まいにちワクワク主婦ブログ

プロフィール

usa-miki

usa-miki

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

サイド自由欄

バックナンバー

・2022.08
・2022.07
・2022.06
2022.05
2022.04

ニューストピックス

2022.04.09
XML
カテゴリ:ラン活2023
​中目黒の土屋ランドセルに行ってきました。
南町田に行った時に心はほぼ決まっていたのですが、もう一度実物を確認しておきたくて。


選んだのは牛革プレミアムカラーのシリーズ。見た目重視です。
娘はミントブルー>>>アッシュブルー推し、夫はアッシュ推し、私はアッシュかマロン推し。
ちなみにミントブルーは現在品薄だそうです。

結局は親の好みでアッシュブルーに決めました。
ひと目見て、娘に似合ってると思ったんですよね✨
パパは「偏差値高そうな色」だって笑

あと室内と外とで色の見え方がけっこう違った。
アッシュブルーは元の印象より明るめで黄みがかって見えました。
優しげで可愛いと思います♪

ウェブサイトより

南町田で聞けなかった、土屋ランドセルの機能面についてスタッフさんに聞いたら、丁寧に教えていただけました。
・背カンは左右に動き、立ち上がりもある。
・容量は一般的なランドセルより0.5mm薄いが、ノート1冊分なのでほとんど変わらない。
・A4フラットファイルはランドセルの一番高い部分にフィットするが、背中側(一番下)にも無理なく入る(フタが少しだけ浮くけど普通に閉まる)。
・自動ロックはついていないがマグネットが強いので、なんならロックしない状態でも簡単には開かない。
・リフレクターはついていないので、ランドセルカバーやキーホルダーで対応。

至れり尽くせりの池田屋にはだいぶ劣るけど、とくに問題なしってことで。
今回とくに確認したかったフィット感について、背中とランドセルの間にママの手がちょうど入るくらいがベストのところ、うちの娘は小柄だからかスカスカ💦
こんな余裕たっぷりで1年後はちょうど良くなっているのか?
一瞬心配になりましたが、フィット感は服装によるところが大きいのであまりシビアになることはないと言われ納得。

そして家に帰り、さっそく購入。


8万円近くするランドセル。
さすがに高いよね〜親バカ価格だよ。

私はママ友が何人か推している池田屋の5万円台のクラリーノで全然よかったんだけど、パパは土屋のアッシュ一択、肝心の娘はそもそもランドセルにあまり興味なくさっさと終わらせたい感丸出し。

お出かけすると労力だけでなく外食代もかかるし、これ以上探し回っても誰もトクしないのよね。
色も可愛い、質も間違いないということで土屋ランドセルに決めました。


というわけで、ラン活終了です!


目黒川の花筏。
実は結婚した時はこの辺に住んでました。
振り返ってみれば、ここがスタート地点。。感慨深いです😌💕






最終更新日  2022.04.09 22:59:51
[ラン活2023] カテゴリの最新記事


PR

楽天カード


© Rakuten Group, Inc.