映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2005年03月07日
XML
NHKの番組で好きなものが2つある。

「『仁義なき戦い』をつくった男たち」
「さらばゴジラ・怪獣王と日本人がたどった半世紀」

前者は昨年初めに教育テレビで放映されたもの。
後者は昨年11月頃にBSで放映され、今年に入って総合でも
再放映されている。
「ゴジラ」と「仁義なき戦い」という日本映画を代表する
シリーズが、どのように創られたのか、その作家たちの創作
への闘いと作品と時代との関わりを描いたものである。
ひとつの映画が生まれるには、その作家が生きてきた時代と
その作品が製作された時代と密接に関係があるということが
よく判る内容であり、映画ファンかどうかを超えて多くの人々
が楽しめた内容であったと思う。
何よりもこの番組の製作者たちが、対象の作品をこよなく
愛していることがよく伝わってくる。

「ゴジラ」と「仁義なき戦い」には共通したものがある。
それは監督の戦争体験である。「ゴジラ」の本多猪四郎は
実際に従軍した復員兵であり、「仁義なき戦い」の深作欣二
は少年で戦地には行っていないが、その悲惨さを体験している
という違いがあるが、二人とも作品に反映したものは同じである。
二人とも同じような言葉を発していることに驚いた。
それは「戦争というものは一番弱い立場のものが被害になる」と
いうことだ。本多はそれをゴジラに蹂躙される人々であり、
深作の場合はやくざ戦争の中で真っ先に殺されていく若者たちで
ある。

この二つのシリーズは、戦後日本とはどういう時代であったのか
ということを示してくれる。

「『仁義なき戦い』をつくった男たち」については、最近、同じ
タイトルで本も出た。早速、購入した。内容としては関係者への
インタビューで番組では時間の事情で省略された部分も掲載され
ている。
実に面白い。






最終更新日  2005年03月07日 00時16分25秒
コメント(7) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 きつね雑貨市(GINKO)@ イ・ビョンホンの「王になった男」 大変ご無沙汰しております。 TOHOシネマ…
 市原隼人 モノマネ@ budYuri@hotmail.com これは今までの動画の中でも最高の騎乗位…
 モーニング娘。 ブレインストーミング@ jesseyuri@gmail.com 小島義雄の腹筋を見て、お笑い芸人ではな…
 pDa20T I appreciate you sharing this article post.@ pDa20T I appreciate you sharing this article post.Thanks Again. Great. pDa20T I appreciate you sharing this ar…
 AzWdZb Thanks for sharing, this is a fantastic pos@ AzWdZb Thanks for sharing, this is a fantastic post.Really thank you! Really Coo AzWdZb Thanks for sharing, this is a f…

お気に入りブログ

ぴょんぴょんの「憲… New! lalameansさん

てんてこ舞い舞い New! k-nanaさん

阪神淡路大震災から… New! みらい0614さん

大地震両川口津浪記… New! 天地 はるなさん

1676. 晴れてるけど… カズ姫1さん


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.