431786 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ごはんぢから ~武蔵野婦人の厨房から

PR

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

やっぱりごはんが好き!

2008年09月21日
XML
峠の釜飯。

おぎのや。

これって全国区で認知度高いお弁当なのでしょうか?
こちらね。
http://www.oginoya.co.jp/

父の実家が長野にあった私にとって、おぎのやの釜飯は
幼いころの列車の旅に欠かせないものでした。
停車中にあわてて買うのね。
お茶も一緒。
プラスチックで針金の取ってのついた日本茶を、あちちと言いながら
ぶらさげて持って戻る。

子供のころは、釜飯の中にある「あんず」がいやだったなあ。
なんでごはんの上にこんなもの乗っけるんだろう? って。
香の物は瀬戸物の入れ物に入っていた覚えがあります。
いまはプラスチックですね。
でも、長野の名産でもある「わさび漬け」「味噌漬け」「なす漬け」等々、
この香の物は子供には忌まわしい以外の何者でもなかった。
これがついているだけで、ほのかな憎悪まで抱いていました>笑
今じゃこれが楽しみで仕方ないよ>笑


釜飯のお釜は、いつも大切に母が持って帰りました。
どんなに重くってもね。
瀬戸物の器を使い捨てにするなんて。。。。。
昭和30年代から40年代って、まだまだそんな時代だったのでした。


さて。

時代は変わり。

おぎのやの釜飯はドライブインでも新幹線の駅でも自由に買えるようになって
以前のように「長野に行ったら途中で釜飯!」っていうわくわく感は
すっかりなくなっていたのですが。


先日、中二になる息子が長野に移動教室にいった際、
「帰りは峠の釜飯らしいよー」といく前にご報告。
おお!

あれはうまいぞ。
ぜひ楽しんできてちょうだい。
そうだ! 釜飯食べたらさ、あのお釜の容器を持って帰ってきてよー。
あれ、子供のころは家にごろごろ転がってたんだけど
最近食べたらその場でリサイクルの場所においてきちゃうでしょ。
いっぱいあるときは邪魔だなあと思ってたんだけどさ
一個もないとなんだかさびしいんだよー。
お願いね!

「へー」。



3泊4日の移動教室。
帰ってきた息子を出迎えた私の第一声は
「釜飯のお釜持ってきたー!?」
でした>笑

「持ち帰っちゃダメって言われたー」

あー、そうか。
食中毒の問題とかあるしねー。そかー。
残念。



あれから3ヶ月。
家で仕事をしていたら、携帯に母から電話が。
「いま横川のサービスエリアにいるんだけど、釜飯欲しかったら買って帰るわよー」

おお!
今日の夕食に釜飯。。。。。
それはあまり気分じゃないんだけど(やっぱり夕食はあれこれ作りたいからねー)
でも、釜飯の釜は欲しいぞ!>笑
買って買ってー。買ってきてー!

ということで、めでたくわが家にやってきた「おぎのや」の釜飯の釜です>笑


翌日、ほくほくとこれでおかゆを作りました。

0809180110.JPG

子供のころ、そういえば風邪を引くと、母がよくおかゆを作ってくれたけど
そのおかゆは必ずといっていいほど
このおぎのやの釜に入ってました。

その他、
絵の具で絵を描くときの水いれは、うちではこれ。
安定性もあるし、洗いやすくってとてもいいの。
何個でもあるから並べて使えるしね>笑
犬を飼ってたときは
わんこの水のみはこのお釜でした。

難をいえば収納が場所をとるので
ガス台の下なんかに押し込めていたんですけどね。
ちっちゃなお釜。
思い出の中にある、ささやかだけど大切な風景です。


ダイエット中にも、このお釜ちゃんはとってもよくて
少々のお米を入れてぐつぐつ煮ておかゆにして
こんな風に食べてると、気持ちも視覚もとっても満足。

0809180108.JPG

小さなお釜ひとつ、捨てられなくて家の中に山にして
それでもなんとか、あれこれ使いまわしていたような時代に
生まれ育ってよかったな。
あれから日本はとっても豊かになって
釜飯のお釜なんて邪魔なだけで、シンプルに少なく持って暮らすのが
ぜいたくって風潮になって
だからお釜は食べたら捨てる。
捨てちゃいけないって風潮になったあとは、リサイクルに置いてくる。
それもだんだん面倒になって、結局釜飯を買わなくなる。

そんな暮らしになりつつあった私だけど
たまに手にする釜飯のお釜は
無性になつかしいです。

あ、肝心のおぎのやの釜飯なんですが。
今ではもう特別にごちそうってわけでもないけど
以前にデパートの駅弁大会で、炊き立ての釜飯を買って帰ったら
びっくりするほどおいしかったです。
炊き立てのおぎのや、また食べたいなあ。






