935239 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

初心者的☆ちょい投げ雑記

PR

プロフィール


ハオコゼ

サイド自由欄


・・・・・・・・・・ヽ(;▽;)ノ マジでショボイ


【マダイ 46㎝】


【へダイ 44㎝】



【コロダイ 60㎝ 2.6㎏】


【コロダイ 65㎝ 3.78㎏】



【イシダイ♂ 42㎝ 1.3㎏】


【イシダイ♀ 44㎝ 1.9㎏】


【イシダイ♀ 49㎝ 1.90㎏】


【イシダイ♂ 50㎝ 1.92㎏】


【イシダイ♀ 50㎝ 2.49㎏】


【イシダイ♀ 52㎝ 2.32㎏】


【イシダイ♀ 54㎝ 2.66㎏】


【イシダイ♀ 55㎝ 2.83㎏】


【イシダイ♀ 55㎝ 3.2㎏程度】


【イシダイ♀ 56㎝ 3.0㎏】


【イシダイ♀ 56㎝ 3.13㎏】


【イシダイ♀ 57㎝ 2.9㎏】


【イシダイ♀ 61㎝ 4.15㎏】



【マコガレイ 35㎝】



【アイナメ 36㎝】


【カサゴ 26㎝】



【カワハギ 25㎝】



【マダコ 1.25㎏】


【マダコ 約800g】


【イイダコ】


押忍!釣り道場

コロタマエクスプレスⅡ-

ちゅばのブログ

inachangのお気楽な投げ釣り覚書

Alumi Body~泉南・紀北のつり~

ま~、こんなもんでしょう!

甦れ!釣り少年★ぽんこち投げ釣りに挑戦2

ティワンのちょこっと投げキス!釣り日記

ポチャッと投げ釣り奮戦記

たっくう投げ釣りと日々

【動画】キングKOROTAMAグランプリ





カテゴリ

2018年09月23日
XML
カテゴリ:釣行記
​​
©2018 HAOKOZE DESIGNWORKS. All rights reserved.


今年から当クラブも若手が増えましたんで、Tシャツでも作ろうという話で、新ロゴデザインを作ってみました。ついでにステッカーも。う~ん、かっこええ。




前回のコロダイ狙いで弟子にしてやられ、8月の連休は『こっちは何年コロダイ狙っとると思っとんねんリベンジ』を兼ねて、再び七里に行こうと思ってたんですが、あいにくの台風襲来による高波で、とても竿を出せそうになかったので、やむを得ず紀東の湾内で真鯛でも狙おうということにしました。



この手のポイントの真鯛狙いは昔からやってますが、まともなサイズが釣れたためしがないんで、相性が悪いんですよね。 え?(^^; 腕が悪い?

行く前からテンション低いです・・・


この日も弟子を引き連れ、湾内真鯛狙いのセオリーをレクチャーします。って、釣ったことない奴に教わりたくないでしょうね(ーー;

日没前にわたくしが、一応本命魚のチャリコを釣り上げ、師匠の​​威厳​​を見せつけます(笑)



お約束のサイズです。


日没後に、さらにわたくしがガシラをゲットして、師匠と己の​力量の差​を見せつけます(笑)



なんとかオカズ確保で内心ホッとするわたくし。しかしそのレベルの低さを悟られないように気を付けます(笑)


その後、弟子も同サイズのガシラをゲット。



大物ではありませんが、こんなんが数釣れるといいんですけどね。これも自己記録更新だそうです。


その後、夜中に私の竿が一回倒れるアタリ(スカし)があった以外は、何事もなく朝を迎えて納竿としました。なんてしょぼい釣行・・・というか、いつもの調子ですが。


非常に不完全燃焼な結果になりましたが、9月の今回の連休では何とか天気も持ち直し、七里に来ることが出来ました。今回は久しぶりな気がする単独釣行です。



当時朝までの雨の影響も少なく、潮は澄んでますね。風も波も穏やかで、釣り日和です。


夕方から日没まで一向にアタリが無く、餌の確認で真ん中の竿を巻き上げると根掛かってます。
ラインブレーカーで引き抜くと重さがあるので、タコが岩場に張り付いていたようです。



ちょっと小さいので、これでボウズ逃れのオカズ確保とはなりません。しょぼいスタートです。


しばらく経って、左の竿がコンコン揺れてます。巻き上げるとチャリコでした。



日没直後のゴールデンタイムにこのしょぼさで、写真を撮る気力も失せてきましたので、スマホ画像です。


そして下げ6分の19:30に左の竿がぐいんぐいん引っ張られます。

ダッシュで竿を取り、セイヤー!と電撃合わせ。

よし乗った!

おおお これはかなりデカい!

