2943055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☦鬱・パニック障害クロニクル☦ ✠CD1万枚への道✠

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

疾病提出書類関係

2018.07.13
XML
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
皆様、こんにちは。

相変わらずの体調が持続しているセラフィームですが、この度は久しぶりにこの「疾病提出書類関係」のカテゴリーで記事を書かせていただきます。


実はこの疾病を患われておられる方には比較的お馴染みの障害者手帳についてなのですが、今回5度目の申請で、何とこれまで10年間前後障害者手帳2級だった等級が1級に等級変更とあいなりました。



セラフィーム自身からすると、何だか社会復帰からさらに遠ざかってしまうような印象があるため、等級変更が有ってからは非常に複雑な心境が続いているのですが、これまでに知らなかった1級と2級との相違が結構あることを知りましたので、その辺りに触れてみたいと思います。



付随して、これから障害者手帳の申請を考えておられるといった方への参考にもなればこれ以上ない幸せでも有ります。


★障がい者手帳1級と2級の一番大きな違いは???

セラフィーム自身、この10年間、日常生活に支障がある精神疾患をずっと患っているものの、まさか自分が1級に該当することなどないと思っていたので、これまでインターネット等で調べたことも無かったのですが、端的に言いますと、医療費はかなり軽減されます。


2級では手帳+自立支援制度の利用で、申請しているメンクリと精神疾患に関係するお薬代は全て無料になるのですが、1級になると「重度障がい者医療助成制度」というものが利用でき、2級では頂けなかった「医療証(障がい者医療)」という一昔前の紙ベースだったころの保険証の様なものが交付されます。


で、これを使用すれば、交付された都道府県内の病院であれば、内科、整形外科、歯科、眼科、皮膚科等、全ての病院で通院であれば診察料は500円で済むようになるみたいです。(この制度は2級には有りませんでした。)


尚、10年間毎週1回は通院している鍼灸(鍼+マッサージ)の方は、同意書提出で1回1700円だったのですが、此方の方は余力が有れば後日書かせていただきます。




★診断書の内容は???



これはざっくばらんにしか書けないのですが、手帳申請初年度の際は現在の医師と違う方に書いていただきましたので、症状が酷かった割には診断書の「日常生活能力」欄では3で2級が通りましたから、障害年金と比較するとかなり取りやすい感じがしました。


ただ、その後2回目更新以降からの診断書内容は「日常生活能力の判定」では「援助が有ればできる」3個、「できない」が5個、「日常生活能力」は4でしたからこの状態でも2級が続いていた事には少々疑問を感じざるを得ないところが有ります。 また、病名はずっと変わらず「うつ病」です。


そして、この度1級に変更が有った診断書内容は上記と変わりませんでした。


ただ、診断書④に当たる「現在の病状、状態像等」についての〇は前回提出時よりも増えていた感じで、⑦に関してはより具体的な日常生活の支障面が書かれておりました。



★具体的な日常生活の支障のレベルはどのようなものなのか?


あくまでセラフィームの場合ですが、10年間以上母の付き添いなしでは電車・バスの公共機関は1区間での利用も皆無。


単独での外食は家の近場でもまず無理。


季節や気温の変化と共に朝型と昼夜逆転が目まぐるしく変わる。


午前中に起きている時には希死念慮が出ることが殆ど。


朝型であろうが昼夜逆転パターンであろうが、夕方5‐6時になるまではほぼ寝たきり。


午前中起きていることが有っても、ふらつきや倦怠感が凄まじく、立っている・座っている事さえ苦痛。


比較的調子が良くなる夜であっても集中力はまず30分以上と持続しない。


10年間、徒歩では大凡家の半径300m以上には行けない。(リハビリで過去に何度もトライしているものの、ある程度の距離で気分が悪くなってくる。)


10年間、家族・医療関係者以外との会話は皆無。


近場の病院であっても、メンクリ・鍼灸院以外は母の付き添いが必要。 それでも、心的負担はかなり大きく、翌日に響くことが多々ある。(例えば、歯科通院など)


といった感じでしょうか?





