映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2005年06月19日
XML
非常に良く出来たメロドラマである。

50才の大場美奈子は今も独身のままでいる。朝の牛乳配達とスーパーで
レジを打ち、夜は本がたくさんの本棚の家でひとり過ごす生活。
彼女は、高校時代から想いを寄せていた男を忘れずにいる。ある事件で疎遠
になってしまった二人だったが、美奈子はその男への想いをずっと抱きつづ
けてきたのだった。
年代は昭和63年以降のある年。舞台はどことも知れぬ坂の多い地方都市。

登場人物はわずかであるが、展開はなかなか凝っている。

主人公の美奈子を見守っている亡き母親の友人だった皆川敏子は、痴呆症に
かかった夫の介護しながら小説を書いているが、この小説が物語を進めて
いく。
映画全体の中に入れ子になったその皆川敏子が執筆する物語。
その二つのが虚実入り乱れながら、メビウスの輪のような構造を成している。

画面は、ほとんどが空を映さないが、ラストになって初めて主人公の顔と
その背後に青空を映し出す。
そこまで来たときに「いつか読書をする日」という不思議な題名の意味が
わかる。

この映画はほぼ全編を長崎市内でロケを行っているが、長崎の坂道と石段
が実に美しく描かれ、効果をあげている。






最終更新日  2005年06月21日 00時07分48秒
コメント(4) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

短編小説もどき 「… New! ポンボさん

錦の松 着物始末暦… New! 天地 はるなさん

平日に過食・・・ New! k-nanaさん

RK自宅に押しかけ… New! lalameansさん

「長く高い壁」浅田… みらい0614さん


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.