1136385 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々是徒然

PR

Profile


思緒里

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

ぱるるもん@ Re:『プライド(12)』一条ゆかり(02/20) 漫画はお嬢様と貧民育ちの対決構図だと思…
グリーン@ Re:『プライド(12)』一条ゆかり(02/20)  本当に最悪な結末。萌の留学が面白かっ…
とうりすがり@ Re:ダウナ(11/23) >楽天なんかで見ると、かさ高180以上のポ…
ダウナ@ Re:長い長い羽毛布団の話(11/23) ダウナはやはり特別ですね。 布団側も特殊…
ダウン@ Re:長い長い羽毛布団の話(11/23) ダウナはやはり特別良いと思いますよ。 側…
思緒里@ Re[1]:総決算(12/27) gooddesignさん わああご無沙汰です! も…
gooddesign@ Re:総決算(12/27) あけましておめでとうございます&お久し…
マイコ3703@ コメント失礼します(* >ω<) 最近読んだブログで1番気にかかってしま…
leesan@ Re:不安な毎日(11/23) しおりさん 大変ご無沙汰しております。 …
しをり@ Re[1]:最後のお勤め…になればいいなあ(02/16) takaさん コメントありがとうございます。…

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2008.11.23
XML
カテゴリ:いろいろ
ああ~待て待て! 早まるなっ! 
財布持って来るんじゃなかった! 
カードなんか使うな~と自分で自分を止めるのに必死な1日だった。

久しぶりにファニチャー好きなHくん夫妻にくっついて大塚家具へ行った。日本では大塚家具しか入れてないメーカーのベッドを見たいという。うちにも円高還元セールの案内が来ていたので、懸案だったサイドボードかカップボードを見るだけなら……とフラフラ着いていった。
凝り性なHくんは、大物を買う際には徹底して研究・比較し、納得するまで何件でも足を運び、何ヶ月でも探すという執念の人だ。私がソファを買い換える際に同行してくれて、「ソファのスプリングは固めがいい」という彼の助言を聞き入れず、座り心地の抜群にいい(つまり沈む)ソファを買って、今腰を痛めているのは私だよ! 言うこと聞かなくてごめん。すっかり後悔しているさ。

大塚家具は、顧客管理がばっちり行き届いているから、入店時には顧客番号で履歴がチェックされる。そして何を見に来たかを伝え、担当者がついてはじめて売り場に通される。これが面倒と思うか、目的があればかえって安心と思うかは、客によって違うだろうなあ。ひやかしができないのはつらいけど、商品知識のあるスタッフと話していると楽しい。でまかせでチッペンデールの話をしているうちに、最上階フロア(百貨店でいう特選サロン)に通されたこともあった。ええ、目が飛び出るようなお値段のものであふれていましたよ!

で、危うく買いそうになったのは、羽毛布団だったわけで。
今使っているものは、90年にコペンハーゲンで買ってきた、ハンガリーグースダウン95%の上物だ。側生地はスイスリネン、縫製はドイツ。販売店はデンマークと、多国籍を経てたくさんの品質保証タグがついていたが、5万ぐらいだった。20年近く冬の安眠を保障してくれて、とても重宝したけど、さすがにヘタってかさ高がなくなってきたので、買い替え時とは思っていた。

当時日本では羽毛布団はまだまだ高級なものだったが、冬にヨーロッパを旅すると3つ星クラスのホテルでも上掛けは上質の羽毛布団が使われていた。その店のオーナーはデンマーク人と結婚して現地で暮らしている日本人女性で、私は連日通い詰めてダウンの知識を教えてもらい、ダウンはハンガリーとポーランドのホワイトグースダウンが最高級で、さらにハンドピッキングに価値があると教えられた。ダウンボールんかさ高を比較するシリンダーも何本もあって、重い綿布団が主流の日本では、この軽さはなじまないのだろうと思っていた。
でも、お土産にと両親に1ランク下のものを買ってあげたらたいそう喜ばれて、その後、日本で買うより安いからと親戚や友人に頼まれて、2万程度のものを10枚近く船便で買い付けたのだった。いまや質さえ問わなければ日本でも1万ぐらいからお手ごろのものが買えるようになっているらしく、やはり軽いほうがいいと思う人はたくさんいるのだなと思ったものだ。

そしたらいつの間にやら日本でも羽毛布団の格付けや品質保証がきちんとできていて、訪問販売で法外な値段で買わされたり、後でダニが湧くという粗悪な中国品が駆逐されつつあるようだった。

でも今日見たのは、紛れもない品質大国ドイツのもので、憧れのポーランド産ハンドピッキングマザーグースダウン97%、輸入品ゆえ日本の品質保証とは異なるけど、かさ高はゆうに20センチ近くあった。立体キルトの縫製がしっかりしていて、側生地もかなり目の詰まったリネンで、カバーリングを止めるループが8箇所ついていた。もちろんダウンボールのシリンダーも並んでいて、当然、最高級にランキングされているダウンだった。
か、軽い! や、やわらかい! なにこれ。天使の布団?
だめだ。欲しい。すぐ欲しい。今夜からこの布団で寝たい!

