1111720 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日々是徒然

PR

Profile


思緒里

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

ぱるるもん@ Re:『プライド(12)』一条ゆかり(02/20) 漫画はお嬢様と貧民育ちの対決構図だと思…
グリーン@ Re:『プライド(12)』一条ゆかり(02/20)  本当に最悪な結末。萌の留学が面白かっ…
とうりすがり@ Re:ダウナ(11/23) >楽天なんかで見ると、かさ高180以上のポ…
ダウナ@ Re:長い長い羽毛布団の話(11/23) ダウナはやはり特別ですね。 布団側も特殊…
ダウン@ Re:長い長い羽毛布団の話(11/23) ダウナはやはり特別良いと思いますよ。 側…
思緒里@ Re[1]:総決算(12/27) gooddesignさん わああご無沙汰です! も…
gooddesign@ Re:総決算(12/27) あけましておめでとうございます&お久し…
マイコ3703@ コメント失礼します(* >ω<) 最近読んだブログで1番気にかかってしま…
leesan@ Re:不安な毎日(11/23) しおりさん 大変ご無沙汰しております。 …
しをり@ Re[1]:最後のお勤め…になればいいなあ(02/16) takaさん コメントありがとうございます。…

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

2016.05.04
XML
テーマ:徒然日記(16065)
カテゴリ:音楽全般
Tちゃんが猫を構う&久々にロック回帰した私と昔のロック話でもりあがろうと遊びに来て、家でだらだら飲みながらタケノコご飯の夕食を食べる。
ブルース好きのTちゃんには、ジャック・ブルースのお誕生日ライブを餌にしておびき寄せ、むりやりイエスのDVDを見せる。

彼女も全盛期、こわれものと危機はリアルタイムリスナーだ。でも、プログレはそれほど詳しくなくて、好きなのはむしろブルースロック。イエスもこの2枚くらいしかちゃんと聞いていない模様。
しかし彼女は守備範囲が広く、ブリティッシュロックも産業ロックも詳しい。数年前から「今頃ジャーニーにはまっちゃった!」とか言っていて、ジョン・アンダーソンが今はイエスじゃない経緯を話したら「ジャーニーにそっくり!」とか言われてしまった。しかし、産業ロックも好きだという彼女が、あんな長いプログレをよく聞いていたものだ。

「すごく好きかというと、そういうわけでもなく。なんというか24年組の少女マンガって、当時の女子ならだれでも読んでいたじゃない。そういう感じで聴いていたの。だから知っているし好きな曲もあるけど、本当に好きなグループは別にいる、みたいな感じ」。それにしては、危機の冒頭のテープ音源「鳥のさえずりの部分がさ・・・」とかやけに記憶が鮮明なので驚いた。シベリアン・カートゥルも大好きだったようだ。「あの最後のパッ、パパーパパーパパーってところ、合わせられるまで歌わなかった?」と聞かれ、「歌った~何拍子なんだろうと手拍子しながら!」と、お互いその後知り合うことになろうとは思いもよらない当時の女子二人が、時空を超えて同じことをしていたことにちょっと感動。

往時の5人を知っているので、さっそく今(といっても2003年)の5人を見てもらう。あれれ、おどろかない。それどこか、「ハウ、かっこいいじゃない。リックもこんな風になるって想像できるよね」。うむ。頭髪に拒否反応がないのは喜ばしいことだ。「あの人たち、当時から菜食主義とか言ってたよね。まあヒッピーとかそんな感じだし、ジョン・アンダーソンはかっこからしてヒッピーぽかった」。クリスの妙な衣装も覚えていて「あの人は、サイケだよね。当時ボウイとかもう寛斎の衣装着てライブとかやってたじゃん。ああいうコスチュームぽいのは見た目意識したロックの最初のころだよね」。クリスはサイケだったのか・・・そういやクリスがいたシンや、スティーヴ・ハウのイエス以前の写真や映像では、もろサイケ柄の衣装着ているな。サイケとヒッピーの違いがよくわからないけど(ファッションとライフスタイルか?)、なんとなくサイケは都会で、ヒッピーは自然志向という気はする。
まあ、それにしても70年代前半のイエスって、衣装の嗜好がバラバラすぎるな。ジョンはヒッピー、クリスはサイケ、ハウもどっちかというとサイケ、そしてリックは魔術師(笑)。なにを目指していたのか、見た目ではわからんなー。

Tちゃんにはその後、今のヴォーカリストのawakenを見せたら、曲よりヴォーカリストをやたら気に入ったもよう。ジョン・ディヴィソンは、ジョン・アンダーションよりストイックな感じがして好みだそうだ。ストイック…そういう感想もありか。確かに一生懸命コピーして自分のものにしようと頑張っている姿はストイックかもしれない。
「当時、こんな恰好してたらぜったいドラッグやってる人認定だけど、今だとマクロビやってる人、って感じだよね」。なるほど~根っこは同じだもんね。自然に寄り添い身体や精神にとっていいことをする生活。よもやフラワーチルドレン(ヒッピー)とマクロビが同列だとは。
イエスでひっぱろうと思っていたのに、フリップの似非紳士ぶりをみてほしくてボウイ5つの時代を見始めたら、なんとボウイにフリップを紹介したブライアン・イーノを「かっこいい~」と言い始めて、再度びっくりした。本当に頭髪で差別しないな、Tちゃん(笑)。

ああそうだった。彼女は昔のロック話ができる数少ない友人の一人だが、好みはまったく違うのだった。彼女は白人のブルースが好きだし、私はブルースはよくわからない。でも私はビートルズよりストーンズが好きだけど彼女は逆。でもイーノ?いま環境音楽やってんだよね。

