1269102 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

LEAF - 暮らしに便利なデザインたち

PR

Freepage List

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2010.04.23
XML
カテゴリ:育児 - 育児本
早いもので、あおちゃんはもうすぐ生後8ヶ月になろうとしています。

離乳食も順調に進んでいますが、まだ腰がすわらず
支えがないと不安定なお座りです。
ズリバイも後ろにしか進めず、うつ伏せの状態から寝返って仰向けにできずウエウエ泣いたり、そのままうつ伏せで力尽きて寝てしまうことも…ショック

そんな中で、赤ちゃんがたくさん集う「子どもプラザ」にお出掛けしてみたとき、同期の赤ちゃんたちが目まぐるしく動き回る姿を見て、私もあおちゃんも、軽くショックびっくり

成長には個人差があるし、あおちゃんは元気にやってるから
心配ないとは思いつつも、
「はじめて出会う育児の百科」という育児書を読んでみました。

はじめて出会う育児の百科

確かNHKのすくすく子育てにも出演されていた
汐見稔幸さんも執筆されているところがポイントでした。

はじめて出会う育児の百科

おっぱい、ミルク、寝かし付けなどの一般的な育児書にもあるような
定番の育児に関することはもちろん…

はじめて出会う育児の百科

成長の過程に沿って説明してあり、
イラストや挿絵がたくさん。
見やすい、分かりやすい。

はじめて出会う育児の百科

他の育児書とはちょっと違う点は、

「からだの発達」

あかちゃんの体の変化やかかりやすい病気について解説してあります。

はじめて出会う育児の百科

「ことばの発達」

この時期に、こんな風に語りかけや
コミュニケーションをしていくと良いですよ、という内容。


はじめて出会う育児の百科

「こころの発達」

この3つの視点から解説しているのです。

「こころの発達」では、この時期は
赤ちゃんがどんなことを思っているのかな~?というようなことが
赤ちゃんの視点から書かれてあり
赤ちゃんの考えていることが分かって役に立ちました。

はじめて出会う育児の百科

他にも、予防接種について

はじめて出会う育児の百科

離乳食について

とにかく見やすく、分かりやすいことが最大の特徴でしょうか。

はじめて出会う育児の百科

挿絵がとっても可愛らしく、いわさきちひろさん風の水彩画が私の一番のお気に入り。
赤ちゃんの体の成長が分かりました。


トレイシーホッグの赤ちゃん語がわかる子育て大全や、
シアーズ博士のベビーブックなんかもとっても役立ったけれど、
これは日本の生活習慣に基づいているため
本当におすすめでした。


はじめて出会う育児の百科


はじめて出会う育児の百科


「こころ」までわかれば、育児は楽しい

「からだ」「ことば」「こころ」の3つの子育てを月齢ごとに、1冊にまとめた初めての育児書。
楽しい育児が、ここからはじまります。

3人の専門家が最新の科学データをもとに執筆。毎日の子育てをしっかりサポート

●からだ 榊原洋一先生 東京大学医学部付属病院小児科講師
赤ちゃんのからだにどんな変化が起きていくのかをつぶさに解説。各時期にかかりやすい病気もわかります。からだの変化をひとつひとつ理解しながら、落ち着いた育児ができます。

●ことば 中川信子先生 言語聴覚士、子どもの発達支援を考えるSTの会代表
生後すぐからお母さんの声を聞き分ける赤ちゃん。その聴覚の発達をはじめ、語りかけの方法や、コミュニケーション能力と豊かな言葉の伸ばし方を解説します。

●こころ 汐見稔幸先生 東京大学教育学部教授
その時、赤ちゃんが何を感じていて何をしてほしいと思っているのかを代弁し、さらにくわしく解説します。赤ちゃんの心が手にとるようにわかる育児は、安定した心を育てます。 

■類書にはない「育児の百科」4つの特色
(1)赤ちゃんの発育段階がひと目でわかる、日本初の「オリジナル発育表」が付いています
(2)赤ちゃんの能力を育てるシンプルで楽しい遊びがいっぱい
赤ちゃんとの遊び方をくわしく解説します。「元気な体をつくる」「器用に動かせる手をつくる」「見る・聞く・話す力を育てる」など、どの遊びがどういう力を育てるのかもわかります。
(3)お母さんの悩みに本音で答えるきめ細やかな育児支援情報を提供します
(4)発育がちょっと気になる“スモールステップで育つ赤ちゃん”の育て方をていねいにフォロー


おすすめ育児本


トレイシー・ホッグの赤ちゃん語がわかる子育て大全


『なんで泣いているの?』『なんで眠ってくれないの?』といつもイライラ。そんな新米ママやパパに贈る、カリスマ・シッター、トレイシー・ホッグの「赤ちゃん語がわかる魔法の育児」の集大成。「いうとおりにやってみたのにうまくいかなかった」という個々の悩みに対する具体的な解決事案も多数掲載。「魔法の育児」シリーズではフォローしきれなかった問題も、この一冊ですべて解決します。

【目次】
序章 赤ちゃん語を理解して問題解決へ―私の最大の秘密/第1章 “EASY”は必ずしもイージー(簡単)ではないけれど、効き目はあります―生活リズムを付ける/第2章 赤ちゃんにだって感情があります―1歳までの気質を知る/第3章 母乳・ミルクから離乳食へ―最初の6カ月の食事/第4章 食事は栄養だけが大切なのではありません―離乳食後のよい食習慣/第5章 赤ちゃんに眠り方を教えましょう―最初の3カ月…6つの問題解決法/第6章 抱き上げて下ろす“PU/PD”のやり方―4カ月から1歳まで…眠る練習/第7章 それでもまだ睡眠不足ですか―1歳以降の睡眠問題/第8章 感情のコントロールの仕方を教えましょう―幼児のしつけ/第9章 “EASY”に“E”を加えましょう―早い時期からのトイレのしつけ/第10章 やったと思ったちょうどその時…また振り出しに!―12の質問と問題解決の12原則


【ポイント5倍】脳科学おばあちゃん久保田カヨ子先生の誕生から歩くまで0~1才脳を育むふれあい育児


「エチカの鏡」で大人気の脳科学おばあちゃん 久保田カヨ子先生の最新刊!
カヨ子おばあちゃんの著書で、オール写真解説された育脳ブックはこの1冊だけ!大脳生理学に基づいた、赤ちゃんの脳を育むための「久保田メソード」は、「赤ちゃん能力開発教室」で20年以上にわたり、たくさんの天才ベビーを生み出してきた実績のあるカリキュラム。

今回、そのカリキュラムを“おうちでも毎日できる遊び”として、カヨ子おばあちゃんがわかりやすく紹介してくれました。久保田 競博士・カヨ子先生いわく、「知性」だけが飛びぬけて優れていても“よい脳”とはいえず、「知性」と「心身」のバランスがとれた脳こそ、赤ちゃんに備えてほしい“よい脳”なのだそうです。そんな脳づくりのために、「知能」「体」の2編に分けて、脳を育てる遊びをたっぷり紹介。
まんべんなく本書の遊びを取り入れるだけで、自然と赤ちゃんの脳を伸ばすことができるはず。“育脳遊び”のほか、今まで誤解されがちだった生後0~3カ月の間の赤ちゃんとの過ごし方、ママたちの悩みに一問一答、手作りおもちゃアイデア、おむつ体操etc.…と、遊びごたえも読みごたえもたっぷりの1冊です!


はじめての離乳食+こどもごはん






Last updated  2010.04.23 12:54:52
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Category

Free Space



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.