Last updated  2008年09月21日 14時17分16秒


2008年08月28日
以前からお世話になっている評論家のSさんと、先日お話していたら
「おいしいお米があってねえ」という話に。

このお米さえあれば、おかずなんてほんの少しでいいんですよ。
うちは玄米で食べているけどね、もうお米の味がしっかりあって
ほかのお米は食べられなくなった。
有機農法で無農薬でもう何年も作ってるんだ。
知的障害者の作業所で作ってるお米なんだけどね、これはほんとにオススメなんですよー。

……なんてあたりで、もう我慢できず。
「そ、それ教えてください!」と頼み込んで、こっそり教えてもらいました。
でへへ。



お米って、これまでも取り寄せたり、親の知り合いが新潟にいて送ってくれる。。。
なんていうブランドの新米を試したり。
いろいろやってみたいんだけど、さほど驚くこともはまることもなくって
まあ
面倒だし、お仕事でご一緒した知人にオススメしてもらった
金芽米でOK! となっていたわが家。
(いや、金芽米も十分、とってもおいしい! んですけどね)。

ルクルーゼの炊飯などもはじめて
そろそろいろいろゆとりができたから
お米にもこだわってみたいなあ。
玄米で買って精米するってのはどうかなあ。
でもそこに突入してしまったら、もうおしまいって気もするなああああ。
こだわりだしたらキリがないもん。。。。。。

なんて右往左往してたこのごろ。
すすめていただいた上記のお米、めでたく届きました!

0808250075.JPG

白米、3分づき、5分づき、7分づき、玄米と選べるというので
まずは5Kgを白米、5Kgを7分づきで注文。
いやああああ。
これは。

うまいっす!!!!



やっぱり米の飯はこだわったほうがいいんだねー。
でも、Sさんもおっしゃってたけど

「難点はおいしすぎて食べすぎちゃうことですねー」



そうだよ、私ダイエット中なのにー。


とはいえ、おいしいお米をちょっとだけ、よく噛んで食べる。
これほど贅沢なダイエット生活改善はないなあ、と思います。

0808250077-1.JPG

鮭もお取り寄せした時鮭。
スーパーや生協のより断然うまいや!


40をすぎたらうまいものをちょっとだけ。
調理の手間隙だけじゃなくて
手に入れるためのちょっとした手間を惜しまないことも大事なんだなあ、って思います。

ま、いきすぎない程度に。
(お取り寄せ命! のうちの母などは、見ててちょっと疲れちゃうからねー>笑)
私はやっぱり白米がおいしいなあ、って思っちゃうので
しばらくは白米を楽しんで。

次回は玄米で頼んで、玄米+精米機っていう進化もいいなあ
って思うこのごろです。
さて、今日もたきたてごはん。
夕ご飯が楽しみです!!!







Last updated  2008年08月28日 19時26分48秒
2008年06月26日
私の「料理を作る」って行為の根幹にあるお手本。

21RTT4ZX82L__SL500_AA140_.jpg

「向田邦子の手料理」

買ったのはいったい何年前でしょうか。
ずっとずっと、一番開いた料理の本はこれかもしれないです。
さりげなくて簡単な、でもうまいものが大好き! という向田さんの
おめがねにかなった一皿がいっぱいで
彼女の長いようで短かった人生をいとおしみながら、よく頁を開きます。

そのなかでもお気に入りの「海苔ごはん」。
ただ、海苔にごはんを巻いておしょうゆつけて食べる、という一皿です。
さらした白髪ネギを一緒にはさむのがミソ。
たったこれだけなんですけど、お酒の席などでは妙にうまい存在感を放ちます。

前夜にトマトシチューを作って、そのときのごはんをピラフにしたので
そのあまりを使って海苔ご飯にしてみました。
ピラフといっても、ごくごくシンプルな、おかずと一緒に出すバターライス
みたいなもんです。勝手に「コンピラ」と命名。

====================
武蔵野コンピラ (コンソメピラフ)

・いつもどおりにごはんをセットする
・お気に入りのコンソメキューブを軽く砕いて投げ入れる
・バターを一切れ乗っける
・炊き上がったらよく混ぜて、黒こしょうをたくさん入れて混ぜる。

===================

シチューとかステーキとか、1品しかおかずがない日のごはんに
たまに作ります。黒こしょうが決めてですな。シンプルでうまいです。


これの残りを海苔ごはんに。

0806250095.JPG

しらがネギはさらして、白ごまと合えておきます。
あとは海苔を切るだけ。
茶碗1杯程度残ったごはんも、こうすれば立派な朝ごはんになります。

向田さんはおしょうゆつけて食べちゃうそうで
これもうまい! (わさびなんか入れてもさらにうまい)
私は白ごはんのときは、練り梅とかすじことか、なんかその辺に
あるものをはさんだりもします。

でも、こういう洋風のシンプルなピラフも
海苔ごはんにはとってもよく合います。ねぎも合う!
コンピラ海苔ご飯。うまかったぞーーーーー!!!
(炊き込みごはんの残りなんかも、うまいのです!)


