映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2005年07月08日
XML
この映画は2日から東京などでも公開中であるが、お客の入りも良さそう
で、うれしい限りだ。

映画「いつか読書する日」の撮影協力には
「ながさき観光地映像化支援センター」という名前の
団体がクレジットされている。
これは長崎県のオフィシャルなフィルム・コミッションである。
長崎県に数多ある観光地に映画のロケに来てくれるはずだという県の願い
がこめられている。しかし、これは随分とひとりよがりの考えによる
ネーミングである。

映画のロケは観光地(これは既に知られた観光地という意味)に来てくれる
という勝手な思い込み。

そして、映画業界からみて「観光地映像化支援センター」という名前が
「フィルム・コミッション」であると理解してくれるはずだという
これまた勝手な思い込み。

設立前に、映画製作側のニーズはどういう点にあるのかについて知って
おくべきと考え、全国各地へのロケ経験が豊富な有名な撮影監督においで
いただき、実際に市内を歩き回ったのであるが、その時にその方は
「我々は観光地を撮りに来るのではない。作品のイメージにぴったりで
作品やテーマの肉付けができる風景を求めている」と言われたのである。
市内を歩きながら、その方が特に良かったと言われたのは「小さな路地」、
「町の日常風景」などである。それらは観光案内に掲載されているような
場所ではない。

映画「いつか読書する日」は、ほぼ全編を長崎市内でロケを行っている。
長崎ロケを決めるにあたり緒方監督は次にように言っておられる。
「脚本の青木は、舞台を“何の変哲もない町”と想定していて、最初、長崎で
撮るのには難色を示したんです。あまりにも歴史が染み付いている土地だから。
でも、この文学性の強い脚本を僕は“肉体化”させたかったんです。
具体的には“坂”ということですよね。坂を駆け上がる女性の肉体が、この話
には必要だと思ったんです。それで、長崎で撮るけれども、架空の町という
設定にして、海も映さないことに決めました」
(この部分は「映画芸術」(411号)に詳しく掲載されている)

結果は成功である。すぐれた作品になっており、長崎の町の特性が見事に
作品を生かしている。
物語の舞台は「長崎市」ではない。有名な観光地は一切登場しない。
海も写されない。原爆のことも出てこない。異国情緒もない。
それでもこの映画は、長崎市ロケでなければできなかったことを思わせる。
そして、長崎市に住む者に長崎再発見をさせてくれる。

このことを「ながさき観光地映像化支援センター」の運営に関わる人々は
よく考えて欲しい。

(まさか、「グラバー邸も天主堂も出てこないような映画を撮って
何やってんだ、あの監督は」などということは言っていないだろうな!)






最終更新日  2005年07月08日 00時13分53秒
コメント(12) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

物件みにいく New! k-nanaさん

つぶやきコラムのよ… New! lalameansさん

亥年ですから:掘り… 天地 はるなさん

ひきこもりと家庭内… みらい0614さん

1811. 夜明けの今年… カズ姫1さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.