最後まで長文にお付き合いしていただきましてありがとうございます。


尚、蛇足になりますが、上記で言及いたしました医療費軽減などの制度につきましては、都道府県別で相違がある可能性も有りますので、その辺りはお住まいの当局にお問い合わせの上、有無の確認をお願いいたします。


また、この場で記載いたしました診断書内容につきましては、あくまで目安として考慮してください。 当たり前のことですが、仮に同程度でも等級の保証がされるわけでは有りません。






Last updated  2018.07.13 03:49:34
コメント(0) | コメントを書く


2016.05.02
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係

もうこれで自立支援制度と障害者手帳の更新は何回目になるでしょうか?

 

特に障害者手帳の更新は2年に1度限りですが、自立支援制度の更新は1年に1度なので無茶苦茶頻繁にあるように感じます。

 

また、これは毎年のことのなのですが、本格的に夏になる前位にもう一つ厄介な申請しなければならない書類がありますから、セラフィームにとりまして、大体毎年この季節になると面倒ごとが増加するといった感じですかね。。。

 

ところで、障害者手帳・自立支援制度の更新は記入書類が至って複雑という訳でなく、親族のものであれば委任状さえもいらないフランクぶりですから直ぐに書けるものなのですが、今年分の書類を見てびっくり!(自分自身、本格的なうつ病になりもう単独で電車には8年以上とかのレベルで乗ってませんから、これまでの各種申請は情けないですが全て母頼みです。) 何と訳が分からない個人番号という欄が出来ておりました。。。

 

12桁であるので、恐らくマイナンバーのことなのでしょうが、うつ病を本格的に患ってからというもの、労務とはずっと無縁の生活を送っていましたから、マイナンバーは自分にとっていつ必要なんだろうと踏んでいたら意外なところで顔を出すことと相成りました。

 

まあ、12桁の番号位直ぐに書けますがw それよりも、役所が電車ではかなり面倒なところにあるので、今年も申請は母に依頼しないといけないのが心苦しいですね。







Last updated  2016.05.02 05:19:50
コメント(0) | コメントを書く
2011.09.21
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
全国健康保険協会の任意継続の保険が2年で切れたので、通知をいただいた後、母に国民健康保険の切り替えに行ってもらったもらった事は前述したと思いますが、切り替えは直ぐに終了し、前回の通院から心療内科の医療費はかからなくなりました。



以前、まとめて書きましたが、これは障害者手帳2級+自立支援制度の活用+国民健康保険で可能になります。



ただし、都道府県で差があるみたいで、大阪府は可能。長野県も可能という話を伺ったことがあります。ちなみに、適応できる県であれば結構メジャー(?)な制度みたく、前回診察料を払おうとしたら、看護婦さんが自発的に無料になる旨を伝えてくれました。


制度が活用できるかどうかは、市役所・区役所が管轄になりますので、該当される方は問い合わせてみられた方がいいかも。


ただ、自立支援使用していたら、あまり助かる額は大きくないでしょうね。私の場合、また機械をみて書くかもしれませんが、任意継続2年というのが大失策だった可能性があります。






Last updated  2011.09.21 11:40:24
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.07
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
これは事前に自分の出来うる範囲でPCで調べたのですが、あまりにも経験者がおられず、情報不足感が否めませんので、実際依頼した立場から今後も逐一情報は提供したいと思います。手書きハート


まず、方法として迷ったのが自分で請求して仮に3級相当・不支給だった場合、そこから不服申し立てをする際に初めて社労士さんへ相談という手もQ&Aサイトにあり、確かに迷ったのですが、その場合仮に2級に変更されれば、あくまで僕が依頼した障害年金専門の社労士さんの方では、成功報酬は初めから依頼するのと変わらない感じだったんですよね。しょんぼり



私が依頼した社労士さんは、自己の診断書内容を事前にメール相談したとき、3級相当であれば不服申し立ては追加料金無しという事をお伺いしたので、そうすれば不服申し立てが出てからばたばたせずに済むかなぁと思ったのが大きかったような気がします。ぽっ


あと、蛇足ですが社労士さん依頼した場合、障害年金の扱いで有名な方ですから安堵感からの開き直りが出来ます。大笑いつまり私の場合、年金事務所から結果は5月以降とのお知らせを頂きましたが、先は長くともこれでダメならどうしようも無いだろうと思えるわけですよね。心的ななプレッシャーは個人的には殆どありませんでした。スマイル


如何せん、よく障害年金申請は初めが勝負と言われますが、(これも何処まで影響力があるのか未知数ですよね。)いずれにしてもある程度は自分でも調べて納得のいく形で申請方法を考えるのがベストだと思います。星(ただ、調べれば調べるほど利用か否かは頗る迷いは出てくると思いますがw)






Last updated  2011.02.07 16:57:37
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.29
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
皆様、こんばんは!!!