向田さん、まだ生きておられたら、すっごく素敵な人生の先達に
なっていらしただろうなあと思います。
かっこいい女性だったなあ。

私は家庭料理のレシピ本っていうものをあまり読まないのですが
向田さんの本、そして平松洋子さんや高橋みどりさんの本にある
ごはんの話が大好きです。

ごはんって、仕事や暮らしや生き様の中に、ごく普通に存在する
でも本人にとってはとても大切な場所にあるもの。
決して家族のためとか健康を考えてとか、社会の定めた枠の中の
役割をまっとうするための技術じゃないんですよね。

向田さんの本には、~べき みたいなきれいごとは何もありません。
でも、友人が風邪を引いて寝込んだと聞けば、スープを煮て
ごはんをラップでたくさん包んで、玄関の扉にかけて帰ってきたりします。
すっごく忙しい合間を縫って
でも「食べる」という本能が正しいことをする。

そして、これらの人たちに共通しているのは
ごはんを食べる、つくる ということは
食器と出会う、選ぶ、いとおしむ ということにも深くつながっており
(つまり、きちんとした文化とちゃんと関わっている)
しっかりと自分の仕事や暮らしに軸足を置きながら
調味料や素材との出会いを求めて、広い場所を見渡せる目があること。

彼女たちのごはんには家族幻想や、正しい暮らしの幻想みたいな正論がない分
その人の生き様そのものが現れてくる。
そんな風にごはんとかかわりあいたいと思います。
正論なんかじゃない場所で勝負できる人間に、私もなりたいなあ、と思います。


海苔ごはんで、そんなことを考えた一日でした。







Last updated  2008年06月26日 09時01分26秒
2008年06月24日
ごはんぢからが落ちています。
もう、めっきり、です。
ここ数週間、ほとんどめぼしいものを作っていないように思います。
ぐるぐると同じものの繰り返し。

カレー
チャーハン
手巻き寿司
焼き魚
しょうが焼き

ま、正しい庶民の食卓ってことで、これはこれでおいしいんですけどね。
たぶん
ちょっとエネルギー低下中なんだと思います。
こういうときは、新しいもの、ものめずらしいもの、いつもと違う工程や
手間がかかるものは作りたくなくなります。



そんなときに、かろうじて食卓を意地してくれるのが、箸休め。
うちは家族が2人という最小単位なので
とにかく何か作っておけば誰か食べる、という環境ではありません。
確実に、誰かが責任もって最後まで面倒みきれるものしか作らない。

で、その面倒見るってのはほとんどが私なので
ほんのちょっとの箸休めを
ほとんど自分のために作るのです。
子どもは食べないけれど
でもそれでも食卓に並び続ける何か。

そんなものをひそかに作る楽しみと
そんなものを毎日並べ続ける意地。

箸休めは、私のささやかな暮らしのつっかえ棒みたいな存在なのかもしれませんです。


最近は、そんな箸休めのお皿だけで、ごはんを食べることも増えました。
朝ごはんとか、昼ごはんとか。
簡単でええもんねえ。

0806240094.JPG

今朝のあさごはん。
おかずは冷蔵庫に入ってたまんまで並べただけ。

左上から時計回りで、
・焼き鮭のほぐしたの(大好物!)
・大根の豆瓣朝天辣椒醤入り甘酢漬け
・夏ごぼうとみょうが、きゅうりの漬物
・すじこ(大好物!)

===============

大根の豆瓣朝天辣椒醤入り漬け
~好物の台湾の唐辛子とお豆の調味料を入れてピリリとさせた武蔵野風簡単漬け。大好物。

・大根をイチョウ型にスライサーでがしがし切る
・軽く塩をしてしんなりさせて水気を出す
・みりん1 酢1 しょうゆ2 豆瓣朝天辣椒醤少々を混ぜたものをつくり
・3時間ほど漬け込んでから食べられる

豆瓣朝天辣椒醤ってのはこんなもの。
ooo.jpg

===============

夏ごぼうとみょうが、きゅうりの漬物

・夏ごぼうは拍子切りにして酢水にさらす
・みょうがは4つに割り、きゅうりはざく切り、しょうがは千切りに
・軽く塩をして、ごぼうを耐熱容器にいれてレンジで1分
・さらにみょうがとほかの材料を加えて30秒
「きゃべつのうまだれ」、もしくは二杯酢を加えて一晩

===============

0806190089.JPG

先週の朝ごはん。
突然、どうしても揚げ出し豆腐が食べたくなって、朝から揚げ物をしたアホ。
大根おろし、納豆(ごま油と塩で)、生卵の定番おかずに加えて
箸休めのお皿にあるのは左から、ほうれんそうのお浸し、上記と同じ大根漬け。
そして、たたききゅうりの香りあえ。
これと以下のきゅうりの翡翠あえは、いずれも ウー・ウェンさんレシピです。

