1368071 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

氷子イズム

PR

Calendar

Profile


氷子8381

Freepage List

Category

Comments

青月星友@ Re:いろいろ諸々(08/02) 氷子様、お久しぶりです。 この度、プロ…
氷子8381@ Re[1]:「きまぐれオレンジ☆ロード」OP主題歌"NIGHT OF SUMMERSIDE"(10/07) 775さん 書き込みありがとうございます。 …
775@ Re:「きまぐれオレンジ☆ロード」OP主題歌"NIGHT OF SUMMERSIDE"(10/07) 最近は 相棒 の犯人役だったよ ナイト…
子ナックス@ Re[1]:ライブビューイング「CUE DREAM JAM-BOREE2012」を観る(07/29) 氷子8381さん 突然の質問にも関わらずお返…
氷子8381@ Re:ライブビューイング「CUE DREAM JAM-BOREE2012」を観る(07/29) 子ナックス様 お返事が遅れてしまい申し…

Recent Posts

Favorite Blog

ハートをわしづかみ… 華岡 紬さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

時代劇諸々

2015.09.27
XML
カテゴリ:時代劇諸々
昨夜は資格の勉強をした後(←ここ大事(苦笑))、大河ドラマ「元禄太平記」の総集編を観ました。
ええ、石坂浩二さん主演の。

石坂浩二さん主演の時代劇、「暗闇仕留人」や「天と地と」、「草燃える」を観て、石坂浩二さんご自身の魅力もさることながら、作品そのものが面白くて、その繋がりで「元禄太平記」を観たんです。

が。
「元禄太平記」は観るの、途中までで・・・挫折してしまいましたショックショックショック

「暗闇仕留人」が放送された翌年の作品で、柳沢吉保役の石坂浩二さんはそれはそれは絵から出てきたんじゃないか?!というくらいハンサムで、あの重厚で低音な声から発せられる台詞回しには素敵過ぎてクラクラしましたけどもね。

なんだろうね、観続けられなかったどくろ

何でだろうと考えてみたんだけれど。
「暗闇仕留人」の糸井貢や「草燃える」での頼朝は、カッコいい中にどこか愛嬌を感じていました。
切ない表情や、厳しい表情を見せる中、時折周りの人達に見せる滑稽な表情や仕草、温かい表情にドキドキしましてね。
石坂浩二さんの細かい表情の動きや所作に、氷子さんはかなりやられてました(笑)
(「天と地と」に関しては、あれはもう作品そのものが迫力があって、且つ石坂浩二さんだけじゃなく、出演者皆さんがあまりにもカッコ良すぎて別格。)

それが、途中までしか観てないけれど「元禄太平記」の吉保はなあ、カッコいいんだけれど、ドキドキが出来なかった。なんていうか、ずっとキリッとした表情が続いて、観る気力が続かなかったのね。
しかも、そもそも赤穂浪士モノって、氷子さんたら最後まで観た試しがなかったことを思い出しましたショック
作品自体も、氷子さんが観る好みの範囲外だったよう雫

あれですな、氷子さんの場合、出演されている役者さん、作品世界、あらゆるものが合致しないと、例え好きな役者さんが出ていてもダメなんだと分かりました。

とはいっても、「元禄太平記」での石坂浩二さんの声・台詞回しは他出演作同様、カッコ良かったです♪

rblog-20150927120155-00.jpg

rblog-20150927121315-00.jpg

rblog-20150927121825-00.jpg

rblog-20150927121825-01.jpg






Last updated  2015.09.27 17:06:10
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.23
カテゴリ:時代劇諸々
今日も朝9時前には起きて、「必殺仕置屋稼業」を観ました。山田五十鈴さんが出演されてました。
前、観たこと・・・あるかも。
相変わらず救いがない、哀しい話で、沖雅也さん演じる市松の美しさにうっとりした話でした。
うん、それに若い主水も、いいねぇ。カッコいいです。

