1823593 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぷろぐれ者がゆく!

PR

X

全2374件 (2374件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Apr 10, 2021
XML
カテゴリ:プログレ女子
脳梗塞から1年の生存率70%を超えた記念w

今回は久しぶりの実話です。このディレクターは存在しますwww









Last updated  Apr 10, 2021 08:18:47 PM
コメント(0) | コメントを書く


Apr 7, 2021
昨年秋に亡くなったゴードン・ハスケルが60年代後半に所属したモッズバンド、フラー・デ・リース(FDL)の新たなコンピ盤がでました!
LPでは二枚組、CDだと1枚。ダウンロード販売形式もあります。







以前出されたコンピ盤のように、曲ごとのクレジットはないのですが、デモテイクが数曲今回収録されてます。

12曲目は、ハスケルと同郷トニー・ヘッドのセカンドソロシングルの予定で制作されお蔵入りした音源で、演奏はハスケルらFDLそのものです。
16曲目は、以前のコンピ盤タイトルにもなったFDLとシャロン・タンディによるデモ音源。
24曲目は、FDLのファーストシングル以前に制作されたデモ音源。
22と25曲目は、グラハム・ディーを中心にしたデモ音源。
といったお宝音源がすべてとは言わないまでも収められています。
アルバート・ハモンドの楽曲は、版権の都合上未収録。
ジミ・ヘンドリクスやヴァニラファッジとの幻のセッションは今回も見つからなかったようです。
ライナーには細かく情報が書かれていますが、バンドのドラマーであったキース・ガスター氏のゴードン・ハスケルへの追悼文も泣かせてくれます。
当時のFDLバンド内で、ハスケルは「ルパート」と呼ばれていましたが、カスター氏は今回もそのあだ名を使っていました。

収録されてる写真の多くは、FDLの自伝本に既出でしたが、上記3枚目画像のブリンを含めた5人編成写真は今回初めて公開された画像で私も初めてみました。








Last updated  Apr 7, 2021 06:32:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 25, 2021
昨年のELP写真集に続き、今年2021年7月にイエスの写真集が発売されます!

詳細と予約はこちらから
https://www.wymeruk.co.uk/webshop/books/rock/yes/yes-a-visual-biography/






Last updated  Mar 25, 2021 10:38:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 24, 2021
1960年代半ばに、ジョン・アンダーソンやイアン・ウォーレスがいたウォリアーズ。60年代末にはフィル・コリンズらとのフレイミング・ユース。70年代には、ジャクソン・ハイツ、スナフ、ロッキン・フォリーズなどでも活躍したブライアン・チャットン氏の自伝が、2020年10月からキンドル版にてダウンロード販売になってましたので、早速購入。

その生い立ちから、長い音楽キャリアが延々と書き綴られており、ジョン・アンダーソンの最新作1000 Hands参加までの軌跡がおさめられています。また、各年代の写真も豊富でたのしめます。







Last updated  Mar 24, 2021 03:40:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 24, 2021
ナイスの極初期、まだキースがナイフを使っていないころ、鞭でリー・ジャクソンをしばいてましたが、そのプレイwが映像で見られる珍品映像です!
しかもヴォーカルがキースw
The Nice - Daddy, Where Did I Come From?


なかなか楽しいです






Last updated  Feb 24, 2021 08:43:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 23, 2021
1968年6月1日号のメロディメーカー紙のメンバー募集欄にて、ジュディ・ダイブル名でジュディとイアン・マクドナルドは告知を載せましたが、その記事がみつかりました。

6月7日にGGFの共同生活するフラットにて、イアンたちは初対面しました。
アルバム制作もおわり、発売を待つばかりだったGGFは早速マルチプレイヤーのイアンと女性ヴォーカリストのジュディと共にデモ曲作りに励みましたが、曲作りにも関与したかったジュディとしては、GGF主導でイアンまで奪い取られた気分がしたのかもしれません。
出会いから5週間後の7月中頃、ジュディさんはGGFから離脱したのでした。その頃にはイアンとも心がはなれてしまってたのでしょうね。
ですが、ジュディさんが告知を出さなかったら、キング・クリムゾンは結成されなかったと思えば、彼女の果たした役割はとても重要な歴史のひとつと言えます。






Last updated  Feb 23, 2021 11:46:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 16, 2021
ボズの写真は、アマ時代の1963年から、ロンドンでソロ歌手として活躍した1966年までのものは、確認されてきましたが、67年以降はキング・クリムゾン入りするまでの間の写真がスッポリと存在せず、みたことがありませんでした。
クリムゾンのアイランズ日本盤LPのライナーノーツには、一度田舎に戻ってローカルバンドで歌ってたと記載されてました。

その67年6月から9月、ボズが在籍したバンド、フィール・フォー・ソウルの写真が発見されました。左から2番目が当時のボズです。
まだひげを生やしてないですねw

ボズ以外誰がどれなのかわかりませんが、ボズの故郷に残されてた写真だということです。勝手ながら色を付けさせていただきましたw
順不同、
Boz Burrell, Paul Moss, Stuart Fuller, Norman Samways, Julian Revell, Chris Green, Keith Burberry, Jeffrey Revell.






Last updated  Feb 16, 2021 12:49:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 6, 2021
カテゴリ:プログレ女子
久しぶりに再開です♪











Last updated  Feb 8, 2021 07:08:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 22, 2021






Last updated  Jan 22, 2021 01:25:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 12, 2021
カテゴリ:プログレ女子
カール・パーマーです。







Last updated  Jan 12, 2021 12:49:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2374件 (2374件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.