071996 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

dalichoko

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

MUSIC

2018年12月28日
XML
カテゴリ:MUSIC






最終更新日  2019年01月13日 11時11分04秒
コメント(1) | コメントを書く
2018年12月13日
カテゴリ:MUSIC
竹内まりやさんのライブ映像を映画館で鑑賞。


rblog-20181213205143-00.jpg


夫唱婦随、羨ましいね。


rblog-20181213205143-01.jpg


幸せそう。







最終更新日  2018年12月13日 20時51分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月13日
カテゴリ:MUSIC
竹原ピストルさんのライブを一昨日堪能して、昨日朝東京へ移動し裁判所。そして夜、名古屋まで戻って昨年の2月以来のセンチュリーホールで山下達郎さんを鑑賞。

rblog-20180913064619-00.jpg



達郎さんのライブチケットはなかなか取れない。
2014年8月のマニアックツアー以来。
全く衰えを感じさせないライブに圧倒された。

rblog-20180913064619-01.jpg



今回のセットリストが前回と比べて大きな変わりがあるとすると、細田守さんの映画からの楽曲が多かったこと。未来のミライ公開もあって大きな盛り上がりがあった。



そして近藤真彦さんのハイティーンブギを演奏したのにも驚いた。多くのアイドルタレントにも楽曲を提供した達郎さんの経歴の多さが受けて取れる。

rblog-20180913064619-02.jpg

さらに、楽曲の途中で岡林信康さんや大瀧詠一さんの曲をちりばめるあたりはすごい。そしてアトムの子などではステージにアトムが映し出されるなど、ビジュアルとしても工夫されている。

rblog-20180914094921-00.jpg



途中から入場となったが、三階の最前列で思ったより見やすかった。ステージの全景が見渡せる位置。NHKホールで1人鑑賞したときは最上階の最後列だったのを思い出す。孤独なとき。

rblog-20180914094921-01.jpg



達郎さんのライブはブレがなくガッシリしている。どこを切ってもライブとしてのクオリティーが高い。バントメンバーも変わらずクオリティーが高い。そしてドゥワップからシュガーベイブあたりの若い頃と、そして最新のヒットチューンを織り交ぜた楽曲の確かさ。安心して楽しめるライブであった。
(=^x^=)

rblog-20180925223701-00.jpg
rblog-20180925223701-01.jpg
rblog-20180925223701-02.jpg


rblog-20181009222413-00.jpg



















ライオンズは前日のスコアと裏表。完封負けを喫する。
打点王でキャプテンのアサムーもスタメンを外れる。

rblog-20180913064619-03.jpg
rblog-20180913064619-04.jpg




ソフトバンクに3ゲーム差まで迫られて虫の息。
守れないチームは優勝できない。
スランプも大きいだろう。













最終更新日  2018年10月09日 22時24分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月12日
カテゴリ:MUSIC
朝出かけるときすでにピストルさんのローディーが会場の楽屋付近にいた。このあたりにはいろんなアーティストのトラックが停まっている。

rblog-20180912074725-00.jpg



家の近くのホール。仕事を終えて初めて入る。

rblog-20180912074725-01.jpg

定刻には満席となる。

rblog-20180912075416-00.jpg



とにもかくにも圧倒された。定刻の夜7時から2時間以上休みなし。たった1人で2000人を超える観客を酔わせる精神力と体力がすごい。

rblog-20180912074725-03.jpg



西川美和さんの『永い言い訳』で彼を初めて知り、時々見聞きするCMソング、とはいえほとんどテレビは見ないのでまるで興味もなかったが、昨年末の紅白歌合戦の前番組で、吉岡里帆さんが熱心にピストルさんのファンであることを語り、『東京一年生』に励まされたというエピソードに感涙。その後池下の交差点ですれ違ったピストルさんのライブ、ずーっと心待ちににしていたライブ
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村
rblog-20180912074725-04.jpg

全般ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
彼の楽曲をまとめて聞くこと自体初めてだったのだが、オープニングで彼が現れてからずーっと涙をこらえるような不思議な感覚が続く。みじんこがガン細胞をぶっ殺す曲ではスポットライトが絞り込まれ、曲の合間にピストルさんが咳き込むシーンも含めて感動が降りてきた。スポークンワードやヒップホップ、ラップという形式からブルーハーツを匂わせる歌唱法、ギターの激しさは大昔の吉田拓郎や泉谷しげるがシンクロする。

