918701 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

初心者的☆ちょい投げ雑記

PR

X

プロフィール


ハオコゼ

サイド自由欄


・・・・・・・・・・ヽ(;▽;)ノ マジでショボイ


【マダイ 46㎝】


【へダイ 44㎝】



【コロダイ 60㎝ 2.6㎏】


【コロダイ 65㎝ 3.78㎏】



【イシダイ♂ 42㎝ 1.3㎏】


【イシダイ♀ 44㎝ 1.9㎏】


【イシダイ♀ 49㎝ 1.90㎏】


【イシダイ♂ 50㎝ 1.92㎏】


【イシダイ♀ 50㎝ 2.49㎏】


【イシダイ♀ 52㎝ 2.32㎏】


【イシダイ♀ 54㎝ 2.66㎏】


【イシダイ♀ 55㎝ 2.83㎏】


【イシダイ♀ 55㎝ 3.2㎏程度】


【イシダイ♀ 56㎝ 3.0㎏】


【イシダイ♀ 56㎝ 3.13㎏】


【イシダイ♀ 57㎝ 2.9㎏】


【イシダイ♀ 61㎝ 4.15㎏】



【マコガレイ 35㎝】



【アイナメ 36㎝】


【カサゴ 26㎝】



【カワハギ 25㎝】



【マダコ 1.25㎏】


【マダコ 約800g】


【イイダコ】


押忍!釣り道場

コロタマエクスプレスⅡ-

ちゅばのブログ

inachangのお気楽な投げ釣り覚書

Alumi Body~泉南・紀北のつり~

ま~、こんなもんでしょう!

甦れ!釣り少年★ぽんこち投げ釣りに挑戦2

ティワンのちょこっと投げキス!釣り日記

ポチャッと投げ釣り奮戦記

たっくう投げ釣りと日々

【動画】キングKOROTAMAグランプリ





カテゴリ

2014年06月01日
XML
カテゴリ:ぽんこちへの道

いやはや、じゃこ先生が失踪して以来、ポンコチブログ業界も停滞の一途を辿って寂しい限りですが・・・(´・ω・`)ショボーン

微力ながら何とか頑張って盛り上げて逝きましょう・・・


さて、長らく探し求めていたブツを、やっと入手できました。

今回ご紹介します逸品は、こりだ~~~!!

P1010980.JPG
【ダイワ ミニメイトシステム】
(発売年)    1977


なんだこれは・・と思われた方もいるかも知れませんが、この黒いケースをゴルゴ13の様にゆっくりと開け、中からアーマライトM16を・・・

P1010985.JPG

じゃなかった、5ピースロッドとスピニングリールを取り出し、組み立てる。

P1010993.JPG

完成です!

これはかつてアメリカなどで販売されていたパックロッドセットですが、ハードケース入りでケース内にはルアーなどの小物を入れるスペースもあります。旅行などにも持って行けるトラベルパック的な位置付けですかね。非常にコンパクトにまとまってます。安物のパックロッドセットなんかは、よく釣具屋の店頭で売ってますが、これはそんな子供向けのチャチなものとは品質が違います。同梱されているリール名はミニメイトといいます。

P1010986.JPG
【ダイワ ミニメイト】
(製造年)     1976年頃
(ラインキャパ)  2号-80m(
2lb-160yds)
(重量)      181g
(ギアー比)    1:4.4

素晴らしい!このスペックは、文句無しの栄光の極小ぽんこち殿堂入りです。これは、じゃこ先生が所有しているスピンスターミニの輸出仕様モデルで、リール単体でも販売されてた高級機種です。オールドダイワのメードインジャパン品は今でもアメリカで人気が高く、アチラのポンコチスト達も特にこのようなミニマム製品が好きなようです。

P1010991.JPG

ボールベアリングも2個内蔵しており、ゴールドカラーが美しいリールです。ラインキャパの書き方が、ポンドとヤードになってますね。

P1010982.JPG

そしてロッドは、153cmのグラス製でべろべろですが、飾り巻も凝ったレトロテイスト溢れる逸品です。これは韓国製となってます。

P1010981.JPG

そしてケースは Made in USA


なんとも可愛らしいタックルシステムですが、この製品のコンセプトを上手に表現している広告がありました。

1982 daiwa.jpg

この広告は1982年頃の米国のものみたいですが、カジキばりにぶら下がっている魚はブルーギルで、釣ったと思しき人の手には極小スピニングタックルが。


Minisystems. They make a Bluegill feel like a Bluefin.