なにしろ上質の睡眠は最高の贅沢だと思っているから、自慢じゃないが、寝具に金の糸目はつけてない。シーツはフレッテだしカバー類はシルクだ。枕なんて羽根×4個、ロフティーのオリジナル(頚椎狭窄やったときにつくった)、テンピュールの3種類をその日の気分で使い分けている。ベッド本体と寝具で軽く片手はかかっているんである。

そこに現れたこの羽毛布団! 軽さとしなやかさと温かさに感動して、しばらく売り場を離れられない。なにしろ、お値段40万が16万。半額以下! 
欲しいよ~この布団で眠りたいよ~! でも、ふと思った。
「本当に東京の冬にこんなものが必要か」と。
重い布団は大嫌いだが、今の18年使っているダウンと綿毛布だけで冬は十分だったんだ。
東北の冬の、暖房の入っていない寝室でだって、90%のダウンで十分快適に眠れている。
なのに、寒い北ヨーロッパの人たちが使っているような布団は東京の緯度には分不相応なのではないか? なにしろ地球温暖化だし。

「落ち着け落ち着け、家帰って相場を調べるんだ! まず百貨店行って店員と品質の話をするんだっ」と、ちょっとだけ冷静になって、ずっと側を離れないフロアスタッフに、「他の売り場を見てからまた来ますね~」と笑顔でかわして、その足で高島屋と三越に行った。

そして驚愕の事実が!
非日常のものにこそ、ランクというものがあるということは身にしみてわかっているつもりだった。シュミの世界になればなるほど、買い手と売り手の駆け引きで値段が決まるのは美術品をみてもわかる。
工業製品や規格品にだって同様のランクは存在する。墓石にも仏壇にも庭石にも、その世界でのフェラーリやポルシェがあるのは経験的に知っている。

そういえば数年前、高島屋のフレッテの売り場で150万くらいのミンクのひざ掛けというのを見たし、資産家の友人の家の玄関マットは70万の緞通だった。それで散歩から帰ったお犬様が足をふくんである。なぜそんな下世話なことを知っているかというと、たまたま高島屋の外商が売りつけに来ていたからだ。
そんな自分に縁のないものはどうでもいいんだが、コペンハーゲンで仕入れた知識のはるか上行く羽毛布団があった!
アイダーダウンという、グリーンランドで採取されるダウンそうだ。高島屋で見た西川産業製には200万というお値段がついていた。
布団に200万!
 布団は非日常ではない……よね? 一体どんなお偉い方が、この布団でお休みになるのであろう。
 
アパート暮らしの兄ちゃんがポルシェに乗っていたり、お給料20万のOLちゃんがエルメスのバッグ持っていると「ほおお豪華一転主義なのね」ってその度胸に感服するが、独身の給与所得者(しかも腐女子)が、「アイダーダウンの布団に寝ています」って言っても、あんまり感服されないような気がする……。

それで、結局大塚家具のドイツ製羽毛布団は買わずに済んだという話だ。
でも楽天でいろいろ見ているうちに、プレミアムゴールドという国産での最高格付けの立体キルト仕立ての布団を買う気満々である……。ダウンは緯度が高いところの水鳥ほどダウンの質はいいに違いないと判断して、シベリアのホワイトグースダウン、無論ハンドピッキング。
そしてこの布団があれば、ホームレスになって外で寝る羽目になっても、快適な睡眠が保障されるような気がする。

そんなかさばるもの、夏になったらいったいどこにしまうんだ!






Last updated  2008.11.23 21:47:35
コメント(5) | コメントを書く
[いろいろ] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ダウナ   読者 さん
先日、大塚で168000円のダウナという羽毛布団を薦められました。ドイツ製のマザーグースです。側生地はエジプトの超長綿。
試してみたんですが凄く軽くて暖かかったです。
楽天なんかで見ると、かさ高180以上のポーランド産マザーグース95%の羽毛布団が4万円以下でありますので不思議に思いました。
通販の安物でも大塚で試した心地よさがあるものでしょうか。 (2011.01.31 21:25:11)

Re:ダウナ(11/23)   思緒里 さん
読者さん
私が勧められたのも、多分それです。ドイツ製なら間違いがないかと。羽布団文化の歴史が長い国のものは、つい信用してしまいます。お値段には大塚家具で買ったという付加価値がのっかってますよね。通販はお安いですが、やはり実際に試してみられないところが難ですね。 (2011.01.31 21:50:51)

Re:長い長い羽毛布団の話(11/23)   ダウン さん
ダウナはやはり特別良いと思いますよ。
側生地も中身も変な加工がないので
秋から春まで同じ布団で安らかに眠れますから
夏の間は薄型羽毛収納袋です。
他はプレミアムでもいろいろ加工してあって、、、
蒸れたり  (2016.06.27 14:13:41)

Re:長い長い羽毛布団の話(11/23)   ダウナ さん
ダウナはやはり特別ですね。
布団側も特殊加工してなくて淡小麦色に輝いています。
実は頂きもので 値段は知りませんが
寝心地は良いです。軽いし 蒸れない。
蒸れない所が良いとおもうので秋かた春は使えそうです。
(2016.12.28 16:34:19)

Re:ダウナ(11/23)   とうりすがり さん
>楽天なんかで見ると、かさ高180以上のポーランド産マザーグース95%の羽毛布団が4万円以下でありますので不思議に思いました。
安価な羽毛布団は皆かさ高にするために羽毛に特殊加工 又生地も羽毛が飛びださないように特殊加工されています。
科学加工された羽毛をビニールで包んでいるような感じともいえます。
>通販の安物でも大塚で試した心地よさがあるものでしょうか。
暖かさでが変らないと思いますよ。
本物の違いがわからなければ、、、
コンパクト羽毛収納袋でクローゼットで収納しています。
----- (2017.01.13 16:05:59)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.