0806080059.JPG

================
たたききゅうりの香りあえ

・きゅうりをたたいて適当な大きさに割る
・フライパンにサラダ油を熱して、にんにくと赤唐辛子を入れて炒めて香りを出す
・しょうゆ1 酢1できゅうりを合えた上に、サラダ油を熱いうちに入れて
 しばらく漬け込む

================
きゅうりの翡翠あえ

・きゅうりはピーラーで皮をむき、せんぎりにして塩を振る
・しんなりしたら水気を絞って、ごま油1、酢1 砂糖0,5 で合える

武蔵野風ってことで、勝手に四川の山椒も入れています。ぴりぴりうまいです。
================


ちょっとだけあいた時間や
夕食の準備の前なんかに、ちゃかちゃかと作っておきます。
一人の昼ごはんの、ひそやかでうれしい時間を想像しながら作る
ちっちゃなちっちゃな箸休め。
(夜にはビールのアテとなる)>むふふ

ごはんぢからが出ないときでも、
小さなエネルギーを使って、こんなものをちょこっと作って
それでなんだか幸せになれるって
キッチン仕事の醍醐味だなあと思います。

おいしい箸休めがあったら教えてくださいねー!






Last updated  2008年06月25日 08時48分29秒
2008年05月08日
表題の通り。
みなさんはお好きですか?

最近すっごいブームなんですよねー。
CMでも雑穀米の宣伝してるし。
ちょうど今、テレビでも雑穀利用のお料理番組をしています。


えっと。
私には以下のトライ&エラーの歴史がありまして。

1、マクロビオティックにはまり玄米菜食を敢行
 (半年ほどで、”これは病気になってからとか、歳を取ってから
  やれば十分である、と悟りとっとと卒業>そして肉を食べる!!>笑)

2、炊飯器で炊ける玄米が出たので、妊娠時に玄米主義となる
 (でもやっぱり白いごはんがいい! と数ヶ月でもとに戻る)

3、いや、胚芽米がうまいのだ! と五分づき米に移行
 (ちょうど米が切れたときに買ってきた白米のうまさに、あっという間に
  またもとに戻る)


そんな私に、果たして雑穀米は定着するのでせうか。
買う勇気がなかったところ、いい具合に「お米に混ぜて炊くだけ」というのをいただいたので試してみましたー。
お米三合に一袋を混ぜて炊いてね、と書いてあります。
三合かー。
うちでは勇気がいるなあ>笑

0805010034-2.JPG

きっと、もっとおいしい雑穀米ってのがあって
でもって、きっともっとおいしい炊き方ってのがあって
そういう雑穀米はおいしいのだろうなあ。。。。。。。
なんて思いながら。
でも、玄米のときも胚芽米のときも、一番おいしいものを。。。。と探求し
炊き方も探求し。
それでもなお、やっぱり私は白い米が好きだった、、、、、、と確認したはず。
うむむ。



結局。


1-3玄米も胚芽米も定着しなかったわが家に
雑穀米がうまいうまい、と受け入れられるわけもなかったか。。。。。

脳みそでは「これはからだにいい。そして噛めば噛むほどうまい」と
信号を必死に送っているんだけど、本能は「白い米をくれー!」と叫んでるの>笑


これはもう味覚の嗜好なので仕方ありませんね。


ということで、3合炊いてしまった雑穀米。
私も息子も、茶碗1杯食べることができず惨敗。
(というか、おかずを白いごはんを想定して作ってしまったのも敗因)

翌日、これはチャーハンにまわすことにしました。

0805020035-1.JPG


チャーハンにしてみたら!
これがおいしい!!!

ぱらぱらとしがちで物足りなかったごはんが
チャーハンでぱらぱらといい具合にほぐれて、GOODです。
そして何よりも
いろんな色が混じっているので、ねぎとソーセージだけというわびしい具でも
豪華に見えるじゃあーりませんか!


もし私がカフェとかやってたら
「雑穀米のチャーハン」で名物にしてメニューに入れる!
これは大正解でした。


とはいえ、じゃあチャーハンにするためだけに雑穀米をたくかというと。。。。。




ということで、残りの雑穀米は母の日のプレゼントの袋に
ほかのものと一緒に忍ばせて
「健康のために」とあげてきました。
これはやはり「健康のために」と強く思える人のところに行くべきものである。。。
と勝手に納得して、1晩の雑穀米トライは終了。
これまでのトライの中で一番短い命だったかも。


私はもうしばらく、やっぱり白い米のメシで。
いつか健康嗜好や味覚が変わりはじめたとき、またトライしてみようと思います!
おいしく食べていらっしゃる方もいると思うんだけど
お米ばかりは、買ってしまうとしばらく食べ続けなくてはいけないというのが
ネックですねえええ。