間違いなくタイ型の魚の手ごたえです。これで今日のノルマは達成できました。

何の魚かな~♪(^^ と、期待しながら慎重に寄せてきます。

この上がってくるまで分からないというのがドキドキして本当に楽しいですね。

が、次の瞬間、フっと軽くなりました。

え?(--;

急に手前に走ってフェイントをかけたかな?とぐりぐり巻きますが、一向に重さが復活しません・・・(汗)

掛かりが浅かったようです。orz

ここのポイントの特徴としては、一晩一発のアタリがあれば御の字ということと、時合が一晩通しで30分程度の一瞬しかないという傾向があります。

この貴重なアタリをバラしたら、それはもう今日は終わったということを8割方意味します。

まだお仲間がうろついている可能性もあるかもと、自分を鼓舞して投げ返しますが、こんな時にアタリが続いたためしはありません。

が、10分後、また同じ竿がぐいんぐいんと引っ張られてます!(@@;

今度こそ!との思いで合わせを入れると、

よし乗った!

おおお さっきのよりは小さい気もするが、これもかなりデカい!(^^

全く同じ方向で全く同じことをしてるんで、なんかデジャブみたいな感じですが、やりました。

ラインや針の強度は十分でも、さっきみたいなことがあるんで、僕はいつものらりくらり無理しないようにしてるんですが、それでもバレるときはバレるんで、悔いが残るのは正体が見られなかったことですね。これは何とか正体を見たいです。


ちんたら慎重に時間を掛けてやっと上がってきました。



おお!やった!(^^

​どど~ん!!​​​

【コロダイ 60センチ 2.6㎏】

​七里でやっとまともなサイズのコロダイを釣りました。苦節9年? 長すぎるっちゅーの(--;

これで弟子の記録をあっさり抜き返し、今頃 己とわたくしの​実力の差​を認識していることでしょう(笑)

しかし今日は石鯛狙いで来てるんですが、狙ってないとこういうことがあるんですよね~まあ僕は滅多にありませんが。

もうこれでお腹いっぱい満足したんで、早めに切り上げて車で就寝し、朝マズメから再スタートです。

夜明け前から投げ返すも、餌取りの気配すらありませんが、これもいつものことです。

完全に夜が明けきった下げ7分の06:30に最後の餌を付け投げ込みます。


ほどなくしてドラグが


​​​ジャッ! ジャアアアァァーーーーーー!!​​​​


僕は七里では、ラインが波に持ってかれない様にドラグはキツめに締めてるんで、最近はドラグを鳴らすアタリは無かったんですが、こいつはあっさり引っ張って疾走しております。

寝起き間もなくで全く予期してなかったいきなりの出来事に、頭が真っ白になりましたが、素早く竿を取りドラグを締めます。が、


と、止まらん



昨晩のコロダイとは明らかに次元の違う引き。全然寄せられへん(汗)



このスピードとパワー・・・   この引き・・・覚えがある。




『 奴だ・・・奴が来たんだ・・・ 』

m_E382ADE383A3E38397E38381E383A33-10cd1[1].jpg

​​​​​​

E382ADE383A3E38397E38381E383A34-769c7[1].jpg
赤い奴ではないですよ・・・


竿の曲がりっぷりを見て、ギャラリーが集まってきました。


こういうのは苦手です。バレたらかっこ悪いし、一人で楽しみたい。


本当にひと巻きひと巻き寄せて、やっと上がってきました。




​​どど~ん!!​​​

【石鯛♀ 57センチ 2.9㎏】

やりました!コロダイに続いて石鯛も自己記録更新です!

本当​はひゃっほー​と喜びの踊りを踊りたいくらいですが、ギャラリーがいるので、

『ええ型やねー、このサイズは数年に一匹くらいしか出んねー』

などと、平静を装って受け答えしてました(笑)

この石鯛、昨夜のコロダイとさほど大きさは変わりませんが、取り込むまでコロダイの3倍くらいの時間が掛かりました。突っ込みとか締め込みが強烈なのは瞬発力の違いでまあ分かるんですが、相手がじっとしている時にラインのテンションを保っているだけでも、伝わってくる重さが重いんですよ。あれはなんなんですかね。体の面積とヒレの面積が大きいから水の抵抗も大きいということ以上のものを感じるんですが。何にしても石鯛には特別なものを感じます。

帰りのクーラーは獲物の重さで6㎏近くプラスされたので、めちゃ重かったっス(^^;



​​​僕の技量では、今回のような釣果は10年に一度あるかなしといったところです。しつこく続けていると、こんなこともあるんですね。

やはり投げ釣りは最高です。(^^







最終更新日  2019年01月18日 22時01分19秒
コメント(12) | コメントを書く
[釣行記] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


おめでとうございます!   たっくう さん

こんにちわ、やっちゃいましたね
(^_^)おめでとうございます!