報告が遅くなりましたが、先々週くらいに社労士の先生からメール及び郵便物で障害年金の書類提出が完了した旨が届き、先週24日に年金事務所より、書類受理が20日になった通達を受けました。スマイル


ただ、予期はしておりましたが、年金事務所の書類では審査には3ヶ月半以上かかるとのことで、社労士側の方では結果は5月過ぎになるのでは?と言うことでした。びっくり


僕は幸いにも、家賃はいらず5月が過ぎても予定としては失業保険はありますが、それにしても準備段階の書類もとんでもない量ながら、審査期間も至極長いですね-。怒ってる


障害年金をこれから考えられておられる方は、生活費のことを考慮しながら病状がやばそうであれば、早めに動いた方が良さそうです。






Last updated  2011.01.29 23:26:08
コメント(4) | コメントを書く
2011.01.02
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
障害年金の社労士選びは一応、2010年の8月末くらいから時系列で触れているのですが、如何せんこの「鬱・パニック障害クロニクル」も記事がめがっさおおいのでまとめとしてどうやって行き着いたかまとめておきます。ぺろり


8月末に連絡を取った際→書いて貰った診断書の内容が納得のいくモノでなかった。この際、ブログのお友達にお教え頂いた藤原年金研究所に初コンタクト。ぽっ事前にHPのみは閲覧してみるが、かなり障害年金に力を入れられていることから他の社労士との比較無し。


ここでアドヴァイス頂いたことは、転院歴があるのなら出戻りした方が新たな転院先を求めるよりも診断書を書いて貰えるのに必要な期間は短くてすむ可能性が高いというモノ。新たに転院する際には半年前後は時間を要するかもと言われました。しょんぼり


11月→出戻り転院は想像していたよりも好感触で、それまで半年くらいの通院歴がったため、8月から3ヶ月経過した11月には診断書が出来上がりました。ハートここからはメールの打ち合わせが頻繁になり、とにかく必要書類を正確に揃えることが目標と成りました。


他の社労士さんとの比較は、8月過ぎからボチボチといった感じ、(元々、まだネットを1日の中自由に閲覧しまくれる体調でなかったため。。)
一応、2ch等では「藤原年金研究所」とともに双璧をなすような所があり、メール相談を実際された方には後者の方が説明が分かりやすかったとのコメントもありましたが、8月の電話相談の丁寧さがかなり好印象だったのでそのまま藤原先生に依頼する方向で考える向きが強くなりました。スマイル

尚、Q&Aサイトなどでは、社労士に依頼して酷い目にあったと言う方も2名ほどおられましたので、その際心が揺らいだのは確かです。しょんぼりまた、新たに出来上がった診断書の内容を鑑みれば日常生活能力の制限はかなりネットで言われている2級基準に近似していたので、成功報酬を両天秤にかけ迷いに迷いました。びっくり


結局、12月には依頼の意志を固め、契約書を送ってもらう算段に。星その際、メールで報酬の詳細など含めてのやりとりがありました。決定打になったところは・・・・・

1.診断書の医師の字が汚く、矢張り通るかどうか不安・・・。他の方の診断書も何枚か拝見しましたが、それらよりもさらに汚いものでした。(泣)

2.年金事務所に嘘を教えられた経緯があり、信頼できなかったから。また、実際に年金事務所に母に何度も通って貰うのが悪いと思ったところもありました。


3.想定している等級にならなかった場合、不服申し立てまで考えていたため。(これは同じ方法論では通用しない可能性が高く、再度診断書の発行などについては専門家のアドバイスが必要な公算が高いと踏んだため。)

以上でしょうか???

ちなみに、一番要になったのは以前も書きましたが、3の不服申し立てでしょうか???






Last updated  2011.01.02 17:51:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.31
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
皆様、こんばんは!!!

