000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々是徒然

PR

X

Profile


思緒里

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

ぱるるもん@ Re:『プライド(12)』一条ゆかり(02/20) 漫画はお嬢様と貧民育ちの対決構図だと思…
グリーン@ Re:『プライド(12)』一条ゆかり(02/20)  本当に最悪な結末。萌の留学が面白かっ…
とうりすがり@ Re:ダウナ(11/23) >楽天なんかで見ると、かさ高180以上のポ…
ダウナ@ Re:長い長い羽毛布団の話(11/23) ダウナはやはり特別ですね。 布団側も特殊…
ダウン@ Re:長い長い羽毛布団の話(11/23) ダウナはやはり特別良いと思いますよ。 側…
思緒里@ Re[1]:総決算(12/27) gooddesignさん わああご無沙汰です! も…
gooddesign@ Re:総決算(12/27) あけましておめでとうございます&お久し…
マイコ3703@ コメント失礼します(* >ω<) 最近読んだブログで1番気にかかってしま…
leesan@ Re:不安な毎日(11/23) しおりさん 大変ご無沙汰しております。 …
しをり@ Re[1]:最後のお勤め…になればいいなあ(02/16) takaさん コメントありがとうございます。…

Archives

2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2012.01.13
XML
カテゴリ:日々是食欲
なんか仕事モードだと咳が止まらず、発作止めの吸引剤まで使っているのに、10分くらいしか効かない。でもオフモードだと全然咳が出ない。これは知恵熱みたいなものか?

相変わらず世間と社会と仕事に背を向けているダメ人間なので、ブログぐらいは続行しようと決めた。で、1月早々から食べ物ネタ。

隣の銀行に用事があったり、コレド室町でライターさんとランチしたりで、なぜかこの週、3日続けて日本橋三越に行っていたら、3日も続くと私にとってのパラダイスであるデパ地下ですら買いたいものがないことを知った。そんなものだよね。
まあ、日本橋三越は変化に乏しくて、伊勢丹や銀座三越のほうが絶対好みなんだけど、家から近いこともあってやむを得ず。

で、この日は遅いランチを新館9階のグリル満天星でいただく。
窓側の席の真正面にかなり大きくスカイツリーが見えて、なるほどこの位置というより高さだと、障害物さえなければどこからでも丸見えなんだな。

今日はカレーを食べたい気分だったけど、どうしても洋食屋に来るとエビフライを頼んでしまう。名古屋人並みにエビフライ好きである。
人気メニューのハーフサイズを2点選べるプレートにして、ここの名物オムライスとエビフライのセットをお願いする。スープ(薄いミネストローネ)とミニサラダ(これはおいしかった)がついて2100円。コーヒーをつけて2310円。あらサービス料を取らないのかな。良心的。そしてカレーは2500円だったから、こっちのほうがお得だわ。

2時近かったけど、アラフォーの女性が一人で食べている姿がちらほらあって、あ、許されるんだ、いいんだとちょっと安心。私は仕事モードの格好だったけど、皆さん買い物モードのようで、日本橋三越のお客さんの特徴として、非常にどうでもいい恰好の女性が多いというのがあるけど、モノはいいものかもしれないけれど、要するに昔ながらの年配女性のファッション満載。で、余計に安心する。

NEC_1005.JPG NEC_1007.JPG

タルタルソースで食べたくなかったので、ウスターソースを所望したら、ちゃんとピッチャーに入れてもってきてくれた。そりゃそうだよね。クロスこそかかっていないけど、スタッフがタキシード着ているような店で、ソースの瓶ごと持って来られたらイヤだ。

この日はもう社に戻る気がなかったので、ついでに荻須高徳展なんかも見ちゃう。生誕110年かあ。生きているころを知っている数少ない20世紀を代表するパリで活躍した日本人画家のひとりだわ。あとは佐伯祐三と藤田ぐらいだな。

長いこと、佐伯はユトリロと似ていて、荻須は佐伯に似ている絵を描く、と勝手に決めつけていたけど、全然違っていた。オーソドックスなポッテリ油彩を盛り上げた筆致が美しいわ。ザッと速いスピードの面で構成しているのに、八百屋も本屋も果物屋もちゃんと商品がわかる。肖像画と静物画のオリジナルは初めて観たよ。






Last updated  2012.01.15 22:23:50
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.