しみでもあるんですよネ。









Last updated  Sep 18, 2015 11:45:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 31, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP



ロッシ、ロレンソ同ポイント、先に始まったMoto2クラスではレインタイヤがボロボロに・・天候不順で先が読めない・・おそらくシーズンのターニングポイントになるであろうレース。
予選を観ての予想は
1、マルケス
2、ロレンソ
3、ロッシ
決勝、朝の走りはロッシとペトルッチがいい。
スタート直前の降雨でレースが中断、ディレイで仕切り直し。

雨のレースだとロレンソが過去クラッシュのトラウマがあり、ロッシが有利になると思われたが、予想に反し、ロレンソが絶妙なスタートからレースを引っ張る。
トラウマは完全に消えたようにみえたが、ロレンソは徐々に後退し、ロッシとマルケスがレースをリードする。

2014年のMoto3クラスチャピオン争いでダーティーな走りをみせたジャック。
雨の難しい路面状況で無茶な走りをみせ、チームメイトのクラッチローを巻き込んで転倒。
チームオーナーのチェッキネロさんの悲鳴が聞えるようだ。
今のジャックを見てると、昔のシッチを思い出す。
パドックでは人懐っこい笑顔をみせるのに・・レースとなると鬼人に変身する。
さすがに今回のクラッシュはジャックのハートに届いたのではないか・・学んで進化して欲しい。

トップを走る、ロッシのテールに食らいつくマルケス。
この悪路で最後の最後、また無茶なバトルが始まるのか・・と思った矢先、マルケスがグリップを失い転倒。
本人もセーブして走っていただろうに・・納得出来ないクラッシュじゃなかったんじゃないかな。。

ロッシ独走、プラマックのペトルッチが雨の難しいレースで快走を魅せる。
ドゥカティワークスの意地でドヴィが追うもこの日のペトルッチには敵わない。

やがてペトルッチはロッシの背中も脅かすが、なんとかロッシが逃げ切り、レースに勝利する。
勝ったロッシ、レース後のいつもの爆発するようなPOWERもなく、このレースがいかにハードだったかを感じさせる。

ロレンソ、最後にペドロサを食ったものヘルメットバイザーが曇るというトラブルで思うような結果も出せず、シルバーストーンの気まぐれな雨雲はロレンソの表情までも曇らせた。
流れはロッシに大きく傾いたように感じる結果となった。

次はロッシの地元、サンマリノ。
怪我明け2戦目より調子が出てくるペドロサ、納得いかないクラッシュで結果が残せなかったマルケス、ホンダ陣営の巻き返し、そしてチャンピオンを諦める訳にはいかないロレンソがどんな走りを魅せるのか、楽しみだ。







Last updated  Aug 31, 2015 11:30:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 14, 2015
カテゴリ:2015 MotoGP


予選み終えた後の予想は
1、マルケス
2、ロレンソ
3、ペドロサ

左コースの多いザクセンリンク、タイヤの左側に異常な負担がかかる。
ブリヂストンタイヤの山田さんは日テレG+のレース解説中、「タイヤが可哀想・・」発言が飛び出す。
ブラッドリー・スミスはレース終盤はニー・スライダーが擦り切れ、ツナギに穴が開き、まとに膝擦り出来ないほどであった。

旧フレームを手に入れたマルケスが絶好調、ヤマハには出来なかった強気のタイヤ選択。
そして独走優勝。
ホンダの逆襲はヤマハ勢にとって脅威、チャンピオンシップの台風の目はマルケスとなりそうだ。

ペドロサ、タンク満タンの時は思うように走れなかったが、燃料が減ってきたらバイクが思うように動くようになり、本領発揮。
ロッシとの2位争いを制した。
パルクフェルメのHRC副社長中本さんのペドロサに対する接し方に愛を感じたナァ。
定位置に戻ってきたペドロサの今後が楽しみです。
(ペドロサって、15年式フレーム使ってるんだよね??)

ロッシ、決勝にきっちりマシンを仕上げ、抜き方が綺麗で見事でした。
シフトダウン側もシームレスになり、今季はブレーキングにキレが戻ってきた。
連続表彰台記録も更新し、ロレンソの前にゴール出来て上機嫌。

ロレンソ、苦手なコースだから、次頑張れ。

調子良かったレディングが転倒し、残念だった。
クラッチローとの差は開くばかり、頑張って欲しいね。

ドヴィはなかなか復調出来なくてこちらも心配。

ヒロシ、転倒。
結果残して欲しかった。。

BSの山田さん解説の
「タイヤが可哀想・・」コメントにも愛を感じたナァ。。

チュートリアル福ちゃんの
「今ロッシとバトルしてるのは誰ですか??」発言も笑った。







Last updated  Jul 14, 2015 12:00:03 PM
コメント(4) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.