rblog-20180912074725-05.jpg



『おれのアディダス』に出てくる旭川のマスターが好きだった拓郎の『落陽』は、エピソードも含めて堪能した。リリー・フランキーから教わった「サイコロ二つ」とは、本来3つあるはずのサイコロをじいさんが2つ渡す。それは旅人に博打なんかやるんじゃねぇぞ、という意味なのだ。ピストルさんはそのことを、自分であれば長々と書いてしまうであろ歌詞の中心の最も重要視部分を「切る」という発想がすごいと言っている。

rblog-20180912074725-06.jpg

そして和田アキ子さんのトリビュートアルバムからのピックアップも感動的であった。



しかし、
この日歌われなかった『復興の花』などには、彼の思いが乗っていると思う。ナイスシュートやパスよこせ、この一言で楽曲の意味が伝わる。大事な部分を切っても何かが残れば楽曲は成立する。そんな凄みを味わった3時間近いたった1人のライブ。MCもそれほど多くなく、とにかく楽曲と精神力に支えられたすごいものを見てしまった。

rblog-20180912085113-00.jpg
『フォーエバーヤング』『オールドルーキー』『ゴミ箱からブルース』など、、

どの曲を今、思い返しても涙が止まらない。
魂をえぐられたような思いがする。

rblog-20180912090327-00.jpg

竹原ピストルさんの楽曲は対象の人や情景が明快に想像できる。そしてその先には祈りに似た思いが感じられるのだ。
(=^x^=)


























ライオンズは多和田投手の完封で勝った。

rblog-20180912074725-07.jpg
rblog-20180912074725-08.jpg

今年のエースは紛れもなく多和田投手だ。
(=^x^=)






そして今日、今日は自分の決戦である。
人生の全てが決まる。

rblog-20180912090327-01.jpg

そして今日は山下達郎さんが名古屋に来る。
間に合わない、、、







最終更新日  2019年01月18日 12時58分39秒
コメント(1) | コメントを書く
2018年09月04日
カテゴリ:MUSIC
台風がまた来てる。
よりによって東京出張。何ヶ月ぶりの東京だろう?

ライブはやはりいい。
ライブチケットが届く。
そしてライブはその場にしかない。あとで映像を見ても違う。グルーヴが違う。

名古屋に来て

矢野顕子さんのブルーノート
佐野元春さんの愛知芸術文化センター
桑田佳祐さんのナゴヤドーム
ユーミンのセンチュリーホール
perfumeのナゴヤドーム
アース・ウィンド&ファイアーのセンチュリーホール
小田和正さんの四日市ドーム

ときて、

rblog-20180904071510-00.jpg
rblog-20180904071510-01.jpg



2日連続でライブに向かう。
その合間には決戦がある。
嫌な戦いである。
(=^x^=)








最終更新日  2018年09月04日 07時18分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月20日
カテゴリ:MUSIC
2日間の講習会を終え、栄のブルーノートへ向かう。

rblog-20180820040739-00.jpg



栄の街はお祭りで賑わい歩行者天国になっている。

rblog-20180820040739-01.jpg



閉店した丸栄の向かい側にあるブルーノート名古屋。

rblog-20180820040739-02.jpg



初めて矢野顕子さんのライブに接する。
元はと言えば、佐野元春さんがここに来るというので会員になったのだが、残念ながらチケットを取れず1年が経過して、チケットの期限が切れる直前に奇跡的にゲットできたのがこの日のライブである。

rblog-20180820040739-03.jpg



軽く食事をしてライブが始まるのを待つ。

rblog-20180820040739-04.jpg



天才、矢野顕子さんを目の当たりにして圧倒される1時間であった。この三人のトリオを結成して10年経過していて、その呼吸が見事に合っている。中でもベースのウィル・リーの芸達者ぶり、ボーカルやオルガンもこなす迫力がすごい!

rblog-20180820040739-05.jpg



矢野顕子さんは他のアーチストの曲を積極的に歌うのだが、まさかレッド・ツェッペリンや小田和正さんの曲まで披露するとは驚きであった。おそるべしセットリスト

rblog-20180820040739-06.jpg



懐かしのごはんができたよではウルウルきてしまった。
(=^x^=)











ライオンズは日ハムに勝ち越した。

rblog-20180820040739-07.jpg
rblog-20180820040739-08.jpg



キャプテン浅村の大活躍で大きく日ハムを引き離す。
メットライフの盛り上がりを共有できれば嬉しい。
(=^x^=)