Last updated  2008年05月08日 09時50分08秒
2008年03月02日
もう13歳になる息子ですが
休日に仕事で丸一日あけてしまうことがあると
やっぱりごはんを作ってでかけます。

自分で好きなもの作って食べておいてね。
あ、ついでにおかあさんの夕ご飯もお願い。
そういうのにあこがれていましたが
ほうっておけば、食パンかじったまま何も食べずに一日過ごしても
まったく平気なうちの息子。
冷凍食品、レトルト、レンジ食品、その他食材山もり。。。。
すべて作り方伝授の上で出かけていっても
帰宅すると何も手をつけていません。
何もつけない食パンかじってぜんぜん満足! なんだとさ。

しつけが悪い! なんて親に言われたこともあって悩んだけど>笑
周囲の子どもたちを見ていると
これはもう、生まれながらの食に対するスタンスの遺伝子みたいなものがあって
食に興味がない子っていうのはいるものみたいですねー。
これはもう、個性のようなものなんだなあ、と。
いくら私が食いしんぼでも、やっぱり違う人間なんだなあ。

私にできるのは、そういう子でも、なんとなくバランスよく食べないと、とか
。。。。ぐらいの経験をつんでもらって
大人になってから、どんな形でもいいから
元気に食べられる人になってもらうこと。。。ぐらいしかないねえ、と。

毎日カップラーメンだと、ちょいやだなあ、、、と
サトウのごはんと納豆買ってくるとか。
野菜が不足したなあ、サラダ買おうとか。
そういうレベルでいいから、「食べる」ことを放棄しないでね、、、ってなぐらい。
かあちゃんの食いしんぼ人生が
そういうところで少し役に立ってくれればいいや。

んなわけで
自炊コースの夢はとりあえずやめて
ほうっておけば食べない子の食事の確保のためにも、何かは作ってでかける。
甘やかしている気もするなあ。
どっかでちゃんと、「自分で作る」ってことは学んでもらわんといかんなあ。
とはいえ、帰宅してガリガリやせっぽちに「何も食べなかった」と言われると
こ、これはあかん、、、、とも思うわけで。


でもそれで気づいたんですが。
食事を作ってでかけるって
実は子どものためじゃなくって
自分自身のためだったんだなあ、って。


やっぱり、一人で留守番させることへの罪悪感みたいなものを
ちゃんとしたごはんを作った! ってことで
なんとか自分のバランス取っているんだなあ、としみじみ思います。
その意味では
そのうちどんどん自分の世界をもってどっかに出かけちゃって
ごはんなんて友達と食べる! ってな時代になるんだろうから
作ったものをちゃんと食べてくれる今のうちは
せっせとお留守番ごはんを作ろう! なんて思ったりもします。
母親になって
そうか、こんな気持ちがあるんだなあってはじめて知りました。

あ。
夫にはこういう気持ちあまり感じなかったわけで>笑
(めしぐらい、自分でなんとかせい! と思うわけで>あはは)
やっぱり、親になるって不思議な体験だわあああ。



というわけでの、昨日のお留守番ごはんです。

0803010066.JPG

オムライスって、がっつりたくさんごはんを食べさせようと思うと
すごく大きくなってしまうし、卵も2個使わなくちゃならないし>笑
何よりあわてて外出する前に作るには
失敗したときのショックがーーーーって思うんです。
卵が裂けて中身が見えちゃったりとか、見栄えが汚くなっちゃうと
お留守番ごはんで置いていくのが、なんだかわびしい。
私の気持ちが納得するために作っていくので、きれいに越したことはない。


最近は、だからこうして丸いオムライスにしています。
写真の食器は北欧のアラビアのお気に入りのプレート。
これには、おそろいの小ぶりのボウルがついていて、これがちょうどいい大きさ。

卵ひとつを円形に焼いたらこのボウルに敷いて
上からチキンライスをぎゅうぎゅう詰めて
お皿にひっくり返す。この形が、一番ごはんを食べてもらえるオムライス>笑
絶対に失敗しないので
時間がないときにはいつもこの形のオムライス。

小さいときはケチャップで顔書いたりしたけどねー>笑
今は大人使用ですな。



昨日は外出時間が長かったので
自分への言い訳のために朝起きて、パウンドケーキを焼きました。
これに、パン焼き機のパンが昼に焼きあがる、っていう設定ででかけりゃ
もうそれはそれは豪勢な休日じゃん!!!!



ふたを開けたら、昼過ぎからお友達の家に遊びに行って
夕ご飯もごちそうになってきたそうです。
ありがたや。

チキンライスは完食してありましたが、ほかは手付かず。
こうやって、そろそろかあちゃんの言い訳留守番メシの出番も、少なくなっていきそう。
それはそれで、子どもの成長なわけで、やっぱりなんだかうれしいっていうのも
親っていうものの不思議な心情ですねー。


パウンドケーキは今朝の私の朝ごはんとなりました。
ああ、おいしかった!



