000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

初心者的☆ちょい投げ雑記

PR

X

プロフィール


ハオコゼ

サイド自由欄


・・・・・・・・・・ヽ(;▽;)ノ マジでショボイ


【マダイ 46㎝】


【へダイ 44㎝】



【コロダイ 60㎝ 2.6㎏】


【コロダイ 65㎝ 3.78㎏】



【イシダイ♂ 42㎝ 1.3㎏】


【イシダイ♀ 44㎝ 1.9㎏】


【イシダイ♀ 49㎝ 1.90㎏】


【イシダイ♂ 50㎝ 1.92㎏】


【イシダイ♀ 50㎝ 2.49㎏】


【イシダイ♀ 52㎝ 2.32㎏】


【イシダイ♀ 54㎝ 2.66㎏】


【イシダイ♀ 55㎝ 2.83㎏】


【イシダイ♀ 55㎝ 3.2㎏程度】


【イシダイ♀ 56㎝ 3.0㎏】


【イシダイ♀ 56㎝ 3.13㎏】


【イシダイ♀ 57㎝ 2.9㎏】


【イシダイ♀ 61㎝ 4.15㎏】



【マコガレイ 35㎝】



【アイナメ 36㎝】


【カサゴ 26㎝】



【カワハギ 25㎝】



【マダコ 1.25㎏】


【マダコ 約800g】


【イイダコ】


押忍!釣り道場

コロタマエクスプレスⅡ-

ちゅばのブログ

inachangのお気楽な投げ釣り覚書

Alumi Body~泉南・紀北のつり~

ま~、こんなもんでしょう!

甦れ!釣り少年★ぽんこち投げ釣りに挑戦2

ティワンのちょこっと投げキス!釣り日記

ポチャッと投げ釣り奮戦記

たっくう投げ釣りと日々

【動画】キングKOROTAMAグランプリ





カテゴリ

2015年06月06日
XML
カテゴリ:ぽんこちへの道

皆さん、ぽんこちは。久々のぽんこちネタです。

なんだこの薄汚い巾着袋はという声が聞こえてきます・・・

P1020239.JPG

このなんとも言えないダサきもい魚の絵柄は、大森好きの方ならおなじみのリール袋ですね。もうこの絵柄でハアハア興奮しているアナタは変態確定です。


という訳で、今回ご紹介するのはこちらの商品です!

P1020235.JPG
【大森製作所 初代マイコンSS】
(製造年)     1980年代初頭?
(ラインキャパ)   2号-150m
(重量)       210g
(ギアー比)     1:5.2


僕は古くて小さいリールが好きなんですが、その中でも特に好きなメーカーの大森の、その中でも特に好きなリールである初代マイコンの最小サイズは、なかなか手に入れられませんでした。

その理由は、単にオークション相場が高いからでありまして、ましてやコレはそこらのジャンク屋に転がっているような代物ではありませんので、長いこと指をくわえて見ておったんですが、一年ほど前に異常に写真映りの悪いSSに入札してましたら、ギャンブル性が高すぎたせいか相場の半値程度で落札できました。しかし届いたものはかなりの美品で、回転フィーリングなどは新品と言えるレベルでした。ありますからねー見た目がキレイでも機関がどうしようもないのが。

このマイコンというネーミングは、パソコンがまだマイコンと呼ばれていた1980年代初頭に、その名にあやかったと思われるんですが、だれかご存知の方いないですかね。

でも、マイコン=マイクロコンピュータ=micro computer とすると、MI-COMなんですが、表記はMI-CONなんですよね。ここもよく分からない。

ちょっと話はそれますが、マイコン(パソコン)が思いっきり高価で物珍しかった1982年頃、だいたい小学校高学年から中学生くらいになると、一部の賢めの御大尽(お金持ち)の御子息の中にはマイコン(PC-6001やFM-7なんか)を買い与えてもらう子もいて、僕を含む貧乏人の子倅どもは、普段たいして親しくも無いのにマイコンゲームやりたさに、〇〇く~ん、あっそっぼ(^^♪と、ずうずうしくも大勢で押し寄せておりました。

当時の記録メディアはカセットテープ(笑)クソみたいなゲーム&ウォッチレベルのゲームでもロードに30分くらいかかり、そのあいだトランプでもして時間をつぶすというのがパターンでした。しかしそんな低スペックなマシンでも、得られる楽しさ・興奮は、今のゲームとは比較できないほどでしたね。例えるなら、原始人に風邪薬を投与すると効き過ぎるような感じです(笑)そんな時代を思い返すと、現代のコンピュータの進歩のスピードは異常すぎて、とても人間が適応できているとは思えません。感覚がマヒしてますね。

しかし、リールの投げて巻くという基本は昔から全く変わらないので、昔のリールでも全く使用に支障はありません。古いパソコンはガラクタですが、古いリールはビンテージになるのはこのためです。

え?(^^;どっちもガラクタですか?


話は戻って、このSSも通常サイズのマイコンと全く同じ機能・構成です。
P1020242.JPG
おなじみのラチェット切り替えスイッチに

P1020245.JPG
ベールフォールディング機構

リアドラグやサイズ等を見ると、以前紹介したダイワのプロスピンGS-500RDとほぼ同じですね。
P1020233.JPG
ダイワは非常に好きなメーカーなんですが、この二つを触り比べると、残念ながらダイワのほうはオモチャのような出来ですorz 文章にするのは難しいですが、回転フィーリングやドラグの滑らかさ、部品の加工精度、精密感、剛性感、密度の高い重量感など、とても比較できるレベルではありません。ダイワがダメなんじゃなくて、大森が凄すぎるんですね、これは。いろいろ極小リールを紹介してきましたが、いままで触った中で、明らかにこれが一番完成度が高い(使用してませんから、あくまで触った感想です)と思います。久々の触っているだけでニヤニヤしてしまうリールです(・∀・)

ついでに、最小のオートベールミニとも比較してみましょう。
P1020238.JPG
サイズは一回りおおきくなりますが、その分、内部構造を複雑化する余裕もでき、また耐久性なども考えると、小ささと実用性が高次元で両立しているサイズと言えますね。こんなんで小物釣りしたら贅沢で楽しいでしょうね~。


さ~て、ちょっとマイコンを掘り返してみましょう。

P1020224.JPG

・・・・・・・・・こんだけ発掘できました(汗)


でも、こんな未使用新品¥980(税込)とか転がってたら、買うしかないでしょ!今でしょ!(`・ω・´)
P1020230.JPG

最小のSSと最大のNo6を比較。
P1020237.JPG
No6はWIDE808に負けない迫力ですね。これは十分コロタマファイトに使えます。

じゃこ先生のとこからちょっと写真を拝借しますよ。
img_7.jpg

というわけで、マイコンストレートフラッシュの完成です。
P1020225.JPG
P1020228.JPG
う~ん、美しい~(^^♪  ただこれがやりたかっただけ(笑)







最終更新日  2015年06月06日 20時37分56秒
コメント(14) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.