―ミニシステム。それらはブルーギルの感触をブルーフィンのように変える。(かえ?^^;)

ブルーフィンとはブルーフィンツナ、つまりクロマグロのことでしょう。要するに、小さな魚でも小さなタックルで釣ることにより、その釣り味、面白さは大物釣りにも引けを取りまへんで~ということなんでしょう。

これはまさに、釣りキチ三平の中で語られたタナゴ釣りの思想そのものです。

三平.jpg
【矢口高雄著 KC釣りキチ三平26巻 『小さなビッグゲームの巻き』より】

アメリカンがこの感覚を持っていたというのは驚きです。いや、ダイワが提唱したんかな?しかし、僕みたいに体力も根性もない人間からすると、後者の釣りのほうが性に合っていますね。あまり身構えなくても、釣りは十分楽しめるということです。


これらのミニタックルは、ダイナミックで豪快な大物釣りが好きそうなアメリカ人の感性にはそぐわない気もしますが、オールインワンなのが簡単でいいのか、これ以外にもミニスピンキャストのセットなど色々なシリーズが存在していて、現在もアメリカでこれらの後継商品が発売され続けているところを見ると、アチラではダイワの定番商品のようです。

ms_main.jpg
etp_main.jpg

このような小型パッケージ商品を作らせたら日本人に勝るものはいないと思いますが、不思議なのは、なんで日本で販売されていないんですかね。一部、国内販売されていたものも存在するようですが、カタログで見た覚えもありませんし、昔からあまり馴染みがありません。釣りという趣味が高じると道具にも拘りが多くなり、間違ってもこのようなメーカーお仕着せのセット商品では満足できないハズですが、高品質に作られていることとワンパッケージでどこでも気軽に持ち歩ける携帯性にやたらと魅力を感じてしまいます。 何とも楽しげなミニタックルセットで夢が広がりますね。

いや~やっぱ、『ダイワ、いいわ~!』 ←このCM憶えてます?







最終更新日  2014年06月03日 20時15分54秒
コメント(20) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   なみ平 さん
アトランティックな夜 執筆者、なみ平です。
これは珍しい!!
こういうセットって、一度は手にして、旅にでてみたいと、夢が広がりますね。
(2014年06月01日 21時21分57秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
なみ平さん、ご無沙汰してます。コメントありがとうございます。

いいでしょ~コレ。国内で販売していてもそこそこ売れたと思うんですが、アメリカダイワの現地法人が発案したんですかね。

男の七つ道具の一つというか、パックロッドセットは何とも言えないワクワク感がありますね。

(2014年06月01日 23時11分02秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム   KAT さん
まいろm(_ _)m
尊師の好みドストライクなセットでんな
リール付きって珍しい。
同じアーマライトでもAR-7を思い浮かべましたけどwあれはバラバラになって
ストックに収まりますわ。
国内はパックロッドと言えば渓流トラウトのショートロッドかフライロッド、
あとは一気に価格帯さがってちゃちぃ奴しかないですね
ダイワが現行でリール付きのセット出してたような気もしますが?
釣りガールってどこいったんでしょw (2014年06月02日 00時56分32秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   じゃこごうこ さん
まったこりゃすごいのを手に入れましたね。
ほぼ新品!?

ぼくもリールだけ持ってます(笑)
しかし、このぶにょ竿、かっこええですね。
ガイドもえーわー。

うーん、これなら飛行機でも追加とられへんなあ。
こっちでもね、ウルトラライトはどこの釣具屋にもあるんですよ。
でも、こんなに精巧じゃないんですよね。

そーいえば、子どもの頃、ワゴン売りのガイド付き振出万能竿を使ってましたけど、ひどいもんでした。
そのぶにょぶにょ竿に、3本バリのインスタント仕掛けで投げるんですが、20cm級のガッチョがトリプルで掛かるとリールが巻けなくなるんです。
楽しかったなーwww (2014年06月02日 15時56分30秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
KATさん、まいどです。
本当にドストライクですよ。これを見たときから、いつかは手に入れねばと思ってました。問題は、僕以外にもそう思っている人間が世界中にいることです(笑)

AR-7とはマニアックですね。Katさんは銃火器マニアでしたか。僕もにわかマニアで、怪しい野外ゲームしてたこともあります。

現行モデルでダイワから安っぽいセットが出てたような気がしますが、パックロッドセットでこの水準のものは無いようですね。

釣りガールはメーカー主導の話題作りであっさりコケた感じでしょうか?(笑)釣キチ三平のフィッシングかあちゃんくらいの人はなかなかいないでしょうね。

(2014年06月02日 18時10分26秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
じゃこ先生、まいどです。