その後は、途中まで観ていた総集編「草燃える」を観ましてな。
涙を流し崩れ落ちる、政子におどける、冷たい表情、あれやこれや、いやはや・・・石坂浩二さん演じる源頼朝のいろいろな仕種やら表情が素敵過ぎて目がハート目がハート目がハート氷子さんはクラックラしちまいました(笑)
もうね、頼朝と義経のいさかいの話の時の氷子さんのどきどきと言ったら(笑)
最近にはない、久しぶりの興奮が心地いい目がハート
石坂浩二さんの低温の声もたまりません。
何度聞いてもうっとりする目がハート
あの声は罪だね。

そして、今はテレ玉で放送している「鬼平」を観てます(笑)

明日から又仕事・・・テレビを観ていたいなあ(笑)






Last updated  2015.09.23 13:11:21
コメント(2) | コメントを書く
2015.09.19
カテゴリ:時代劇諸々
今日からお休み♪

先週は休日出勤だったしショック
先々週は会社で徹夜だったしショックショック

正直、早くまとまった休みになって欲しかったので有り難い(苦笑)

そんなわけで、休日前ということで昨夜は夜更かししちまいました。
大河ドラマ「草燃える」の総集編をね、DVDで観てたの。
まだ、途中までしか観てないけれど。
いやあ、面白い。
そして、カッコいい。
主役の石坂浩二さんのカッコよさは勿論だけれど、出演者皆さんが生き生きしていて、且つカッコいい。
ストーリーも、賛否両論あるみたいだけれど、氷子さんは楽しく観ています。
「草燃える」は初めて観たけれど、子供の頃に観た他大河ドラマを観ていた、あの大河ドラマ独特のなんとも言えない高揚感を久しぶりに感じましたね。
氷子さんの好みだけのことを言えば(笑)、石坂浩二さんのハンサム度に加え、声のカッコよさに痺れてしまいました目がハート

今は全然大河ドラマを観なくなりましたけど。
昔の作品は今観ても色褪せることなく、観るものを夢中にさせる素晴らしいものなんだと改めて思いました。

いやあ、今日は寝不足気味でちょっと眠い(苦笑)






Last updated  2015.09.19 10:54:24
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.13
カテゴリ:時代劇諸々
昨日は休日出勤しまして、今日はお休み。

いつも通りグッタリしてショック
だらだらしてましたどくろ

そんななか、石坂浩二さん主演の大河ドラマ「天と地と」を観ましてな。
いやあ、強烈にカッコいいハート
なんなんだ、ってくらい。
あまりの凄さに、ショックを受けたよ。
石坂浩二さんだけじゃなく、出演者の皆さんも滅茶苦茶カッコいい。
迫力や風格もね、今と格段に違う。
大河ドラマってのはこういうものなんだな、なんて、ふと思ってしまった氷子さんでございます。
いや、なんていうか、昔のドラマって面白かったよなあ。

最近のドラマは何故か興味すらわきませんでね(苦笑)

それに。
昔の、というのも失礼な言い方してしまいますが、昔のハンサム、二枚目は本当にカッコいい。確固たるカッコ良さがあってさ、たまらないんだよね。
ただ、カッコいいんじゃないの。

ということを最近とにかくそう思ってしまう氷子さんなんでございます。






Last updated  2015.09.13 18:07:43
コメント(0) | コメントを書く
2015.01.03
カテゴリ:時代劇諸々
む~ん、カテゴリーとかテーマ、今日はどうしようかなあと思ったんだけど(苦笑)

昨夜はテレビ東京で放送された「大江戸捜査網2015」を観た。
うん、早々と脱落したけどねショック
村上弘明さんや松岡昌宏さんが出演するし、歴代の隠密同心を演じらた俳優さん達が出演されるし。
そもそも、主役の高橋克典さんはどちらかというと好きな俳優さんだったから観てみようと思ったの。

だけどなあ~、今、そう、こんな言い方するのは本当は嫌なんだけれど、今はもう時代劇を作るって無理なのかなあって、つくづく思ってしまったショックショックショック

ドラマなんだよね、あれは時代劇じゃあない雫
画面も、俳優さん達の所作や表情、話し方、諸々何かが違う。
何よりも殺陣がなあ雫
偉そうなこと、言っちまうけど、あらゆる面で華がなかった。
特に、繰り返し、敵を倒すシーンがあったのには微妙だったかな(苦笑)