これは代行するか否かで頗る難しい問題ですが、多くの方が矢張り報酬の面で気にされる方が多いかと思います。びっくり当然ですよね、大体障害年金を申請しようとする算段で、経済的には安定していると言えない方が殆どだと思いますので。


で、注意点なんですが、単純に安い高いの問題でなく、色々な側面を含め以来前には確認をして置いた方が良いと思います。電話


例えば、一見障害年金を専門にやっておられている社労士さんで、報酬が安いと踏んでいても着手金があったり・交通費請求されたり・不服申し立てになった場合は別料金だったりと、料金設定はかなり千差万別と言っても良いからです。


ただ、私が経験上、悩みまくったのは成功率と有利性ですかね-。週刊誌とかには病院ランキングや執刀医ランキングを観た覚え有りますが、弁護士ならともかく、社労士とかは星の数ほど居られるわけで、全く外部的な評価って知り得ることが出来ませんから・・・。この辺りはもう口コミの域なんでしょうね。






Last updated  2011.01.01 03:09:10
コメント(10) | コメントを書く
2010.12.19
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
これは社労士さんに書類一式送って、即座連絡頂いたのですが、嬉しいことに障害年金用の診断書各種書類の不備はなかったという事です。大笑い正直、無茶苦茶安堵です。ハート


ここまで来るのに、如何せん一番面倒だったのは第3者が書く書類関係。これがとにかく面倒・大変・煩わしい・・・。怒ってる自分で書く申立書って、あくまで自分の力で何とか出来ますが、医師の診断書なんて時間はかかりますし、不確定要素ばりばりですからね-。



ちなみに、初回の先生の診断書は作成に1ヶ月以上待たされました・・・。怒ってる






Last updated  2010.12.19 10:45:19
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.30
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
これも2/3週間前に年金事務所にTELしたときの話なんですが、それまで当方書類を貰ってきたりする事は体調上厳しかったので、全て母親に代理でして貰っていましたが、その時の電話では診断書が出来上がっていて、色々話を聞くと診断書2通と事故記入書類の整合性があるか事前にチェックしたいので、出来れば付き添いありで構いませんので、一度来訪して頂くとありがたいです。ぽっ


と見かけはかなり丁寧なお話を頂きました。ハート


ところが、その旨を社労士さんに伝えると、「何だか請求者に不利な点を探るための口実っぽいですね。」との意見が・・・。びっくり


それで、ボチボチ時間をかけて調べましたら某Q&Aサイトで、論拠までは書いてませんでしたが、年金事務所に書類をもって行ったり、打ち合わせをする際は代理人を立て(無論、家族でOK)本人は絶対に顔を出してはならないと書かれておられる方がいました。メール


恐らくですが、その方社労士さんではないでしょう・・・。これで2名の方が、類似した見解も持たれていることになります。理由は容易に想像がつくと思います。本当に困って、助けを求める場所が逆に相談すると不利になる可能性が高くなると言う話はとんでもないことだと思います。


ちなみに、これは私が経験した情報ですし、都道府県によって差異はあるかと思いますので、信憑性に関しては自己責任でお願い致します。星






Last updated  2010.12.01 04:19:15
コメント(4) | コメントを書く
テーマ:心の病(7206)
カテゴリ:疾病提出書類関係
本日、この所お世話になっている社労士さんに電話したところ、診断書に関しての日付についてのご示唆を頂き、とんでお無いことが分かりました。しょんぼり


実は、主に障害年金では医師からの書類には3種類あり、初診日を特定するもの(安いです。)・初診から1年6ヶ月経過したもので障害認定日の診断書(初診日と同一の病院であれば初診日書類は必要無し。大概は該当される方は希だと思います。)・現状の診断書となります。


ところが3週間以上前から、年金事務所には何か連絡を取り、診断書の有効期間を伺ったのですが、初診日認定・障害認定日の診断書に関しては日にちが変動するわけでないので、作成から3ヶ月過ぎても大丈夫だと言われたんですよね。(担当者の名前も控えています。)


が、社労士の先生曰く、自治体で違うかもしれないが、基本は3つとも書類の有効期限は3ヶ月らしいです・・・。怒ってる


どちらが正しいかは分かりませんが、僕は今回社労士の先生の意見に従うつもりです。電話それにしても、いざ提出段階で「有効期限がやはりありまして・・・。」とか言われれば、ぶち切れですよね。怒ってると言うわけで、明日はまたまた心療内科と内科通院する予定です・・・。号泣






Last updated  2010.12.01 00:22:22
コメント(2) | コメントを書く

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.