あ、も一人うちで留守番をしてるのがおりまして

0802280065.JPG

こちらはいろいろごちそうも作れないので
いつもとかわらぬドッグフード。
あとでいっぱいお散歩連れていってあげよう!!






Last updated  2008年03月02日 10時00分28秒
2008年02月15日
ちょっと奥さん!

これまでいろいろ、あっちこっちで見聞きしたもんや
あれたこれやの創作料理を作ってきましたが
こりゃあ、最近のヒットNo1かも!!!!

勝手にめいめいしました。
Riz au SHIRACO

リ オ シラーコ

0802150014.JPG

フランス語でシラコのごはん。
シラクとかけてみたりして>笑

昼間、垣間見たテレビで、どっかのお料理屋さんがまかないで作ってる
という映像の最後のほうをちらりと見ました。
白子をバターで炒めて、そこに少量のごはんを入れて食べてます。
バターと白子とごはんって意外と合うんですねー! と。


おおお!!!!!


それからもう、その一言が頭について離れません。
バター、白子、ごはん、バター、白子、ごはん。



今日は風邪気味で悪寒もひどく
昼にスーパーに行って、とにかく悪化するまえにできあいのものを山ほど
買ってきちゃえ! と出かけた買い物。

手がかかる、とわかりつつ
つい白子をバスケットの中に。。。。。。。。。



夕ご飯にちょい元気が出てきたので、ビール飲みたさに頑張って作りました。
テレビで作り方をよく見れなかったので、自己流です。

0802150012.JPG

パエリアなべにバター、オリーブオイルを同量入れてにんにくの細切れをよく炒めます。
ここに、白子をはさみで適当な大きさに切りながら投入。
よく炒めます。

かなり生臭い香りが立ちます。
なので、白ワインを入れてみました。
おお! なんかすっごいおいしそうな香り!!!!

ここにごはんを一膳分ほど投入。
多すぎるとチャーハンになってしまうので、ちょい少なめ。

0802150013.JPG

白子をつぶしながらよく炒めたら
塩で味付け。あと、黒胡椒を多めに入れてみました。
これが大正解!!!!

あああああー! なんてこと????
バターとにんにくの香ばしい香りに
白子のクリーミーな食感がまんべんなくいきわたり
胡椒がピリッと効いた後味がたまらなーい!!!

これわー!!!!!

もう、絶品ですよ、奥様。
そうねええ、あっさりしたチーズで作ったリゾットの食感にも似ています!


お酒の席の最後なんかに出てきたら、もうノックアウトじゃないかなあ。
今日は風邪気味でビールをくいっと飲んだのですが
白ワインでも絶対に合いそうです。

焼酎も日本酒もOKだわ!


さらに、そんなつまみ感覚を楽しみたくて、こんな風に食べてみました。

0802150015.JPG

長ネギを細かくきざんで、海苔に白子のごはんを乗せたらねぎを少々トッピング。
くるりと巻いていただきます。


バターやにんにくでイタリアンかフレンチかスペイン風となっていますが
もとは白子とごはん。
ねぎと海苔が、これまたよおおおく合います。


メインでチャーハンのように一人前がっつり食べると、ちょっとしつこいかなあ
という気もします。
白子とごはんでシンプルなのがおいしいので、あれこれ野菜を入れないほうが絶対うまい。

お酒の席の最後のしめにちょい少なめに作って
おいしくいただくのがいいかな、と。

ああああ、これはくせになりそう。
白子はなべかホイル焼き、たまにバターソテーなんてのも作ってみてましたが
このごはんを一緒というメニューは、ほんとに使えそうです。
お鍋用に買ってきてちょっとあまってしまったときなどにも、いいかも。
よかったら試してみて感想を聞かせてねー!






Last updated  2008年02月15日 20時36分56秒
2007年07月17日
こども手巻きといっても
食べたのは13歳の誕生日を迎えた息子と
大人二人です。

こどもっていうのはね、「生もの、ゲテモノ、大人味」でない手巻き寿司のこと>笑

というのも、私が育った家庭では、どっぷり「大人手巻き」の日々だったからなのであります。母が生ものが大好き、みな酒飲み。
並ぶのは、3~4種の刺身(赤身、白身、とろ、かつお、いろいろ)、貝類、いか、たこ、甘エビ、うに、いくら、数の子。

手巻きといえば、こうした生ものがずらーっと並ぶのが、私の生まれ育った家の定番だったのでした。

大人になって。
手巻き寿司は、わいわい話しながら盛り上がるので大好き! という記憶は残っているので、普段のごはんでもよく作ります。
でもやっぱり、私も息子も生ものはあまり得意じゃないんです。

だから、普段の手巻き寿司はほとんどが鉄火まきのみ。
あっても、納豆ときゅうりが加わるぐらい。
あとは暖かいおかずが1品と、お味噌汁がついて終わり。
そのぐらいがね、ちょうどいんです。うちでは。えへへ。