俳優さん達のファン、そして、今回の作品を観て楽しんだ方には申し訳ない。
しかあ~し雫
少しばかり期待していた氷子さんとしては、かなりな残念感があってショック結構ショックだったりするのよ(苦笑)







Last updated  2015.01.03 12:25:04
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.15
カテゴリ:時代劇諸々
毎回ブログに書いてしまうくらい杉良太郎さん版の「大江戸捜査網」が再び好きになっております。

元来、氷子さんは時代劇そのものが好きでしてな。そりゃあ小さい頃から観てました。
最近は地上波ではなかなか時代劇がないし、心がときめく作品もないので観ていないけれど。

時代劇はいいなあって思うところはたくさんあるけれど、好きな1つに殺陣があります。
十文字小弥太演じる杉良太郎さんの殺陣は本当格好いいし惚れ惚れしてしまいます。
なんて表現していいかどくろ自分の文章力がなくて悔しいけど。
初めて観た時、「こ、これは!」って体に電気が走った感覚に陥りました。
氷子さんの中で一番大好きな殺陣でございます。

とにかくさ~、観りゃ分かるって(笑)
すげぇな、って本当思うもん。

今夜もさ、「大江戸捜査網」のDVD を観ちゃうんだろうな(笑)






Last updated  2014.03.15 12:31:30
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.21
カテゴリ:時代劇諸々
TOKYO MXで放送されている里見浩太朗さん版「大江戸捜査網」を観始めて、やっと内藤の御前とくれないお蝶を観ることが出来た本話。(OPでは登場しているけれど。)
ああ・・・内藤の御前だわ♪

今回はくれないお蝶の主役編。

大店が盗賊に襲われ、目の前で両親が殺されるところを見てしまった少女の閉じられた心をお蝶が救う話。

いやあ~、とってもとってもベタな話ですが(笑)
恐怖で心を閉ざした少女の心を開かせるくだりがいいですよね。最後には少女の心が救われるんだろうな、というのが分かっていてもね。
お蝶が少女のご飯を用意したり、お人形を作ったり、そりゃ涙ぐましいことをして、でも中々心を開いてくれない。

少女役の子が可愛くてね~。
演技もいいですわ~。
お蝶とのやり取りがすごくじんわりとさせてくれるんですよ。

そんな中、他の隠密同心は盗賊達の次の押し込み先や、根城を探して活躍。
チームワークがいつも通り良かったです。

内藤の御前の立ち回りも観ることが出来ましたし♪

やっばり御前が登場すると締まるよね~。

ただ残念なのはいさり火お紺が登場しなかったこと。
む~ん・・・レギュラー全員の登場ってないのかな~???
せっかくシリーズ初の女性隠密3人体制になったのになあ。

今後に期待ね。

くれないお蝶役の安田道代さん、着物が似合うキリリとした美形女優さんで好きになりました♪♪






Last updated  2010.12.21 22:38:07
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.13
カテゴリ:時代劇諸々

いやあ~、先週も「大江戸捜査網」を観ていたんですがね、感想を書くまでにはいかなかったんです雫←なんていうことをどくろ

んで今日放送された「大江戸捜査網」血塗られた黄金の罠、はちょっと燃えましてね(笑)
だって中谷一郎さんが出演されていたんですもの。
中谷一郎さんといえば「水戸黄門」の風車の弥七でしょ、「助け人走る」の辻平内が印象深くて好きです。中谷一郎さんが時代劇に登場されると燃えまっせ~、氷子さんは(笑)

今回の役どころは非常に美味しい役どころでしてね。
雨宿りの為に入った居酒屋で出会った女主人と最後くっつくんですわ。中谷一郎さんが演じる男は島帰りの元料理人。相手の女性は大店の旦那にいいように弄ばれて身籠っている・・・という。料理が苦手な女主人は男の手際のよさに店で働いてもらい惚れてしまう。男もまんざらではなく・・・苦難を乗り越えて(隠密同心の助けもあって)最後は夫婦になるんです。

中谷一郎さん、味のある粋な男を演じているんです。
登場した時、こりゃ何かあるな。でも、きっと根はいい人だよね、みたいな、女が思わず惚れちまう男を魅せてくれました。時代劇の定番、と言ってしまってはお終いですが(笑)、その定番を観て嬉しく思う、観ているこっちも惚れてしまう(笑)、本当、中谷一郎さんは見事だ~!