最終更新日  2018年09月04日 07時28分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月14日
カテゴリ:MUSIC
やはりライブである、何事もライブ。
直近で予定があるのが、名古屋ブルーノートに矢野顕子さんがお越しになる。

rblog-20180814060715-00.jpg
rblog-20180814060715-01.jpg



おそらく目の前に矢野顕子さんが現れたら尋常ではいられないだろう。

さらにこの後、竹原ピストルさん、山下達郎さんと予定があり、秋にはオールブラックスとワラビーズのテストマッチが控えている。


rblog-20180814182517-00.jpg




こちらも目の前でオールブラックスのハカを見たら尋常ではいられまい。
年末は再びユーミンも予定されている。
(=^x^=)

















rblog-20180814060715-03.jpg

(=^x^=)






最終更新日  2018年08月14日 18時25分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月29日
カテゴリ:MUSIC
今住んでるところのすぐ近くに公民館がある。公民館といってもかなりスケールが大きくて、時としてコンサートホールになる。

rblog-20180629053353-00.jpg



先日はさだまさしさん。

rblog-20180629053353-01.jpg



この日は奥田民生さんのローディー車が停まっていて、いき行く人がカシャカシャ写真撮影をしている。かくいう自分もカシャリ。





ローディーの仕事を調べたわけではないが、自分も学生のころ音楽をやっていたので、この仕事のほんの末端を知っている。舞台を作る仕事は大変な仕事なのだ。

rblog-20180629063107-00.jpg



このホールの舞台裏も、たいていの場合、朝の早い時間からトラックが乗り付けて、その日の夜のステージのスタンバイをし、ステージが終われば翌朝別の場所へと向かうのだ。

旅から旅へのローディー。大変な仕事である。

華やかなステージの舞台裏には汗をかいている人がいる。その人たちは、アーチストや観客が気持ちよく過ごすための安全を担保している。

命がけの仕事である。
(=^x^=)








W杯、日本はなんとか予選を突破した。試合は見ていない。ブーイングもあったようだ。なぜなら反則の数の差でセネガルに優っただけで、試合はポーランドに敗れたからだ。試合の最後は球回しをするサムライにブーイングがあがった。

rblog-20180629053353-03.jpg



決勝トーナメントはベルギーと当たる。常識的には勝てない。相手は曲がりなりにも世界3位の大国である。


rblog-20180629053353-04.jpg
rblog-20180629053353-05.jpg




ライオンズは多和田投手が久々の勝利で大勝したが、最後に6点を入れられるなど、抑え投手の脆弱な面が残った。バランスの悪いチームだ。

rblog-20180629053353-02.jpg






最終更新日  2018年06月29日 16時17分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年06月01日
カテゴリ:MUSIC
家に帰る途中にアスナルを通過するのだが、たまたまこの日、暑いさなかに氷川きよしさんが来ていた。めんたいパークの主題歌を歌っていた。

rblog-20180601071122-00.jpg



大変な熱気である。
言うまでもなくビッグスター。
たくさんのお客さんが三階まで占拠する。

rblog-20180601071122-01.jpg
rblog-20180601071122-02.jpg



出待ちのみなさんも行儀よく待っている。

rblog-20180601071122-03.jpg

普段からいろんなライブをやっているのだが、それなりに盛り上がっている。
そして、
全く盛り上がっていないときもある。



このあたりのギャップがとてもいい。

芸能の世界もなにもかも人生は水モノだ。
浮き沈みが激しい。
人気を維持するのには然るべく努力が求められるものだ。
大変なことだ。とても真似できない。
(=^x^=)


やだねったら、やだね〜〜🎵





昨日サッカー日本代表が選出された。
新しさのない陳腐なメンバーである。
これで勝てるわけなどない。

我が西武ライオンズは前日のショッキング(延長10回裏に4点取られてサヨナラ負け)な敗戦を払拭して大勝。しかしやはり守りを強化しないと続くまい。風前の灯。







最終更新日  2018年06月01日 07時11分24秒
コメント(1) | コメントを書く
2018年05月03日
カテゴリ:MUSIC
音楽はすっかり聞かなくなった。
若い方の聞く音楽は全く聞かない。
だから、、、



話が合わない。

rblog-20180503061422-00.jpg



宇宙図書館に行って、そしてまたここに戻る。

rblog-20180503061422-01.jpg



いくら自分がユーミンのことを語ったところで、若い方はなんとも思わないのだろう。

rblog-20180503061422-02.jpg

それでいいのだ。
全く問題ない。
音楽はそんなものだ。



誰のものでもない。
自分だけのものでいいのだ。
(=^x^=)




rblog-20180503061422-03.jpg

我がライオンズはオリックスに連敗。
流れを変えるしかあるまい。

昨日から飴。連休でも予定はない。



ひたすら勉強するしかない。
^_^






最終更新日  2018年05月03日 06時14分24秒
コメント(4) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.