ただ、今日はパーティなので具を増やしますよ。
はい。

ということで、本日の手巻き寿司の具はこちらです。

0707160040.JPG

写真撮るの忘れちゃいましたが、メインは
・まぐろ中トロ(これは奮発! とろとろでおいしかったー!)
・まぐろ赤身(息子は赤身が一番好きなんですわー)

これに
・甘い錦糸卵
・ウィンナー炒め
・ごま油と塩で味付けした納豆
・マヨネーズ味のツナペースト
・うに
・アボカド
・きゅうり

そして
・しその葉
・みょうがの千切り
・ブロッコリースプラウト(かいわれよりくせがなくておいしい)
・たくあんの千切り
・白味噌ゴマ風味のマヨネーズ


以上でしたー!
(いくらのしょうゆ漬けも用意してたのに出すの忘れちゃったー>笑)
切って出すだけだから簡単だにゃあ。

生もの主体だと、お魚を選ぶのが中心になってしまうけれど
この手のこども巻きは、組み合わせがあれこれできて楽しい!

ヒットだったのは

「中トロとしそとたくあん」でトロたく巻き
「中トロとアボカドとスプラウト」でとろとろ巻き
「アボカドとウィンナーと卵焼き」で洋風巻き
「納豆とアボカドとみょうが」でねばねば巻き
「きゅうりとツナペースト」でツナサンド巻き

いやああああ。
サンドイッチ感覚で、あれこれはさんでほんとおいしかったです!
一番最初になくなったのが、錦糸卵でした>笑
ウィンナーもうまかった!
もちろん、中トロもうにも、単品でも存分に楽しませていただきましたー。
大きな手巻きにしちゃうとすぐおなかがいっぱいになってしまうので
海苔は4分の1に切って、小さな三角巻きで。
延々食べて、飲んで、楽しかったです。

生ものだと私はすぐ飽きてしまうので
適度にあれこれ、この手の巻物があるほうが好きー!


お野菜も手間がかからないように

0707160041.JPG

フルーツトマトのいいやつを奮発!
きゅうりもおいしい小ぶりのきゅうりを奮発!

梅塩でいただきました。
地鶏のいいのが手に入ったので、暖かいおかずにから揚げを1品。
素材のいいもんを選んでおくと、切るだけ、揚げるだけ、、、と簡単調理でいいので逆にお得ですなあ。準備はいとも簡単に済んだのに、とってもおいしいごはんを食べられました。身内のパーティは複雑な料理を作ると疲れてしまうので、こんなぐらいがちょうどいいですねー。
むふふ。


息子の誕生日とはいえ、すっかり思春期でぶっきらぼう。
生クリームで飾り立てたケーキにろうそくを立てるのも、親子とも面映い。

ということで、一番の好物、チョコレートブラウニーを山盛り焼いてやって
そこに13歳の3本分だけ、ちっちゃくろうろく立ててやりました>笑
ま、プレゼントはしっかり買わされたのでよしとしましょう。

0707160042.JPG

今年も無事に誕生日。
13年、ここまで大きくなって健康でいてくれてありがとう。
ほでもって
13年よくがんばった>わたし>笑。
こうしてお祝いできる環境があって、ほんとにしあわせだねー。

また一年、楽しく積み重ねられますように。






Last updated  2007年07月17日 11時25分44秒
2007年05月12日
冷蔵庫の中に中途半端なものがあれこれたまってしまったら
うちは「冷蔵庫整理日」となります。
私の実家の母は何でも余分に作りすぎてしまう人で
なおかつ整理整頓がまったくダメという人物だったので
育った家の冷蔵庫の中は絶対に他人が手出しできない惨状を呈していました。
この半分を占めていたのが「残ったもののもう誰も手をつけない惣菜」と
「野菜のかけら」。

あの光景、トラウマなんす>笑

なので、冷蔵庫の中で物が腐るのは絶対にいやーーーー!
(でも、ときどききゅうりがぐにゃりと溶けていたりもする。。。。>涙)
とりあえず、冷蔵庫はたまに整理しよう!

0705110027.JPG

ってなことで、よく登場する最強の整理メニューが、この炒飯。
ザマミロ炒飯というのは
作りながら私が心の中でいつも
「へへ、ざまーみろ。うひひ。でへへ」とつぶやいているからで
これは決して口にはされないせりふであります。笑。

まあ、普通の炒飯ですが。
よく見ていただけるとわかると思いますが、炒飯に見えるこのごはんの粒粒
半分以上はご飯ではありません。
野菜、もしくはその他、冷蔵庫にあったものすべてが粉砕されたものであります。

