映画と出会う・世界が変わる

フリーページ

2005年12月03日
XML
この映画で非常に印象に残るシーンがある。
鈴木家に電気冷蔵庫が来て、それまでの氷で冷やす
冷蔵庫は捨てられる。その捨てられた冷蔵庫を哀し
そうに苦々しく見つめる氷屋。
演じるピエール瀧の表情がいい。

三種の神器が揃って、高度成長時代が近づく。
このシーンは、そういう時代の消費社会に転換した
瞬間を見事に描いていたと思う。

また、東京タワーの建築経過に合わせた物語の展開
は、今日より明日が更に素晴らしいという時代の
空気の見事な表現であったと思う。

この映画を見て、今、改めて見たい映画がある。
それは「黒部の太陽」である。
黒部ダムも東京タワーと同じく、戦後の復興・成長
のシンボルであった。今、あの映画を見て、どのように
感じるであろうか?






最終更新日  2005年12月04日 23時56分31秒
コメント(10) | コメントを書く
[作品レビュー(日本映画)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


哲0701

日記/記事の投稿

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:映画しりとり遊びをやってみた!(03/15) mix cialis and viagraviagra cialis levi…
 http://buycialisky.com/@ Re:法治国家放棄宣言(12/03) generic cialis sourcecost comparison of…
 http://buycialisky.com/@ Re:映画「ミッドナイト・イーグル」と松竹の行方?(12/15) buy brand name cialiscialis soft pill f…
 http://buycialisky.com/@ Re:「龍馬伝」なんか知らないよ!(11/28) safe generic cialisand hypertension cia…
 http://buycialisky.com/@ Re:2012■さまざまな出演者たち(12/17) cialis generika ohne zollcialis non gen…

お気に入りブログ

ひっそり生きたい New! k-nanaさん

久しぶりにニュース… New! みらい0614さん

老前整理:年賀状 天地 はるなさん

1754. 「わが人生ア… カズ姫1さん

GAFAはメールの内容… ポンボさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.