主軸になる大店の旦那の行方が最後に分かり事件解決っていう筋書きで。それも又、定番で、途中で分かっちゃう展開だけれど、お決まりの面白さを今回は楽しめました。
定番の時代劇作品がどんどん減っちゃって寂しい限りだけれど。
再放送とはいえこうして観られるのは嬉しい。

次回のも録画して観なきゃね~。







Last updated  2010.12.13 22:34:27
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.01
カテゴリ:時代劇諸々
はい、やっと観ました~。
TOKYO MXで放送されている「大江戸捜査網」。
今回は盗賊・金庫破りものでしたね。

金庫破り、鍵を開ける盗賊役は・・・と観てみると杉良太郎さん版でやっぱり昔、評判の盗賊だった音無しの吉兵衛(漢字が合っているか微妙(苦笑))を演じていた人じゃないの~!
今回もいい味出ています。
盗賊から足を洗って●●年・・・でも腕は錆びていない、という役を演じるこの役者さんは相変わらず見事!!

そしてその元盗賊の力を利用して、隼人達が金庫を破り大量の小判を盗むまでの手順の緻密さに観ていてドキドキ。とても緊迫感があります。
見張りにばれそうでばれないで忍び込む方法は?鍵が開けられるか?大量の小判を外に持ち出す方法は?
等など、観ていて「ほほ~っ。」と感心する位描写が細かいんです。

最後に悪人を斬る、というのが定番だけれども、そこまでに行く過程がここまでちゃんと描かれているんだなあ、と改めて感心してしまいました。
子供の頃はただただかっこいいなあと思って観ていたと思うから(笑)、今こうして大人になって今の視点で観てみると当時と違った見方・感想を抱いて面白いです。

今回もとても面白かったです。
次回も又観ようっと。






Last updated  2010.12.01 22:52:12
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.24
カテゴリ:時代劇諸々
今週月曜日に放送された「大江戸捜査網」、又しても録画して観ちゃいました♪
"初見参 夜叉面の女"、気付かないで観ていたんだけれど、いさり火お紺(演:山口いづみさん)の初登場話だったんですね。

いさり火お紺・・・ちょっと覚えていないんだよね雫
土田早苗さんの稲妻お竜はすごい覚えているのにね。

いさり火お紺演じる山口いづみさん、すごい可愛かった~。
山口いづみさんっていうと「水戸黄門」とか「江戸を斬る」を思い出すんだよね~。細面の美人な方じゃないですか。子供の頃、こんな美人になりたいなんて思いつつ(笑)、山口いづみさんが登場する時代劇をワクワクと観ておりました。

可愛くて男性の心をくすぐるかと思うと、とんでもない酒豪だったりする、お紺が本当可愛かったです~♪芸者姿がすごくいいですな。氷子さんは女ですが、お紺の色香にくらくらしちまいましたよん。

観ていて何となくお紺が隠密同心?!と分かってしまう話でしたが、分かっていても、最後の最後に正体を明かし、隼人達と同じく名乗って悪人を切りまくるシーンは痺れました。
ああ・・・これ、この(定番の)音楽と効果音、名乗り、集団での殺陣シーン・・・懐かしい。

若干、山口いづみさんの殺陣が頑張ってます、って感じというか、いっぱいいっぱいの感じがしたけれど(苦笑)ご愛嬌ということで?!

最後、音次郎@隼人がお紺のことを妹のように・・・なんてナレーションが入って、思わず「おいおい(笑)」と思いましたが。隠密同心で妹のようにって、どうよ?!って思う訳ですよ(笑)

なんてこともあり、今回もとても楽しめた「大江戸捜査網」でございました。
(杉良太郎さん版のも益々観たくなったよ雫)
次回も録画して観ようっと。






Last updated  2010.11.24 22:53:54
コメント(0) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.