これは先生もドストライクでしょう。やっぱ我々はミッチェルとかイリングワースとかのA級王道コレクターではなく、限りなくB級品に近い銘品に惹かれますね(笑)

未使用ではありませんでしたが、限りなく使用歴が浅いですね。非常に運が良かったです。

ロッドは時代的に多くは望めないですが、飾り巻は凝ってます。ぐでんぐでんの調子は、20センチくらいの魚でも本当にブルーフィンクラスに感じそうです(笑)楽しさはありますね。

そっちのお国でも、これが見つかるかも知れないですよ。案外フリーマーケットで10ドルとか。リサイクルショップめぐりで珍品を探してくださいよ(^^
(2014年06月02日 18時24分33秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ☆しん☆ さん
ハオコゼさん、おはようございます(^^)/
すごいの見つけましたねぇ。
国内でこれ入手できるとはちょっと驚きです。
これって、もはや「ポンコチ」ではなくて立派なコレクターアイテムですよ~
アメリカンダイワ1977年の発売になりますね。
ミニメイトの兄弟には、ミニスピンとミニキャストがあり、ミニスピンの2ピースは、国内でも販売されてました。
ミニシステムシリーズは、当時の資料で、「アメリカで一番の売り上げタックル」「アメリカで爆発的人気」と書いてありますが、ごっついアメリカ人には全然似合いそうにはないですね。
子供用にしては高級な感じです、ゼブコのスヌーピーセットのようにおもちゃっぽくもないし・・・
三平くんの「掌=タナゴの心」、懐かしいですねぇ。
(2014年06月03日 10時12分15秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ま~(なんで3文字以上やねん!!) さん
はおこぜさんまいろ!
題名見て釣りキチ三平のたなごゲーム思い出しました。
そんなものが売られているんですね~うちにはペン型ロッドがありますがガイド径小さいしイマイチですわ~
しかし、ぽんこちマニアは奥が深い・・・

そうそう以前ブログでミリオンマックスUPしたらよその国の方から「売ってくれ」みたいなメールが来ましたよ!いや~コレクター精神は恐ろしい~できれば日本語できて欲しかった(爆) (2014年06月03日 18時27分32秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
☆しん☆さん、まいどです。
貴重なデータをありがとうございます。早速、内容修正させてもらいます。USダイワのカタログもお持ちなんですね。
さすがに国内でこれを見つけるのは至難の業と思います。これは遥かフィラデルフィアからやってきますた。こんな私は大馬鹿です・・・orz

ミニスピンの2ピースは僕も一回だけ現物を発見しました。これもなかなか人気があるみたいですね。

ミニシステムは当時のアメリカで結構人気があったのですね。確かに人気が無ければ色んなシリーズは発売しませんもんね。今は別の意味で人気がありますね。ROD&REEL COMBOのオールドと言うと、単品より遥かに注目度が高いです。

ぼくもゼブコのディズニーロッドを持ってましたが、大人が本気であれを使ったら面白いですね(笑)

タナゴコロをタナゴの心と掛けた作者氏には、本当に教えられることが多いです。
(2014年06月03日 20時04分43秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
ま~さん、まいどです。

リールやロッドの単品で色々見てくると、次は変則的な製品に目が行きますね。またいずれ奇異極まりないブツを紹介したいと思います(笑)

ミリオンマックス売ってくれメールですか!?
たしかにダイワマニアは世界中にいるようなので、欲しがる人もいるんでしょうね~

そこは吹っ掛けないと!(笑)

こっちの言語お構いなしに自国語でいきなりメール交渉というのもラテン系のノリですね。 えっ、違う?(^^;

僕のブログはメール機能が無くなったので、そんな交渉メールも来なくていいですが、来ても楽しそうですねw

(2014年06月03日 20時13分15秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ぐりふぃんMB さん
こういうのって ワクワクしちゃいますよね
小さくまとめられた機能
役に立たい十徳ナイフにだって少年は ワクワクしちゃう
ましてやコレは 天下のダイワ製
こんな上等な物をもちあわせてなかった僕は
振り出しのコンパクトロッドにミリオネアをセットしたものを
部活のスパイク入れバッグに隠し学校にいってました
放課後 途中の池でワクワクフロッグゲームをするために・・
ハリソンとブルフロッグは 本気用でしたので
パックには ウルトラフロッグを同梱してましたww (2014年06月05日 17時03分43秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
ぐりふぃんさん、まいどです。

十徳ナイフとかもそうですが、もしもの時のために備える装備品というのは、準備段階が楽しいですね。もしもの時っていつだよと突っ込みたくなりますし、もしもの時ってまず来ないですね(爆)