「当時はイーノって気持ち悪かったじゃない。なんか辮髪みたいで。そもそもブライアン・フェリーと言い、ロキシー・ミュージックのすかした感じは嫌いだった」のに、なんだか建築家みたいな風貌のおっさんになったイーノに一目ぼれした模様。人の好みは変わるもんだ。私は当時からブライアン・フェリーのスタイリッシュさは好きだった。ロキシーの音楽はさっぱりわかんなかったけど。そして見てほしかったフリップには「なんか詐欺師みたいだよね」ある意味当たっている(笑)。やっぱり私の好みがヘンなのだろうか。でも二人ともボウイは「ヒット曲以外はよくわかんなかったよねー」ということで意見が一致した。
そうそう、当時、コックニーレベルの「さかしま」がすごい話題になって聞いたけど、これもロキシーと同じ匂いはするけど、よくわからなかった。でも5,6年後、大学時代にローリー・アンダーソンとかナム・ジュン・パイク、あ―名前思い出せないけど、浜辺のアインシュタインの人に入れあげてた時、ちょっとロキシーやコックニーレベルと同じ匂いがした。ああいうコンテンポラリーをロックに取り入れようとする試みだったのかも。

ムーディブルースも好きだった(童夢限定)彼女に、こないだのバカラックトリビュートに出てきたジャスティン・ヘイワードを見せる。40年後のロッカーのなかでは、私のイチオシ。「えー、なんかやだ」。そうですか。
ジミー・ペイジが武道館を尋ねるドキュメント(SONGS)とかも一緒に見てたら、彼女はツェッペリンはフィジカルグラフィティまで全部聞いていて、一般的には人気のなかった3rdが好きだという。40年前のロックのかっこよさに、当時小娘だった元女子がしびれた夜だった。

そうそう、もう一月ほど前になるけど、Hちゃんにもイエスを布教した。彼女は70年代生まれだけど、なぜか古いロックに詳しくて、シド・バレットなんて名前も知っている。ベルベット・アンダーグラウンドとかが好きだった年の離れたお姉さんからのすりこみのようだ。でもプログレはほとんど聞いたことがなかったみたい。サバスとかアイアンメイデンとか、ハードロックは知っているみたいだった。
で、いかに70年代のプログレがおもしろかったかを居酒屋で話しているうちに、そうそうとウォークマンを取り出し、とりあえずAwakenの断片を聞いてもらう。「すごい…」と絶句。だよねー。うれしい。ところが、その後にリックの手癖がラヴェルに似ていることを証明しようと、クープランの墓を聞かせたら、「こっちのほうがもっとすごい!」ということになってしまった。しまった失敗。やっぱり電気的・人工的な音が大半のロックより、アコースティックの難曲の名演のほうが人を感動させられるわけね。ラヴェルはトッカータ以外を聞かせるんだった。

Yesspeak、英語字幕を出せるバージョンが届いたので見直した。やっぱり細かいところは落ちていたな。リックが終わりちかくで両親について、若いころは自分のアルコール依存のことでずいぶん心配かけた、みたいなことを話していた。リックは一人っ子で、アッパーワーキングクラスの家庭で、プロテスタントの信仰篤い両親に愛されて育った。リックが子だくさんなのは、自分が一人っ子だったことの裏返しかもしれない。リックがアダムにインタビューするラジオ番組では、今の自分の奥さんはお前より若いんだぜ~えへへみたいなことを平気で言っちゃうリックが好きだ。音楽に対するモラルは高いけど、人生に対するモラルは適当な人なんだよな。

ジョン・ロードトリビュートの大がかりなコンサート(ロイヤル・アルバートホールかな?クラシックのホール)に、少しだけリックが登場していた。懐かしいHushとBurn(パープル)にまざってムーグの手癖満載アドリブをやっていたけど、バッキングのドン・ヘイリーがよかった。こういう昔風のオルガン弾く人なんだ。かっこいいし、目配り・気配りできて、次々に「はい、つぎソロどうぞ~」という感じで合図を送っていた。リックはたいして本気でないのか、長いソロは弾かなかったけど、途中で周囲がリックに気を使って、ラウンドアバウトのリフを弾いて、リックのソロを促したけど、なかなかそれに乗らない。なんでだろう。さすがにハードロックの祭典で、イエスの曲はまずいとおもったのか、そもそももうとっくにイエス愛はなくて、「いまさらラウンドアバウトなんて弾きたくない」って感じだったんだろうか。
リックはジョン・ロードの生前最後くらいのトリビュートコンサートでがっつり共演しているし、本来、こういうギンギンのロック好きだよね。自分のバンドも持っているし。でもそれが彼がつむぎだすクラシックベースの音楽とはベクトルが違うから、なんか一緒にやってもどこかに距離があるというか、違和感がある。むしろドン・ヘイリーみたいにバッキングに徹して、コード(俗にいう白玉弾き?)で押し切れればいいんだけど、そうなるとリックの持ち味でない。なかなか悩ましい。
イアン・ギラン、久しぶりに聞いた。いいおっさんになっていた。グレン・ヒューズまでは覚えているけど、あの小さい若い(というか私と同じくらい)の人は誰だ? すっごいうまい。→調べました。アイアン・メイデンの人。パープルは数曲(水煙とトーキョー、バーン)くらいしか記憶にないけど、ハッシュは聞いたら「ああ、この曲か」と思ったわ。今のパープルがプログレっぽいという話をよく聞くけど、源流は多分同じだよね。フーとサイケ。60年代後半のプリティッシュロックはすごかったな~。今、タイムスリップするならこの当時だな。






Last updated  2016.05.05 00:00:46
コメント(0) | コメントを書く
[音楽全般] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.