ギャラリーの前で平静を装うのは大変ですが、僕の場合、正体がエイやサメで、なーんや…あはは…って、頼んでもいないのに傷つくケースが殆どです(T_T)

ステッカーいいですね~
(2018年09月24日 12時42分40秒)

Re:おめでとうございます!(09/23)   ハオコゼ さん
たっくうさんへ

ありがとうございます。ちょっとツキ過ぎで、今後数年はロクなものが釣れない気がします(^^; この記録を再び更新するのは何年後になるのか見当つきません。

ギャラリーに横で見られると、色んな意味でやりにくいですが、僕も自分の横の人が大物とファイトしていたら、見に行ってしまいますね。来るなとは言えないですね。


(2018年09月24日 21時36分50秒)

Re:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ま~(3文字) さん
ハオコゼさんまいろ!
ちょい!ちょちょいぃ!!
その釣果~凄いじゃないですかー
正月が3年分来た感じ?
結婚式を10回した気分?
うわぁ~この天候不良はこの予兆?(笑)
でも素晴らしい釣果で羨ましいな~
さぞ食卓も賑やかだったことでしょうね~
羨ましいなー
食べてみたいな~

しっかしこの天気の悪さもうええ加減にして欲しいですわ~ (2018年09月26日 14時59分11秒)

Re[1]:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ハオコゼ さん
ま~(3文字)さんへ

信じがたい釣果となりました。石鯛のこのクラスも滅多に釣れませんが、僕的には僕がこのコロダイを釣ったことのがミラクル?っぽいですが(笑)
こんだけ長年通って、このポイントでコロダイより石鯛のほうを多く釣っているというのは僕くらいのもんでしょう。でもやっぱりコロダイより石鯛のがうれしいですけどね(笑)
コロダイは卵も持っていなかったので、非常に身のコンディションが良くて美味でした。ふわふわで真鯛に近かったですね。
ま~さんもぜひ七里に出撃してくださいよ。

(2018年09月26日 20時48分29秒)

Re:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ネオ・・ さん
コロダイにイシダイと良型を2匹釣るとは恐れいりました。おめでとうございます。やはり、ちょい投げ隊の大物投げ師には敵いませんわ(笑)
お疲れ様でした。 (2018年09月27日 19時09分40秒)

Re[1]:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ハオコゼ さん
ネオ・・さんへ

ありがとうございます。あのあと、石鯛も釣れてびっくしました。
ほんとはあのコロダイを釣った時点で満足して、半夜で上がろうかと思っていたくらいです。餌もなかったんで。久々というか初めての粘り勝ちですね。

(2018年09月27日 20時40分51秒)

Re:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ティワン さん
そ、尊師殿、す、すいません、遅くなりました。

も、物凄い釣果‼️おめでとうございます‼️

(2018年10月01日 18時16分13秒)

Re[1]:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ハオコゼ さん
ティワンさんへ

ありがとうございます。投げ釣りで釣る石鯛は最高です。
ティワンさんも、またしんさんと磯モノ狙いに行ってくださいよ。
(2018年10月01日 22時13分21秒)

Re:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   じゃこごうこ さん
げげ、おいら行けなかったのにスゴイの釣ってる。。。嫉妬。。。

尊師、七里マスターになってきましたね。
コロも石鯛も見事なサイズ。
ビッグサーフでの釣り、やっぱり魅力的ですね。
七里の魅力は尽きないなあ。。。
来年はぜったい行きますからね(^_-)-☆
ワテクシにもサーフ石鯛、指南してくださいよm(__)m
(2018年10月02日 12時29分28秒)

Re[1]:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ハオコゼ さん
じゃこごうこさんへ

ふふふ・・・このポイントのポテンシャルを思い知ったでしょ(笑)
こないだのお流れになった三連休は、どのみち天候が悪くて我々も中止したんで、しょうがなかったですが、今回は会心の釣果となりました。こんなことは滅多にありませんが、どうも今年は七里の当り年みたいですね。ただ台風多過ぎ・・・(^^;

本来、磯場で釣る魚がサーフで釣れるというのが本当に興奮しますね。ここばかり長年通ってますが、面白くて全く飽きることがありません。ただ、一晩中アタリが無いときは、ひたすら精神修行ですが。

来年こそは何とか色々な条件が整って一緒に竿を出せるといいですね。 (2018年10月02日 20時34分18秒)

Re:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   KAT さん
おめでとさんですm(_ _)m

石と卵持ってない肥えたコロの60、なんちゅう贅沢な組み合わせ。。。



パオロ艦長が出た時点で、アレか?いやいやそこはサメでオチやろと
読み進めましたが・・・いい意味で裏切られました。


師匠の威厳は天高く、成層圏を突き抜けラグランジュポイントまで聳え
立ちましたなぁ。。。 (2018年10月05日 01時06分48秒)

Re[1]:師匠の威厳を取り戻せ!の巻(09/23)   ハオコゼ さん
KATさんへ

コロダイは昔釣ったチビコロと比べると、脂は乗ってなかったんですが、痩せてもいなくて、非常に旨かったですね。これはいい意味で期待を裏切られました。また釣って食いたいです。

石鯛のほうは、4年前の55と比べるとやや腹も細くて少し落ちましたが、でもそこは石鯛なんで、一晩寝かせた刺身はびっくりするくらいの旨さでしたよ。しかしあの55は写真を見比べてもらうと分かりますが、あらゆる意味で究極のコンディションの魚でしたね。

確かに、あそこまで引っ張って、サメかエイが上がってきたらいいオチでしたよね。しかし私の実力がそうさせてくれませんでした(笑)
(2018年10月05日 21時22分15秒)


© Rakuten Group, Inc.