同じ道具でも、セットにすることで既にこの中に一つの小宇宙が構成されてます(言い過ぎ?^^;)

学校に釣り道具同伴ですか。帰り道に釣りに行くとか、こういう時分が一番楽しいですね。社会人になって所帯を持つと、こういう当時の思い出がホントに輝きます。
(2014年06月05日 20時31分00秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ぐりふぃんMB さん
冒険とか サバイバルとか 秘密基地とか
少年は ワクワク

斉藤たかをの「サバイバル」を何度も読んだ小学生

「有事の際」なんて言葉も知らなかったけど
なんかあったら 一人ででも生き抜いてやる
オカンも妹も僕が守る!助けたる!!
そんな心構えもありました

水の濾過 放射能被害を最低限度に 有毒植物の判別 
そんな本ばかり読みました
過去に 何丁も十徳ナイフを買いました

時代は 流れ 今や 生物兵器・・・
抗するすべは???


話しは かわり
このリールのゴールドは ミリオンマックスを彷彿させますね

ミニオンマックスですねww (2014年06月06日 20時03分43秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
ぐりふぃんさん、どもども(^^

秘密基地はよく作りましたよ。トムソーヤの樹上の小屋みたいなんが理想ですが、とてもそんなレベルではできなかったです。
カブトムシ獲りに校区外に出ただけで、ワルになった気分で、ささやかなもんです。(^^;

『サバイバル』は僕も読んでました。ミミズのウドンとか、狩りの仕方なんかも具体的に載ってましたね。今読んでも、色々なことを考えさせられます。『漂流教室』とかも面白いですね。

>このリールのゴールドは ミリオンマックスを彷彿

古いダイワはゴールドカラーが多いですね。この時代の定番でしょうか。でも成金趣味っぽい嫌味も感じませんけどね。僕もダイワのゴールドカラーは好きなんで、他にも持ってますが、また紹介いたします。
(2014年06月06日 20時29分03秒)

おっ!!(^Д^;)   河原のエロ本 さん
こんにちは。
よくこんなレアなもんゲットできましたよね! 羨ましいかぎりです。
メジャーなオールド品(ブローニングやフェンウィックなど)なら金さえ出せば入手可能なわけですが…
( 当方金無しキングですけど、、(^^;)
オールドのジャンルでパックロッドは出にくいほうです。しかもパックセットともなればレア中のレアだと思います。
いゃ~ツイてますなァ~( ~っ~)/
小学生だった70年代の頃に見た大人達のルアータックルは、まずトラウト用がメインでしたね。そんな郷愁の想いが蘇りましたよ(笑) (2014年06月07日 00時08分43秒)

Re:おっ!!(^Д^;)(06/01)   ハオコゼ さん
河原のエロ本さん、まいどです。金が無いのは僕も一緒(^^;

しんさんの話ですと、当時このシリーズはアメリカでかなり売れたようですが、このミニメイト版はトップグレードでマニア間で一番人気があるモデルなんで、あまり出物がありませんね。
他のセットはリールが韓国製とかが多くて、出回るのはこちらが圧倒的に多いです。
あっちのマニアも考えることは一緒ですわ。萌えるポイントが一緒・・・(^^;

こういうライトタックルは、ルアージャンル向けを狙った製品が多いですが、他の釣りジャンル用にもこんなセットがあると楽しいですね。
(2014年06月07日 08時11分51秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ぐりふぃんMB さん
漂流教室は 低学年のコがかわいそうに思いましたねぇ

(2014年06月08日 13時05分13秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
ぐりふぃんさん、どもども(^^

>漂流教室は 低学年のコがかわいそうに思いましたねぇ

この作品は少年誌で連載していたとは思えない内容ですね。SFと言えばそれまでですが、今の自主規制がんじがらめの時代では連載できんでしょうねえ。
昔の恐怖漫画にもカニバリズムものとかありますが、人の生き死にに迫って初めて見えてくることもありますね。

(2014年06月08日 14時13分38秒)

Re:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   オーバーホール さん
とても勉強になりました。
2020年4月には、コロネットIIもダブルハンドルになって、リニューアルですね
コロネットの歴史を探り求め歩く旅楽しそうです。
ありがとうごいました。 (2020年03月27日 14時38分37秒)

Re[1]:小さくてもビッグゲーム 極小タックルシステム(06/01)   ハオコゼ さん
オーバーホールさんへ

コロネットがダブルハンドルになるんですか。それは知りませんでした。いつまでも生き残って欲しい機種ですね。

稚拙なブログですが、また暇潰しにご覧ください。(^^

(2020年03月27日 21時18分04秒)


© Rakuten Group, Inc.