0705110025.JPG

今日入ったのは
セロリの根っこと葉っぱ、4分の1残ったたまねぎ、長ネギの青いあたり、れんこんのあまり、ベーコン、干からび始めた油揚げ、1個残ったから揚げ。

その他、あまった煮物やきんぴら、2枚だけ残ったかまぼことか、ちくわの端などを入れてしまうことも多い。
魚はやめたほうがいいです。まあ、でもほかは腐っていなければ、結構なんでもいける>笑
これを愛機クイジナートのフープロでガーッと5秒ぐらい。

0705110026.JPG

これを、卵を2人で3個分ぐらい炒めたあとに、ざっと火を通してからごはんを投入。
ごはんよりも、この粉砕の具のほうが量が多いぐらいで炒めてちょうどいい。
ただし、水分が大量に出るレタスとか青菜類は避けてます。
根菜類中心がいいみたいですねー。


さて、なんでこれを作りながら「ざまみろ、けけ」と思うのかというと。
これを食べる息子の姿を思うと、思わずくくくっと笑いが漏れるから。

むふふ。
息子は普段絶対に手をつけない料理や素材が結構あります。
レンコンの煮物、きのこ、セロリのサラダ、その他もろもろ。
へへへ。いま君が食べているのは、きのこだよ。むふふ。
れんこんいっぱい入ってますよー。むひひひひー。

心の中で「えへへ、ざまーみろー」とやさしく思いながら
表はあくまで普通に。おいしいね、と言って無駄話しながら食べる。
母としては妙な幸福を感じる一瞬>笑。
(ただ、においに敏感で、ちょっと混じっているだけで食べられない子どもには無理かも。うちの場合は完全な食べず嫌いなので、通用している手なのでもあります)。



ごはん2膳にも満たない量で
夕食の主食+翌日の昼ごはん(オムライス)までクリアできました!>笑

この粉砕された具は、ミートソースとかハンバーグにもよく使います。

たまの冷蔵庫大ざらえ。
結構快感! です。

0705120030.JPG

↑余談:このお皿はコレールのランチプレートなんすが、専用のレンジ蓋がついているのがお気に入りー。休日のブランチ、食べられるようになる時間帯が親子で違うので、とりあえず作れるときに作って、蓋しておけば、食べたくなったら勝手にチンして食べられる。家を空ける日のごはんの作り置きにも便利ですぅ。味気ないお皿なんですけどね。でも、機能的には結構重宝してます! くわしくはここに書いていまーす。
http://www.web-popuri.jp/life/data/mono/20060906_000622.php






Last updated  2007年05月12日 12時02分21秒
2007年05月11日
0705100017.JPG

四の五の説明はいらん。
日本人じゃもの、たまごご飯が食べたくなるときは、あるっ!!

ということで、「おたまはん」によるたまごごはん~。
ああ、悦楽。


私は甘みが少ない関東風ですが
関西の方はやはり関西風ですかのおお。一度関西風も買ってみようーっと。

たまごご飯は、黄身だけを入れる人もいるんですよね。
私は全卵ですが、半分はたまごご飯で食べて、残りの半分に納豆入れて
ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが大好きですぅ>笑
どんぶり系とか、まぜまぜご飯系って実はあまり得意ではなくて
白いごはんは白いまま食べたい! 派なんですが、たまごご飯は特別だい!

もいっこ。

こちらは創作料理おかずです。お豆腐の白和えをイタリアンで。

0705100018.JPG

黄パプリカ(赤もあると彩りがいいのですが、赤は昨日使い果たしてしまった。。)
セロリ

を細く切って蒸したものを、お豆腐で合えた白合えなんですが
イタリアンに仕上げてみましたー。
勝手に「アダージョ風」と命名>センスなさすぎか。

お豆腐は、細かく分割できるのでこれ愛用。(有名すぎか)



白和えのために水切りしたりするのが面倒なので
こういうやわらかいお豆腐使って簡単に作っちゃいますが。

味付けを

オリーブオイル
おいしいお塩
バルサミコ少々

ここにすりゴマ(白)と、ハーブミックス入れてます。
すりゴマ入れないと、もっと洋風になってワインに合います。
(今日はさしみとビールだったので、ゴマ入れて和洋折衷にー)
こんなもんでビールとかワインでも飲んで
最後にたまごがけご飯。
うまいなあ。

ということで、今日は普段着の夕ご飯武蔵野婦人でした。
ちなみに、今日のおかずはほかにおさしみの盛り合わせと

0705100019.JPG
じゃがいもとれんこんの肉そぼろ煮。


=================
ちなみに、間違って作ったカレースープは、本日無事、私の昼ごはんでカレーうどんとなってすべて消費されました。ばんざーい!

0705100016.JPG

残ったカレースープに
長ネギ、油揚げ を入れて煮て
めんつゆをどばーっと入れて
とろみをつけたら出来上がりー。
スープカレー仕立てにしておくと、いろいろ応用が利いていいっすねえ。
おいしかったです!
モロッコインゲンとみょうがを素あげにしてトッピングして食べちゃった。甘露甘露。






Last updated  2007年05月11日 08時14分22秒
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.